アメリカ支配時代(1898~1941)

スポンサーリンク

(2)フィリピンの言語政策の年表

1898年5月:When the Islands of Corregidor fell into Americans’ hands, they immediately opened a school there. (Alzona 1932: 186)

1898年6月5日:Apolinario Mabini により憲法の草案が出来上がる。彼はそれをアギナルドに提出して(6月5日)、次の日に印刷される。マロロス議会はしかしこれを拒否して、Felipe G. Calderonによって、書かれた憲法を採択する(DS Vol.9. p.178)。そこには、教育について、書かれていた。公用語としてのタガログ語と、英語の基本を初等教育で学ぶとしている。高等教育では、英語とフランス語を学習するものとしている(DS Vol.9. p.211)。

1898(Aug. 13): Shortly after Manila was occupied, the Americans reopened seven schools, assigning one teacher of English in each. (Alzona p.186) [アメリカの教育に対する反応は素早かったとの印象を受ける]
@ Within three weeks after Manila was occupied by the American forces on August 31, 1898, seven schools were reopened and a teacher of English was assigned to each of these schools under army jurisdiction. Interestingly, the public schools of the country were operated by the army for a period of more than two years. (Alberca 1994:56) @ Three weeks after our army entered it on August 13, 1898, seven schools were opened under the supervision of Father W.D.McKinnon, chaplain of the first California Regiment. (Worcester 1914b: 504)「マニラの学校の開設に付いては、日付が13日と31日説の二つあり、これらは同一の資料に準拠していると思われるが、その出典は分からない。」@ after the American occupation of Manila on August 13, seven schools were reopened and the only available teachers in English were the enlisted men. … Our Filipino teachers were called “aspirantes.” (Adela A. Capistrano in Gonzalez [ed.] 1988:20)

1898年8月14日:Wesley Merritt少将はフィリピンの人々への宣言の中で、教育機関の十分な保護を約束する。(Alzona 1932:186)

1898年9月5日:マルロス議会の開会式(the Inaugural Session)の時のアギナルドの様子が通信員によって描かれている。アギナルドの演説は、生徒のようにためらいがちな様子で、演説をタガログ語で読み上げた。次に彼はそのスペイン語の翻訳と称するものを、もっとたどたどしく読み上げた。(DS vol9. 338)

1898年11月29日:マルロス憲法がマルロス議会で承認される。1899年1月21日にアギナルド大統領により、宣言される。言語に関しては第93条に The use of the languages spoken in the Philippines is optical. It can only be regulated by the law, and solely as to the acts of public authority and judicial affairs. For the purpose of these acts shall be used at present the Spanish language. (DS vol.10: 46)

1898年12月21日:President McKinley の友愛的同化宣言(Benevolent Assimilation Proclamation)。声明はアメリカのフィリピン統治は利己的目的ではなくて、住民の発展・開化・教育をめざし、自治の訓練を与えるためであるとしている。当初は兵士が教師の任を努めた。

1899年1月4日:Otis 将軍は友愛的同化宣言がフィリピン人を刺激することを恐れ、改竄して発表する。

1899年1月20日:McKinley大統領は第一次フィリピン委員会のメンバーを任命する。Jacob G. Schurman (president of Cornell University); George Dewey (commander of the American Asiatic Squadron); Elwell S. Otis (military governor of the Philippines); Charles Denby (former American minister to China): Dean C. Worcester (professor at the University of Michigan)である。Lardizabal (1991:4)

1899: President Mckinley appointed a Commission early in 1899 to conduct a study of the newly acquired territory. The body was headed by Jacob G. Schurman, President of Cornell University.

1899年2月4日:アメリカとフィリピンとの間で San Juan にて戦端が開かれる。

??: この頃、英国の帝国主義派の詩人ルディヤード・キップリングは『白人の責務―米国とフィリピン諸島』という詩を発表した。この中で、「アメリカが成熟したかどうかを試すために、白人の責務があたえられる」とうたった。(鈴木 1997:137)

1899年3月4日:第一次フィリピン委員会が到着。コーネル大学総長シャーマン:Jacob G. Schurman博士が委員長である。この第一次フィリピン委員会の統治指導原則の一つとして、「初等教育を創始すること」がある。そのためにスペイン時代のフィリピンの教育状況の調査研究に着手した。公聴会を開き、住民が英語教育を望んでいることを理解する。(Bernabe 1987:27) @公聴会でスペイン語が普及しなかった理由として、サントトーマス大学のRectorであるSantiage Payoは次のように述べた。because the Indos themselves did not take an interest. The Indios were very refractory; even the ones who could speak Spanish would not do so. (Rodriguez 1926: 14)
The first Philippine Commission had failed dismally in its attempts to work with Otis. Otis and Admiral Dewey were also members of the commission, Otis refused to cooperate with the Schurman commission. (Young 1994:257)

1899年4月4日:シャーマン委員会はフィリピン民衆に宣言を行い、その中で教育に関しては次のように述べている。(DS10:p.92) Effective provision will be made for the establishment of elementary schools in which the children of the people shall be educated. Appropriate facilities will also be provided for higher education.

1899年6月:An army officer, Lieutenant George D. Anderson, was appointed city superintendent of schools for Manila. (Alzona p.186) @ In June, 1899. Lietutenamt George P. Anderson was detailed as city superintendent of schools for Manila, during the following school year he had an average of forty-five hundred pupils enrolled In the primary schools.(Worcester 1914b: 504)「両資料ともこの部分の記述の出典は記載なし」

1899 (July): Because of Otis’s opposition, Schurman became disillusioned and left the Philippines in July 1989. The other civilian commissioner remained until September. (Young 1994:258)

1899年10月23日:27人のフィリピン人の聖職者がアグリパイ師に導かれ、Paniqui で国教会の成立を宣言する。

1899年12月22日:Otis将軍は教科書の発注をケーブルで行う。たぶん一回目の発注?(May 1984:220)

1900年1月31日:第一次フィリピン委員会は帰米して、大統領に勧告をおこなうが、その中で、フィリピンは独立の準備が出来ていないとして、また財政が許す限り速やかに公教育を樹立する事を勧告した。→DS(10:267-268)  @Constantino(1975:243)によれば、フィリピン委員会報告(Report of the Philippine Commission to the President, 4vols. Washington, D.C. :Government Printing Office, 1900)の中で、ArellanoとLegardaは公聴会でフィリピン人は独立を望んでいないと陳述している。 

1900年2月27日:Otis将軍は教科書の発注をケーブルで行う。たぶん2回目の発注?(May 1984:220)

1900 (Late January Morning): Taft arrived at the White House, he was received by the president, Secretary of War Root and Secretary of the Navy John D. Long and on the spot offered a post with, probably president of , the Second Philippine Commission. Taft was thunderstruck. ….. he had been opposed to taking over the Philippines and to further American expansion, (Gleeck Jr. 1986:8) 彼は当時42歳で、即答は避けたようである。

1900年3月1日:Taft はハーバード大学の学長の Charles W.Eliot とボストンへの列車の中で会い、フィリピン教育をまかすことのできる人物はいないか尋ねる。Eliot はハーバード大卒業で中等学校の校長で35歳の Fred Atkinson を適任者として推薦する。May(1984:80)

1900年3月4日:Otis将軍は教科書の発注をケーブルで行う。たぶん3回目の発注?(May 1984:220)

1900年3月30日:Todd大尉は学校創立の任を受け、同年11月5日勧告として、学校教育は英語でおこなわれるものとして、スペイン語や地方語の使用は一時的なものにすること、出席を強要すること、師範学校の創立、本土からの教員の派遣、であった。なお当時住民は英語を学ぶことに熱心であったと報告されている。(Bernabe 25; Philippine Commision 1904:68) May (1984:79)はGeneral Otis はCaptain Albert Todd のもとで、a Department of Public Instruction を創立した。

1900年4月7日:McKinley大統領は第2次フィリピン委員会のメンバーを任命する。William Howard Taft ; Dean C. Worcester; Luke E. Wright; Henry C. Ide; Bernard Moses である。「なお第2次委員会のメンバーについては項目(Second Philippine Commission) を参照のこと」同委員会は軍政府より立法権を引き継ぐ。(Lardizabal,1991:5) マッキンリー大統領は第2次フィリピン委員会へ有名なinstructionを送る。アメリカも歴史学者James A. LeRoyはこの手紙をフィリピンのマグナカルタと呼んでいる。手紙の最後の箇所で、無料の公教育をフィリピンに樹立することと英語を教授言語とすることが指示されている。→Documentary Source Vol. 10 p.278. This instruction should be given in every part of the Island in the language of the people*(1). In view of the great number of languages spoken by the different tribes, it is especially important to the prosperity of the Islands that a common medium of communication may be established, and it is obviously desirable that this medium should be the English language.

1900: A second Commission headed by William H. Taft, a federal judge from Ohio, was dispatched.

○委員会へのinstruction:戦争長官 Elihu Root によって起草され、大統領によって、公布されたinstruction では初等教育での授業の言語は in the language of the people or the vernaculars を用いるものとされた。Gonzalez(1980:25) May(1984:79)によれば、Root の指示は their first priority was to be the development of a system of free primary education which shall tend to fit the people for the duties of citizenship and for the ordinary activities of a civilized community.

1900年5月5日: MacArthur became military governor of the Philippines. For a month he was responsible for everything. (Perret 1996:41)

1900年5月5日:フィリピン委員会はFred W.Atkinson がマニラでのGeneral Superintendent of Public Instruction に任命された旨の電報を打つ。その前に委員会からのインタービュを受けた。May(1984:80) /May (1984:77) によれば、Fred Atkinson は1900-02年の間、director of the educational bureau に任命された。

1900 June 3: Taft, with his four fellow commissioners, arrived in Manila about the steamer Hancock on June 3. (Perret 1996:41)

1900年7月終わり頃:Fred W. Atkinson はフィリピンに到着した。

1900年:第二次フィリピン委員会(タフト委員長)は47の法令を作成したが、その中には米国の官吏制度よりも進歩した制度が唱われていたりした。タフトは夏季首都バギオを開いた。Bernabe(p.30) は委員会で地方語の一つを教育の言語にすることを述べたが、フィリピン人の委員から反対がでたという。タフトは占領の第一期(1898-1912)の間に英語が一般語として使用されるに至ったこと、一般教育制度が制定されたことである。1900年9月に中央行政組織として、内務省、財務・司法省、教育省、商業・警察省が設立された。

1900年:タフト委員会の法令第5条で the Philippine Civil Service を創設する。応募者への試験は英語かスペイン語で行われた。官職への魅力から英語学習熱が高まった。1905年時点では応募者の80%がスペイン語で受けたが、1925年の時点ではわずか1%に下がった。1935年では0.2%となった。スペイン語者の仕事はわずか法廷での速記者か通訳であった。Gonzalez(p.29)

1900年9月1日: The military governor would relinquish all legislative powers – including taxation, appropriations, tariffs, courts, and schools. Most important of all, the power of appointment to all civil positions was to be given to the commission. … however … General MacArthur would continue to be the chief executive. (Lewis, Jr. 1986:19)

