科研の会議に参加する。

昨日は科学研究費に関する会議があり、私は名古屋にてS先生と会って、いろいろな話をした。私は研究分担者であり、S先生が研究代表者である。

今年度は、だいたい3つのことを研究しようという話になった。

(1)オノマトペの研究。たとえば、「木の葉が風にそよいで、カサカサ音を立てている」という文章は「カサカサ」を英語にすることができない。どうしても、The leaves rustled in the wind. のようにrustled という動詞で表してしまう。

以下、同様な例として、「竹がパチパチと音と立てて燃えている」The bamboos are  cracking as they burn. 「窓をコツコツと叩く音が聞こえた」 I heard a rap on the window. などがある。

逆に、英語の文The leaves rustled in the wind.をみると、私などは普通「木の葉が風に騒いでいる」のようにオノマトペを入れないで訳してしまう。オノマトペを入れて訳す人は、相当の語学力を持った人だと思う。

このような日本語のオノマトペを英語のどの様に示していくか、なぜ日本語にはオノマトペが多いのか、英語でオノマトペの雰囲気を上手に表現するにはどうしたらいいのか、このあたりを研究してみたい。

(2)外国人向け病院対応マニュアル英語版および対応カードの作成を行いたい。

外国人の増加に伴い、病院で使われる表現をいろいろと集めてみたい。これにはまず本がたくさん発行されているので購入してみたい。

なお、日本人が医者に病状を述べるときには、オノマトペを使うことが多い。「酒に酔って足がフラフラする」The drink makes may legs unsteady. 「頭がずきずきする」My head throbs.  「頭がくらくらする」I feel my head spin. 日本人が英語圏で医者にかかったときに、オノマトペはどの様に英訳するべきか、その事例集を考えてみたい。

(3)春田先生が集められたカードをデジタル化してみたい。以前、「春田勝久先生の思い出」という記事で、 先生のカードの紹介をした。手書きであり、なかなか利用しづらかったのであるが、科研で謝金が使えるので、学生にデータを打ち込みをしてもらう、あるいは、専門の業者にお願いしてデータ化してもらってもいいかなと考えている。

とりあえずデータ化して、それをこのブログでもいいし、他のブログでもいいから掲載して、関心のある人に使ってもらいたいと考えている。


以上、様々なことを議論したのだが、しばらくは試行錯誤をしながら、S先生やその他の研究分担者の方と一緒になって科研の目的に沿うような研究をしていきたいと考えている。

VoiceTra(ボイストラ)を利用してみる。

 

2016-06-30

先日、東京都の多言語対応協議会の事務局の方から、多言語音声翻訳アプリの存在をいくつか教えてもらった。その中の Voice Tra(ボイストラ)を自分のスマホにダウンロードしていくつか試してみた。このアプリは、日本語でたとえば、「バス停はどこですか」という音声をスマホのマイクに向かって吹き込むと、瞬時に Where is the bus stop? と英文がスクリーンに出てきた。そして、英語の音声も出てくる。これは便利だ。

ここで、逆にわたしが Where is the bus stop? と英語話者の振りをして音声を吹き込むと、その吹き込んだ文章は It’s a nonstop. と出てきて、日本語の翻訳は「直通です」と現れる。そして、その翻訳の意味は It’s a direct line. であるという表示が出てきた。

つまり、私は日本語ネイティブであるので、私の日本語はほぼ100%認識する。しかし、私が英語で話すと、どうも音声は標準英語でないので、正しく認識はされないようだ。2回目の時は、意識してゆっくりと明瞭な発音をするように心がけた。すると今回は Where is the bus stop? と正しく認識してくれた。

それから、I often go to the market.という文をアメリカ式にoften を発音して入力すると、うまく認識したが、イギリス式にoften (オフトン)と発音すると認識してもらえなかった。つまりイギリス英語の話者は意識的にアメリカ英語で発音しないといけないようだ。オーストラリア英語の発音でsay (サイ)を吹き込むと、sign などという風に認識される。オーストラリア英語はその特徴的な発音は認識されていない。

お遊びで、モードをフランス語にして、Je suis professeur. (私は教員だ)と、フランス語で吹き込んでみた。すると、このアプリは Dieu sait. (神のみぞ知る)と認識した。私のフランス語の発音がまったく認識してもらえない程度のひどいものであることがわかる。

さて、私はこのアプリは語学教育で使えると考える。その後、私は英語でいくつか文を吹き込んでみた。やはり、/r/, /l/ などが絡むと認識してもらえなくなる。I wrote a long letter. はどうしても認識してもらえなかった。その特性を生かして、何回も英語の発音を試してみて、アプリが認識してくれるかどうかで、自分の英語の発音の状態を確認することが出来る。

