高校での出張授業、大学時代の恩師に挨拶


昨日はある高校で出張授業を行った。観光と英語に関する授業であった。最近は、年に数回は、高校で出張授業をする機会がある。大学生に教えるのと高校生に教えるのでは、教える内容は同じでも教え方は少々変える必要がある。初めての相手であるから、相手の理解度が分からない。生徒達はどの程度のバックグラウンドの知識があるか分からない。そんなわけで、相手に質問をしながら、どのようなレベルで教えたらいいのか判断をしていく。だいたい5~6名ぐらいに質問すると、クラス全体の雰囲気、あるいはその学校全体の雰囲気もつかめてくる。しばらくするとどのような教え方をすればいいのかだいたい勘で分かってくる。

昨日の学校は生徒達は集中して授業を聴いてくれてよかったと思う。時々、この様に高校生の皆さんに授業をすると、大学生とは異なっているので、新鮮な感じがする。教える側としても有意義な経験となる。

さて、それから午後は、大学時代の恩師である亀井俊介先生に挨拶をした。亀井先生がある喫茶店で打ち合わせ中とお聞きして、そこに参加しつつ挨拶をした。亀井先生は私が駒場の時の英語の先生である。それは今から50年ほど前であろうか。亀井先生は当時はアメリカの留学から帰られたばかりの新進気鋭の学者であられた。今では、アメリカ文学の大権威であられる。50年前と比べるとたしかに姿形は大きく変わられたが(それは私も同じであるが)、相変わらず温和で和やかな笑顔が特徴であられた。50年ぶりでお会いしたわけで、先生は現在は、80歳代の半ば頃の年齢であられるが、すこぶるお元気そうで何よりであった。先生はこれからもお元気で是非ともますます活躍してもらいたいと思う。

さて、5限の授業で間に合うように、学校に戻った。5限の授業中だが、雑談をしたときに学生から次のようなことを教えてもらった。学生は犬を飼っている。その犬はオスである。メスと比べてオスは小用をする回数が多いそうである。オスは縄張り意識が強くて、マーキングをして、その場所が自分の領域であることを主張するそうである。なるほど、犬でも性別でそのような違いがあるのか。勉強になったので、このブログに記したのである。

モジュール授業という概念

2016-07-20

文科省は授業時間数の不足を補うために、モジュール授業を提唱している。

モジュール,(module)は時間等の「構成要素・単位」を意味しており、モジュール学習とは、10分、15分などの時間を単位として、取り組む学習形態である。モジュール学習という名前は、45分の授業ならば、15分のモジュールに分け、それが3つ集まって1回分の授業とカウントすることから由来する。そして、きちんと授業の体制を整えていれば、正式な授業時数にカウントすることができるとしている。

週28コマ(6コマ授業が3日と5コマ授業が2日)では、かなりアップアップである。中教審答申でも「週28コマが限度」としている。英語のために、35時間(1コマ)分を時間割に入れると、「7コマ授業あるいは5コマ授業」の日となる。通常は5コマの授業の日は、授業が終了後に、委員会活動やクラブ活動の日に当てるので、これ以上はコマ数を増やすのは望ましくない。

そんな中に、苦肉の策として、生み出されたのがモジュール学習である。習熟が必要な学習をモジュールの時間に回して、朝の授業の前、あるいは昼休みの前後の時間を利用して、毎日のように繰り返しておこなうことで、知識の定着を図ろうとするのである。

モジュール学習を毎日15分ずつどこかの時間帯に入れることで、1コマを授業に入れたよりも効果が見られるはずだ(時間数でいえば、15分×5日=75分となる)。

黒板代わりに何を使うか?

2016-04-17

いままでは、黒板にチョークで書いて説明をしていた。この方法だと字が汚かったりすると読みづらいと苦情がでる。さらに、黒板の文字を消そうとすると、もう少し待ってくれと言われることもある。

それで、数年前から大事なことはプリントで配って説明することが増えてきた。それを学生は保管してテストの前などに復習することができる。それならば、学生は重要事項の見落としはなくなる。

また、PowerPoint などを用いて説明することも増えてきた。画像を示したり、音声を聴かせたりするときは、パソコンを使って教室で説明するとわかりやすくなる。しかし、これだと、単に教員が説明して、それをただ聴くだけ、説明が単に流れるだけのような気もする。学生は全く受け身の態度を取ることが増えるかもしれない。