1900年9月1日:このときまでに軍政府は1000の学校を開設した。マニラだけで41の学校があり、5000以上の出席者がいた。学校は7:30-10:30 と 2:00-5:30までであった。実験的に成人のための学校が週3回7:30-9:00 p.m.開かれた。Lardivazal p.42. May (1984:79) によれば、この時までに100,000のフィリピン人の児童が入学した。Todd はフィリピン教育について、長期的視野に立った政策を考え始めた。中央政府の監督下にある教育制度と教育と教会との分離をもくろんだ。さらに、義務教育(compulsory attendance?)、英語の使用、師範学校の創立に関心を示したが、彼はすぐに交代となったためにその考えを実行する機会はなかったが、後任者達が彼の考えの多くを実現した。「その意味で、つまりTodd はフィリピン教育の草案者ということになろう。」しかし、Todd は兵隊による教育の目的はフィリピン人の教育ではなくて、治安が目的であると認めている。[The army’s school were, in effect, a mere adjunct of its military activities.] (May 1984:79) @しかし、兵士の教師の効果は限定されたものであった。学校は通常は過剰の児童と、建物は不十分で、the course of study was limited であった。また当初の教科書はスペイン時代の粗末な印刷の宗教的な事項でいっぱいの教科書であった。(May 1984:79)

1900年12月23日:連邦党が結成される。パルト・デ・タベラは、フィリピンは最終的には米国に帰属して、合衆国の一つの連邦になるべきだと主張、党名を百年前の米国のフェデラル・パーティから借りた。同党は翌年に全国に296の支部をつくり、党員数は20万人に達した。(鈴木 1997:147)

1900年:”little brown brothers”, a name given us by our first American civilian governor William Howard Taft on his arrival at Manila in 1900. (Internet: Ceferina Gayo Hess)

1900年頃:The Peace Corps tradition was arguably started by the Thomasites, a group of educators who got their name from the U.S. Army Transport Thomas, a converted cattle cruiser that brought 540 American teachers and some of their family members to initiate a new era of public education in the Philippines in August, 1901. By 1902, the number of American teachers grew to 1,074. The ship Thomas was earlier named the Minnewaska (a Minnesota influence). [Internet: David D. Glaub]

1901年:in Dumaguete on the eastern coast of Negros Island, Presbyterian missionaries established a school called Silliman Institute. It was named after its main patron, Horace Silliman of Troy, New York, who had donated $10,000 for the establishment of just such a school. (Internet: Ceferina Gayo Hess)

1901年:Fred Atkinson がTodd からGeneral Superintendent of Educationの地位を受け継ぎ、教育条件の整備のための調査を始めた。報告では住民は一致して、英語の習得を望んでいるとし、住民の言語はfusionの気配は見えず、書記法を持たない言語があり、高等教育は難しいと報告している。(Fred Atkinson 1905)
The Philippine Islands. Boston:Ginn and Co. があるとのことだが、入手はむずかしいだろうな?)彼のグループは中央集権化した無料公教育制度を提唱した。これを受けて条例 74号が成立する。なおMay(1984)によれば、Fred Atkinson はBooker T. Washington の教育思想を具現化しようとしたという。May(1984:83)によれば、Atkinson は当初はフィリピン諸語での教育に傾いていたが、Todd とシャーマン委員会は英語使用を推奨したという。Atkinson は軍の報告に基づいて住民の大半は英語教育を望んでいるとの結論に達した。→これらの資料は彼の”Present Educational Movement in the Philippines” (the Bernard Moses Papers, Bancroft Library)という原稿の中で見られる/May(1984:202)。
◎むしろ本国では英語をフィリピンに押しつけるのは帝国主義的であると反対の声が挙がる。/英語使用の決定はイラストラドスたちの間では不人気、かれらはすでにスペイン語を習得していたからである。

1901: A careful study of conditions relative to the educational situation was undertaken by a group headed by Fred Atkinson who had taken over from Captain Todd as General Superintendent of Education.

1901年1月21日:(前年到着のAtkinson が現地調査してその報告と提案に基づいて)フィリピン委員会は教育条例 74号(Educational Act No.74)(大竹 1954:21によれば、比島政府委員条例第74条)を制定した。内容は無償の義務制の初等教育制度(第1ー4年)の設立、男女共学、教育行政の中央集権化、宗教の中立化、男女教育である。教育局Bureau of Instruction(公立学校局の前身)が教育省Department of Instructionの一局として創立される。副総督Vice-governor generalが公教育省長官を兼任し教育上の全責任を負う。彼は全国的教育活動の企画、教育設備の確保、地方自治体の教育行政、教育諸機関の監督に当たる(大竹 1954:21)。(後に彼の下に、公立学校局長Director of Public Schoolsが置かれた。官僚制度がフィリピンによって運営されるようになっても、大戦までは公教育省にアメリカ人の教育監督官superintendentsと英語指導主事supervisors of Englishが置かれた)。全国を40の行政区に分け、それぞれ州監督官を置き、その下の各学校区において視学官(各小学区督学官)を置き学事を管理させた(大竹 1954:21)1901年は義務教育は3年であるが、1907年の改革により、4年に決められた(大竹 1954:24)。またLardizabal(p.5) によれば、同法は千人のアメリカ人の教師のフィリピン派遣を承認し、a Department o Public Instruction を設立して、全国を18の地区に分け、アメリカ人教師の月給は 75$~125$とし、交通費等を含めてそれらはフィリピンの国庫から支出された。なお教育条例 74号の全文は Lardizabal p.149以下に記載されている。
 教育制度は中央集権化されており、次のような図式が成り立つ。Lardiza p.53

Secretary of Public Instruction (Member of the Philippine Commission)

 General Superintendent of Public Instruction →Superior Advisory Board  ↓
         Division Superintendents (はじめは10,次に18そして36)

   Deputy Division Superintendents (45) → Local School Board 

    …………………………………………..
    ↓           ↓            ↓   
Primary Teachers Higher Teachers of English Filipino Teachers
(1000) (200) (3400)

1901年1月:法令74条で Fred W. Atkinson はアメリカ派遣教師の任命権者となったが、実際は信用のおける米国の師範学校やカレッジの長に依頼した。例えば、カリフォルニア州では Chico State Normal; San Diego State Normal; Stanford University; University of California であり、アイオワ州では State Normal; University of Iowa; State Superintendent である。Lardizabal (1990:6)

1901年1月:法令74条のSection 16 は宗教教育を一部認めている。Atkinson の原案では公教育での宗教教育を否定したが、フィリピン委員会で検討される。Moses, Ide は宗教教育の削除に賛成したが、Taft, Worcester, Wright は妥協案に賛成する。(May 1984:82)

1901: The American colonial government enacted ‘An Act Establishing a Department of Instruction in the Philippines’ which authorized the establishment of the public school system in the Islands and which mandated the use of English as the language of instruction.

1901年3月10日―5月3日: フィリピン委員会は took to the sea lanes, visiting the southern islands on the same mission, organizing civil government in all 18 provinces. (Lewis, Jr. 1986:21) その当時のことがthe diary of Mrs. Moses, wife of Commissioner Mosesからうかがえる。(Lewis, Jr. 1986:21)

1901年3月21日:The Department of Public Instruction is established by the Americans in Manila. Act No. 74 passed by the Philippine Commission in January directs the department to supervise a centralized and secular public school system, and open a public school in each municipality in the islands. Likewise, a normal school and agricultural/trade school is to be opened in Manila. (Totanes 1998: 172)

1901年4―5月:The teachers of each province or school division were gathered together at least once a year for a period of around four to eight weeks in a normal institute, which was first conducted in Manila in April and May of 1901. Alberca (1994:59)「そんなに早くに教員研修が始まっていたとは信じられない。」

1901年5月14日:Pardo de Tavera は MacArthur将軍への手紙で「我々フィリピン人は全力でアメリカ化を行っており、英語を全土に普及させてアメリカ精神が我らに植え付くようにしている」と述べている。Constantino(1975:243)によれば、知識人の裏切りの一例とのことである。

1901年6月: 48名の教師が輸送艦Sheridanにのってフィリピンに到着する。日付は分からないが、そのころほぼ同じ人数の教師がBufordにのって到着した。(May 1984:85)

1901年7月4日:第2フィリピン委員会の委員長のタフト(W.Taft)が初代文官総督に任命されて、民政に移管した。軍政は1902年まで鎮圧されていない所と1913年までムスリムの地域で続く。

During the Taft Era, English was used in the public schools and in the executive branch of the government, but not in the judiciary and the Assembly.

1901年7月23日: 輸送艦トーマス号がサンフランシスコを出発する。太平洋上に29日間かかる。ただしハワイに3日間ほど滞在する(Lardizabal 1991:7-8)。船中では色々な催し物が行われ、またロマンスが生まれたと言う(Lardizabal 1991:17-18)。給料は彼らが乗船した日からその分の給与が支払われた。

1901年8月21日:トーマス号がマニラ沖に錨を下ろす。検疫のために、2日ほどそこに滞在する(Lardizabal 1991:21)。

1901年8月23日:600人のアメリカ人教師が陸軍の輸送艦トーマス号でマニラに上陸する(74条15項の規定による)トーマサイツと呼ばれる。彼らは、湾の近くのExposition groundsで宿泊した(Lardizabal 1991:21)。彼らの仕事をBernabe(p.33)は So nobly did they go about their tasks in school and among the people that sooner than they ahd expected they won the love and respect of parents and pupils alike….と手放しで賞賛している。十分な数のアメリカ人の教師は得られないので、当然フィリピン人の教師の育成が計られた。Teacher Institute を作り4から6週間訓練を受けることになった。これは師範学校の創設まで続く。May(1984:85)によれば、到着の日にちは8月21日であるとする。

1901年8月28日:In the orientation sessions at Manila, Atkinson told the American teachers not to usurp the position of the native teachers: Filipinos would do most of the teaching: the Americans were to teach only English and to spend an hour a day instructing the native teachers. (May 1984:94)

1901年9月1日:The Philippine Normal School is founded in Intramurso, Manila as the Escuela Norman, a training school for teachers. (Totanes 1998: 173)

1901年9月10日頃: トーマス号で来た500名ほどは到着してから、20日以内に任地へ旅立った。独身の女性には特別の配慮が払われ、勤務地はできるだけ各自の希望が尊重された(Lardizabal 1991:21)。

1901年9月末日:このころまでには、ほとんど全部のアメリカ人教師が到着している。May(1984:85)

1901: The Thomasites arrived who were American public school teachers and were imbued with a crusading zeal to spread literacy and enlightment among a benighted people.; The S.S.Thomas dropped anchor at Manila Bay on August 21, 1901. The American teachers pioneered in health instruction. Cholera was epidemic throughout and it closed some schools.

1901年9月1日:74条の規定により、本国に習ってフィリピン師範学校(Escuela Normal de Filipinas)の設立 (→スペイン時代から師範学校はあるではないか、どう両者はつながるのだ?)Lardizabal (1991: 115-6)によれば、1901年4月10日から5月10日まで、師範学校の a preliminary term が始まった。Dr.David P. Barrows が校長を勤めた。9月1日開始の師範学校は校長は Dr.E.B.Bryan であり、11人のアメリカ人(4名の男性、7名の女性が)スタッフであった。ここは、マニラ・グラマー・スクールが朝教室を使うので、師範学校は午後の2時に始まり、5:25分に終わった。しかし翌年には授業は午前と午後の二回開かれるようになった。1902年1月一日の時点で、310名の学生数のうち、女性はわずか18名であった。

1901年:The Philippine School of Arts and Trades が設立される。

1901: With the withdrawal of the city subsidy, the Ateneo became a private institution and dropped the word “Municipal” from its official title.(インターネットより)

○:The Philippine nautical School も再開された。元来は1839年設立。

1901年:The Code of Civil Procedure により、1906年1月1日までに英語が法廷の言語としてスペイン語に変わることが定められたが、大半の法曹関係者がスペイン語しかできないので、法廷の機能が麻痺する恐れがあった。妥協案として(Act No.2239)が通り、1911年に英語が法廷の the primary official language であり、1920年1月1日までスペイン語はan official language であることになった。Salamanca p.76. しかしスペイン語はその後も使用され、The Constitutional Convention の時にスペイン語の使用を1940年まで延期することが可決された。Gonzalez p.31.