英語教育法の授業の時に、学生にこのアプリをダウンロードするように指示した(無料であることももちろん付け加えたのだ)。ほとんどの学生がスマホやiPadを持っていたのでダウンロードできた。学生はこのアプリの使い方はすぐに覚えて、英語で吹き込んだり、日本語で吹き込んだりして、どのように翻訳されるか楽しんでいた。

自分はこのアプリは音声学の授業で有効に使えると思うのだが、その使い方はこれから試行錯誤をしてみたい。


(追記 2016-11-23 授業で使用して学生の音声のチェックに使った経緯を記した。私の他のブログであるが、VoiceTra を授業で使った。をも訪問してほしい。)

VoiceTra のパンフレット
VoiceTra のパンフレット

黒板代わりに何を使うか?

2016-04-17

いままでは、黒板にチョークで書いて説明をしていた。この方法だと字が汚かったりすると読みづらいと苦情がでる。さらに、黒板の文字を消そうとすると、もう少し待ってくれと言われることもある。

それで、数年前から大事なことはプリントで配って説明することが増えてきた。それを学生は保管してテストの前などに復習することができる。それならば、学生は重要事項の見落としはなくなる。

また、PowerPoint などを用いて説明することも増えてきた。画像を示したり、音声を聴かせたりするときは、パソコンを使って教室で説明するとわかりやすくなる。しかし、これだと、単に教員が説明して、それをただ聴くだけ、説明が単に流れるだけのような気もする。学生は全く受け身の態度を取ることが増えるかもしれない。

本当は教員が説明して、それに対して学生が質問する。双方向からの交流がある授業が望ましいのだが、日本の文化では、学生は受け身のことが多い。

であるので、沈黙を守る学生から発言を引き出すためには、机を円く並べて、教員が学生に質問をしながら答えを引き出すならば、対話形式の授業に近づくわけだ。これは演習形式の授業の特徴であろう。しかし、大人数の授業になると難しくなる。

この数年はブログに資料を載せていることがある。学生にブログのこのページを読んでおくように指示する。授業の時にも学生がノートパソコンを持ち込んで、その場で見ながら質問したり考えることが可能になる。

授業が終わったら、自分のブログを修正することができる。どの部分が学生には分かりづらかったか、どの部分が加筆が必要かが分かるからである。さらにそのブログは来年度以降も使うことができるのである。毎年毎年、その資料は分かりやすいものに改良されていく。

そんなことで、今年は二つの授業を念頭に資料のブログへのアップ化を心がけることにした。

photo credit: The Sick Classroom via photopin (license)
photo credit: The Sick Classroom via photopin (license)

スパムメールが来なくなった。

2015-12-14

昔と比べるとスパムメールの数が減ったと思う。20年ほど前は、山のようにスパムメールが来て、その中から自分に関連するメールを探し出すのは一苦労だった。しかし、プロバイダーのスパムメールを見分ける力が徐々にアップしていき、近年はほとんど来なくなった。

このブログにもコメント欄には毎回沢山のスパムメールが来る。ほとんどが英語のスパムメールである。私のブログに対して英語で「最高のブログだ!自分はとても感動した!」とか「はきよい靴が欲しい人には我が社の靴が最高です」というようなコメントが寄せられる。こんなコメントを世界中のブログにおそらく何万と同時に発信するのだろうと思う。

最近では、日本語で次のようなメールが来た。

それとき人々 一緒に来て一緒に取得と共有します。グレートブログ、良い仕事を続けます!完売これで最後 限定最新入荷

なんだか、自動的に翻訳をしてような文をこのブログに送ってきたのだが、その意図は何か。とにかくこんなことをする時間があるのだと送信相手に感心する。でもGoogle はこんなコメントはちゃんとスパムメールに区分けしてくれているので有難い。自分は簡単に内容をチェックして消去するだけだ。

メールはgmail とyahoo を使っている。精度だが、 gmail は完璧なほど迷惑メールと普通のメールを区分けしてくる。Yahoo も精度が上昇しているが、まだ完全には振り分けてはくれない。

Google 検索は非常に便利である。昔は辞書や百科事典を使って調べたことを瞬時にまたはるかに詳しく調べてくれる。そして、検索の順位が問題である。各企業は検索の順位が上位に来るように必死で対策をしている。

「高性能な車」で検索すると一番下の画面のようになる。先頭に来れば目立ちよく記事が読まれるのだ。自社の車の売れ行きにすぐに影響する。各企業はこのような検索で自分の車が先頭に来るように必死で工作をしている。クリックをしたり、リンク先を増やしたりすると、検索順位が上がるのだが、いろいろな方法を試みている。

だが、Google のアルゴリズムも精度が上がり、意図的に検索順位を上げる方法は通用しなくなっている。Google へあらゆる情報が集まっている。スパムメールなどはすぐに見抜かれてしまう。そして、各自がどれくらいそのサイトを閲覧したかも情報として集められている。その人はどんな人かサイトの閲覧の記録やメールのやり取りの状況からある程度は分かってしまう。

将来は Google が知の世界の王者として君臨するだろう。それは人類にとって祝福か災難か?

