スペイン支配時代(1518~1898)

スポンサーリンク
Pocket

(1)フィリピンの言語政策の年表(スペイン支配時代)

1480: Ferdinand Magellan, the second son, entered the world in 1480 at his family’s farm.(Sherry p.23)

1499: When Magellan was nineteen, an event took place that set Portugal on fire with excitement. Vasco da Gama returned from India, successful in opening the first sea route from Europe to the East. (Sherry p.24)

1505: He embarked for India with the flotilla of Viceroy Francisco de Almeida, a grandee whose mission was to achieve permanent Portuguese control of the Indian Ocean. (Sherry p.24)

1509: He sustained a near-fatal stab wound in a major sea battle off the Arabian coast. (Sherry p.25)

1510 (January): He joined a Lisbon-bound convoy. But Magellan lost all his property because of a wreck. (Sherry p.25)

1511: Magellan took part in the final conquest of Malacca. (Sherry p.26)

1512: Magellan set sail for Lisbon early in 1512. (Sherry p.26)

Mid-15th century: Islam spread to the region from the mid-15th century onwards and had the greatest impact in Mindanao and the Sulu Islands which today have a substantial Muslim minority.

1518: Ferdinand Magellan, a Portuguese serving the Spanish royalty, convinced Charles V that he could find a shorter way to the Maluku.

1519: Magellan sailed from San Lucar, Spain, on board five very antiquated ships with a crew of 235 men.

1519 (Sep. 20): Magellan’s armada headed for the open sea. [A thirty-year-old Italian nobleman named Antonio Pigafetta kept a journal of the expedition. Three other supposedly firsthand accounts of the voyage exist. One, by an anonymous Portuguese participant in the voyage, is no more than a brief sketch. A second is the logbook of the Trinidad’s pilot, Albo, and contains little more than nautical observations. The third , called the “Genoese Pilot’s Account,” contains more detail but is suspect because no Genoese pilot actually accompanied the fleet and the manuscript itself seems too polished for the work of a seaman. (Sherry 1994:40)]

@ここには(ビザヤ)では、何ら原住民の間に文字が流通しているとの記述はPigagettaにはない。また原住民たちは、Pigafettaがノートを読み返しながら、原住民達が言ったことを繰り返すのをみて、大変驚いた様子であることを告げている。(Santos, 1996 “Literacy in Pre-Hispanic Philippines,” A Philippine Leaf)

1521 (March 15): Magellan’s three ships reached the island of Samar. (Sherry 1994:55)

1521 (March 17): Ferdinao de Magalhaes reached Cebu.

1521 (March 28): Magellan’s ships moved farther into the archipelago, anchoing off the smaller island of Limasawa. Here Magellan discovered that his Malayan servant, Enrique, could make himself understood in the local language. (Sherry 1994:55)

1521 (April): Magellan was killed in battle in Mactan, as a sonsequence of his intervention in a dispute between Lapulapu and Zula, chieftains of Mactan. 1522: Only one ship, the Victoria, completed the voyage back to Spain, arriving in Seville, led by Juan Sebastian del Cano with a mere 18 Europeans and 4 Malays surviving. (Magellan was dead)

1550年6月7日と7月17日:安井祐一(p.14)によれば、国王カルロス一世(すなわち神聖ローマ帝国のカルロス五世)は「国王の及ぶ領土でスペイン語を学習したい者はその機会を与えるように」という勧告令を発布した。しかしフィリピンでは実施されず、中南米諸国と違いを生じた。→(Excelso Gard’ia:Lengua española, University of Santo Tomas)。Frei(1959:9;11)によれば、カルロス一世が発したという。(B and R 45:185) 本文は(注→)

1563年:The Recopilación (Libro VI, Titulo 3, Ley 21) はスペイン人の原住民の居住区にすむことを禁止する。この法令は 1578, 1589, 1600, 1646年に繰り返される。これは1642年と1696年に Ordinance 29 となる。(Corupuz p.256)

1564: Four vessels of about 350 men (headed by Legazpi) sailed for the Philippines.

1565 (Feb):レガスピがセブ島に上陸する。共にアウグスティノ修道司祭が来航。Legazpi contracted blood compacts with Si Katunaw and Si Gala at Bohol.

1565: The Spaniards began their permanent occupation of the Philippine Islands. They imposed a theocratic system of central government and thereby structurally unified the barangays under a paramount administration.