1901年:長老派がシリマン大学を設立。綾部編 1995:115 @ The best-known Protestant institution are Silliman Institute, located in the town of Dumaguete, Province of Oriental Negros. (Alzona p.341) @ It was founded by Horace B. Silliman, LL.D., of Cohoes, New York. It is supported by the Board of Foreig Missions of the Presbyterian Church in the USA. (Alzona p.343)

1901: Educational Act was established. The main purpose of the Educational Act of 1901, also known as Act No.74 of the Philippine Commission, was to establish a Department of Public Instruction in the Philippine Islands. (Estioko 1994:187)

1901年12月25日:Macario L. Sakayがアメリカへの抵抗を続けて、Morongの山にタガログ共和国を設立した。彼は自身を大統領として、タガロク語で憲法を書いた。(DS vol.10: 407)

1902 February : MacArthur threw a ball at the Malacañang at which Filipinos and Americans met and enjoyed themselves without any hint of discrimination. (Perret 1996:41)

1902年5月20日:新聞Manila Timesでトーマサイツたちは悲惨な状況を訴える。Atkinsonに対して非常な不満を抱いていた。同様の暴露は6月12日ならびに17日の新聞にも現れる。(May 1984:222) 委員会もAtkinsonに対する信頼を失いつつあった。

1902年5月: Taftは自分の弟のHoraceへの手紙で、Atkinsonへの失望を示している。(1901年)となっているが、1902年の間違いでは?(May 1984:87)

1902年7月1日:フィリピン組織法(the Organic Law)が制定され、市政への参政権が決められた。その条件は(1)アメリカ統治以前に公務に勤務していたものか、(2)500ペソ以上の不動産を持つか、年間30ペソ以上を納税するか、(3)または英語あるいはスペイン語の能力があるものとされた。Gonzalez(p.29)(該当する部分はDS 10.422 の箇所か?)
また米国最高裁判所はフィリピン最高裁判所の決定を修正する権限があるものとされた。(DS 10.424) 

1902年:フィリピンの公用語は英語とされた。スペイン語は1913年までに廃止されることが決議された。→スペイン語は1930年代の頃まで上層階級の主要な言語であった。

1902年:Atkinsonは指導要録Suggestive Course of Studyを出す。(May 1984:222)

1902年:Atkinsonは教科書を支給する。Baldwin Primers (50,000 copies), Baldwin First Years (30,000), Second Readers (15,000)である。これはJames BaldwinによるSchool Reading by Grades, 8 vols. (New York, 1897)である。(May 1984:222)

1902年4月:Antonio Regioor Jurado は Arena誌のvol.27の中で、初等教育の導入に反対して、フィリピンに必要なものは、industrial school, technical school であり、初等教育に使われたお金は、よく組織された高等教育に注ぐべきであると述べた。Lardibazal p.49.

1902年7月1日:フィリピン組織法がアメリカ議会で設立した。

1902年7月4日:ルーズベルト大統領がフィリピン平定作戦の完了を宣言する。

1902年8月:74号を修正した477号が承認され、公立学校を統制する教育局(Bureau of Education)が設立され、文部省の管轄下におかれた。

1902年:公立中等学校制創設(provincial secondary schools)

1902年10月:教育関係の役所の名称が変わる。general superintendent of public instruction → general superintendent of education the Bureau of Public Instruction → the Bureau of Education これはさらに、1905年10月に director of educationとかわる。役所の名前は同じである。(May 1984:225)

1902年:Secretary of Public Instruction は英語の普及に関してはnoteworthy results had been achieved. と自慢している。Salamanca p.72

1902年暮れ:TaftはAtkinsonを解雇することを決め、また彼の上司である委員会のMosesも同時に職を解かれた。Moses については、Taftは the least valuable member of the Commission とRoot への手紙に述べていた。(May1984:96)

1902年12月:Elmer Bryran(1902-03)が director of the educational bureau に任命される。彼は前任者よりも行政官として有能であったが、災害とか自身の病気により翌年辞任した。(May 1984:77;96)

1903年:識字率は18%であるが、1,939年には、48%へと、増加した。

1903年:官費アメリカ留学制度(ペンシオナード制度)が開始される。1904年に102名の青年がアメリカの諸大学に留学する。アメリカは彼らがアメリカナイズされることを期待していたが、多くがナショナリスティックな考えに染まった。Bernabe p.35)-1912年までに200人以上の学生がアメリカに留学する。池端 (p.93)によれば、かれらは帰国すると各界の指導的な地位につき、アメリカの教育と文化を賞賛した。エリートのこうした意識傾向は他の人々に影響を与えた。英語による教育の普及は、民族的な自覚を喪失して、アメリカ支配に迎合する知識人を生み出していったとする。なおLardizabal p.119-20によれば、同年8月26日に、the Philippine Commission が法令854号を通過して、法令1133号と1774号がそれぞれ修正法令となった。@ベニテス(1929:273)によれば、ペンシオナードたちの大部分が帰国後は、公立学校の教師になったという。「私見、これは上の記述と矛盾するのではと思えるが、当初は教師として働いたが、それから多方面へ移動したのだろう」

1903:この時点では、アメリカ人教師の比率は公立学校においては21%の比率を占めていた。(Monroe 1925:16)。

1903: The American civil administration instituted the pensionado system, by which intellectually outstanding young Filipinos were given the opportunity to receive university education in the United States toward professional careers in teaching, law, engineering, and medicine.
The commission, persuant to Act No.854, inaugurated a pensionado system which enabled bright young Filipions to educated in the U.S.A. to become teachers, engineers, physicians, lawyers, etc.

1903年:David Doherty は Lope K. Santos に to fuse these dialects into a uniform or common one とするための会議を主宰するように説得する。これをうけて Santos は翌年 the Kapulungan ng Wika (Conference on Language) を創設した。しかし彼は fusionist の立場を捨てて、タガログ語中心主義に走り、1908年にthe Samahan ng Mananagalog (Association of Tagalog Users), 1911年にthe Academia de Tagalistas (Academy of Tagalog Scholars) のそれぞれpresident になった。さらには the Kapulungang Balagtas (Association of Balagtas’s Followers) の vice-president になった。Gonzalez p.37
 Frei (p.63-4)によれば、Doherty が1903年にフィリピンへ行ったときに、Santos は彼のタガログ語の先生であり、El Renacimiento という半分スペイン語半分タガログ語新聞の増刊号の編集長であった。fusionsit のアカデミーAcademy for Philippine Linguisticsは1903年9月3日にマニラで最初の会合が開かれた。しかし何ら成果はなかったようだ。なお Frei (p.65)では、同様の試みが20年程まえに他の人によって行われ、その名称はAkademya ng Wikang Pilipino (Academy of the Philippine Language)であったという。

1903年3月2日:第一回国勢調査が行われる。国勢調査によれば、人口は699万人であり、コーカシア人は0.2%であり、0.22%が混血である。Gonzalez (1980:27) タガログ人は146万人であり、ビザヤ人は、300万人とされるが、ビザヤ人とは地理的名称であり、実体は数多くの言語に下位区分できる。そのためにタガログ人が一番人口が多いといえよう。Gonzalez p.41. 

1903: The first census under the Americans was taken. It shows that the Bisayans clearly outnumbered the Tagalogs: 3,219,030 Bisayans to 1,469,695 Tagalogs. The percentage of literacy was 44.2%. At the close of the Spanish period, the figure was somewhere between 5% and 8% (Agonallo p.372) →1918: the second census showed that literacy rate increased to 49,2%, and in 1935, it soared to 65%.

1903-1909年:David Barrows は第3代目の教育局長 the Director of Education になり、土着語での教育が試みられた。公立学校での土着語の使用をめぐって、どちらが効率的かAgusan, Manobos, Butuan で実験が試みられた。Bernabe p.37
May(1984:77)ではthe director of the educational bureau としている。彼は literary universal primary education に関心を持ったという。

1903-1909: the tenure of David Barrows as Director of Education; Experiments were conducted in Butuan in Mindanao to determine the effectiveness of vernacular languages in public school instruction. The results of the experiments indicated that ‘the pupils in the public schools had a much superior command of Visayan even if they were taught in English alone’.

1904年:初等教育が正式に組織化され、初等コース3学年、中等コース3学年が設けられた。その当時まで生徒を学年分けをしていなかった。May(1984:99)によれば、Barrows は初等コースを一年短縮した。コースを短縮により、より多くの児童を学校に入れる財政的余力を作ろうとの理由である。彼はより多くのフィリピン人に教育をと考えたのであり、従来の教育制度では30万人の児童しか教えられないが、この改革により40万まで拡大することが出来るとした。

1904年:Philippine Commission 1904 の報告の中で、アメリカ統治わずか5年後にはすでに、英語がスペイン語よりも盛んに使われているとしている。(Bernabe p.41)

1904年:Henry Parker Willis がMoorfield Storey of the Anti-Impperialist League (アメリカのフィリピン領有に反対する団体)の依頼で数カ月調査する。彼は The fact is that the enthusiasm of the natives in learning English is largely a myth. と述べている。Salamanca p.74 さらに英語の普及がまだ限定されていたと思われる根拠(Salamanca p.73)をあげている。例えば、英語の使用が法廷では抵抗を受けたこと。議会ではスペイン語のみがが引き続いて使用されたこと。共通の土着語を作るための努力がすでに始まっていたこと等である。(私見では)まだ地方では反乱が続いていたこと、アメリカ人はマニラ周辺の治安が良い地域にいたので、マニラ周辺の印象から英語の普及を述べたと思われる。

1904: Beginning in 1904, the Bureau of Education assigned them to two different kinds of work; supervising school districts and teaching in intermideiate, secondary, or vocational schools. Thereafter, Filipino teachers took charge of primary instruction. (May 1984:99)

1904年:法令372号により、中等教育が始まる。35の province に一つの中等学校が建設された。provincial high school (Lardizabal p.96) →1902年との説もある。@ By virtue of Act no.372, secondary instruction in the country began.

