マレーシア(戦後)

スポンサーリンク
Pocket

マレーの言語政策の年表

1946年:イギリスはマラヤ連合の構想を提唱した。従来はマレー人には政治的特権が数多く与えられていたが、同構想では、各民族が平等の権利を持ち、非マレー系住民にも市民権が与えられる予定だった。これは華人によるマラヤ抗日人民軍の活動を評価するとともに、マレー人の親日姿勢への制裁の意味込められていた。

1946年: the Malayan Union (Malay rengo) was promulgated on 1 April. The Malayan Union consisted of the nine Malay states and Penang, and Malacca as a crown colony with highly centralized powers. Under this scheme, the liberal citizenship rights would be extended to all, with the aim of integrating the non-Malays equally into the policy.
The Malay Union (The British scheme) : There was to be a Pan-Malaysian education department in K.L., and English was to be used as a common language to foster inter-racial harmony. Primary education was to be in the vernacular, but the medium of instruction in all secondary schools was to be ‘English’.

1946(March): the UMNO was founded by the Menteri Besar of Johore Dato Onn bin Ja’afar’s to oppose the above scheme.

1946: after the Japanese occupation, a new education policy, the Cheeseman Plan, which advocated free primary (elementary) education in all languages was introduced. Secondary (middle & high school) education would be introduced using the four different languages as media of instruction. The teaching of ‘mother tongues’ was to be made available in the English schools, and at the same time the teaching of English was to be made compulsory in all vernacular schools. This would have been a parallel bilingualism. The new education policy paid no attention toward the need to integrate the people. This policy was abandoned in 1949 with the demise of the Malayan Union.(Hassan 2004)

1946年5月:マレー人を代表する組織としてUMNOがダト・オン・ビン・ジャーファルによって創立された。マラヤ連合の計画はマレー人が今まで享受してきた特権を脅かすものとして、マレー人の間に抗議の大衆運動が起こった。

1946年7月:その激しい反対に直面して、また共産党の反英闘争に直面して、英国はマラヤ連合構想を撤回した。

1946 (25 July): the British announced the abandonment of the scheme of the Malayan Union. The British agred to form a Working Committee to draft an alternative constitution.

1948年2月:かわってマラヤ連邦が成立したが、そこではマレー人の政治的優位が確認されて、非マレー人の市民権取得は厳しく制限されることになった。これは植民地政府とマレー人の間の協定であり、中国人やインド人は意志決定から排除された。

1948 (1 Feb): The Federation of Malay came into being, in which traditional special position of the Malays was restored: the former status of the rulers was confirmed, Malay special rights were instituted, and citizenship was tightly restricted. In essence, the Federal Agreement was an Anglo-Malay compromise, as the Chinese were excluded from the Working Committee.

1949年:カー・サウンダーズ委員会(Carr-Saunders Commission)の勧告により、上記学校は合併され、シンガポールのマラヤ大学の中核になった。

1949 (January): the establishment of MCA (Malayan Chinese Association)

1949: Initiated by Malcoln MacDonald, the Commissioner-General for Southeast Asia, a Communities Liaison Committee (CLC) was established with Malay, Chinese, Indian, Eurasian and European community leaders on it. The CLC proposed that all governmernt and government-aided primary schools should teach Malya and English. MacDonald, Dato Onn and Tan Cheng Lock were idealists and ahead of their time.

1950年代:マラヤ大学に the Malay Studies Department が設立されて、文学、言語学、人類学、社会学での教授言語としてマレー語が使われ始めた。(Asmah Haji Omar 1982:139)

c.1950: UMNO, the Malayan Chinese Association, and the Malayan Indian Congress agreed to cooperate as a permanent coalition under an umbrella Alliance Party, which decided “the bargain”. For jus soli, the non-Malays accepted Malay as the national and sole official language in 1967.

1950年:バーンズ報告(Barnes Report)が出される。その内容は英語あるいはマレー語による国民学校(national school)制度である。各民族独自の学校が民族間の対立を深める結果になったとの反省から、あらゆる民族の子弟は同じ国民学校に通うべきであり、そこで英語とマレー語を習得するものとした。その中で優れた生徒は英語による中等学校に進学するものとした。 ○イギリス人バーンズを委員長とする委員会は9人のマラヤ人と5人のイギリス人から構成された。マラヤ語と英語を教授用語とする人種を越えた初等教育を提唱する。ただし、中国人、インド人からは反発をくらう。(梅根 1974: 174)

c.1950: The major weaknesss of the four-language school system was that while vernacular schools reinforced group identity, culture, values and ethnic loyalty, thus working against any sense of national unity, English -medium xhools, which broke down those loyalties and brought together different ethnic groups in a common schooling, unfortunately transmitted alien cultural values. (Watson p.136)

1950: Barnes committee, the Barnes report called for the establishment of English or Malay national schools, the introduction of bilingual schools and the gradual abolition of all non-Malay schools.
The pre-war education system had separate vernacular schools. It was recognized that the pre-war system only fostered a centrifugal tendency. Only the approximate twenty percent of the total student population in Malaya attended English-medium schools and came into contact with each other. A unified system was recommended by the Barnes Committee. The children of all races should attend national schools. The feature of the national primary schools was that they would be bilingual and all pupils would be taught English and Malay. The best students would then proceed to English-medium secondary schools. It was hoped that in this way a common nationality and outlook would be built up.
The meaning of the Barnes Report is “The British pointed the way to the use of the education system as a means of reconciling the different racial groups.

1951年:本格的な教員養成学校がイギリス本国のリバプール近くに Kirkby Teacher’s Training College ができた。(川崎 1986: 99)

1951年9月13日:The Angkatan Sasterawan ’50 [Literay Group of ’50]は年次総会を開いて、language congress 開催に賛意を示す。(Asmah Haji Omar 1993:185)

1951年:しかし中国系のFennとWu両博士の報告では、中国語とタミル語による教育の継続を答申した。○ William P. Fenn と Wu Tehyao 両博士に高等弁務官は中国学校に関する調査を命じた。両博士の答申は新しいマラヤ文化は幾世代をえて、相互に自然に統合することを待つべきと、漸進的融和を強調した。また中国学校があまりに中国本土に密着しすぎることを批判して、教科書のマラヤ化を勧告した。(梅根 1974: 174)

1951年:ペナンに中国語訓練センターを設立した。(川崎 1986: 112)

1951: Dato Onn resigned and Tunku Abdul Rahman was elected President.

1951: the start of IMP ( founded by Dato Onn )

1951: Fenn-Wu committee recommended the continuation of Chinese and Tamil-medium schools. (headed by Dr.W.P.Fenn and Dr.Wu Teh-yao) @The Fenn-Wu Committee was formed in 1952 to look into the need of the Chinese schools. It had the impression that most Chinese were prepared to accept Malay and English as media of instruction, and at the same time could continue learning their mother tongue to keep their cultural identity. This would make them trilingual. In fact, they actually welcomed the advantages mastery of those languages would give them. The Fenn-Wu Report seemed to make the same claim for the Indians. Mother tongues of the Indian communities (Tamil, Telugu and Punjabi) were to be retained in Indian schools (Hassan 2004).

1951: A Third Committee: the conflicting views of the above two committees were studied. The major point at issue was the formation of the national schools and the use of Malay and English as media of instruction.

1952年:バーンズ報告に基づいて教育法が制定された。そこでは英語教育をマレー語学校に導入することと、英語とマレー語の教育を中国語学校とタミル語学校に導入することが決められた。しかし独立を間近にひかえ、教育改革の実施は新政府に委ねられることになった。

1952: the formulation of the Education Ordinance, which generally adopted the recommendation of the Barnes report (but in a sense a compromise). Its proposal were :to promote a National School System by the gradual introduction of English Language into Malay Vernacular Schools and Malay Language and English Language into Chinese and Tamil Vernacular Schools; To maintain the existing English medium National Type Schools. But because independence was expected in a few years, not much action was taken.
Although insisting that national schools should be the pattern to be followed, it accepted that Chinese and Tamil could be taught as a third language. But Chinese and Indian schools were to remain outside the national system. The plan came to nothing because the federal treasury pointed out that there was not sufficient funds available to proceed on this basis. (Leon Comber p.41)
The spearhead of Malay nationalists was initially the Federation of Malay School Teachers’ Association, it was later joined by the Malay National Action Front (Barisan Bertindak Bahasa Kebangsaan), formed in the mid-1960s.