1565: Augustinians came to the Philippines.

1565-1863: The missionaries operated parochial schools which were largely devoted to Christian indoctrination.

1565: From 1565 to 1815, during the Manila-Acapulco Galleon Trade, Filipinos were forced to work as sailors and navigators on board Spanish Galleons. They arrived in as Morro Bay, California. A landing party consisting of Filipino seamen, namely “Luzon Indios (“Luzon Indians”), were sent to the California shore to claim the land for the Spanish king. (Internet)

1565 (April): Villa de San Miguel (Ciudad del Santísimo Nombre de Jesús) was established as the first Spanish town in the Archipelago.

1565年:アウグスチヌス教団は改宗・布教のために最初の学校(parochial school)を作る。(Bernabe p.10;p.14)

1571年:植民地の首府はマニラに移動した。

1571年:San Pablo にconvent と church が作られた。which is the chief one of this province, the capitular house for novitiates, and of studies in grammar, arts, theology, and canons for Indians and creoles, until the Jesuits came and opened public schools. B&R 46.287 @Legazpiは原住民達が読み書きできることを観察しているとする。そのことがChirinoによって、1604年に記録に残されているとする。(Santos, 1996 “Literacy in Pre-Hispanic Philippines,” A Philippine Leaf)

1578年:フランシスコ会が到着。Alizona (p.17) では1577年としている。

1580: Some grammars were written as early as 1580 or even earlier, and though some were never printed and remained in manuscripts form. (Frei p.6 ) [How did Frei get to know the first grammar was written in 1580?)

1581年:イエズス会が到着。

1582年:The Manila Ecclesiastical Junta elevated the practiceof translation to the level of occicial policy. (Rafael p.19) →原典は John Schumacher, S.J. “The Manila Synodal Tradition: A Brief Hisory,” Philippine Studies 27 (1979):309; also Costa, Jesuits in the Philippines, p.35 にあるとのこと。

1584年:マニラで司法行政院が開設、その時までフィリピンはメキシコ副王の直轄領であった。(もっと知りたい、第2版 p.8)

1585年:最初の中等学校である the College-Seminary of San Ignacio がマニラに創立される。Seminary というのは聖職者と生徒が一緒に住み、生徒は聖職を目指す人と、単に学問を修めようとの2つのタイプであった。これは1768年にJesuits が追放されるまで存続する。(Alzona p.24)

1585年 June 8:フェリペ2世の勅令により、the college of San Jose の基礎が打ち立てられた。B&jR 46.340

1587年:ドミニコ会が到着。

1587: Filipino American history began on October 18,1587. Filipinos were the first Asians to cross the Pacific Ocean as early as 1587. (Internet)

1593年:最初の印刷物は木版印刷でタガログ語(土着文字とローマ字)ースペイン語の二カ国語で書かれたthe Doctrina Christiana (キリスト教教義)である。中国語版も同年に出ている。(綾部編, 1995:152) ○最初の印刷物は総督 Dasmarinasによってスペイン王に送られた。

@The earliest printed book was the Doctrina Christiana, printed by the xylographic method. The bilingual (Tagalog and Spanish) (Alzona p.36)

@ Doctrian Christiana en lengua española y tagala corregida par los Religiosos de las ordenes was printed under the direction of Fray Domingo de Nieva from woodblocks cut by Chinese convert Keng Yong, only known example from the sixteenth century. 注意すべきは文字としてbaybayinが使われていることである。(Scott 1984:53)

@ Doctrian Christiana が現れる。これはCardinal Bellarmino’s catechismに基づいている。これはDoctrian Christiana の中国版(フィリピンの最初の出版された本)が現れてから、数ヶ月後に出版された。(Santos, 1996 “Literacy in Pre-Hispanic Philippines,” A Philippine Leaf)

1593ー1648年:様々な教団が81冊の本を出版する。主に文法書、辞書、教義問答集、confession であった。

@1593-1648: 81 books (of which 24 were in Tagalog) were published by the printing presses of the various religious orders. The majority of publications were grammars and dictionaries, together with catechisms and confessions in various Philippine languages.