1904年: Fred W. Atkinson は”Inside View of Life In the Philippines”の中で、次のように述べている。「フィリピンでの3年間の経験から、フィリピン人には自治政府の能力がないと結論せざるを得ない。彼らは少数の野心家に牛耳られており、彼らはまだフェアープレーの精神とか意見を異なる人へ耳を傾けることが出来ていない」(Lardizabal 1991:48)。

1904年3月3日:The pensionado system was officially established by the General Superintendent of Education through a circular he issued on March 3, 1904. (Alberca 1994:58)

1905年:バプテストが中央フィリピン大学を設立。(綾部編 1995 :115)

1905: A school for the deaf and blind was established. (Estioko 1994:190)

1906年:官吏試験で英語による受験者がスペイン語のそれをはじめて上回った。

1906年:Forbes, the secretary of Commerce and Police は次のように述べている。Filipinos are perfectly crazy to learn the English language. In my travels about the provinces, I find more English spoken a good deal than Spanish. Salamance p.72

1906年3月:Barrows は師範学校でタガログ語のコースを米人とフィリピン人の学生に与えることを認める。06年と07年に実施される。

1907年4月17日:Taft は輸送艦 Hancock にのる。数週間の航海の間、第一次委員会の報告等のcollegial studyを行う。(Gleeck Jr. 1986:9)

1907年:ガバルドン法(Gabaldon Act)により、全群島に小中学校が立てられることとなり、その費用として、1000万ペソが計上された。(守川 1978:208)

1907年:カリキュラム改正とともに、初等コースは4学年に延長される。多くの児童が初等コース終了後、学校を離れるので、追加したのである。4ー3ー4コースとなる。これは1940年には4ー2ー4となる。→May(1984:102)による説明も参照、同p.106にカリキュラムの内容の表がある。

1907: With the addition of one more year to the elementary course for a total of seven grades. 4 year(primary)- 3 year(intermediate)- 4 year (secondary)

1907年7月:フィリピン議会開催のための第一回総選挙が実施された。有権者は21歳以上の男子で、アメリカ占領以前に、町議会の役職を勤めた経験のある資産家で、英語かスペイン語の能力を持つものに限定された。そのために選挙資格を持つ者は人口の1.5%に過ぎなかった。(もっと知りたい2版 p.15)

1907年11月:公立の初等学校では地方語での授業をおこなうべきとの提案をManual Corralesが行い、08年2月27日フィリピン議会を法案148号として通過するが、フィリピン委員会(上院の機能を持つ)で全会一致で否決された。また議員のVicente de Veraがタガログ語を教授言語とすべき提案をするが、非タガログ語系の人の反対にあう。(Salamance p.197)またLeon Ma. Guerrero が英語は中等学校へ進学する者へ、他は地方語での授業を提案した。/Frei (p.63 ff)にも若干触れてある。

1907: The Filipino Teacher’s Manual, designed for use by Filipino teachers and recommended by the Bureau of Education. (May 1984:102)

1907 (June 10): Acting Director of Education Gilbert Brink issued an outline of the new primary course of study.( Barrows was in the United States on vacation). (May 1984:105)

1907年7月30日: フィリピン組織法が約束していた下院選挙がおこなわれた。最大の焦点は独立かアメリカへの併合であった。定員80名に対して、「即時、絶対、完全独立」ととなえる国民党は、59名の当選者をだした。連邦党はアメリカへの併合路線に勝ち目がないと悟り、進歩党と改名したが、当選者はわずか16名にとどまった。これはアメリカの「友愛的同化」に対する拒絶宣言であった。(鈴木 1997:153)

1907: The practical value of industrial instruction was realized when an exhibit was held in 1907, at which some of the industrial products of the schools were sold. (Alzona p.245)

1908年1月9日:議員 Maunual Corrales of Misamis が初等教育でも現地語を使用することを提案して、討議される。議員 Leon Ma. Guerrero of Manila が英語は中等教育以上をめざす者に与え、一般の児童は現地語を用いる提案をした。上院の機能を持つフィリピン委員会はこの Corrals法案をreject して代わりに現地語を発達させる機能と持つ an Institute of Philippine Language を設立することを提案した。Gonzalez p.35

1908(Feb.27): The Philippine Assembly passed Bill No.148, which provided that instruction in the public primary, or elementary schools should be given in the language or dialect of that province or region. The Philippine Comission unanimously rejected the bill. (Salamanca p.75)

1908: The Bureau of Education made industrial work a requirement in all elementary and intermediate schools. (Alzona p.245)

1908: The Philippine Commission made a recommendation to establish a language institute for the training of teachers (both Filipino and American) in the several native tongues of the Philippines. This move was thwarted as a threat to English, and the initiatives to formulate a policy that related to languages which the people actively spoke in their homes had no legislative consequences until shortly before World War II. (Smolicz 54)

1908:The first summer classes were offered in 1908 in the Baguio Vacation Assembly. It was attended by 250 teachers, mostly principals and supervisors. (Sibayan 1992:132) @Baguio and Manila were invariably chosen as sites for vacation assemblies. While the Baguio assembly, which was started in 1908, consisted largely of conferences, lectures, and classes for supervisors and teachers of higher professional attainments, the Manila assembly took care of classes in instructural methods designed for teachers of lower professional attainments. Alberca (1994:58)

1908年:国立フィリピン大学設立(法令1870による)たいていの大学がスペイン語を教授言語であったために、英語を教授言語する大学を設立。この大学の卒業生は卒業後直ちに官職に就けたために、たちまちフィリピンで一番の大学になる。アメリカ領有の初期にはサント・トマス大学とともに学生を二つの言語グループに分割した。なおアルトバック(P.172)では国立の研究機関に勤務して科学研究者として生きてゆくのはフィリピン大学卒業生だけであったと述べている。○サントトマス大学が僧職養成の性格を持っていたら、フィリピン大学が官吏養成の性格を持っていた。中里(1985:61-2)によれば、アメリカの州立大学をモデルにしている。大学の理事会の構成は文部大臣、上院文教委員会委員長、下院文教委員会委員長、教育部長、学長、大学の教師1名、大学同窓会一名、総督によって任命されるもの5名から構成され、植民地政府の大学への強力な統制がうかがえる。中里(1985:61-2)によれば、フィリピン大学の創設の理由として、官吏養成を目的とした合衆国への留学生派遣制度が留学生の増大に伴い財政的に困難になったために、その目的を満たすことを目的としたという。

1908年:Known as the University of the Philippines or “U.P.” it would provide top level higher education on a tuition-free basis to qualified students from all over the Philippines. Its courses were mostly in English and religious instruction was prohibited. From 1908 to 1915, it had an American president, Murray Bartlett, but starting with Ignacio Villamor in 1915 it has had only Filipino presidents.22 “U.P.” would become one of the hallmarks of an American-inspired development of Filipino literature in English that is still going strong in 1999. Also, worthy of note has been the adaptation of English into Pilipino, the national language of the Philippines. For example, the English word “blackball” became Bulakbol in Pilipino and “beef steak” became bistik.23(Internet: Ceferina Gayo Hess) @the Philippine Legislature approved Act No. 1870 which created the University of the Philippines.

1908: The colonial Phillipine Assembly enacted a law which established the University of the Phillipines.

1909年4月12日:The Philippine Academy (Academia Pilipina)が創立された。それは1912年にCharles Sumner Lobingier (the Chancellor), Rafael del Pan (the vice-chancellor), H.Lawrence Noble (the secretary)であった。会員を希望する者は論文を提出して審査を受けねばならない。しかしこの組織もすぐに消滅した。(Frei p.65.)

1909年春:David Barrows は自分の反対者のForbes が総督就任の予定であったので、またカリフォルニア大学の教授の職を提供されたこともあり、同年5月辞表を出し、12月までその職を遂行した。May(1984:111)

1909年11月24日:第4代総督 W. Cameron Forbes の就任の演説の中で、政府の歳入は学校の拡張をするのに十分でないと述べるMay(1984:120)。Forbesの演説は、産業教育と農業教育の重要性を力説している。またフィリピン大学の創設と同時に他の技術学校が開設されて、public works がフィリピン人の手で行われるようになることを願うとしている。DS(11:129)「このことは、1909年12月 Barrowsが職を去り、彼の推進してきたuniversal primary educationが破棄されたことと関係する、彼を次いだホワイトは産業教育に力を注ぐという方針転換をおこなった」なおForbesの演説の中で、フィリピン人の中には共通語(英語)の採用を喜ばない者がいることを残念に思うとしている(DS 11:134)。

1909年12月1日:Frank.R.White(34歳)が, David P.Barrows教育局長のあとの職を受け継ぎいだ。前任者はフィリピン語に理解を示したが、White は公立学校での英語の徹底使用が始まり、教室内でのフィリピン語の使用は禁止された。May (1984:77)では Frank White(1909-13)がdirector of the educational bureau であったとしている。White は産業教育と intermediate education に関心を示した。@Lardizabal (1991:99)の中で、1909年より、Industrial Arts がすべての中等学校で教科として取り入れられた。

1909年:As early as 1909, there were published poems in English written by young college students for the Philippine Free Press. (Gonzalez 1985: 151)

1910年: The College Folio, the literary magazine of the university appeared. (Gonzalez 1985: 151)

1910年:Secretary of Public Instruction は述べる。..more Filopinos speak and write the English language than speak and write any other language or dialect. Salamanca p.72

1910: Sine this year secondary pupils have been required to buy their textbooks. Prior to that year textbooks were distributed free of charge. (Alzona p.231)

1911年:このころケソンは英語を共通語としてタガログ語よりも必要と考えていた。(Frei p.74)

1911年:デ・ラ・サール大学がプロテスタント系や「神なき」公立大学に対抗して、アメリカ系カトリック教会によって設立された。アルトバックp.167 @De La Salle College was founded in 1911 when the Brothers of the Christian Schools opened their first school in the Philippines on General Luna Street in the historic city of Manila. Classes were conducted in Spanish for the first 125 boys of varying ages and grade levels who enrolled and began their schooling in June 1911.(インターネットより)

1911年:Claro M. Recto がスペイン語の詩Bajo los cocoteros(ココヤシの低い部分)を発表する。(Guerrero 1998:210)

1911年:one American teacher at Manila’s North High School found out in 1911 when she ordered two of her students to go home and take a bath.19 Instead, they stayed on the school grounds and raised a student strike against their cleanliness-conscious teacher, who, in the end, was not discharged. Whether or not the students bathed is not known. (Internet: Ceferina Gayo Hess)

1912年:民主党のウイルソン大統領選出。

1912: In 1912 the primary curriculum was revised again. Phonics was introduced in the first three grades, in order to improve the instruction in the English language. The textbooks used have also been revised to suit the peculiar needs of Filipino children. (Alzona 1932: 231)

1912年:ウィルソン大統領は、プリンストン大学での僚友であったHenry Jones Ford を派遣して(66日の滞在)フィリピンの状況を報告させた。彼は英語は普及しておらず、人々は土着語に執着しており英語教育は費用がかかるので、土着語での教育を大統領に提案している。@彼の報告は「フィリピン人は自分で自分の政府をつくる能力をもっており」、「政府内での絶えざる紛争の種となっているフィリピン委員会を廃止することが望ましい」といった内容であった。(守川 1978:209)

1912年:師範学校の三階建ての新しい校舎完成、Taft Avenue であり、690人の学生が学んでいた。Lardizabal p.116.(同資料に師範学校の歴史が若干記されている)

1913年:Henry Jones Ford が3月14日から5月19日までの66日間ウィルソン大統領の特別調査官Special Investigatorとして調査する。彼は Everywhere Spanish is the speech of business and social intercourse….Spanish is always more useful than English and outside of Manila, is almost indespensable.と述べている。 Salamanca p.74  

1913年:ウィルソン大統領はハリソン(Francis B. Harrison)を第5代総督(1913-21)に任命する。彼は8年間にわたり在任する。フィリピン統治にもっとも一貫性のあった時代と言われている。フィリピン化が進展し、役職がフィリピン人に次第に置き換えられていった。@役職の比率は29から4%へと減少している。(守川 1978:213)

1913年12月ー14年1月:ケソンはFrank McIntyre将軍, Chief of the Bureau of Insular Affairs of the War Department とJones法に関する相談をおこない、そこでフィリピンの独立は10年ごとにおこなう国勢調査で成人男性の75%がある言語の識字能力を持つか、あるいは60%が英語の識字能力を持った時点で、独立への準備が始まるとの草案をまとめる。Constantino(1976:331)