1952年4月12-13日:最初の言語に関する Congress がシンガポールの Seaview Hotel で開かれて、12のマラヤとシンガポールの言語機関が代表を送った。ローマ字とアラビア文字の採用について討論したが、結論は出なかった。Alisjahbana (1976:49) 当時マラヤはインドネシア独立の成功に刺激を受けていた。(Asmah Haji Omar 1993:181) 出席者は全員マレー人であり、この会議の取材した唯一の新聞はUtusan Melayu (2nd, April 1953 issue)であり、初日は出席の各組織の他の組織との関係、その地位について討議して、2日目は書記法について討論した。提案は(1)Rumi, Jawi の両者を使用すること、(2)Rumi を公用で認めるが、Jawi は廃止しない。(3)Rumi が公的に使用されるであった。各組織単位で投票して僅差で(1)が採決された。考量された点は、マレー人がJawi文字に感傷的な思い入れがあること、Rumi 文字によって、非マレー人にも近づき易くなること、インドネシアがすでに Rumi文字を採用していた点であった。Kelantannの代表がJawiのみを公的に使用することを提案したが、これはその地がもっとも後進的な地域であることを示す。

1954年1月1ー2日:2回目の言語 Congress が Seremban, Negeri Sembilan で開かれる。この会議でローマ字の公式採用を決めるが、アラビア文字も廃止には至らなかった。Alisjahbana (1976:49)(Asmah Haji Omar 1993:194)

1954年10月28日から11月2日:Muhammad Yamin のもとで、the Second Indonesian Language Congress がスマトラのメダンで開催された。(Moeliono 1993:139) ○Alisjahbana (1976:49)によれば、マラヤ人も初めて代表団をそこに送った。

1954: the start of PAP

1955(Sep): Razak headed a committee of experts.○ラザク委員会が設置された。

1955年以降:植民地政府によって任命された「リード憲法起草委員会 (Reid Commission) 」は、多民族の平等な条件のもとでの共存という考え方を基本に(1)マレー語を国語とするが、華語、タミル語、英語を最低10年間は公式言語として認める。(2)マレー人の特権は認めるが、15年間の時限を設ける。(3)市民権取得に関しては出生地主義(Jus Soli)を取る。(4)国王とスルタンは宗教上の長に限定する。など、非マレー系住民にとって、有利な内容の答申を出した。(松本、川本 1991: 269)

1956年9月15ー16日:第3回目の言語の Congress がシンガポールとジョホール・バルで開かれた。51の機関が参加したが、決定の一つにマレー語とインドネシア語は同一であり、共通のスペルに達するようにするためにあらゆる努力がはらわれることが唱われた。Alisjahbana (1976:50)

1956年: the Razak Report (the report of the Education Committee = the Education Policy set out in Federal Legislative Council Paper No.21 of 1956 ), which was named after Dato Abdul Razak bin Hussein, the chairman and the first Minister of Education. It made a total of 17 recommendations. Those are as follows: the national language (Malay Language) to be the main medium of instructions in all schools; Conversion of existing primary schools to National Schools (Malay medium) and National-Type Schools (English, Chinese or Tamil medium). It advocated a strong central control of (a) the syllabus and curriculum, (b) a control of the examination system. (A) is promulgated by the Minister on the advice of the General Syllabuses and Time-tables Committee. Syllabuses have been issued for all compulsory subjects, as for compulsory subjects later. As for (b), the Federation of Malaya Certificate of Education was taken for the first time in 1957. It is set in English, but will also be set in Malay as from 1962.
It had regard to the intention to make Malay the National Language of the country, whilst preserving and sustaining the growth of the language and culture of other communities living in the country.
Schools must be independent or assisted primary schools / independent or direct grant secondary schools.
Progress in converting primary schools to Standard Schools (Malay medium) and Standard Type Schools (Kuo Yu or Tamil or English medium ) msut depend entirely on the output of these trained teachers. (from Day Training Centres and Training Colleges) 12 Day Training Colleges and Centres have been established for training techers, with basic L.C.E. qualification.
It mentioned if more than 15 parents desires, they can have a language course of their language. But there has been a shortage of such suitable teachers in the past.
Malay and English to be compulsory subjects in all primary and secondary schools. Instruction in other languages to be made available in primary schools when needed.
It advocated the establishment of one type of National secondary school open to all races by competitive selection.
It mentioned that the ultimate objective of education policy in this country must be to bring together the children of all races under a national eduction system in which the national language is the main medium, though we recognise that progress towards this goal cannot be rushed and must be gradual.

1956 (Dec): The Federal Inspectorate of Schools was set up. But the Inspectorate is still too small to cover effectively all the 5.400 schools in the Federation, only some one-third of which have so far been inspected or visited.

1956 (Nov): The Lower Certificate of Education was introduced on an experimental basis. After 1957 the certificate has been awarded every year. The examination has also been used for the purpose of selecting pupils for further secondary education. (It may be offered either in Malay or in English) From 1960 in additon L.C.E. will be set also in the National Language. A pass in Malay is a compulsory requirement in the L.C.E. examination.

1956年6月:政府はマレー語の整備発展を図るために国語文学センター(Dewan Bahasa dan Pustaka)を設立した。当初20名ほどのスタッフで始まり、1989年時点では1002名ほどが勤務するまでになった。その機能はマレー語を発達させ豊かにするために、科学技術・政治・経済等に関する専門用語の造語、辞書の編纂、初等教育の教科書の発行をおこなうことであった。ここは言語政策の中でも、主に言語の核の部分の改革(corpus planning)を担当する組織であった。Alisjahbana (1976:47)によれば、これはインドネシアの Balai Pustaka を真似たものとのこと。
○The Dewan was established in June 1956 as a samll government bureau under the old Department of Education of the pre-independent Federation of Malaya. It located in Johor Baharu. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:1)

1956年:言語教育の改革策として、ラザク報告(Razak Report)が発表され、翌57年教育令(Education Ordinance)として法制化・具体化された。教育はマレーシアの国家統一に貢献すべきであるとし、各民族の教育制度は公教育に組み入れられ、共通のシラバスや時間割を持つことになった。中国語学校やタミル語学校でもマレー語が教えられることになり、英語とマレー語はどの初等・中等教育でも必須教科となった。しかし、中国語方言(福建語、広東語等)を母語とする児童にとって、就学により中国語(北京語)で授業を受けるわけであるから、三つの新しい言語を学習することになり、相当の負担増になった。またケランタン州やケダ州のマレー方言を話す子供も、学校で新たに標準マレー語と英語を学ぶわけで同様に負担増になった。また従来は英語と中国語の中等学校しかなかったが、マレー語を授業に使う中等学校が次々と創立されていった。

1957年:イギリス領マラヤは独立した。各民族のエリート層の代表であるUMNO (United Malayan National Organization:統一マレー国民組織),MCA(Malayan Chinese Association:マラヤ中国人協会),MIC(Malayan Indian Congress:マラヤ・インド人会議)が連盟(Alliance)を形成して独立後の課題に取り組んだ。それは民族間の対立、とりわけ人口の大半を占めるマレー系住民と経済の実権を握る中国系住民の間の対立をどのように緩和するかの点であった。各民族のエリート層は民族間の統一を図るため、ムルデカ(独立)憲法で、いわゆる「取引 Bargaining」と呼ばれる妥協をおこなった。そこでは非マレー人は市民権取得と経済的分野での自由な活動を認められるかわりに、マレー人の政治的特権とマレー語の国語化・公用語化が承認された。当時中国系住民はマレー人の要求に寛大になる経済的余裕があった。以後、中国・インド系住民の反発を受けながらも、マレー語優先主義が貫かれてゆくことになった。

1957年:憲法152条によりマレー語が唯一の国語 (national language)であると定められた。しかしこの年から10年間は暫定的に英語も公用語として(for official purposes)使用され、1967年以降はじめてマレー語が単一の公用語となると定められた。暫定時期の間は連邦議会や州議会で英語の使用が認められ、法律文書は英語で書かれ、法廷では英語を使用するものとされた。なおRumi文字が公的に使用されるものとなった。

1957 (Feb): the Federation of Chinese Gilds and Association had set itself up and sent a delegation to London to try to alter some of the provisions of the Constitution, especially regarding language.

1957: a 1957 ordinance which was given the force of law by Razak report

1957 (August): the independence of Malaya. By the time of independence, education was already a key issue, especially with the extremist Malays.

1957年:Dewan Bahasa dan Pustaka moved from Johor Baru to Kuala Lumpur where it occupied and old building, a former hospital ward, at Jalan Young. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:1)

1957: Education Ordinance (which replaced the Education Ordinance, 1952): the federation of Malaya adopted English and Malay as officail language. The 1957 constitutional agreements were a mixture of assimilationist and accommodationist policies. The implementation of language policy was to be slow and gradual, was officially designed to offer the non-Malays the incentive and opportunity to learn Malay so as not to be at a disadvantage. It was decided to allow a ten-year interim period with Malay and English as joint official language.
As for education system, the establishment of a unified national school system in which all schools have a common syllabus; or Malay should be taught in all government-aided schools. Malay-language secondary schools to reverse the colonial education system, which saw Malay education generally terminated at the primary level. Primary schools teaching in Chinese were integrated based on a common curriculum, and not a common language. The status of secondary school teaching in Chinese remained unresolved as the Chinese schools and the government remained locked in an acrimonious debate over the interpretation of the Razak Report’s recommendations which were ambiguous on this point.
The most controversy was that all government-sponsored examination should be in Malay or English only. This meant that students taking their basic instruction in Chinese or Tamil would have to take their examinations in a different language.
In Section 6 the Minister shall be for all purposes corporate sole.
The Islamic party, PAS, accused the government of postponing the date for Malay to become the sole official language for ten years.