1596年5月9日:アウグスティヌス会の参事会の法(capitular law)で It is enjoined upon all the ministers of Indians, that just as the schoolboys are taught to read and write, they be taught also to speak our Spanish language, because of the great culture and profit which follow therefrom. B&R 46.288 (王の勅令よりも早く、教団がスペイン語実施を進めていた証拠の文書としている。筆者は後生のfriar がスペイン語教授をさぼったとの非難に反論の証拠としている。)

@1596 (May 25): The instructions were shown to Governor Tello, saying that the king had sent 154 religious to the islands and in 1594 and another 110 in the year 1596, in order to convert, teach and instruct Indians in the Christian religion. The instructions also demanded that they learn the dialects and refer to an earlier order demanding that ecclesiastics should be enabled to learn the language of the “Indianas” by having chairs established where the language may be taught. (Frei p.5) 1596年5月25日:スペイン王(フェリペ2世)は Governor Tello への指示(instruction)の中で、修道士が現地語を学ぶように指示を出した布告は不完全であり、今後はスペイン語を教えるように指示している。(Frei 1959:5;9) (B & R 9:218ff.)。Bernabe (p.10)によれば、当時までは現地語で布教するようにとの方針だったが、この指示の中で、スペイン王はその方針をあらためた。

1596年7月上旬:総督テーリョがマニラに到着。『フィリピン諸島誌』p.60

1596年:Esteban Rodriguez de Figueroa が遺言に Jesuits の手による大学の創立の基金の寄付を記す。(BR 45.14)

1599年:セブにJesuits は別の College-Seminary を作る。名前は San Ildefonso である。Alzona p.25

1601年:サン・ホセ大学(Real Colegio de San Jose’)がジェズイット教団によって設立される。

1722年に王立(royal)の称号をもらう。科学・哲学・神学の課程がおかれ、さらに教会法(Canonical Law)やローマ法の課程もおかれた。ジェズイット派追放の時にサント・トマス大学と併合され、医学と薬学も加えられる。

@ One of the careers open to the Filipinos during the Spanish regime was the priesthood. The first seminary or training school for priests was the College of San José, which was founded by the Jesuits in 1601. @The Jesuits founded the Colegio de San Jose.

1602年:Movable type 文字の印刷機が Fray Blancas de San Jose, a Dominican によって導入された。この機械ははじめは the Hospital of San Gabriel に設置されたが、次にサントトマスの構内に運ばれ、the press of Santo Tomas としてしられるようになった。この機械による初めての本はタガログ語による宗教書であり、Fray Blancas による Our Lady of the Rosary であった。Alzona p.36

1602年:Chirinoがフィリピン人の識字率について書いたとScott (1984:53)は述べている。

1603年11月14日:スペイン王はフィリピンのすべての宣教師がインディオの言語を知るようにとの布告を出す。(Blair and Robertson 20:250-252)おそらく何人かの修道士は言語習得に熱心でなかったので注意を促したと思われる。(Frei 1959:8)

@1603: Royal degrees were issued to remind the archishop of Manila of the importance of learning Indian languages. (Frei p.8) “Although it has been stringently ordered that the ministers appointed to the missions of the Indians, both seculars and friars, must know the languages of the Indians…. to satisfy yourself that he has the necessary competency, and that he knows the language of the Indians whom he is to instruct” (B&R 20. 251-2 in Royal Decrees Regarding the Religious pp.249-256)

1604年:ChirinoはRelacion de las Islas Filipinasをローマで発刊。DS(4:368)にその資料がある。@Chirino’s Relacion de las Islas Filipinas was published in Rome in which he said that some of the idioms of Tagalog and transpositions differ from the Spanish and should be accepted as they are. (B&R 12.239) “ I found in this language four qualities of the four greatest languages of the world, Hebrew, Greek, Latin, and Spanish”, “ there is hardly a man , and much less a woman, who does not read and write in the letters used in the island of Manila.” DS(3:367ff)

1606年:リコレクト会が到着。

1609年:モルガの「諸島誌」メキシコで発刊。スペイン人到来以前のフィリピン人をたたえている。(DS4:32)と(DS4:46)に資料がある。

1610年:ドミニク派の神父 Fransisco Blacas de San José は Arte y reglas de la lengua tagala を出版する。1752年と1832年にも再版される。Tagalog printer Tomas Pinpin の手助けによってである。これは最も総合的な文法書であった。Rafael p.26 @フィリピン人の印刷工の最初の人はピンピンという人で、「フィリピン印刷工の王子」といわれている。(守川 1978:88)

@Pinpinが出版したのは、Librong Pagaaralan nang manga Tagalog nang unicang Castila. であるという。(Santos, 1996 “Literacy in Pre-Hispanic Philippines,” A Philippine Leaf)

1610: A Visaysn catechism was published in 1610.