スクリーンショット 2015-12-14 7.17.36

和文タイプの思い出

2015-11-26

今日は寒い日だった。非常勤講師の仕事で大阪に方面に向かう。電車の中にたくさんの人がいるが、ほとんどの人はスマホをいじっている。私も普通はスマホをいじっているのだが、今日は充電が十分でなくて、画面を長時間読むことはできない。それで、手持ち無沙汰なので週刊誌『週刊文春』を購入した。400円である。

その週刊誌を電車の中でいろいろ眺めてみたが、特に面白いものではない。やはりスマホで好きな記事を読んでいく方がはるかに面白い。スマホならば、いくらでも記事を選択できるし、連想の赴くままにネットサーフィンができるのだ。

出版業界はこのスマホの出現にどのように対抗するのだろうか。出版不況という言葉はよく聞かれる。十年ぐらい前からそんな言葉があったが、その当時と比べてスマホの性能はアップしたのであるから、出版不況はさらに深刻になったと思う。

電子化が著しい時代故に、多くの仕事がなくなった。私は昔会社員をしていたことがあったが、そのときの仕事の一つに取締役会の議事録を和文タイプの事務所に届けて、それをきれいにタイプ打ちしてもらう仕事があった。

何でも、商法には毎月一回の取締役会の議事録を保管して役員全員から捺印してもらうことを定めてあるのだ。であるから、議事録をきれいにタイプ打ちして捺印欄をつくり、そこに印鑑をもらうのである。私の仕事は議事録を和文タイプしてくれる事務所に届けるのだ。その事務所内では、中年の女性が一列に並んで和文タイプを器用に動かしながら書類を作り上げていた。

急に私が和文タイプを打たなければならないことが数回あって自分で打ったこともあった。これは慣れると結構はやく打てるようになる。音読みが同じ漢字が集まっているので、このあたりだろうと目安をつけて漢字を選んでいくのだ。もちろんワープロの方がはるかに早くきれいにできあがる。なんと言ってもデータとして保管できる点が便利である。

あの和文タイプを仕上げてくれる事務所はもう営業は閉じてあると思う。ずらりと並んで黙々と働いていた女性たちはどうなったのか。あの頃は和文タイプの仕事は女性向きの給料のいい仕事だともてはやされていたのだ。あの女性たちは他の仕事を見つけたことと思うが、とにかく、科学技術の進歩は、古くからの仕事に従事していた人から生きる糧を取り上げてしまう。

時代を先読みして先手先手を打っていくべきと人は言うけれども、先の時代は誰にも分からない。よく人は「ほれ、俺の言ったとおりになったろう、俺は時代を読み取る力があったのだ」と言うが、まぐれで当たることもある。

出版業界、書店、カメラ店、印刷所、レコード店、貸しレコード店などの将来は危うい。自分の小学生の頃は、紙芝居や活動写真、貸本屋などがあったが、今は消えてしまった。時代の先を読まなければならないので、今の若い人は大変だなと思う。でも、それだけ面白い時代に生きているのだとも思う。

M_A224

情報セキュリティについて

2015-11-19

昨日は職場で情報セキュリティに関する研修会があった。具体的にはビデオを見て情報の漏洩の恐ろしさを実感するという研修会であった。

ビデオの主人公は、ある中学校の女性の教員である。彼女は非常に指導熱心であり、生徒に関する細かいことをUSBメモリーに保存して指導に活用していた。成績簿などは当然持ち出さないが、自宅でもいろいろな書類作成の仕事がある。普段から生徒指導に役立つようなことを細かくファイルに書き込んで、それをUSBメモリーに入れて、職場でも自宅でも使っていた。

ある日、子どもを保育園に迎えに行く時に、自転車が人とぶつかり、ハンドバックの中味を地面にばらまいてしまう。子どもを迎える時間が迫っているので、慌てて中味を拾うが、自販機の下にとんだUSBメモリーまでは気づかなかった。彼女は自宅に戻り、書類作成の仕事をしようとして、USBメモリーの紛失に気づく。慌ててあちこちを探すが見つからない。自転車で人とぶつかったことを思い出し、自販機の下を探すがそこも見つからない。実は、ある男が自販機からジュースを買おうとした時に、そのUSBメモリーに気づいて自宅に持ち帰ったのだ。