1957: Chinese opposition to the Razak Report became so intense that riots broke out in Penang, Ipoh, and Kuala Lumpur.

1957: the Language Institute was set up in K.L. with the aim of improving the quality teaching of the National Language

1957: Ordinance (Sec.11) provided for the establishment of a Board of Education.

1958: PAS-supported demonstrations in Kelantan against the language and education policies degenerated into riots.

1958: Malay-medium secondary level was established in 1958, mainly attached to existing English-medium secondary schools.

1959: The Dewan Bahasa dan Pustake was established in order to overcome the deficiencies of Malay and to standardize and upgrade the language. In order to develop the national language, to translate thousands of scientific and technical words into Malay, to standardise pronunciation and to develop Malaysian textbooks for use in schools and colleges. ( Dewan Bahasa dan Pustakeの設置については、1956年とも言える。)○By Act of Parliament, the Dewan Bahasa dan Pustaka Ordinance was enacted, making the Dewan an autonomous Statutory Body under the Ministry of Education. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:1)
○ Dewan Bahasa dan Pustaka の設置法が制定された。その第5条にこの研究所のおこなう内容が5項目にわたって、規定されている。1、国語を発展させ、豊かにする。
2、文学的才能のある者(特に国語における)の能力を伸ばす。
3、国語および他の諸言語による書籍、雑誌、パンフレット、その他の文献の印刷もしくは刊行、ならびに印刷もしくは刊行の助成。
4、国語辞典を編集して刊行する。アジア・エートス研究会編 (1968:130)
その仕事は、研究所の中にまず、分野ごとに術語委員会が設けられ、全国の専門家を網羅して組織された委員会の数は23に及んでいる。術語の優先の度合いは国家の政治的機能を遂行するのに必要なもの、(法律、行政、司法)産業に役立つもの(農業、漁業、工業)学校教育に関するものという風に実用的、実学的な基準によって決定される。アジア・エートス研究会編 (1968:130)

1959?: The Maktab Bahasa was founded to train teachers in the Malay language and to further the development of the national language.

1959: In its election manifesto, PAS demanded that Malay be made the national and sole official language in one year, and that English be replaced by Malay at all levels and in all spheres. PAS was largely supported by the 10-000 member Federation of Malay School Teachers’ Associations (FMSTA), which sought for a rapid expansion of Malay-medium schools and equal status and pay for Malay school teachers.

1959 the general election

1959 (March): A large conference on Chinese education was held in K.L. They demanded 15 items, including a call for having the medium of examination in the same language as the medium of instruction, and for a fairer share of government allocations to Chinese schools.

1959 (July): the MCA crisis split the party.

1959年:シンガポールとクアランプールの両地域に同格の自治権をもつ分校を持つマラヤ大学とする法案が議会を通過。

1959年3月:中国語学校の各組合もクアラルンプールにて集会を開き教育に関して15項目の要求を決議した。それは授業の言語と同じ言語で試験が受けられること、中国語学校への財政援助等であった。
ラザク報告に対する中国系住民の反発が強くて、ペナン、イポ、クアラルンプールでは暴動が起こった。このために政府は政策の見直しを約束して、タリブ委員会に検討を依頼た。

1959年4月17日:インドネシアーマレーシア共同のスペルの改革委員会を結成することが合意された。Alisjahbana (1976:98)

1959年12月:共通のスペル(the Melindo spelling)のために、委員会の議論がはじまり、1962年1月までに発表する予定であったが、その後の政治情勢の急転のために、この企ては放棄された。Alisjahbana (1976:98)。

1960年代:インドネシアとのコンフリクトの時代はインドネシアからの借用語を排除する動きが起こる。Asmah Haji Omah (1987:12)

1960年:Report of the Educational Review Committee が提出され、国民の修学年齢を15歳まで延長しようとの意図である。(アジア・エートス研究会編 1968:204)

1960年:マラヤ政府はマラヤ大学クアラルンプール分校を単独のマラヤ大学にすることを決定。シンガポール政府も同様の決定をおこなう。@マラヤ大学はマレーシアで最も古い大学だが、そこでは英語が教育言語であった。しかし、1965年からマレー語で教育を受けた学生を受け入れ始め、この年から2言語使用、つまり人文系はマレー語、理系は英語を使うという方法である。これは、次第にマレー語だけが教育言語になった(Gill 2004: 141)。

1960年:タリブ報告(Talib Report)が提出された。それは翌1961年に新教育法として具体化された。しかしその内容はラザク報告の内容を再確認しただけではなくて、さらにマレー化と中央集権化の傾向を強めるものだった。必修科目としてのマレー語と英語は再確認された。また小学校教育は無償となり、中学三年(FormⅢ)までは生徒は自動的に進級することになった。中国語(タミル語)中等学校は、英語かマレー語を授業の言語とする国民型中等学校(National- type Secondary School)へ転換することを条件に、政府の財政援助が続けられるものになった。それに従わない場合は私立の独立中国語中学校(ICS: Independent Chinese School)として扱われ、公的補助は廃止されることになった。さらには1967年以降はマレー語のみが中等学校の授業で使われるものとした。

1960-61: the UCSTA organized meetings around the country to protest education policy (Talib Report). The Chinese demanded that Chinese should be recognized as on official languae in the same wa as Malay and English and that public examintions should be held in Chinese.

1960: Some of the pupils in the newly established Malay secondary classes will take the Lower Certificate of Education in Malay.

1960: At the beginning of 1969, there were 168 fully-assisted National- type secondary schools, 41 partially assisted secondary schools and 153 independent secondary schools.

1960: the Talib Report (by a Review Committee headed by Abdul Rahman bin Talib, who succeeded Razak as Minister of Education, to examine the working of the Razak Report in the light of experience). It proposed the introduction of Bahasa Malaysia, the National Language as the main medium of instruction. It supported the general objectives of the Razak report and further added new recommendations which furthered the principle of a unified Malay- language, government -aided education system. The report recommended the strict limits be placed on the number of teaching hours allowed for instruction in Chinese language and literature, and all subsidies be stopped for schools not fully converting in curriculum, language, texts, and staff qualifications. It recommended after 1967 Malay should be the main medium of secondary instruction, but other languages could be taught as subjects. Independent non-aided secondary schools could be in any instructional medium. Endorsement for a free primary education.
National schools were required to prepare students for two public examinations. the first, the Lower Certificate of Education, was to be the basis of selection for admission to upper secondary classes and the second, the Malayan Certificate of Education, (Overseas School Certificate) marked the completion of secondary education. Both would be conducted initially only in English but they would also be conducted in Malay as secondary education in Malay became available.

Comber mentioned (p.42) that (1) the provision of primary education at government expense in each of the four main languages; (2) the bringing together of all the languages streams at secondary level in fully assisted, national-type secondary schools using mainly either Malay or English as the medium of instruction; (3) the use of these two ‘official’ languages for both instruction and examination purposes; (4) the establishment of common syllabi and timetable for all schools: (5) but English was permitted to be used until 1967.
(a) Malay shall be taught from Standard I in all (ie. assisted, partially assisted and independent) English, Tamil and Chinese primary schools.
(b) English should be taught in all national schools from Standard I.
(c) in all Chinese and Tamil primary schools, a third language (English) shall be brought into the curriculum in the third year of the course and that the time spent on English in the third to the sixth year of the course in these schools should be increased, so they reach the same standard in English as pupils in the Malay medium primary schools.
In the case of secondary schools, the present system of partially assisted-secondary schools should after due notice be discontinued. (Razak, p.67) All secondary schools will be either national or national-
type fully-assisted schools or independent non-assisted secondary schools.
All Chinese schools were required to decide by the end of 1961 whether they would be either fully assisted (national-type secondary schools) or not. Fifty-four of the 70 Chinese secondary schools then existing decided to fall in line with official policy and converted into National-type Secondary Schools (NTSS) teaching in English. They were permitting to continued teaching Chinese Language and Literature as subjects. The other 16 became the Independent Chinese Schools (ICS).