本当は教員が説明して、それに対して学生が質問する。双方向からの交流がある授業が望ましいのだが、日本の文化では、学生は受け身のことが多い。

であるので、沈黙を守る学生から発言を引き出すためには、机を円く並べて、教員が学生に質問をしながら答えを引き出すならば、対話形式の授業に近づくわけだ。これは演習形式の授業の特徴であろう。しかし、大人数の授業になると難しくなる。

この数年はブログに資料を載せていることがある。学生にブログのこのページを読んでおくように指示する。授業の時にも学生がノートパソコンを持ち込んで、その場で見ながら質問したり考えることが可能になる。

授業が終わったら、自分のブログを修正することができる。どの部分が学生には分かりづらかったか、どの部分が加筆が必要かが分かるからである。さらにそのブログは来年度以降も使うことができるのである。毎年毎年、その資料は分かりやすいものに改良されていく。

そんなことで、今年は二つの授業を念頭に資料のブログへのアップ化を心がけることにした。

photo credit: The Sick Classroom via photopin (license)
photo credit: The Sick Classroom via photopin (license)

90分の授業をどうもたせるか。

2016-04-15

大学の授業はだいたい90分の授業時間である。この90分のあいだ、どのように学生に集中させるかが難しい。自分自身を振り返ってみても、90分の講演会を聞いた場合、よほど上手な講演でもない限り途中でうとうとしたり、集中が途切れることがある。ですので自分の授業で半分眠っている学生を責める気にはなれない。要は自分の授業の魅力がその程度なのだと考えている。

演習形式の授業は実は楽である。学生に問題をあてて、それの答えを言わせて、解説をするのである。その場合も、読解、音声理解、英作文など、さまざまなことを行わないと学生は退屈してしまう。

問題は講義形式の授業だ。日本の文化では、学生から頻繁に質問がでて、ディスカッションになることはない。どうしても教員からの一方的な話になる。学生は受身で話を聴くだけである。それで、どうしたら授業を飽きないで、集中しながら、90分の間だが聞くことができようか。

(1)テキストを使う。まったく手元に何もない状態では、学生も教員も取っ掛かりがない。

(2)PowerPoint を用いて、映像を中心に流す。しかし、これはしばしば単にフレーズを眺めるだけになりがちである。

(3)30分おきぐらいに内容を変える。しばし学生が飽きてきたなと思われるときに、教材などを変える。

(4)学生に作業をさせる。それは教案を書くことだったり、教育に関するある事象の批判や感想を書かせることである。

このようないくつかの方法がある。とにかく、大切なことは事前に十分に予習をしておいて、学生の反応をあらかじめ予期しておいて、授業の内容を考えることである。また、学生にこの授業を受ける意義をしっかりと告げることも大切である。

英語科教育法Ⅰの授業の一回目

2016-04-13

今日は英語科教育法の授業の一回目であった。受講する学生の数は20名ぐらいであった。初等教育専攻の学生が大半で、残りの数名が文化創造専攻の学生であった。初等教育専攻の学生は小学校の免許、中学と高校の英語の免許を取りたいと希望するのであり、文化創造専攻の学生は中学と高校の英語の免許を取りたいと希望している。

最初に就職状況について話をした。小学校の外国語活動に関しては、平成23年度(西暦2011年度)より、第5・第6学年で年間35単位時間の「外国語活動」が必修化された。 この傾向は平成32年度(2020年)からはじめる次の学習指導要領の改訂にもいっそうの強化が図られる見込みである。第3・第4学年から始まり、第5・第6学年では、正式の科目となることが予想されるのである。その場合に必要となってくるのは小学校で英語を教えられる教員である。

小学校の教員に目指す場合でも、自分には英語の中高の免許状があるとアピールするならば、採用に有利だろうという話をした。小学校は日本には22,000校がある。学習指導要領の改訂で、いっせいに3,4年生から外国語活動を行うというならば、現場の責任者の声は、まず人が足りない、とにかく英語ができる人間を送ってくれという悲鳴だろうと思う。

現在はALTの活用を考えている現場もあるだろうが、日本がバブルの時代から次第に予算が厳しい状況では、ALTの数はむしろ減らされているのだと思う。それゆえに、小学校の教員で英語の免状を持っていたら就職が有利だろうと思われるという話をした。

学生はある程度は納得して、教員免状の取得をがんばろうという気になったように思える。来週からの授業へ一層の意欲を見せてほしいと思う。

英語科教育法の授業の方法を考えている。

2016-04-07

英語科教育法の授業をどのようにしたらいいのか考えている。着任して初めての授業はかなり緊張する。学生の状況が分からない。学生がどのような関心を示すのかも分からない。