1611: The Dominicans founded the University of Santo Tomas. ○Secondary instruction was given in what was called colleges. The rector of Santo Tomas headed all colleges offering secondary instruction which were run by the Dominican order. Aside from these colleges, there were sixty-seven private Latin schools all over the islands giving secondary instructions.

1611年:サント・トマス大学(Colegio de Santo Toma’sがドミニック教団により設立される。1645-1734年は単に哲学と神学のみが教えられていたが、さらに教会法、市民法、法律学および人文科学が付加されて、1871年に薬学と医学が付加された。青年たちがスペイン本国で自由主義に染まるのを防ぐために医学・薬学の科目を設けて外国留学を阻止しようとした。(←五十嵐p.32)なお中等教育は college と呼ばれる所で行われていたので、大学との名称は適当かどうか疑問である。

@中里(1984:41)によれば、フィリピンへ派遣された教団僧の多くは未熟な神学生であった。これらの学生の教育の必要性のために作られる。また当時はフィリピンでは学位取得はできず、学位の取得を目指すときはメキシコか南米のリマの大学へ行くしかなかった。そのためにも、大学の創立が必要とされた。なお中里はサント・トマスカレッジの設立を1587年としている。Bazaco (p.88)の資料を用いたらしい。

@Alzona (p.27)によれば、この年に中等学校 Colegio de Nuestra Senora del Rosario が建てられ、後年サントトマスになった。その創立者は Fray Miguel de Benavides であった。この学校で教えられた科目は Latin and Greek grammar, logic, philosophy and elocution.

1618: Tagalog “is spoken and understood everywhere not only by the …. natives of the islands of Luzon, but also by the natives of all the islands.” (B&R 43. 101, in Description of the Philippine Islands. pp.94-106)

1619年:ドミニコ会はサント・トマスカレッジの学位授与権獲得のために国王や、ローマ法王に働きかける。この年、法王が同カレッジの学位授与権を認める。中里(1984:43)

1620: Father Lópezは baybayinの表記上の欠陥を補うために改革を導入しようとしていた。(Scott 1984:61)

1620: Fr. Francisco Lopez がイロカノ語のDoctrina Cristianaを発刊する。1621年版もあるようである。これはタガログ語の文字を用いているが、彼の考え出したcross kudlitを用いている。これはさらに275年間発行されつづけて、最後の版は1895年版である。(Santos, 1996 “Literacy in Pre-Hispanic Philippines,” A Philippine Leaf)

1621年:古代のフィリビン文字で書かれた有名な本はFather Francisco Lopez’ catechism である。その翻訳が出版された。(Alzona p.1) @Francisco Lopez’s 1621 Ilocano Libro a naisuratan amin ti bagas ti Doctrina Cristiana. (Scott 1984:145)

1621: An Ilocano catechism was published.

1621年:ある中等学校が The University of San Ignacio of the Society of Jesus へと法王グレゴリー15世により格上げされた。Jesuits教団所属のために、1768年の追放時に閉鎖された。Alzona p.28. 1622年:Bohol島でTamblotという雄弁家がスペイン人とキリスト教を捨てて、古代の方式に戻ることを唱え、反乱を起こす。(Sturtvant 1976:79)

1630年:サン・ファン・デ・レトラン高等学校(Colegio de San Juan de Letra’n)の前身である学校はスペインの慈善家Juan Geromino Guerreroが自宅に孤児を集めたのが開始とされる。Alzona (p.27)

1632年:女子の中等教育として、サンタ・イサベル創立。なお女子の中等教育は男子のそれと比べると、質的に劣り、内容は 3R,キリスト教教義、裁縫等であった。

1634年3月2日 and 11月4日:フィリペ四世は、希望者だけでなくて、現地人全員にカステラ語を教えるように布告をだす。(B and R 45:184 →注釈)この時はすべての現地人にスペイン語を教えるようにと強化されている。

1637: Pinpin produced fourteen books on the presses of the Dominicansand Jesuits. He is credited with printing Sucesos felices, the first newsletter in the Philippines.