1961: Education Act ( which was based on former two reports ) The MOE was empowered, if he so deemed to convert Chinese, Tamil or English schools to Malay. ○Rahman Talib Report を受けて教育法(Education Act)が成立した。(アジア・エートス研究会編 1968:202)

1961-1965: the Second Five Year Plan

1962年1月1日:マレー人に高等教育の機会を与えるためにマレー語を用いるマラヤ大学が設立された。「マラヤ大学クアラルンプール分校が独立して現マラヤ大学になった」
また全国統一試験の使用言語がマレー語か英語となり、中国語での受験は不可能になった。
この当時英語学校の教員と比べてマレー語学校の教員の給与水準が低かったので、マレー語教員の待遇改善と、就職の機会増大のためにマレー語学校の増設の要求が、マレー語学校組合連合(Federation of Malay School Teachers’ Associations)からなされた。

1962年1月31日:Dewan Bahasa dan Pustaka moved into its own present buildings. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:1)

1962年:初等教育は無償になったが、中等教育では中国語(タミル語)学校への財政援助が停止されたために、多くの学校は公的援助を受けるために英語学校への転換を余儀なくされた。「英語派」を中心とするMCA幹部はこの政策を承認するが、中国語学校の教員たちは憲法で保障された言語の使用の権利を侵害するものと強く反発した。しかし「英語派」の指導のもとに多くの中国語学校が国民型中等学校へと移行した。当時存在した70校のうち16校がICSとして残ったが、ICSへの進学者は年々減り続けていくことになる。また中国語小学校は中国語媒体のまま政府の財政負担で運営されることになったが、文部大臣が適切と判断したときは、中国語やタミル語を使う「国民型学校」を、マレー語を用いる「国民学校」へと転換を命じることができると教育法の第21条の(2)で規定されたために、非マレー系住民にとって大きな不安材料となった。

1962年:テレビ放送が開始される。(Asmah Haji Omar 1987:39)

1962: Arrangement are in hand to hold the Federation of Malaya Certificate of Education Examination through Malay.

1962: the Universiti Malaya was established.
Government assistance to Chinese and Tamil-medium secondary schools was terminated and most of these schools converted to English-medium in order to continue receiving government aid.

1962: The Federation of Malaya Certificate of Education will be set in Malay as soon as the pupils in the Malay medium secondary classes, first established in 1958, reach this level.

1963年5月~6月:マフィリンド構想に関して、スカルノはラーマンと東京で会談した。ついでマニラで三国外相会談が開かれている(永積昭 1979: 382)

1963年6月7ー11日:マニラで閣僚級のマレー民族の会議が開かれ、16個の合意とみた。通常マニラ協定Manila Accordと呼ばれる。8月6日首脳がマニラ宣言を発し、三国はMaphilindo と呼ばれる。Agoncillo p.540  マカパガル大統領はマレー民族に共通の祖国を創立しようとする。これは不調に終わる。@インドネシアが音頭をとって、Mushawara Maphilindo(a contraciton of Malaya, the Philippines, Inodonesia) ,を設立する。スカルノ大統領、ラーマン首相である。しかしこの協定は数週間後に、マレーシア連邦が北ボルネオとサラワクを含めようとしたことに対して他の2国が反対して、とん挫する。スカルノ大統領はkonfrontasiと呼ばれるゲリラ活動をサラワクに公に開始する。この活動は1967年まで続く。(Kasaysayan No.9: 103-4)

1963年7月31日:スカルノ、ラーマン、マカパガルの3首脳がマニラで協定に調印した。問題のボルネオ住民の意向については、「独立かつ公正な権威、すなわち国連事務総長またはその代表によって、ボルネオ地域の住民の支持が確認されるならば」インドネシアとフィリピンはマレーシア結成を歓迎する、としるしてあった。しかし、マラヤ政府が国連の住民の世論調査の結果を待たずに、連邦を発足させると声明したために、スカルノは態度を硬化させて、この構想はドン座する。(永積昭 1979: 382)

1963年9月:北ボルネオのサバ、サラワク州とシンガポール(後に離脱)も連邦に加わり、マレーシア連邦が成立した。マレーシア連邦成立に伴い、マレー語も正式にはマレーシア語と呼ばれることになった。新しく加入したサバ、サラワク州ではマレー語は国語と認められるも、10年間の期間(1973年まで)は英語の公用語としての使用も認められ、その後は州議会の定めに従うことになった。

1963: A curriculum section was established in the Education and Planning Division of the Ministry of Educaiton. Since then there has been a strong oversight of curriculum development and syllabus production. There has been no marded opposition from the different racial groups to a national curriculum or syllabus.

1963: the Language of Act stated that “the script of the national language shall be the Rumi script.”

1963: Malaysia was formed by joining Singapore, Sabah and Sarawak.

1964年6月14日:アメリカとイギリスはスカルノの要求を把握するために、ラーマンとスカルノと会談することをすすめ、東京で会議がおこなわれた。

1964年:中等教育では入学試験が課せられていたが、廃止され、進学が自動的になり、中等教育の普及に貢献した。

1964: the National Language Action Front (NLAF)(Barisan Bertindak Bahasa Kebangsaan) was formed to pressure the government to implement fully the terms of the language agreement.

1964: Malaysian Secondary School Entrance Examination (MSSEE) was abolished and the school-leaving age was raised to 15. MSSEE was a selection examination or lower secondary school. Part of the governmetn’s policy was to further favour the Malays by abolishing the MSSEE and by developing automatic promotion to comprehensive lower secondary schools, thus providing nine years of free schoolings.

1964年:一方マレー系住民の急進派は、国語行動戦線 (National Language Action Front)を結成して、マレー語化政策の一層の徹底を叫び、政府に対して圧力をかけた。

1965年1月:マレーシアの中等教育の改革が行われる。総合教育を実施した。(アジア・エートス研究会編 1968:206s)

1965 (August): the independence (or expulsion) of Singapore

1965年:テレビ放送で国語の普及のための放送がおこなわれる。内容は俳優がドラマの中で国語を教えるという形であり、短期間放送された。(Asmah Haji Omar 1987:39)

1966(March): the solitary PAP memer of the Dewan Rakyat registered a ‘new’ party called the Democratic Action Party (DAP).

1966-1970: First Malaysia Plan

1967年から、サバ州でマレー語のみを教授言語とする中等学校が設立された。

1967年という10年間の暫定期間の終了時期が近づくにつれて、言語問題をめぐる議論は白熱していった。中国語の公用語化を求める運動が再燃し、さらに独立大学(Meredeka University)問題が起こった。上級学校進学のための全国統一試験においてマレー語の合格点が必須になったため、中国語中等学校の生徒の高等教育への機会が閉ざされることになった。また共産中国のために本土の留学ができず、南洋大学の学位もマレーシア政府に認めてもらえないために不満が高まった。そのために中国系住民(特に華語学校の教員)の間に中国語を媒体とする私立の「独立大学」を設立しようとの計画が1968年から持ち上がった。それに対して政府は1978年正式に拒絶するも、代替案として、中国系学生の職業訓練を主目的としながらも、授業の言語は英語として、他民族にも開かれた高等教育機関であるタンク・アブダル・ラーマン・カレッジ(Tunku Abdul Rahman College)を1969年設立した。さらにはマレー系学生に有利になっている国立大学の入学者定員の割当の一部手直しをおこなった。 ○大学設立の希望は中国系住民によって、法廷に持ち込まれた。しかし1981年高等裁判所,1982年連邦裁判所で却下された後、この問題は鎮静化する (Tan Liok Fe, 1988:64)。1968年の運動では文化保持よりも、主として華語学校卒業生の受け皿を作ることが目的とされた。華人の英語教育を受けた人はこの運動を応援しなかった。その理由はマラヤ大学があり、華語を教育用語とする必要を認めなかった。1977年にこの運動が再開された。教員組合、中華総商会や政党では、MCA,DAPが応援をした。→『国際社会学』p.285 ○中国人コミュニティは中等教育以降の中国語・英語教育の存続を独立中学校に求めた。しかし中国語。英語による高等教育機関がマレーシア地域にない現状では、海外の教育機関に依存せざるをえない。この事態打破のために、独立大学構想が生じた。(川崎 1986:114)

1967年3月に国語法案(National Language Act)が議会を通過してマレー語が唯一の国語兼公用語と規定される。しかしその実行に関しては、公文書や法案などの他言語への翻訳を認めるなど不徹底な要素を含んでいたため、マレー人にとって不満な内容であった。Asmah Haji Omar(1993:194)によれば、Rumi文字についての言及が復活したとのことである。

c.1967: As the 1967 date approached for making Malay the sole official language of the country. the controversy renewed itself. The government compromised. Article 152 of the Constitution stated the use of Malay ( as a loophole ) but the King might “permit the continued use of the Enlgish language for such official purposes as may be deemed fit. Section 3 gave the federal and state goverments the right to use any translation of official documents or communications in the language of any community. Sectons 4 and 5 provided for the continued use of English in certain areas of government activities such as in the courts.
With the approach of 1967, the pressure for the wider use of Malay increased from the Dewan Bahasa dan Pustaka, UMNO ‘ultras’ and other Malay nationalists. There was just as resolute counter pressure from Chinese chauvinists.
Rahman favoured retaining English as the official language in key ministers such as trade and finance. But the National Language Act of 1967 reflected more nationalistic concerns.

c.1967: Sabah and Sarawak were given constitutional safeguards as regards language. By the Malaysia Act, English could be used for certain official purposes until 1973. Even after 1973, Malay would not become the sole official language except by an enactment of the respective state legislatures.