1913年:The National University (その当時の名前は Colegio Mercantil)が教授言語をスペイン語から英語に変える。Alizona p.348

1913年: Dean C. Worcestor が1913年にThe Philippines:Past and Present を出版する。なお1898年に、The Philippine Islands and Their People なる本を出版しており、彼はフィリピンに関する本を2冊出版する。(DS vol.10: 21)彼は、博物学と博物館の館長であった。フィリピン委員会に勤めた後、内務長官としてフィリピン政府に勤める。(DS vol.10: 21)

1914年:The University of Manila がフィリピン人の Apolinario G. de los Santos によって設立される。当初の名前は Instituto de Manila であり、primary, intermediate , high school を保持するだけであった。1921年にこの名前に変更される。Alzona p.348

1914年:During the summer vacation (April and May), some courses were offered under the control of the College of Liberal Arts. (Alzona p.327)

1914年:Crisalidas(蛹)was published, which was one of the leading poets in Spanish. (Guerrero 1998:209)

1915年:タガログ語を国語の基礎に置こうとする試みはすでにこの年の Daluz のFilipino-English Vocabulary の中に見られる。この本は the Akademya ng Wikang Pilipino の公式の文法書とされた。この本は各フィリピン語の語彙を載せている。のち73年に採用された語 Filipino はここにすでに起源がある。ここではタガログ語を語彙の中心で文法的土台として、フィリピン諸語を借用する言語との概念であった。Gonzalez p.42. Frei(p.65)によれば、Akademya ng Wikang Pilipino のsecretaryである Eusebio T. D luz が同書を発刊したという。

1916年8月26日:米国で民主党はジョーンズ法the Jones Act(下院議員 Atkinson Jones による)を成立させる。それはフィリピン自治法とも呼ばれ、前文でフィリピンに安定した政府が樹立され次第、独立を認めると唱っている。またフィリピン議会は完全にフィリピン人に引き渡される。立法部は二院制(the bicameral Philippine Legislature)になり、オスメニアが下院議長、ケソンが上院議長になる。(オスメニアはCebuano出身でケソンはタガログ人で今後バランスをとる、このバランス政策についてはGonzalez p.47の注を参照)なお政府役人のフィリピン人化が進められ、役人の95%がフィリピン人で占められるようになった。同法の13および14項で議員の資格を述べているが、その中でスペイン語も英語もできないものは、資格なしとしている。15項で投票者の資格として、英語かスペイン語か民族語の能力があるものとしている。はじめて民族語の能力が法的に意味を持つようになった。Gonzalez p.30; DS 11.177-178 この法でフィリピン委員会は上院に、フィリピン議会は下院に代替された。ただし総督は拒否権を持っている。

1916年8月29日: the various Philippine languages including Tagalog still did not have any recognized official status. The law (Philippine Autonomy Act, approved August 29, 1916) was explicit on the matter:
No person shall be an elective member of the Senate of the Philippine … who is not able to read and write either the Spanish or English language. (quoted in Sibayan 19999: 4)

1916年:フィリピン議会は、内閣制度を改め省の数を4から6に増やす。大臣職は文部大臣を除いてすべてフィリピン人となった。文部大臣は1935年まで米人が占める。

1916年:The first Philippine novel in English (Galang’s Child of Sorrow) appeared in 1916. (Gonzalez 1985: 151)

1917年:この年からフィリピン人が政府を支配するようになり、初等教育が急速に拡大した(Hayden1955:490)。「これはフィリピン自治法1916年を指すのであろう。

1917年:Jose Vano が the Akademya Bisaya を作る。これはCebuanos のための独自の言語機関であった。Gonzalez p.48

1917年:国立フィリピン大学は中等学校の教師のために、the College of Education を組織化する。Lardizabal p.114

1918年11月:フィリピン立法府は独立委員会を設立した。

1918年:Philippine Journal of Education (by Francisco Benitez)が創刊される。

1918年:国勢調査によれば、10歳以上の314万人中、男性の30%、女性の17%が英語を話す能力がありとしている。Gonzalez(80:27) タガログ語族が 20.5%であり、ビザヤ族は37%であるとしている。これはキリスト教地区の人口であり、細かく言語状況は調べず地区別にタガログ語地区、ビザヤ地区としてその地区合計を出したものである。Gonzalez p.55.

1918年:Sanghiran San Binisaya (Academy of the Leyte-Samar Bisayan Dialect)が作られ、Norberto Romualdez がpresident となる。(Frei p.65) Romualdez は最初はfuionist であったが、不可能と判断してタガログ語推進に後走る。(Frei p.68)

1918: The Zamboaanga Normal School (ZN) was one of the eight Normal Schools established in the Philippines by the Americans in 1918 which offered a secondary general academic curriculum. (Internet)

1919(May 18):この日の New York Times の記事に、”What the Filipinos Ask”という Maximo M. Kalaw, Secretary of the Philippine Mission によって書かれた記事が載る。その中で、 during the last six years in which the Filipinos have controlled the legislative policy of the islands. In 1912 there were only 440,000 public school pupils in the Philippines. In 1918 there were 675,000 pupils, a gain of 54 percent. During the six years of Philippine autonomy 1,700 more schools were added. And recently the most far-reaching measure touching education was enacted by the Philippine Legislature when it appropriated 30,000,000 pesos, calculated to give the rudiments of education to every school child in the Philippines. とのべている。つまり1912年からフィリピン人への自治が開始され、その期間の教育の量的拡大は著しいと主張している(ソースはインターネットから)。

1919: Far Eastern College was founded by N. Maonilla Seva. It belongs to nonsectarian coeducational schools. (Alzona p.346)

1919年2月:ケソンを団長とする第一回独立使節団(Independence Mission)が米国に派遣される。

1919年:Legionarios del Trabajo がマニラ電機会社でストライキをおこない、その要求の中にタガログ語を国語をして採用することを求めていた。Constantino (1975:365)

1919年10月:上下両院合同の第議会開会式の日、ハリソン総督はスペイン語で演説をおこなった。総督の演説でスペイン語が使われたのはこれが最後だった。(アキノ家三代上p.144)

1919年12月5日:フィリピン大学法学部出身、ラグナ選出のエウロヒオ・ベニテス議員が初めて下院で英語による演説をおこなった。(アキノ家三代上p.144 → Manila Times, Dec.6,1919)@フィリピン大学法学部出身の二人の議員で演説を英語で行う。下院での英語による最初の演説であった。これまでは公共の場での演説はすべてスペイン語で行われていた(鈴木1997: 163)。

1920年:ケソンは師範学校での演説で、英語教育をたたえ、地方語での教育に反対を唱えた。→これは1936年のケソンの立場と正反対を示す。

1920年:1907年にフィリピン委員会で否決された地方語による学校教育の問題が再燃する。これは後年のモンロー委員会の勧告とも関連する。

1920: The College of Education opened summer classes in Baguio. (Alzona, p.327)

 共和党の大統領ハーディング、クーリッジ、フーバーの時代

1920年:共和党の勝利(ハーディング大統領)

1921年10月8日:ハーディングの任命によるフォーブス・ウッド(Major-General Leonard Wood and ex-Governor General W.C.Forbes 調査団が4カ月の調査の後の報告(th Wood-Forbes Mission Report)がある。フィリピンが自治の能力があるか調査し、独立は時期尚早であるとした。フィリピンに欠けているものとして、competent courts of justice, adequate resources, suitable defense, sufficient hospitals, effective public sanitation, and a common language. とした。Gonzalez p.39 またその中で、英語教育の低下の現象を憂い、アメリカ人の教師の増加を提言した。なおDS 11.192-4 では報告書の要約だけであるので、全文を入手する必要がある。

1921年10月:Leonard Wood が第6代目の総督になる(1921-1928)。

1921年:簿記法Book Keeping Act 制定の動きが起こる。会計簿は英語、スペイン語かフィリピン主要諸語でつけることを義務づけ、中国語(華僑)を経済活動から閉め出すことがねらいとされた。しかし1926年米国最高裁が違憲と判決で制定には至らなかった。(松本、川本 1991: 296)

1921年:教科書局の設置により、教科書の編纂、検定をおこなう(大竹 1954:21)。

1921年:は教育局のDirectorであるLuther Bewley も20年ほどで英語の普及がスペイン語を上回ったと述べている。Bernabe.p.41.

1921年:政府職員の95%をフィリピン人が占めるに至った。もっと知りたい2:16 〇ハリソン総督の「友愛的な同化政策」はフィリピン官吏による自治の分野を96%まで拡大した(鈴木1997: 163)。

1921年:この時点で、614名のアメリカ人が植民地政府に働いていた。そのうち、400人は教師であり、66名は教育省で働く、役人であった。つまり、教育に関するアメリカの熱心さが読み取れる。(Constantino 1982:22)

1922: The Tagalog paper, Liwayway, was founded and was an important outlet for Tagalog literature.

1922年:Panay 出身の議員 Tomas Confesor が下院で英語で演説を行った最初の人となった。上院はより年配者が多いので遅れた。

1922年:マニラ市議会も「すべての議員が英語を読み書きする」との理由で、議会用語に英語を採用した(鈴木1997: 163)。

1923年:フィリピン大学は東洋言語の学部を開設する。前年1922年に学長のG.P. Benton によって委員会が任命され、学部の創設を検討した。Frei p.66.

1923年12月:この時点では、アメリカ人教師の比率は公立学校においてはわずかに1%を上回る比率であった。(Monroe 1925:16)。1903年の比率と比べるとかなりの減少である。

1924年3月8日:フィリピンの学校調査のための法案がフィリピンの立法府で成立する。これがモンロー報告へと発展してゆく。このような調査はthe Director of the Bureau of Educationによって、1921年と1922年に勧告された。この法案が成立した後、the Secretary of Public Instructions がアメリカを訪問して、多くの教育関係者と相談をする(Monroe 1925:3)。

1924年10月:the Secretary of Public Instructions の招きによって、Dr.Paul Monroe, Director of the International Institute of Teachers’ College, Columbia University, New York City がマニラを訪問する。そこで彼は、the Chairmanship of the Board of Education Survey and the Directorship of the Survey を引き受ける。その後に、二人の人物がthe Board of Education Survey のメンバーとして任命される。それらの人はDr. T. H. Pardo de Tavera と President Henry Suzzalo, of the University of Washington. である(Monroe 1925:4)。しかし、T. H. Pardo de Taveraの死亡と、Henry Suzzalo の到着が調査に間に合いそうもないので、空白を埋めるために、次の二人が任命された。Dr. Stephen P. Duggan, Director of the Institute of International Education, of New York; and Mr. Jose Paez, formerly the Director of the Bureau of Public Works and at present the General Manager of the Manila Railroad Company. (Monroe 1925:4-5) 合計で23名のスタッフと事務の補助員として、150名がフィリピン師範学校のペンショナード並びにフィリピン大学の学生から選ばれた。(Monroe 1925:6)

1924年:米人のSaleeby博士はThe Languages of Education in the Philippines Islands の中で、土着語での教育を力説する。Bernabe p.38; Gonzalez p.35@ Constantino(1982:14)から、著名な学者であるNajib Saleebyがフィリピンにおいて、英語を授業言語として、押し付けようとすることを嘆いた。彼は、マラヨーポリネシア語族の権威であり、タガログ語、ビザヤ語、イロカノ語が近い関係にあり、その中の一つを共通語として推し進めることを説いた。

1924: The board of regents (UP) gave its approval to the establishment of a summer school as a department of the university, with its own director, associate directors, and secretary. (Alzona, p.327)