彼女は学校で教頭と校長に報告する。ただ、対策の取りようもないので、事態の進展を待つ。やがて、ある男はUSBメモリーの写真から、その中学校の名前を突き止め、さらに生徒の成績や名前などをネットで公開し始める。成績が知られた生徒、特に15点という成績を取ったことをばらされた生徒は顔写真や名前と一緒にネットに出てしまったので、精神的に打撃を受けてしまう。

憤慨した保護者たちが校長室に詰めかけて問いただす。そんな風にストーリーは進展していくのだ。恐ろしいことだと思った。


私に関しては、生徒の成績やメモは学校のパソコンに入れてあるが、USBメモリーには入れない。USBメモリーに入れるのは私の論文だけである。論文の校正をする時だけである。職場でも自宅でも校正の作業を続けていた。しかし、最近はクラウドという便利なものができたので、それを利用している。たとえばDropbox はとても便利である。

ただ、パスワードが知られたら大変なことになる。私は一度手帳が見つからなくなって真っ青になったことがある。クラウドを使っているので、パスワードを知られたら大変なことになる。最終的には、手帳は何とか出てきたが、ひやひやの経験をした。

このブログも気をつけたいと思う。個人情報の開示にならないように注意している。学生の名前はイニシャルにしている。顔を出す時も了解を得てからブログにアップしている。町並みの写真をアップする時も、できるだけ建物だけにして、人が入らないようにしている。(本当は人が入った方が風景の画像も親しみが出ていいのだが)

なお、このブログで人の顔を使う時があるが、それは無料素材のサイトで、自由に使っていい画像だけを使っている。この点も問題はないと思うが。

photo credit: IMG_0607 via photopin (license)
photo credit: IMG_0607 via photopin (license)

 

 

言語政策とインターネット

2015-06-16

このサイトを今後どのように運営したらいいのか迷うことがある。このサイトが「固定ページ」の部分といわゆる純粋な「ブログ」の部分に分かれている。前者は言語政策に関する資料を展示しているし、後者はなにやら私自身の近況報告になっている。この両者の整合性をどうしたらいいのか迷うのである。

言語政策に関心を持ち始めたのは、25年ほど前だ。それ以来コツコツと資料を集めてきた。その間に1995年ごろから急速にインターネットが普及し始めて、それに対応して言語政策の概念自体も変化せざるを得ないように思う。従来は公的な機関がある言語の普及に対して促進あるいは抑圧をすることが言語政策であった。公的機関の政策に注目していたらそれで良かった点がある。

ただ、インターネットの普及を見ていると、自分自身の考え方が大きく変わっていった。言語の伝播にたいして公的な機関が及ぼす影響力は近年は弱まっているのではないかと考える。若者のほとんどが、スマホを持ち、次から次と新しい言い方が生まれ、それが流行していく。外国の歌や映画が YouTube で簡単に入手できる。そのような変化も言語政策学は注目しなければと考える。

人類がいままで遭遇した大きな知的な変化、すなわち、言語の習得、文字の使用開始、印刷術の発明などに匹敵するのがインターネットの発明だと思う。インターネットの普及の前と後ろでは時代が全く異なる。自分はそんな時代変化を目撃しているのだという点で大きな興奮を覚えるのである。

時代変化の目撃者としての自分がいる。そして、この変化をできるだけ観察して記録に残しておきたいというのが自分の偽らざる気持ちである。言語政策の歴史をインターネット時代の視点から見直すこと、そんなことを行ってみたい。インターネットの発展の歴史、各国のネットの規制の歴史、あるいはネットを運営する人々の間での自己規制の歴史、ネット倫理の必要性がどのように生まれたか。

google 検索の規制を行っている国がある。未成年はラインを使うべきでないという意見もある。それに対して、キーワードをこまめに変えて検索の規制から逃れようとする利用者たち。規制者と規制される側の行動なども興味深いものである。

自分が21世紀の日本にいることで見えてくること、それをしっかりと観察して記録したいと考える。その場合は、このサイト「言語21世紀塾」を模様替えしたほうがいいとは思う。具体的にどうしたらいいのか、迷う次第である。固定ページに示されている各国の言語政策の歴史をさらに充実させること。ブログに投稿するのは授業報告や学会に出て得られた知見などを報告するだけにする。そして、自分の日記的な部分は、他のサイトに引越しをしたらいいのかとも考える。しばらく迷いそうだ。