1967: National Language Act, it made Bahasa Malaysia the official language and provided the legal basis for the conversion from English language to Bahasa Malaysia in the government administrative machinery and the national education system. It created Malay as the national and sole official language as of September 1, 1967.

1967: Malay was declared as the national and sole official language (ten years’ hence), unless Parliament provided otherwise. kokugo hoan seiritu (March-4), hakko(9-1)
While the position of Malay affirmed, English was still permitted to be used for some official purposes as deemed fit by the federal and state authorities, or by the Yang-di-pertuan Agong (Paramount Ruler). T.A. Rahman called for an all-out effort to promote the use of Maly, under the slogan Bahasa Jiwa Bangsa. At the same time, he made it clear that he felt that English would have to be used as the language of higher studies for a long time to come. Rahman was criticized by tachers and university students, for conceding too much to the Chinese. (Comber p.69) The Tunku’s own standing in UMNO had fallen considerably after the passing of the National Language Act, when Malay national language advocates had criticized him for not taking a strong enough stand with the Chinese.

1967年:Dewan Bahas dan Pustaka は7万ほどの新語を造った。Alisjahbana (1976:47)

1967: 当時はナショナリズムが盛んであり、Bahasa Malyasiaへの転換が遅いと感じる人がいて、1967年に政府に国語だけを教育言語とする大学を設立するように要請した。これを受けて、National University of Malaysiaが1970年に設立された(Gill 2004:142)。

1968年:サバ・カレッジ(Sabah College)では1968年から英語に代わってマレー語のみの授業が始まった。

1968年:州営ラジオ局では1968年にはマレー語の放送が英語よりも長くなった。

しかしサラワク州では1973年という公用語化の期限にもかかわらず、州政府はマレー語化へは消極的であった。サラワク州の初等・中等学校では、授業は英語と各民族語でおこなわれていて、マレー語は必須教科でさえなかった。しかし1966年に中央政府による州のニンカン首席大臣の解任をきっかけとして、マレー語化政策が遂行されていった。

1968年:Alisjahbana (1976:107)によれば、彼はマレーシアでは教員が別々の教科書を使い、大学でも言語の標準化は進展しておらず、単語の標準化も進んでおらず、もっともJohor Language が一番最良と考えられている。

1968年:英語学校でも、保健体育、図画工作、音楽などが第一年からマレーシア語で教えられる。(川崎 1986:113)

1968: Aziz Report (Report of the Royal Commission on Teaching Services)

1968: the Merdeka University was first proposed. It was revived in the early seventies. The government rejected the proposal in Sep.1978 and the issue faded from the political scene only after the High Court and the Federal Court ruled in favor of the government in Nov.1981 and July 1982 respectively. (by Tan Liok Ee, Changing Identities of the…) @ this was rejected by the Federal Court in 1983 on the ground that it conflicted with the Constitution which stipulates that Malay is the sole national language. Although some disagreed with the interpretation of the Constitution, the decision of the court was final. (Suryadinata 1985:21)

1968: MOE introduced the teaching of four minor subjects in Malay in the first three grades of primary school to appease Malay extremists.

1969年5月13日遂に人種暴動が起こり、多数の死傷者が出た。政府は即日非常事態を宣言して、憲法と議会を停止して事態の収拾を図った。マレー人が支配する軍・警察の力でこの暴動を鎮圧する。この事件を契機として、政府は民族間関係を管理する必要を感じ、従来の妥協的要素は一掃され、一気にマレー化が進んでゆく。ラーマンによる独立以来の民族間協調体制は終止符を打ち、マレー人優遇政策が取られてゆく。

c. 1969: the Government has asked the University of Malaya to consider the feasibility of introducing the Malay medium into University courses with the ultimate aim of evolving a bilingual university.
There is a heavy demand for trained teachers of the National Language in non-Malay schools, which is now a compulsory subject form the beginning of the course in all schools. Converting former Government primary schools into Standard, or National schools.

1969: the election manifesto of PAS called for the immediate and full implementation of the National Language. The DAP called for the establishment of a privately funded Chinese-language “Merdeka University”, and for government recognition of Chinese-language degrees from Taiwan and Nanyang University.

1969: the devastating riots of 13 May 1969, and power was now in the hands of National Operations Council (NOC) led by Tun Abdul Razak. It ended the earlier government strategy of ambiguity with regard to ethnic issues. It led to a major shift in education and linguistic policy as the Malay sought to flex their political muscles and exert their authority over the non-Malay groups.

1969 the Ministry of Education initiated a policy in which all English- medium schools were to become Malay-medium. In July 1969 MOE announced that government- aided English -medium schools would be phased out and replaced by Malay-medium schools. This policy be implemented in

1969: The Tungku Abdul Rahman College was established as a pre-university and para-professional institution. Around this time three new universities have been set up (the Uni. of Science, the National Uni. and the Uni. of Agriculture. 68年5月設立委員会結成、7月文部省認可、69年2月開校、反対派のChinese のガス抜きを図るために開校を急いだ。そもそも Merdeka University の代替として、中国人の職業訓練を目的とする。教育媒体は英語であり、他民族にも開かれている。

1969年:マレーシア科学大学設立。大学の構造は学科に厳密に依拠したイギリス式の学科構造(departmental structure)から緩やかなSchool制を導入した。

1969年:MARA工学院が開設。中級の管理・技術職のブミプトラの再訓練を行う。またこの年以降ポリテクニクを設立。中級技術マンパワーの育成に着手。

1969 (Sept) : The Minister of Education, Tan Sri Yakoob, announced that the government would create the first Malay-medium university – the National University of Malaysia (Universiti Kebangsaan Malaysia). In addition, he declared that the status of the Islamic College would be raised to that of a university. (Suryadinata 1985:21)

1970s: A quota system was introduced in the 1970s. At the University of Malaya, for instance, 75 percent of the enrollment are reserved for the Malays and 25 percent for non-Malays. (Suryadinata 1985:22)

1970年:英語学校で、初等学校第4年で教えられる歴史、地理、公民がマレーシア語で教えられ、英語学校で教えられる科目を第4学年の時には、数学と科学だけにしてしまった。

1970: The Dewan Bahasa published its first volume of a Bahasa Malaysia monolingual dictionary, the Kamus Dewan.(Abdullah Hassan. 1978: 57) It is the most up-to-date dictionary so far. It has listed the most number of lixical items since Wilkinson’s. (Abdullah Hassan. 1978: 59)

1970年:マレー語だけを授業の言語とするマレーシア国民大学(Universiti Kebangsaan)が創立された。これにより、マレー人は高等教育をマレー語で受けられるようになった。(川崎 1986:115)@当時はナショナリズムが盛んであり、Bahasa Malyasiaへの転換が遅いと感じる人がいて、1967年に政府に国語だけを教育言語とする大学を設立するように要請した。これを受けて、National University of Malaysiaが1970年に設立された(Gill 2004:142)。

1970: The Dewan published the Kamus Dewan, a 1200-page comprehensive dictionary, the work of the Lexicography Section. Through UNESCO’s help, the Dewan obtained the service of Prof. A.A. Teeuw, a scholar in Malay from Leiden University to help established the technical format of this monolingual dictionary. (これはDewanの初めての辞書の成果であるのか?すでに所有) (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:9)

1970年:マレー語との呼び方はマレーシア語と改称された。もっともこの名称はまたマレー語に戻されている。→(もっと知りたいp.112-3)○Asmah Haji Omar (1987:44)によれば、69年の人種対立を契機にして、マレーシアの全人種のための言語として名称を変えたという。

1970. The choice of examination in English would be phased out. This move eliminated the indecision and uncertainty of the Malay elite over the implementation of the Razak and Talib Reports, and it ended the dilemma over the role of English.