1925年3月28日: モンロー調査委員会のメンバーであるDr. T. H. Pardo de Taveraが死亡する。(Monroe 1925:4)

1925年1月12日:モンロー調査団の一陣がマニラに到着する。(Monroe 1925:6)

1925年1月23日:モンロー調査団の残りがマニラに到着する。各々のメンバーは到着するやいなや仕事に取りかかる。(Monroe 1925:6)

1925年2月10日から3月6日:モンロー調査団は、一人を除く全員の委員と4名のresearch assistantは各地の学校を視察して回る。(Monroe 1925:6) メンバーたちはそれぞれ、分担が決まっていた。Mary E. Pennell, A.M., Assistant Superintendent of Schools, Kansas City, Missouri. の担当は小学校と英語教育であった。{私見―英語教育の評価に関しては彼女の意見がかなり占めたと思う}(Monroe 1925:6)

1925年5月5日:モンロー報告書が出される。モンロー委員会による調査で、フィリピンの第4学年の児童はアメリカの児童よりも英語の読みの点で2年ほど遅れているとした。中等学校卒業時の能力はアメリカ児童の5学年に匹敵し、その時点で6学年の差が生じるとした。中途退学の率は高いが、3年以下の英語教育しか受けていない成人の英語能力はほとんど消滅している。外国語の能力に永続性を与えるために、5年以上の学校教育が必要であるとしている。究極は英語による教授と学習を提唱している。同委員会の視察以降コモンウエルス政府の樹立1935年まで、公立学校は英語の徹底使用をおこなう立場をとる。なお同報告に対してフィリピン側からはフィリピンの児童の能力を不当に評価していると不満の声が挙がる。なお土着語のある程度の使用を勧めている。○なおモンロー委員会の勧告の一つにmanners and morals の授業では土着語を使用することを勧めている。それは東洋文化では礼儀正しい話し方が尊ばられるからである。
Frei (1959: 53)によれば、同調査は二部から構成され、第1部は the Report of the Board of Educational Survey Commission であり、構成員はPaul Monroe, Jose’ Paez, Stephen p. Duggang である。第2部は the Educational Survey Commission であり、22人の教育の各分野の専門家から構成されている。@ Monroe (1925:5-6)によれば、
Survey Commissionのメンバーとして、Paul Monroe; Carter Alexander; Frederick P. Bonser; George S. Counts; Stephen P. Duggan; Mary E. Pennell; Harold Rugg; Jesse F. Williams; Lester M. Wilson. の9名である。さらに、Research Associates として、次の13名が任命された。Nemesio L. Agunod; Ruby Baughman; Alberta Cabanos; Manuel L. Carreon; Lino Castillejos; Salud Elejorde; Abbie F. Hawes; Am.R. Lim; Juanito Maramara; Saturrino Mendinueto; Elizabeth Miller; Isidoro Panlasigui; Gregorio Ramirez である。

1925: The Monroe Survey found that there were deficiencies in the educational system, especially with regard to instruction in English, such as in arithmetical reasoning, and in developing English as a common language because many pupils dropped out of school after grade 4.

1925 (July 18) : The official English version of the national anthem, till the outbreak of the Second World War, was made official and was popularized in the schools. (Sibayan and Segovia 1984: 30)

1925年11月9日:フィリピン立法議会での上下院同一決議第15条(Concurrent Resolution No.25)で、モンロー報告に関して研究、対応、方策を勧告すべき合同委員会が設立された。その目的はフィリピンの教育制度をフィリピン人の観点から評価することであった。委員会はモンロー報告は次のような理由で疑問視されるとしている。(1)テストは元来は英語を話すアメリカ人の為のテストであり、フィリピン人の為のテストでないこと、(2)situations もアメリカであること、(3)判断基準がアメリカに合わせてあるので、フィリピンの児童には不利になっていると反論している。(Bernabe 1987: 49)

1925年:すべての官公庁がこの時までに英語の採用試験に切り替えた(鈴木1997: 163)。

1925年:Paz Marquez Benitez had published the first Philippine short story in English entitled ‘Dead Stars.’ (Gonzalez 1985: 151)

1926年8月10日:モンロー報告の検討の合同委員会は the Joint Legislative Committee Report を提示する。いろいろと答申は出されたが、具体的な方策を欠いている。(Frei 1959: 58)

1926年12月4日:クーリッジ大統領が独立問題を調査するためにトンプソン大佐を派遣して(6ー10月)報告させたが、同大佐は独立が不可能であるとして、その理由の一つに「地方語が多数あって、各種族間に言語が通じないこと」をあげている。
Because they lack a common language, and for other reasons, the Philippines do not have the homogeneity and solidarity with are prime requisites of a strong democratic nation…….Such a gulf as exists between the upper and lower classes in the Philippines is unknown in America. (DS 11:240)議会報告の全文あり。

1926年:Eulogio B. Rodriguez (the Chief of the Filipiniana Division of the Philippine Libaray and Museum) が What Should be the NationalLauguage of the Filipinos という論文の中で、タガログ語を国語をすることを提唱している。Frei p.70

1926年:ファスティーノ・アギラールが「ある島の秘密」(Lihim ng Isang Pulo)を発表する。スペイン語由来のタガログ語をいっさい使わずにスペイン以前のフィリピン社会を描いた。(綾部編1995:161)

1928年: フィリピン師範学校は中等学校卒業者のみを受け入れる事とにしたので、カレッジの地位を持つようになった。(Lardizabal 1991:117)

1929年:職業教育令Vocational Education Actで職業教育の強化を計る。

1930 (Jan):マニラ・ノース・ハイスクールに勤務する米人女教師がフィリピン人は「バナナ食いの猿のようなものだ」と侮辱的発言をしたことから、市内のいくつかの高校生が一斉に同盟休校した。(→アキノ家三代 p.viii); Miss Mabel Brummit がManila HIgh School でフィリピン人は “a bunch of sweet-potato eaters” “monkeys” と呼んだことから、フィリピン人学生たちは一斉に同盟休校に入った。(Sturtevant, 1976: 218) ; When an American teacher of English at the Manila North (now Arellano) High School said that a Filipino brother and sister, sitting beside each other in a desk, were not so clean and that “You should get into the habit of cleaning yourself”, she probably meant no harm. But the Filipino school boys and girls took it as an insult, and forthwith the whole class called a meeting at a store nearby and then and there decide to call a strike. …. The school premises were immediately picketed, and soon the students from other high schools in Manila left their classes to join the strike. (Agoncillo 1990:10)

1930年2月:公立のマニラ北高校における米人女性教師の侮辱的発言事件が起こる。「バナナ食いの猿」と表現したとして、マニラの北、南、東、西と商業高校が、抗議の同盟休校に入った。総督ドワイト・F・デビスが事態の収拾に乗り出し、問題の女教師を出国させた(鈴木 1997:171)@これはLardizabal(1991:125)の中で、触れていることと関連あると思われるが、アメリカ人教師たちはよく、かれらのことを”You little monkey,” ”You little Idiot”といういい方をした。それは悪気はなかったが、あるとき、それが元でTondoでは、ストライキに発展した。

1930年:反米傾向の強いタガログ語週間新聞・サクダル・がベニグノ=ラモスにより創刊される。サクダル党は民族語教育の熱烈な主張者であった。{この新聞の第一号は7月5日らしい →アキノ家三代 p.ix}{Sturtevant 1976:219では10月13日としている}

1930年7月5日: 週刊新聞サクダル(タガログ語で糾弾の意味)が発行される。教育の手段としてタガログ語使用などを打ち出す。サクダルは爆発的にうれ、歴史学者のコンスタンティーノやルイス・タルクらも熱心な愛読者であった。(鈴木 1997:172)

1930: English could be declared the main language of the courts. (Sibayan 1999: 342)

1931: The “pensionados” found an anexpected ally in Vice Governor-General George Blutte, who ‘rocked the boat’ with his advocacy of the use of vernacular languages. Blutte discounted the possiblity of English ever becoming the common language among the people of the Islands.
Cecilio Lopez, a leading Filipino linguist, advocated Tagalog as the national language but allowed the use of vernaculars in the primary grads, provided Tagalog was increasingly taught. In high school, English was to be used, although Tagalog was to be studied by the students more intensely. At the university level, Tagalog would be offered as a subject very much like English I.
Maximo Kalaw basically agreed with the idea of making Tagalog a subject in the primary grades in order to develop it as a national language.
Francisco Benitez recognized the practical and sentimental reasons which would prevent the adoption of Tagalog or any of the vernaculars as the national language and, therefore, urged more experimentation with regard to the use of English, with the vernaculars playing a supplemental role in the educational process.

1931年8月23日:副総督(Vice-Governor)であり同時に secretary of publi instruction である George Butteが初等教育での土着語の使用を主張する演説をおこなう。All instruction in each of the elementary schools should be given in that one of the nine native languages which is appropriate.  Gonzalez p.36
彼はまたfusionist的な見解を示した。9つの地方語がやがては共通のものになり、互いに理解可能になることを希望した。Gonzalez p.38.

1931年9月:Butte の8月23日の演説が the Philippine Journal of Education に掲載される。同時に Maximo M. Kalawと Jorge Bocoboの支持する論文も同時に掲載された。Frei p.59.

1931年:Cecilio Lopez はパンフレットThe Language Situation in the Philippine Islands の中でタガログ語の国語化を提唱している。(Frei p.71)

1933年: 小学校レベルでの、汚れた教科書を取り替え、かつ増大する入学者のための新しい教科書の予算はこの年まで、毎年60万ペソであったが、その後の4年間は22万5千ペソに減少させられたので、教科書不足が深刻化した。何千という児童が破棄されてしかるべき汚い教科書を使わざるを得なかった。いくつかの学校では、レッスンは一人の児童が読み上げ、他はそれを耳で聞かざるを得なかった。(Hayden 1955:489-90)

1933年1月:10年間の独立準備期間(コモンウエルス期)をおいて、フィリピンに独立を認める「ヘア・ホーズ・カッティング法Hare-Hawes-Cutting Act」が米議会で可決する。DS11:305 → Provision shall be made for the establishment and maintenance of an adequate system of public schools, primarily condicted in the English language. ヘア法やタイディングス法の中で、フィリピンの教育システムの中で、英語の使用が記された。

1933年10月:しかしフィリピン議会は「ヘア・ホーズ・カッティング法」を否決する。

1933年10月29日:ベニグノ・ラモスに率いられたサクダリスタ党の結成式がマニラのオペラ・ハウスで行われる。宣言と綱領が採択され、そのなかで、「すべての学校で教育手段として英語に代えてタガログ語を使用すること」がある。→アキノ家下p.xi →(Sturtevant 1976:225)

1934年5月:タイディングス・マクダフィ法(the Tydings-Mcduffie Act)をフィリピン立法府は可決する。米国のフィリピン所有は、共和党のマッキンレー大統領による領有以来、民主党はその放棄を主張してきたが、同法により独立が確認されるに至った。英語教育に関しては、DS11:322→ Provision shall be made for the establishment and maintenance of an adequated system of public schools, primarily conducted in the English language.
ヘア法と同じ文面である。

1934: The Tydings-McDuffie Law paved the way for the restoration of Philippine political independence in 1946 following a transition period of ten years under a Commonwealth government. It stated that the English language would be the primary medium of communication in education.