学生たちは英語教員を目指すとしても、小学校での外国語活動を担当したいのか、中学校や高校学校での英語教員を目指すのか、肝心の点が分からない。授業の初めに学生に聞いてみるのがいいだろう。授業で直接聞いてみても即答できないかもしれない。このような場合は、紙を渡して、自分の英語教員に対する思いを書いてもらうのがいいのかもしれない。

一応、現時点では、一回目の授業では、言語政策の話から始めて、国家が教育を行うことの意味、言語教育が教育の中でどのような意味を持つのか、そして、具体的には学習指導要領を読み解きながら、学生と一緒に考えてみようかと計画している。

しかし、学生の本音はそんなことではないかもしれない。子供たちにどのように英語を教えるか、具体的な教授法をすぐに知りたがるのかもしれない。教案の書き方に入った方がいいのか。いくつかの授業の例をビデオで見せて、どこが見習うべき点か、どこが問題点だと思うか、を皆んなでディスカッションする。などなど、いくつか構想を練っている。

前任者の方の書かれたシラバスを見ながら、また学生の反応を見ながら授業を決めていくことになる。

M_A223

 

授業評価について

2016-03-12

教員は授業評価を学生から年に2回ほど受ける。どこの大学でも行っていると思うが、高校や中学校ではどうであろうか。責任持った評価は大学生でないとできないとして、中学校や高等学校では行っていないかもしれない。

大学でも30年ほど前は授業評価という制度はなかった。私は個人的に自分の授業の評価を紙に書いて感想を書いてもらっていた。字体から誰が回答したかがわかると学生は考えるのか、特に厳しいコメントはなかったように記憶している。

現在のような、インターネットに打ち込んでの評価は、いつごろか、だいたい10年ぐらい前から一般化したようだ。コメントと同時に数字で評価する。この授業は自分にとって満足がいくのならば、5であり、満足ができないならば1と評価する。その間にいくつかの段階があり、1から5まで5段階で評価するのだ。

アメリカでは、その評価によって翌年の契約の更新が決まったり、給与に反映すると聞いたことがあるが、日本ではそこまで評価を重視する例は稀なようだ。要は教員が自分の授業を翌年に改善するための参考資料として活用することが目的だ。

ただ、この評価も使い方を注意しないと問題だ。同じ英語の授業でも、英文科の学生に評価してもらうと、英文科の学生は英語が好きな学生が多いから高く評価するが、他学科の学生は英語嫌いが多いから、評価は厳しくなる。

また、少人数のクラスは学生と仲良くなるし、互いにコミュニケーションが進むので、評価も高くなる。しかし、クラスサイズが多いと一人一人の学生に目が行き届かなくなるので評価は低くなる。

選択の授業ならば、授業を気に入らない学生は履修を取りやめる。その授業を気に入った学生だけが履修するから評価は高くなる。しかし、必修の授業ならば、嫌々取る学生がでてくるので、憎悪の対象となり、評価は低くなる。

大多数のクラスサイズだと、その中で中レベルの理解度の学生を念頭に授業するから、評価の時のコメントは、「授業の程度が低い、遅すぎる」とコメントする学生と、「授業の程度が高すぎてわからない、スピードが速すぎる」と回答する学生の両方がいる。要はクラスサイズを、能力別に細かく分ければいいのだが、これは一人の教員が処理できる問題ではなくて、学校全体の問題だ。

私へのコメントにはシビアなものがある。「黒板の字が汚い」「口がもごもごして何を言っているのかはっきり聞こえない」「何かうまく行かないと舌打ちするのがイヤだ」「ポケットに手を入れて授業をするのはみっともない」「パワーポイントを使う時に、機器がうまく機能しないと悪態をつくが、みっともないからやめてほしい」などと書いたあったりする。これは翌年からは反省して、そのようなことはないように私はしているが、こちらも大変だ。

「寝癖ついた髪のままで授業に出ている、髪の毛をちゃんととかすように」などと書かれると、苦笑する。そう寝坊してあわてて学校に駆けつけたこともあったっけ。こう細かくコメントされるとこちらもひやひやだ。

でも、褒めてくれるコメントもあるので、それはうれしい。「わかりやすくてよかった」とか、「とても参考になる授業だった」などのコメントをもらうと、来年も頑張ろうという気になる。とにかく、学生からの授業評価には教員は敏感なのである。

DSCN7462