1970以降:英語の中等教育終了者に対しても、1970年以降は、統一マレーシア試験(MCE)ではマレー語においても合格点を取ることを要求されるようになり、さらにはあらゆる試験はマレー語でのみ実施されることになった。19・・?年:中央大学入試委員会(Central University Admission Unit)を政府はもうけ、ブミプトラの学生に機会を与え始めた。

公文書、公的出版物はマレー語でのみ書くことが義務づけられ、公的な掲示はマレー語のみとなった。

1970: From 1970 the Malaysian Certificate of Education (MCE) includes the requirement of a passing mark on Malay language. Note: the MCE was a promotion examination to enter the highest level of secondary school, Form VI to prepare for the Higher School Certificate (HSC) examination, which was a prerequisite for university admission. In the 1970-72 period there was a high failure rate in the Malay language paper of the MCE examination. In 1970 over half of the candidates failed because of the Malay examination paper. In 1973 the scores improved and in 1974 it were greatly improved.
Examinations have likewise been changed since, as was pointed out by the Razak Committee, they are an effective means of testing the success of the language policy. Thus the Cambridge-set Higher School Certificate (HSC) and School Certificate examinations were replaced by Malaysian-set papers. These are now in the process of being changed to being set in Bahase Malaysia. Thus the LCE at the end of Form III has been replaced by the SRP (Sijil Rendah Pelajaran), the MCE (Malaysian Certificate of Education) at the end of form V has been replaced by the SPM (Sijil Pelajaran Malaysia), and the HSC at the end of form VI has been replaced by the STP (Sijil Tinggi Persekolahan). A credit pass in the Bahasa Malaysia papers is necessary to be awarded the certificate, is a prerequisite for entry to university, government service and, more disturbing for non-Malays especially, for permission to study abroad, whether or not on a scholarship.
Watson (Language Planning and Language Education edited by Chris Kennedy p.142)

1970s: A council of experts is set up, which involving academics from Brunei, Indonesia and Malaysia in order to establish the relationship between Malay-speaking countries. The council meets once a year to discuss about new terms and words in Malay.

1970: The New Education Policy introduced reaffirmed the status of English as the “second most important language.”

1970: the establishment of a fully Malay-medium National University ( Univeristi Kebangsaan ) Until 1969 the University of Malaya was the only tertiary-level institution offering degree course. It was dominated by the Indians and Chinese.

1970: Razak became prime minister after Rahman

1970: the UCSTA and AMCSMA promoted the conversion of national-type Chinese secondary schools to independent status to resist the switch to Malay instruction.

1970: English primary schools were to begin to convert to using Malay as the medium of instruction. Tamil- and Chinese-medium primary schools are still allowed, provided fifteen or more parents demanded them. All those passing through non-Malay-medium primary schools must enter a remove class so that their level of Bahasa Malaysia can be brought up to the level required at secondary school.

1970: All applicants for teacher training have had to have a credit pass in Bahasa Malaysia in the Lower Certificate of Education, and there have been massive retraining programmes for non-Malay-speaking teachers.

1970年:マレーシア国民大学設立。イスラム・カレッジを併合したもの。

1970年:Universiti Kebangsaan Malaysia の設立と共に、マレー語を pure science でも教授言語として使用しはじめる。Asmah Haji Omar (1982: 139)

1970年:Iskandar による総合的なマレー語の辞書が発刊された。

1970年に小学校1年から順次マレー語への転換が始まった。

1971年:マレーシア農業大学、1931年創立の農学校が発展したもの。

1971年に憲法が一部修正されて、議会が再開された。修正憲法第10条の(4)において、言語問題、市民権、マレー人の特権のような民族間の微妙な問題はそもそも公の場で議論することすら禁止された。そして人種問題の根本にある経済格差の是正のために、新経済政策(New Economic Policy)が実行されてゆくことになる。

1971: the Constitution (Amendment) Act and an amendment to the Sedition Act prohibit “politicking” of racial and language issues. It forbade any discussion of such sensitive constitutional issues as the national language. Certain ethnically sensitive provisions of the Constitution, including Article 152 regarding the national language were “entreched” and their “questioning” prohibited by an amendment to the Sedition Act.
Clause (6) was added to Article 152 of the Constitution. It defined “official” beyond the purposes of federal and state governmetns to include any purpose of a public authority. The doubt over just how much the national language would be used was also resolved. All governmetn documetns, reprts and publications wre now in Malay; all public signs and notices were converted to Malay.

1971: New Economic Policy (the Second Malaysian Plan), direct government involvement in helping uplift the Malays. An important means of supporting the goals of the NEP was through the implementation of the government’s language and educational policies. The government aim to manipulate the education system as the prime means of achieving an ethnic redistribution of adult occupational roles.
The main features of NEP has been the imposition of bumiputera/ non- bumiputera quota for admission into tertiary institutions (universities, colleges, as well as teachers’ training colleges) and theestablishment of special institutions catering for Malay students at secondary level.

1971: The First National Culture Congress held: a resolution was passed stating Malayan national culture would be based on the indigenous culture defined as Malay culture. (Suryadinata 1985:22)

1971: Majid Report (Report of the Committee Appointed by the National Operations Council to study life of students in the university of Malaya). The report recommended that the racial composition of the University of Malaya and each faculty should ‘as far as possible’ reflect the racial composition of the country; that in faculties under-represented by Malays, every effort should be made to attract Malays; and that scholarships should be used to alter the racial imbalance in the science faculties. In recommending the use of criteria other than academic criteria to provide places for rural Malays, the report can be accused of using highly dubious assumptions. Watson,p.146.

1971: increases in the hours of English instruction in Malay-medium schools.

1972年:下院議長は次の国会よりは質問と動議はマレー語のみでおこなうようにと布告した。ただし、法廷では英語からマレー語への転換は遅々として進まなかった。また政府補助の英語学校はすべてマレー語学校へ転換されることになった。それは中国系・インド系の生徒はマレー語学校へ進学しようとしなかったので、マレー語の普及のために英語学校の廃止が必要と政府が判断したからである。

1972: The speaker of the House of Representatives announced that for the next session all questions and motions should be in Malay.

1972: The governments of Indonesia and Malaysia agreed to the formation of a council for the development and coordination of Bahasa Malaysia and Bahasa Indonesia. Bruei Darussalam joined the council in 1984. The council is really a meeting of three government-appointed permanent planning committees – the Jawatankuasa Tetap Bahasa Mayasia (Permanent Bahasa Malyasia Committee) in Malyasia, the Panitia Pengembangan Bahasa Indonesia (The Bahasa Indonesia Development Committee) in Indonesia and the Bahasa Melayu Brueni Permanent Committee in Brunei. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:11)

1972年:Rumi表記法が、この時インドネシアとマレーシアとで共通の表記法に変更される。この表記法は現在まで使用されている。(Asmah Haji Omar 1993:185)。○ Asmah Haji Omar(1987:12-13)によれば、マレーシアとインドネシアの両国で、Standard Spelling System が公布された。(The Malaysia-Indonesia Spelling Agreement)。この1972年8月16日の前は、マレーシアでは多くの書記法があり、学校では Za’ba system であったが、学校外では自由に表記されていた。この新表記法(Ejaan Rumi Baru Bahasa Malaysia) への以降として5年間の(a grace period) が置かれた。@ Before 1972 Bahasa Malaysia was using the Wilkinson-Za’ba spelling system. One of differences are, in new method, it requires the use of [i] or [u] in closed final syllables if the preceding syllables contained [i], [a] [u] or [e], e,g. bilek – bilik, buket- bulit, hidong-hidung (Abdullah Hassan. 1978: 61-2)@ A revision of the spelling systems was carried out and a new spelling system was introduced in 1972. New letters O,V,and X were included in the new spelling system to cater for the need to write scientific terms that contains these letters.(Hassan 2004)

1972年: Jawatankuasa Tetap Bahasa Malaysia (Permanent Committee for Bahasa Malaysia) の創設される。Asmah Haji Omar (1987:20) によれば、1956/57年が corpus planning の始まりであるが、本格的に開始されたのは、この創立とこの年のスペルの標準化を嚆矢とするという。

1972年:マレーシア工科大学 1925年設立の技術カレッジが発展したもの。

1972年:文部大臣の諮問機関として高等教育諮問審議会(Higher Education Advisory Council)が設置され、学長・副学長の任命権は文部省が持ち、以前は選挙されていた学部長や学科主任は学長任命になる。

1973: In Saba Malay became the sole official language, but in Sarawak the government decided to retain the use of English as a joint official language until 1980.

1973: The Curriculum Development Centre was created to strenghen the oversight of curriculum and syllabus.

1973: the first systematic attempt to revive interest in the ICS was initiated aby the Perak Chinese Schools’ Committee Association.

1974: the general election

1974年: Kamus Bahasa Malaysia (student edition of Kamus Dewan published in 1970) was published by the Dewan. (Dewan Bahasa dan Pustaka Staff. 1989:9)

1974: a Cabinet Committee chaired by the Minister of Education, Dr. Mahathir bin Mohamad was set up to review the implementation of the Education Policy. Its report was submitted in 1979.