1934年:Tydings-McDuffie Bill のロビー活動をしていたケソンは病に倒れ、入院手術することになった。彼は妻と自国民に遺書をしたためたが、彼はスペイン語と英語に堪能であったにも拘わらず、タガログ語でかいた。リサールの遺書はスペイン語であったことと、対比を示す。Gonzalez p.61

1934-35: The Constitutional Convention convened to draft the Philippine Constitution. The delegates to the Convention concurred with the opinion that a national language should be adopted, they could not arrive at a consensus on which language to declare as the national and official language.

1934年7月30日:The Constitutional Convention が初めて開催された。議長に Claro M. Recto が選ばれた。その中で、多くの委員会ができたが、その内の一つが the committee on official language であり、議長を Alejo Labrador とする。Gonzalez p.45 Frei (p.77)によれば、47の委員会が作られ、the Committee on Sponsorhsip, the Comittee of Officail Language 等が作られた。Convention の進みが遅いので、the Sponsorship Committee は7人によるsub-committeeをつくり、そこで言語問題を検討する。の

1934年8月16日:Convention の予備段階の演説ででFelipe E. Joseはタガログ語で、国語が必要である旨の演説を行った。フィリピンの立法府の歴史の中で、初めて、自らの国語が国家の構成要素であるとの認識が示された。Gonzalez p.45

1934年8月23日:Convention の予備演説で Eugenio Baltao が16日のJose と同じ内容の演説を行った。しかし非タガログ語族の反発により、民族的対立が深まってゆく。Gonzalez p.45 /GonzalezはAruego, Jose M. 1949 The framing of the Philippine Constitution. Manila: University Publishing Co., Inc. (First Printing 1937)から内容を得ている。この本を探したい。

1934年9月22日:Convention での the committee の報告は(1)公用語と国語の違いをきちんと認識しており、その領域が明示されている。(2)スペイン語を公用語から除き、法廷での使用を1940年までとする(法令4103号)。(3)fusionist の立場には反対するが、タガログ語を基礎として他の地方語の語彙を若干借用するとの見解である。(4)国語選択の具体的な作業は the Academy に任せることになった。Gonzalez p.49-50.

1934年10月26日:Convention があまりに大きくなり過ぎたために the sponsorship committee は a subcommittee of seven をつくった。その構成員は Filemon Sotto of Cebu (chairman), Manuel Roxas of Capiz (as vice-chairman), Norberto Romualdez of Leyte, Miguel Cuaderno of Bataan, Vincente Singson Encarnacion of Ilocos Sur, Manuel C. Briones of Cebu, Conrado Benitez of Laguna であった。彼らは憲法の草案を提出する。委員会の構成員はタガログ人が二名しかいなかっとので fusionist の立場を取っていた。Gonzalez p.51.

1935年1月25ー26日:7人委員会の提案に対する反発が強く、多くの修正案が出された。その内の一つとしてもっとも物議をかもしたのは、Hermenegildo Villanueva (from Negros Oriental ,a non-Tagalog) による次の提案であった。English, Spanish, and Tagalog shall be the offical languages of the people and the government of the Philippines. Tagalog is adopted as one of the official languages in order to strengthen gradually the national spirit and to promote the culture and the progress of the nation. 彼はタガログ語を他の地方語よりも優先させて公用語としようとした。(71-47票で否決)Gonzalez p.53.これに対して、Maximino G. Bueno of Ilocos Norte 達は憲法には国語の基礎となるのがどの言語であるか具体的な名前は記載しない方が望ましいとし、Tomas Cabili of Lanao 達は言語問題は the National Assembly に任せるべきとした。あるいはイロカノ語やビザヤ語を公用語とすべきとの提案やビコール語を国語の一つとすべきとの提案があったりした。Gonzalez p.56.

1935年1月31日:A special commitee on style がClaro M. Rectoを議長として作られた。構成員は例の7人と他の10数名であった。2月2日から5日まで続く。Gonzalez p.57.

1935年2月8日:最終原案に対する票決がなされ、Recto, Roxas の説得で可決された。3月25日ルーズベルト大統領から承認され、5月14日国民投票で承認された。言語に関する第13条は次のようである。
The National Assembly shall take steps toward the development and adoption of a common national language based on one of the existing languages. Until otherwise provided by law, English and Spanish shall continue as official languages. (ただし現在の言語の一つとはタガログ語と暗黙の内に解釈された)Gonzalez p.58

1935年:ケソンは調査委員会(the Quezon Educational Survey Committee headed by Dean Jorge Bocobo) を設立して、教育問題を調査させた。言語教育に関しては(1)英語は主要な教授言語であり続け、土着語は補助言語として使われるべき。(2)タガログ語は高校と大学で使われる。(3)国語創造のために、アカデミーを作る。(4)将来の土着語使用のために調査を行う。Bernabe(p.69)で述べているようにこれは教育改革の土台となった。 @Jorge Bocobo, former dean of the College of Law, later President of the University of the Philippines, and subsequently Secretary of Education. Bocobo headed the Education Survey Committee to recommend changes in the educational system, especially in the transiton government from 1935 – 1946 preparatory to complete Philippine independence. (Sibayan 1999: 343)

1935年5月:独立法が国民投票で批准され、同年9月新憲法のもとでの総選挙が行われ、11月にコモンウエルス政府が樹立された。ケソンが大統領に就任して、マーフィー総督が初代高等弁務官(the American High Commissioner)に任命される。新憲法では有権者の資格から財産制限が撤廃され、読み書きのできる21歳以上の男子に選挙権が与えられた。(綾部、石井編 1995:20)
35年憲法では第13章3条で、現在の土着語の一つを基礎とする共通国語の採用を目指すが、当面は英語・スペイン語が公用語とするとした。34-35年の憲法大会の議事録はスペイン語で取られた。国語問題はこのときまではフィリピンの大多数の国民にとって意識に登ることはなかった。タガログ語を国語に採用することに反対する人々はケソンのカリスマ性ゆえに沈黙した。Gonzalez (1980: 151)

1935年:この年まで、the bureau of education and the bureau of healthはアメリカ人が任命されていた。この年からフィリピン人となる。(Constantino 1982:4)

1935年7月5日: 週刊新聞『サクダル』が発行となる。教育の手段としてのタガログ語使用などの要求を前面に打ち出した。(鈴木 1997: 172)

1935年:Norerto Romualdez による共和国条例184号(the National Language Law)が通過して、the National Language Institure が設立された。(Gonzalez p.60) ○ Santiago(1979:27)によれば、語彙の造語についてのガイドラインは 184号 Section 8, Paragraph 2 で次のように述べられている。(1)はじめにフィリピン諸語を材料として使う。(2)次に、スペイン語と英語を使う。(3)さらには、ギリシア語かラテン語を使う。 

1935年:この年からフィリピンの教育制度が拡張されてゆく。それはココナツ油の税収が入ったことと、生徒一人当たりの支出を削減することにより可能となった。1935-1938年の間に、教育への支出は10%ほど増加し、公立学校への入学は40%も増加した。(Hayden 1955:481)

1935年:立憲議会(Convencio’n Constitucional)はスペイン語を公用語として制定する議案を採択した。これは自国の文化遺産ないし文学作品を言語であるスペイン語で理解するようにとの意図からである。安井p.136

1935: The Philippine Constitution provided that ‘The National Assembly shall take steps toward the development and adoption of a common national language based on one of the existing languages. Until otherwise provided by law, English and Spanish shall continue as official languages’.

1935年:適齢児童の35.5%が小学校(4年制)に通う、中等学校進学者は小学校入学者の20%である。

1935年:ケソンは the National Council of Education を作った。

1935年:Paulino Gullas は the Kaumahang Binisaya (Bisayan Culture) なる機関を設立する。彼はタガログ語ではなくてビザヤ語を国語とすることを提案した。Gonzalez p.48 メンバーの一人の vincente Sotto は文法書と辞書を提示した。Cecilio Lopez が彼らをなだめるために、1938年にその機関を訪問した。Gonzalez p.75.

1935年:ケソン教育調査委員会(the Quezon Educational Survey Committee)は、民族語を初等教育の教育言語とした場合の効果について実験をするようにと提案をしている(Bernabe 1987: 80)。

1936年:フィリピン教育協議会(Philippine Council of Education)で、英語と地方語を授業用語と唱える両者の間で論戦が交わされる。

1936年2月:A National Council of Education, under Rafael Palma, was created to advise the government on educational policies and suggest necessary reforms to the existing educational system. (Gopinath 1987:99)

1936年9月22日:The Committee が組織化され、10月12日に Norberto Romualdez of Leyte が草案 “Memorandum Sobre la Lengua Nacional” をまとめた。Gonzalez p.61. Romualdez Bill (Bill No. 239)である。Gonzalez p.65

1936: A National Council of Education was created, chaired by Rafael Palma. Vice President Osmeña headed the Department of Education, the first time a Filipino assumed that position.

1935年10月27日:the message of Manuel L. Quezon to the First National Assembly:
The Constitution provides that the National Assembly take steps toward the development and adoption of a common national language based on one of the existing dialects.
This mandate of the Constitution recognizes the fact that there is no common native language spoken by the Filipino people and that it is very necessary and highly desirable that there be one. (Sibayan 1999:2; 28)

1936年10月28日:国語に関してコモンウエルス条例184号の成立をみる。同年11月に大統領の承認を得る。場所の名前と家族の名前は由来した言語のスペルを維持することが認められた。言語造語lexical elaboration に関して、184号8項2パラグラフで次のような方針を示している。(1)フィリピン諸語をソースとして用いること、(2)スペイン語か英語を用いること(3)ギリシャ語かラテン語を用いること、とりわけ科学文学技術用語の時には(Santiago 1979:27)。Romualdez Bill の言語の標準化と精緻化に関して次の方針がなされた。(1)語彙から不必要な外国語要素を取り除くこと。(2)語彙は次の順番で拡充されること、フィリピン諸語・スペイン語・英語である。(3)科学・文学・技術用語はギリシア、ラテン語から取り入れること。(4)外国語は家族の名前を除いて、フィリピン語の綴りに変えられること。Gonzalez p.67-68.

