クリスマスから正月へ

2015-12-28

昨日はイオンの洛南に行ってきた。このところ、毎日どこかのイオンに行っているようだ。理由は、外は寒いので、寺社などへ行くのはおっくうである。また、駐車料金がかからないという点もある。本屋に行ったりすると自分は結構な時間をつぶすことができるし、家内はウインドウゥショッピングができるという点である。

この数日で、商品の飾り付けはクリスマス一色から正月へと様変わりした。私がクリスマス最後の日、12月25日にイオンに行った時は、午後の5時ぐらいから、クリスマス用の商品の片付けを始めて、その直後に、正月用品を並べ始めていた。

デパートには、年間のスケジュール表があるのだろう。1月になったら、成人の日、2月はバレンタインデー、3月はひな祭りなどと1年中を通しててなにかのイベントをしている。毎日がお祭りであるようにしている。これはもちろん、顧客の購買意識を高めるためである。とにかく、イオンショッピングモールの中は華やかだ。これで財布の中が一杯ならばもっといいのだが。

私は時々考える。人間が善行を積めば天国に行けるそうだ。おそらく天国とは、イオンみたいなところではないだろうか。華やかで、人々の購買意識をそそるような商品がずらっと並んでいる。そして、神様が毎朝、人間どもを整列させて、生前の善行の度合いに応じて、お金を支給する。非常に徳の高かった人は、毎朝30万円ほど支給される。一般の人は2,3万円ほどである。

毎日30万円も使うことができればこれは最大の幸福を味わうことができる。2,3万円ほどでもそこそこの幸せを感じることはできる。

おこないが悪かった人は罰として、毎朝500円しか支給されない。財布の中に500円しかない状態で、イオンに行くのは地獄の苦しみを味わうことになる。これも欲しい、あれも欲しいと思いながら、500円では買えるものはほとんどない。神様はこんな風にして、人々の生前のおこないに対して、報いるのではと思う。

などと、おかしなことを考えながら歩き回る。たくさんの人だ。日本にはこんなにたくさんの人がいたのだ。

photo credit: Aeon Mall Makuhari New City: Ground Coat via photopin (license)
photo credit: Aeon Mall Makuhari New City: Ground Coat via photopin (license)

 

スポンサーリンク

オーストラリアへ送金

2015-08-31

長男が今オーストラリアで勉強している。それで今日は生活費を送金することになった。近くの三菱東京UFJ銀行に行く。(話は脱線するが、この「三菱東京UFJ銀行」という名前は何とかしてくれないか、覚えずらい名前だ、冒頭の頭文字を使って、MTU銀行としてはどうか。自分は元来は三和銀行の口座を持っていたのだが、銀行が合併に合併を繰り返して、覚えずらい馴染みのない名前の銀行の口座を持つことにになってしまった。)

テレビ窓口で息子から貰った資料も見ながら必要なデータを係りの人に伝えていく。SWIFTコードをまず伝える。これは、、国際標準化機構によって承認された金融機関識別コードの標準書式である。銀行間の決済、特に国際決済に使用されている。Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunications=「国際銀行間金融通信協会」という団体が海外送金を簡単にするために作った番号である。息子が口座を作ったのはANZ銀行であり、SWIFTコードはANABAU3Mであった。

また、オーストラリアの銀行は支店番号があり、BSB番号を伝える必要がある。番号とは別に、支店の名前と住所も伝える必要がある。番号だけで、支店が特定できるのだから、それはいらないと思うのだが、支店名とその住所は書くようにと言われた。

息子からラインで銀行の口座案内の写真を送ってもらった。その写真を見たが、どれが支店名でどれが住所かわからない。日本の書き方と異なっているので、区別がつきづらい。息子に支店名を教えるようにラインでメッセージを送ると、すぐに返事が来た。それをテレビ電話の係りの人に伝える。そんなやりとりを幾つか繰り返して、何とか無事終了となった。まとめると、オーストラリアの銀行に送金するときは次のデータが必要である。送金の前にきちんと情報を持っておくこと。

  • 金額(円建てか豪ドル建てか)
  • 送り先の銀行名
  • 銀行の SWIFT code
  • 支店名と支店の住所
  • 支店のBSBナンバー
  • 受取人の名前と住所(できたら電話も)
  • 受取人の口座番号

かなりバタバタして午前中は送金に費やして疲れてしまった。次回はもう少しスムーズに済ますことができるだろう。

国内の銀行も SWIFT code とBSB number を使うことにすれば、国内と国外では別々の符号体系を使う必要はなくなる。国際化の進む航空業界は航空会社や飛行場はすべて共通の符号を用いている。銀行もあと20年もすれば、国際的に共通の銀行番号、支店番号を使うようになると思う。

photo credit: Kanga and Roo via photopin (license)
photo credit: Kanga and Roo via photopin (license)

 

スポンサーリンク

デールカーネギーを聴く

2015-06-04

デールカーネギーの本『道は開ける』『人を動かす』の英語の原文を、このところ通勤の途中で iPod で聴いている。原文のタイトルは、How to stop worrying and start livingHow to win friends and influence people である。とても勇気付けられる本である。