1974年:国語普及のためのテレビ番組が放映された。タイトルは Belajarlah Bahasa Anda (Learn Your Language)であり、レッスンは漫画を用いたりした。筆者はAsmah Haji Omar である。(Asmah Haji Omar 1987: 39)

1974年マハティールは教育相として入閣する。ラーマン型とマハティール型の人種調和政策には違いがある。言語政策も異なる。

1975: the UCSSA began to conduct two examinations in Chinese, but with questions translated into English as well as Malay.

1975: the MCA issued a lengthy memorandum on education.

1975 (December): the Speaker, who had the discretion to allow English in the House, announced that Malay would be the sole language permitted

1975: 1972年に導入されたローマ字の新しい書き方は、3年間の試行錯誤を得て、ようやく安定化した(Hassan 2004)。

1976年には国民型初等英語学校(National-Type English Primary School)は、すべてマレー語の国民学校(National School)に転換された。

1976 (Jan): Premier, Tun Abdul Razak passed away. After that a slight shift away from the excessive pro-Malay policy.

1976: The Third Malaysian Plan (TMP) 1976-80

1976: the conversion of all peninsular national-type English primary schools into Malay national schools was achieved.

1976 (January): the Education Act (1961) was extended to the states of Sabah and Sarawak.

1976: the 1970 education ordinance did not apply to Sabah or Sarawak. Sabah quickly adapted the Peninsular scheme and Sarawak began the stage-by-stage conversion in 1976.

1977 (November): the plan to establish Merudeka University (private) recommended by MCA.

1977: The introduction of the communicative syllabus.(Chandrasegaran p.58) Students had to sit for Paper 121 which was set by the University of Cambridge Local Examinations Syndicate. But before 1977 Paper 122 was used which was based on the communicative English syllabus in use in upper secondary schools.

1978: the general election, in which language issues were not important matter.

1978年:資格試験LCEが廃止された。マレーシア語で行われるSPM (Sijil Rendah Pelajaran)のみになった。(川崎 1986:113)

1978: a motion was tabled in parliament requesting the establishment of a Chinese-language (Merdeka) university.

1978: All national secondary education was being conducted through Bahasa Malaysia.

1979: The first bilingual, English – Malay Dictionary, was first published by the Dewan. It is a 1400 page publication.

1980年:資格試験MCEが廃止された。マレーシア語で行われるSPM (Sijil Pelajaran Malaysia) に変わる。(川崎 1986:113)

1981年1月マハティールは国際イスラム大学設立構想をうちあげる。

1981年12月末、教育相が小学校302校で新しい読み・書き・算数の3R制を試験的に実施することを発表した。この指導要領がマレー語で書かれていたことから華人やインド人から抗議の声があがり、1982年3月首相が教育言語別小学校制度は維持するとの答弁を下院で行った。→国際社会学p.285

1982年には中等学校でもこの転換は完了した。

1982: the conversion was achieved in at the secondary level.

1982年:資格試験HSC はマレーシア語のSTP(Sijil Tinggi Persekolahan)に取って代わる。(川崎 1986:113)

1983: All subjects for first year university courses were to be in Malay.

1983年には大学での授業もマレー語化されていった。しかしこの急激な変換によりマレー語の熟練した教員と教科書の不足に悩まされた。また当時は中等教育の義務教育化により規模の拡大が同時におこなわれていたので、その不足は一層深刻であった。

○高等教育においてマレー系学生の特別割当性が実施され、科学・工学・医学の学科ではマレー系学生は優先的に入学が許可された。

1983年:国際イスラム大学(英語をアラビア語を教授用語とする)@首都近郊に国際イスラム大学ができたが、この大学の構造は従来のモデルを逸脱するものであった。この大学はマレーシア政府と国際機関、イスラム会議機構(OIC)との合弁であり、より普遍的なイスラームの思潮と学問哲学のもとに設置され、西洋的な知の支配に対抗する目的を持っていた(杉本2004:82)。

1984年:北マレーシア大学がケダーに設立される。管理科学や情報工学を中心。

1984年12月7ー10日:第4回目の Language Congress がKuala Lumpur で開かれた。(Asmah Haji Omar 1993:193)

1985: Report of the Cabinet Committee.

1985年:小学校への就学率は95.5%である。授業料と教科書は無償である。現在文盲者は障害者以外にはないとされる。(松本、川本 1991: 178)

1987年:教員養成学校も増加中で、西マレーシアに21校、東マレーシアに8校、合計29校ある。(松本、川本 1991: 178)

1987年5月: 教育省内で、母語教育の保障問題を含めた教育法の全面修正作業が、華語教育団体等の代表を招かずに行われていることが明らかになり、華人グループが反発を強めて、これを契機として、大量逮捕につながった。また中国語学校の管理職に中国語のできない教師100余名を任命して、華人から強い反対がおこった。

1987年はじめに、華語の新聞が相次いで倒産・停刊に追い込まれる。中国語の分かる世代の減少に依るものである。

1990: The use of Malay was made mandatory in the High Court.

1993年に、マレー語が教育言語として完全に移行してから10年経ったこの年、マレーシア政府は科学、技術、医学に関して英語を教育言語とすることにする。しかし、これはマレー人の知識層から強い反対があった。しかし、マハティール首相やイブラヒム副首相たちは、英語の力をつけないと国際社会での競争に勝てないとの見解であった(Gill 2004: 144)。

1994年マハティールは大学の科学・技術の授業を英語でおこなうことを認める。→ Straits Times, January 6. 1994 =読売1994年2月8日夕刊

1994年3月:独立大学有限会社は、改めてこの年に、有限会社として「華文教育センター」を設立して、私立高等教育機関としての新紀元学院の設置計画に着手した(諏訪・斉藤2005:63)。

1994年8月から10月:華文教育センターはマレーシア教育省に対して、設立申請書を提出して、翌年4月には、教育省から提示された設置申請基準にも続いてさらに設立計画書を練り直した後、再度、申請書を提出した(諏訪・斉藤2005:63)。

1995年:The Education Actは1960年に施行され、そこでは国語をあらゆるレベルで教育言語とすること、共通のカリキュラムや試験内容を定めていた。この法は、1995年に修正されて、国語としてのBahasa Malyasiaの地位をさらに強めることとなった。教育言語として、公立学校から、私立学校までBahasa Malyasiaが使われることになった。しかし、この修正は私立学校からは歓迎されなかった(Gill 2004: 147)。

1996年:1959年9月、新教育法案を審議してきた政府の内閣教育委員会は新教育法の法案を承認して、同年12月20日、連邦議会は草案を可決して「1996年教育法」が成立した。これは、1961年教育法を全面的に見直した改正法で、マレーシアにおける国民教育の大きな転換を図るものであった。主な改正点は次の用にまとめられる。①国際社会における競争力の重視②国民型学校の転換を規定した条項(第21条2項)の削除、③省略、④国語政策の堅持を邦文に明記。(自治体国際化協会2001)

1995年7月9日:Sunday Timesに、文部省の全学校で数学と理科の時間に英語を教育言語として再度取り入れようとの計画がdiscloseされた。これは大騒ぎとなり、特にマレー人と中国人からの反発が強かった。これは2003年まで待つことになった。(Hassan 2004)

1996年:1996年にthe Education Act 1996とthe 1996 Private Higher Education Institutions Actが施行されて、私立学校に自由に英語を教育言語とする裁量権を与えた。前者は、中等学校後の技術分野での英語を教育言語とすることを認め、後者は海外の学校と提携したコースでは英語を使うことを許可したものである(Gill 2004: 147)。@新「教育法」(Education Act 1996)によって、政府はこれまで国民教育制度の枠外としてきた私立学校を積極的に認知して、「国語以外の言語を授業用語とする教育機関」の存在を暗示した(杉本 2004:86)。@教育法で国語政策の堅持を明文化すると同時に、国際社会における競争力強化の重視を明確にしたときには、すでに英語による数理科授業の構想が存在していたかもしれない(諏訪・斉藤2005:10)。

1996年:私立高等教育機関法(PHEI Act)を公布して、私立の高等教育機関として、大学、カレッジのほかに外国の大学の分校というカテゴリーが加えられた。授業用語については、基本的には国語によるコースを提供するとしながらも、文部大臣の許可を得て、①その授業の大部分を英語で行うコースと、②アラビア語で行うイスラーム教育の授業の提供が認められた。(杉本2004:87)

1996: 全ての公立大学の学部課程の修学年限がそれまでの4年から3年に短縮されて、大学卒業までの通算で欧米の修学年限と等しくなるように調整された。(杉本2004:87)

1996年12月:MCAはあらためて、新紀元学院の設立計画を全面的に支持する立場を表明した。そして、よく1997年3月に、教育省は新紀元学院の設立を原則として、認めることを発表した(諏訪・斉藤2005:64)。