1936(Nov.13): The National Assembly enacted Commonwealth Act No. 184 establishing the Institute of National Language. @ Commonwealth Act 184 provided that: … not later than two years after proclamation of the national language, the Institute of National Language shall publish the dictionary and grammar of the national language … and the President of the Philippines shall issue orders to the Department of Public Instruction to the effect that, beginning with a day to be fixed by the President of the Philippines, said national language shall be used and taught in all public and private schools in accordance with the dictionary and grammar prepared and published by the Institute of National Language. (Sibayan 1999, 43)

1936年11月13日:コモンウエルス条例184号the National Language Law (An Act to Establish a National Language Institute and Define its Powers and Duties.” がthe National Assembly を通過する。

1936年11月:条例184号により国語研究所の設立を決定する。任務はフィリピン諸語(50万人以上の話し手)を比較研究して、国語の基礎となるに最もふさわしい言語を作り出すことである。Bernabe p.61

1936年:Manuel L. Carreon (a research Associate of the Monroe Survey) がモンロー調査とButteの演説という大きな反響を呼んだ事項に触れながら、英語教育を擁護する論文を発表する “The Language of Insttruction in Our Schools,” Filipiniana, Vol.II, p.200-210 (Frei p.59)

1937年1月12日:大統領は全国から7名(各言語グループを代表する)(1938年9名に増える)を選び国語研究所の委員会を構成した。同研究所ではマニラ地区のタガログ語ではなくて、外来文化の影響をあまり受けていないモロロス・ビュラカン地方の古いタガログ語を復活せんとする。また英語、スペイン語の借用語を廃止、タガログ語による合成語で変えようとする傾向があり、意見の一致を見ていない。←大滝p.85 彼らは毎月公立学校局のsecretary を通して、大統領に報告の義務があり、また公立学校局内に事務所と人員を与えられた。Gonzalez (1980:65)
委員は各地方語を代表して:
(1)Jaime C. de Veyra (Samare o-Bisayan)as Director of the Institute ;
(2)Cecilio Lopez (Tagalog) as Secretary and executive officer ;
(3)Santiago A. Fonacier (Ilokano) ;(4) Filemon Sotto (Cebuano-Bisayan);
(5)Casimiro F. Perfecto (Bikol); (6)Felix Salas Rodriguez (Hiligaynon-
Bisayan); (7)Hadji Butu (Moslem) を大統領は任命する。(4)は辞退したので、Isidro Abad が代わる。(7)は息子のGulamo Rasulが代理をつとめ、さらにZoilo Hilario(Kapampangan)が代わる。1938年条例修正とともに、Lope K. Santos (Tagalog); Jose I. Zulueta(Pangasinan)が加わる。同時に名称がNational Language Institute→Institute of National Languageへ変わる。またthe Secretary of Public Instructionの管轄下にあったが、the Office of the President ofthe Philippines へ移管される。なお審議はスペイン語でおこなわれたが(1941年まで)、議事は英語でとられた。

 この研究所の課題として、(1)少なくとも50万人以上の話者がいる言語を調査する。(2)同族言語の対照表を作る。(3)統一されたスペルを確立するためにフィリピン諸語の音声と書記法を研究する。(4)諸語の接辞の研究をする。その後に国語の選択があり、その言語の標準化(辞書、文法書の準備、純化)、Elaboration として他のフィリピン諸語から語彙を借用して語彙の拡大を計ることが必要とされた。Gonzalez p.67.

1937年9月:同委員会はタガログ語を国語の基礎にするように大統領に進言する。しかしGonzalez(p.71)では、1937年11月9日にNLI がタガログ語を国語の基礎とするように進言したとしている。

1937年12月30日:ホセ・リサールの処刑記念日にケソンはタガログ語を国語の基礎にすると宣言、大統領令134号に署名する。 …do hereby approve the adoption of Tagalog as the basis of the national language of the Philippines, and hereby declare and proclaim the national language so based on the Tagalog dialect, as the national language of the Philippines. それは1939年12月30日より有効となった。

1937年:Trinidad A. Rojo (research associate of the Philippine Reaserch bureau, New York)がThe Language Problem in the Philippines なる本を書いてタガログ語を国語に採用することを提唱している。Frei p.71.

1937(January): The National Language Institute was established by President Manuel L. Quezon. It is composed of a director, seven members and an executive secretary. According to Hayden (p.584), their mandates are:
(1) To make a study of the Philippine dialects in general for the purpose of evolving and adopting a common national language based on one of the existing tongues.
(2) To choose the native tongue which is to be used as a basis for the evolution and adoption of the Philippine national language.
(3) To prepare for publication the linguistic studies in not later than a year.
(4) Immdediately upon the publication of this work the Institute was to state which native tongue it had chosen as the basis of the national language and to recommend to the President the adoption of the national language based on the tongue chosen.
(5) The President was directed to proclaim such language as the national language.
(6) Not later than two years after this proclamation the Institute was directed to publish a dictionary and grammar of the national language and it was made the duty of the President to direct that on a day to be fixed by him the national language should be used and taught in all public and private schools.

1937(November): The National Language Institute recommended Tagalog as the basis of the national language after it had conducted the needed investigation on the language situation. Based on this recommendation, Quezon signed Executive Order No. 134, which made Tagalog the basis of the Filipino national language.

1938年6月18日:条例184号は条例333号で修正されて、NLI は Institute of National Language と名称変更された。@Commonwealth Act 333, amending Commonwealth Act 184, provided that “… it shall be the duty of the Institute of National Language to prepare a dictionary and grammar of the national language.”(Sibayan 1999, 43)

○Lope K. Santos がINL に加わり彼の文法書 Balarila ng Wilang Pambansa を提示した。これが公式の文法書として採用された。これは宣教師達の手による Artes に依存していた。Gonzalez p.72 はこの本に対して批判的であり、ケソンがこの書を手にしたときには、難解と批判した。ケソンは Cecilio Lopez に文法書を書くように依頼して、彼は数カ月で書き終えた(彼の本は Bloomfield, Jespersen の影響を受けている)。

1938: The Bureau of Education started a program of publishing basic texts which are better adapted to the interests of the Filipino child.

1939年11月3日:財政的な逼迫を打開するために、the Joint Executive-Legislative Committee が作られた。財源は一定で就学児童の数が増え、財政逼迫となり、いわゆる school crisis が生じた。

1939年12月:タガログ語が国語として決定された。(1937年の法律は2年後より施行されることになっていた)〇タガログ語は12月3日から単に wikang pambansang Pilipino (Filipino national language) と称されるようになった(Gonzalez 1980:100)。

1939 (December): Tagalog by law became the basis of the country’s national language. It was hoped that words coming from the other Filipino regional languages would add value to Tagalog.

1939年12月5日:公教育局長である J.Bocobo は、それまで、学校で禁じられていた地方語を1年次と2年次の補助言語とするように命じた。(小野原 1997:255)@when Bocobo became Secretary of Education, he issued an order to that effect. (= English as medium of instruction be continued but that primary school teachers be allowed to use the dialect as a supplementary tool of instruction. This may be considered the beginning of formal bilingual education in the Philippines, although the term ‘bilingual education’ was not used until the seventies. (Sibayan 1999: 343)

1939年:授業補助語 auxiliary medium of instruction として地方語のauthorization。愛国者であるJorge Bocobo, Secretary of Public Instruction が第1、2学年では児童が英語による授業が理解できない場合にのみ、地方語での授業を許可した。(Bernabe p.68)

1939年:国勢調査によれば、1600万人の総人口うち、426万人(26.6%)が英語が話せるとしている。Gonzalez(1980:27) スペイン語と比べて、英語がこのように迅速に広まった理由として3つある。(1)公教育の導入(2)アメリカ人に対するフィリピン人の好意的態度(3)英語が社会的上昇に役立つ(職業)である。当時の教材や教授法は格段優れたものではなかったにも拘わらず。Gonzalez p.27-28. 総人口は1600万人、タガログ語地区の人口は22.1%である。話せる言語はタガログ語は25.4%、スペイン語は2.6%である。Gonzalez p.62

1939: 1,961,861 children were enrolled in public schools. Only 45% of children of school age were enrolled in public schools.

1939: Nearly half of the population over 10-years of age were reported illiterate.

1939年:フィリピン作家連盟が設立される。

1940年:Santos の Balarila が印刷された。

1940: Tagalog became a subject in all public and private schools across the land. Quezon also ordered the printing of A Tagalog-English Vocabulary and Ang Balarila ng Wikang Pambansa. The National Assembly passed legislation which would make Tagalog an official language beginning 4 July 1946, the date when the political sovereignty of the Philippines would be restored.

1940年4月:教育条例により、中等学校・師範学校で国語教育が開始される。6月よりまず中等学校の4学年、師範学校の最上クラス(第2学年)からとりかかった。また同時に財政難のために、7年間の初等教育が6(4プラス2)年制になる。最初の4年の義務教育を2部授業とする(二部とは授業教科の削減を意味する)。初等教育は特別市を除いて、国庫負担となった。2部授業は一日320分授業を160分に短縮し、教師は午前と午後の二回教えることになり、教師の負担が増大した。1932年頃より地方事情により、おこなっていたが、1940年法令で全土に拡大された。私立は従来通り一部授業であり、275分授業である(大竹 1954:22;25)。この政府の決定は少数のエリート市民を作り出すか、大衆教育の道へ徹するかの選択であり、後者の道が選択された。(Hayden,Joseph R. 1955 The Philippines: A Study in National Development. New York:macmillan Co. にこの事情が書いてある、探すこと Bernabe p.70) また上級学年では2学級に3人の割合で配置されていた教師を一学級あたり一人とする措置が講じられた。(綾部編 1995:192)

1940年4月:Quezon authorized the printing of a dictionary and grammar which had been prepared by the institute. (Gopinath 1987:105) @ April 1, 1940: Presidential Order for the printing of the dictionary and grammar. @On April 8, 1940, President Quezon authorized the printing of the dictionary and grammar of the national language and directed that: … beginning on the 19th day of June 1940, the national language of the Philippines shall be taught in all public and private schools of the country. The Secretary of Public Instruction shall, with the approval of the President of the Philippines, prepare the necessary rules and regulations to carry out this order into effect.” (Sibayan 1999, 43)

1940年6月7日:共和国令第570号 Commonwealth Act No.570 で、国語が英語、スペイン語とならんで公用語となる。実施は1946年7月4日(主権回復のとき)から。1946年から、国語はすべての学年において、学科として教えられることになった。(Gonzalez 1980:100)

1940年6月19日: Quezon fixed June 19, 1940 as the day on which the national language would be taught in all public and private schools of the Philippines. (Gopinath 1987:105)

1940年6月7日: Approved of the Congressional Act which provided that the national language was to become an official language on July 4, 1946 (the day the Philippines was to become independent of the United States). (Sibayan 1999: 3)

1940年6月19日: Start of the teaching of the national language in all schools based on the dictionary and grammar. (Sibayan 1999: 3)

1940: The National Assembly institutionalized the principle of universal compulsory education through the primary grades.

1940年:The Philippine Writers’ League の宴会でケソンは46年7月4日の独立以降は初等教育の授業言語はタガログ語でもって英語の置き換えをすることを表明する。Gonzalez p.75

1940年:コモンウエルス条例184号に沿って、Balarila と辞書A National Language-English Vocabulary が発刊される。1960年 と、1974年に新版An English-Tagalog(renamed An English-Pilipino) Dictionary として発刊される。この2冊はpuristの傾向を示している。条例184号では固有名詞は元来のスペルを認めるとしたが、BalarilaではHuse:Jose, Suwan:Juan, Kintin:Quintinなどである。(A. O. Santiago, 1979:11)

1940年:コモンウエルス賞が設立され、スペイン語、タガログ語、英語の文学作品を対象とすることになった。

1941年:将来の国語教師のために、タガログ語とフィリピンの言語学の入門講座がフィリピン大学のSummer Instituteで開かれた。現地語に関してのはじめて大がかりな教員研修でたった。Bernabe p.66

1941(June): As a result of the Educational Act of 1940, the intermediate course was reduced to two years. With the elimination of the seventh grade and the institution of a double-single session, enrollment in the primary schools increased.

○アメリカ統治の初期は、英語の教育が教育の最大中心であった。ここでは、アメリカ児童のための教科書を読み、リンカーン、ワシントン、ジェファーソンの像の掲げられた教室で学んだ。初期に用いられたBaldwin読本はリンゴ、雪、妖精等のフィリピン児童にはなじみの無いものばかりだった。Commonwealthの時代にこれらは改善されてゆく(その当時の教科書を入手できないか?)。フィリピン人の作家や教育家が教科書を書くことを奨励された。仮説→英語が上位語であったとしても、この当時からフィリピン化した英語が誕生してくるのではないか。

○戦前までは法廷ではスペイン語がもっぱら使われており、戦争後はもっぱら英語が使われるようになったとの観察がある。Gonzalez p.31.

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。