アメリカ社会特有の楽天さ、楽観主義は日本人が学ばなければならないものである。「人生は何度でもチャンスがある」というメッセージをこの本は伝えてくれる。抽象的なことを述べるのではなくて、具体的に、アメリカの何々市に住んでいる何々さんの実体験を紹介することで、読者に分かりやすい事例を示している。

授業でも抽象的なことを述べるのではなくて、具体例を幾つかあげて、それを学生がまとめるように形にすべきであろう。異文化理解の授業で「日本社会は対決型ではなくて調和型である」ことを示すならば、そのような事例を3つほど提示する。そして諸外国の事例をも3つほど提示して、両者を比較させる。比較して、何か一般化できる法則を学生に見つけさせる。帰納法を使った授業になる。最初に「日本社会は調和型で、この国の社会は対決型である」と授業の冒頭に言ってしまうと、学生は最初から抽象的な法則を提示されたのではきょとんとするだけだ。発見型の学習にならない。

いろいろなことを考えるが、とにかく自分自身の生きかたにもこの本は役に立つ。自分の年齢だが、まだチャンスはあるという気がしてきた。歩くときは背筋を伸ばして、常に楽しいことを考えて、人と話すときは目をしっかり見ながら相手の話を真剣に聞こう、という気になった。この本を読んで学んだことを箇条書きにすると以下のようになる。

  1. 自分の目標をクリアーにする。何がしたいのかはっきり決める。
  2. 関連した情報を集める。
  3. その情報に基づいて決断をする。
  4. その決断を実行する。

自分の目標は「子供が大学を無事卒業する」であり、次は「所有する家のリフォームをする」である。当面はこのようなことか。そのためには、自分は「金を稼ぐこと」と「健康であること」が大切である。さて、この金を稼ぐことが難しいのだが、できることから始めていきたい。

利用していないサービスに会費を払い続ける

2015-03-23

クレジットカードの請求書をHPで見ていた。すると、「楽天ショウタイム」というところから、毎月302円が引かれていることに気づいた。はたして、これは何かと不思議に思った。手帳の古い記録を調べても分からない。そこで「楽天ショウタイム」をグーグルで検索してアクセスすると、ビデオを配信するサービスであることが分かった。

どうやら、数年前までは「楽天映画」という名前でビデオの配信をしていたサービスのようである。名前を変更したようである。しかし、なんで今まで毎月302円が引き落とされていたのか。思い出そうとする。そういえば、一度有名な映画を見たいと思って、このサービスを利用したことがあった。その時は、お金を払ったので、それで一件落着だと思ったら、いつの間にやら会員になっていて、毎月会費を払っていたようだ。

さっそく退会することにした。あわてて数年前の手帳をさがして、その時のIDとパスワードを見つける。そして、退会のフォームに記入して無事に退会できたようだ。教訓としては、毎月会費引き落としてのサービスよりも、その都度、代金を支払って利用するサービスを使うべきだ、ということである。

会費が安いからと軽い気持ちで会員になると、累算合計となると大きな金額になる。「楽天ショウタイム」の4年分の会費だが、14,496円を払ったことになる。利用せずに会費だけ払っているサービスが他にもあるようなので、徹底的に調べることにする。

ロト6

2015-02-25

今日は宝くじ売り場でロト6を買った。1枚の申し込みカードに5つの枠がある。1つの枠に1~43までの数字があり、そこから6つの数字を選び、その選んだ数字が全部当たると1等となる。その賞金はだいたい1億円ぐらいである。私は適当に数字を6つほど選び、売り場に提出した。すると売り場の人が、コンピュータにかけて、今申し込んだ数字をプリントアウトしてくれる。これが正式の申込証のようだ。

それぞれの1つの枠だけ申し込むと200円、2枠だと400円で、5枠全部申し込むと1000円である。私は5枠全部申し込んで1000円を払った。明日が当選番号の発表だという。早い。週に2回のペースでロト6は行われる。明日の発表が楽しみである。もしも、1等が当たれば、私の悩みはすべて消え去るのだが。
…………………………………………………………………………………
家内の妹(義妹)はアメリカに住んでいる。ある時に義妹から家内へ国際電話があった。なんでも5年ほどまえに亡くなった母(私からは義母)が昨晩に夢に現れて、次のロトの当選番号は何番であるかはっきりと教えてくれたそうだ。その番号を自分だけで独占するのは申し訳ないので、家内にもその番号を教えてくれるそうである。家内はその番号をメモ用紙に書き込んで明日買いに行くと言う。私も付き合うことになり、翌日、さっそく、宝くじ売り場でその番号のロト6を購入した。

当選番号発表の日をそわそわしながら待っていた。発表の日、インターネットで調べると、何と、一つも当たっていない。最下位の5等でさえも当たっていない。これはどうしたことか、と家内は残念がる。アメリカの義妹に電話をすると、そちらも一つも当たっていないそうだ。

私の推察だが、何日に抽選が行われるロト6であるか、はっきりしていない点が問題なのだと思う。義妹には、「今度夢で、義母と会った時には、当選番号だけではなくて、何日に抽選が行われるロト6かそのことまで、ちゃんと聞いておくように」と家内を通じて、伝えた。

人間、金が欲しくてたまらなくなると、そんな夢を見るのだな、と驚いたのであった。