1998年3月: 華語でも授業を行うカレッジがはじめて開校した(杉本2004:87)。@華文高等教育機関「新紀元学院」が発足した(諏訪・斉藤2005:52)。

1998年1月1日:マレーシア最初の大学であるマラヤ大学が法人化された。マレーシアにおける国立大学法人化の試みは、オーストラリアの大学のコーポラタイゼーションの経験を色濃く反映したものであり、シンガポールの企業型大学、インドネシアやタイの自律的大学の動向も視野に入れたものである。(杉本2004:89)@セランゴール州カジャン地区に新紀元学院(The New Era College)が開校した。専門コースとその修業年限は、当初は、商学系2年、情報工学系2年、中国語・中国文学系3年、社会研究系1年半の4コースであったが、その後2001年にメディア研究系2年が加わった(諏訪・斉藤2005:65)。@この学校の特徴として、華語を主要教育言語としている。中国や台湾にある高等教育機関を除けば、海外にある華文高等教育としては、かっての南洋大学に替わるものとして希有の存在であり、マレーシア以外の海外の華人社会からも関心が寄せられている。実際は華語と英語を教授言語としてあり、マレー語も必須科目としてあって、3言語教育機関であることを強調している(他民族の反発を考慮してか)(諏訪・斉藤2005:67)。

2002年5月6日:多方面の人士が英語学校の復活を建議したのに対して、教育部長とマハティール首相が「もしその必要があれば、政府として人々の必要を満足させる用意がある」と応えた(諏訪・斉藤2005:10)。

2002年5月10日:マハティール首相がUMNOの最高理事会で「学生の英語能力を高めるのに英語学校の助けを借りる必要はないし、英語学校の設立は国家の教育政策に符合しない」と述べるとともに、英語による数理科の授業をまず小学校で行いたい、と発表している(諏訪・斉藤2005:10)。

2002年7月19日:PPSMI’s inception as a Malaysian Government policy was the result of the Cabinet meeting on July 19, 2002 under the administration of the fourth prime minister, Tun Dr Mahathir bin Mohamad.(Wikipedia PPSMI)

2002年7月20日:教育部長が2003年度より、小学校1年生、下級中学校1年生、大学予備課程1年生から数理科の授業を英語で行うと発表して、実際2003年1月から実施されている(諏訪・斉藤2005:10)。

2002年:英語は数学と理科の教育言語として、小学校から大学までのすべてのレベルで実施されることがアナウンスされた (Hassan 2004) 。英語による数理科授業案は、当面はマレー系の国民小学校が対象で、中国系およびタミル系の国民型小学校の場合は、それぞれの民族社会の意向を尊重して導入の可否、導入する場合の時期を決定するということになっていた。しかし、早晩中国系の国民型小学校にもこの措置が適用されると考えて最も強く反対の声を上げたのは、中国系の薫教総である(諏訪・斉藤2005:12)。

2002年10月31日:MCAの国民戦線最高理事会で、2-4-3方案と呼ばれているもので、英語の授業を2時限、英語を使った数学の授業を4時限、英語を使った理科の授業を3時限開設するというものであった。それで、その代わりに中国語の授業を3時限、道徳の授業を1時限、体育健康の授業を1時限減らすことになった。トータルで週あたりの授業数は、46時限から50時限に増えることになった(諏訪・斉藤2005:17)。

2002: the quota systems for entrance to the public universities was substituted by a system of meritocracy. Datuk Seri Dr. Mahathir Mohamad, the Prime Minister, declared that meritocracy would send a strong message to the Malays that they needed to obtain excellent results to get places in the public universities (Gill 2004: 140 in Medium of Instruction Policies).

2002年11月27日:As for the implementation (of PPSMI) in Chinese schools, after a protest was made by the nation’s union of Chinese schools Dong Jiao Zong, a compromise was reached where the teaching of Science and Mathematics was made done both in English and Mandarin.

2003年6月6日: a drastic shift in the Malaysian Educational Policy was announced. the Minister of Education informed that the public that form January 2003, mathematics and science will be taught in English in Year One, Form One and Lower Six in all fully aided government schools (Pillay and Thomas 2003:26). @English returns as the medium of instruction for mathematics and science at certain school grade levels (Standard One, Form One and Lower Six) in national and vernacular schools. This decision (as reported in The Strait Times, July 2002) led to extended public discussion, with comments and disagreement from certain interest groups in the country for varying reasons. (Ho Wah Kam, Asian Englishes (2003).@2003年1月から、マレーシア全国の小学校で、英語による数学と理科の授業は始められた(諏訪・斉藤2005:18)。@Pengajaran dan Pembelajaran Sains dan Matematik Dalam Bahasa Inggeris (PPSMI) (the teaching and learning of science and mathematics in English) is a government policy aimed at improving the command of the English language among pupils at primary and secondary schools in Malaysia. In accordance to this policy, the Science and Mathematics subjects are taught in the English medium as opposed to the Malay medium used before. This policy was introduced in 2003 by the then-Prime Minister of Malaysia, Mahathir bin Mohamad. PPSMI has been the subject of debate among academics, politicians and the public alike, which culminated to the announcement of the policy’s reversal in 2012 by the Deputy Prime Minister, Tan Sri Muhyiddin Yassin.(Wikipedia, PPSMI)

2003 (March): The Strait Times said, in all polytechnics, technical subjects will be taught in English by 2008. (Ho Wah Kam, Asian Englishes (2003).

2003年10月:22年間にわたりマレーシアを率いてきたマハティール首相の引退を受け、アブドゥラ副首相が第5代の首相に就任。

2003: マレーシア工科大学では2003年から45%の授業を英語で行うと決めている(諏訪・斉藤2005:15)。

2007: 政府が「マレーシアの国語としてのマレー語」を「マレーシア語」と表記することを定め、2007年より正式に使われている。(出典 Wikipedia 「マレーシア」より、マレーシア語としたのはもっと早いのでは?)

2007: 成績優秀な非マレー系学生のマレーシア離れや、国立大学の質の低下を改善するために、2007年以降、政府は、非マレー系の大学生にも奨学金を提供することを決定し、大学入学者の民族別比率制度も撤廃した。これで、大学に民族の平等が戻ることとなった。/マレー語を中心とした教育政策にも、変容がみられるようになった。近年の中国の経済的な発展にともなう、マレーシアと中国間の経済関係の強化およびビジネスの増加によって、非中国系民族の中国語学習者も増えている。近年、本来マレー語と英語のみを教学言語としていた国民学校に、中国語の科目が開講されたほか、中国語が主な教学言語である華文国民型小学校に入学する非中国系の児童も徐々に増加している。最近では、中国語を歌う非中国系の歌手も出現しているほどである。(合田美穂「マレーシアの国民統合政策と青少年のアイデンティティ」)

2008年3月:In March police in Kuala Lumpur used teargas to disperse up to 5,000 ethnic Malays who took to the streets to voice their opposition to the policy (= PPSMI).

2009年7月8日:Education minister Muhyiddin Yassin announced last Wednesday that the English-medium education policy introduced across the country in 2003, known as PPSMI, would be phased out from 2012. He said that evidence gathered during a year-long assessment and public consultation had convinced the government that PPSMI wasn’t working, and that the dominance of English in the curriculum risked undermining students’ grasp of their first language. (the guardian, July 10, 2009)
Malaysia drops English language teaching the guardian
(ムヒディン教育相はこの政策の失敗を公に認め、2012年以降、理科・数学の教授言語をマレーシア語に戻すことになった。その一方で1983年に半民半官で創立されたマレーシア国際イスラム大学は、公立学校の授業用言語のマレーシア語化がようやく高等教育まで達した時期に、その潮流に逆行するように英語とアラビア語での授業を開始した。植松茂男 2015:100)

2012: Malay will be reinstated in state-funded schools starting in 2012 because teaching in English caused academic results in those subjects to slip, Education Minister Muhyiddin Yassin said.
/Beginning 2012, students in Year One and Year Four in primary schools, and Form One and Form Four in secondary schools, will learn Math and Science in Bahasa Malaysia.

2012: 東方政策30周年となる。

2014年5月:マレーシアのマハティール元首相が24日、東京理科大学の「グローバル・アドバイザー」に就任した。今後3年かけて計画を練りマレーシアに東京理科大の分校開学を目指す。マレーシアに進出する東京理科大に対し元首相は「授業では日本語を使い、日本の文化で運営してほしい」と注文を付けた。「日本がなぜここまで発展できたのか。日本人が強い規律の意識を持っているからだ」と強調。さらに「知識が全てではない。精神が必要だ。マレーシアには既に英米、オーストラリアの大学が進出しているが、日本の労働倫理は欧米の大学では教えられないのだ」と訴えた。(東書Eネット「教育文化ニュース5月26日」)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。