1639年:Juan Geromino Guerreroは自分の孤児のための学校を、当時同様に孤児のための学校を経営していたドミニカンの学校 (Colegio de San Pedro y San Pablo) に移管された。Alsona (p.27)

1640年:The College of San Juan de Letran が Juan Geronimo Guerrero によって作られる。貧しい孤児に教育をあたえることが目的であり、Guerrero が年を取ったときに、ドミニカンの平修道士に管理を依頼した。(BR 45.19)

1640: Fray Francisco Blancas de San Joseph learned Tagalog so rapidly that he satrted preaching within three months and taught others in six months. “He was constantly studying the exact signification of the words of the language and the method in which the Indians used them so that he might become a consummate master of this tongue” (Frei p.6 ; B&R 32.51-52) 17世紀中頃:池端(p.54-)によれば、修道会が経営する二つの大学と数個の学院(高等学校?)が設立されていた。学院では17世紀末に、大学は1720年代には、原住民子弟を正規の学生として受け入れるようになっていた。18世紀後半には原住民在俗司祭養成のためのセミナリオがマニラに開設された。

1642年:(Ordinances of Corcuera)スペイン語を教えるように王からの条例がでる。Frei p.12/ B and R 50:223-224

1645年:サント・トマスは college であったが、1645年に神学と arts の学部が増設されて、教皇 Innocent X により university へと高められる。Lardizabal p.35 ○法王は恒久的に大学(University)の称号を与えることを許可した。東南アジアで最初の総合大学が誕生する。18世紀になって王立(royal)の称号をもらうも、国庫からの援助はなくて、教団からの援助だけであった。卒業生は大半は、司教補・教区僧・聖堂参事会員・司教と聖職者になるものが多く、僧職養成機関であった。中里(1984:42-44) 

○1639年ごろから、サントトマスを royal and potifical にするための交渉が始まり、スペイン王は教皇に、バチカンの大使(Count of Siuela) を通してcollege から university への昇格を要求していた。なることはきわめて重要なことのように思える。同大学は当初は dogmatic and moral theology, philosophy, the humanities が教えられた。同大学は Thomas Aquinas の Summa Theologica を研究して、神学に没頭する。(Alzona p.30)

1646年: Sebastian Hurtado de Corcuera の法規集がでる。このOrdinance 52 の中で、alcaldes-mayor は the parish curas に学校を作るように要請している。(DS 6.163; Corpuz p.256) 1650: Fray Domingo Navarrete gives his own experience in learing Tagalog as follows: “I learned the Tagalog language….. without much difficulty. If the grammar or other handbook were studied in Europe with the earnestness with which we study languages there, any person would become learned in a very brief time.” The friars’ responses to the royal order asking to learn dialects were revealed in this anecdotes. (Frei p.6 ; B&R 37.297)

1663年:Panay島でTaparという呪術師がスペイン以前の宗教に戻ることを唱えて反乱を起こす。(Sturtvant 1976:80)

1663年:Father Francisco Colin の Labor Evangélica のなかでフィリピン人の中で、アルファベットが広まっていることが述べられている。 All of them have now adopted our way of writing, with the lines from left to right; for formerly they only wrote vertically down and up, placing the first line to the left and running the others continuously to the right, just opposite to the Chinese and Japanese…. (DS 5.6)

1677年8月22日:王が大司教に現地人の世俗司祭の育成のために努力するように手紙と布告を出す。(Corpuz前 p.231) This decree ordained that the archbishop should make all the efforts that he possibly could to maintain at their studies such Indians of the islands as were inclined to that pursuit, and in due course should promote them to holy orders, when he found them properly instructed; and that for this purpose some boys should enter the colleges that the Dominicans and Jesuits maintain, until a seminary be founded. (BR 45.182)

1680年6月6日:大司教 Pardo は1677年の王の手紙に反論している。 The archbishop stated the little inclination that the Indians have for theological and moral studies, and that there was the additional difficulty of their evil customes, their vices, and their preconceived ideas – which made it necessary to treat them as children, even when they were fifty or sixty years old. (BR 45.182) そしてスペインから聖職者を派遣することを依頼している。(BR 45.17)

1686年6月20日:カルロス2世がスペイン語を現地人の学校で教えるように指示を出す。Frei 1959:9/ B and R 45:184-186 @B&R 46.276 の記述から見て、その当時までの勅令(1550年, 1634年, 1636年)はスペイン植民地全体を対象にしたものであって、フィリピンに限定したものではなかった。しかし1686年のこれはフィリピンにもextend されている。

1696年:女子の中等教育としてサンタ・カタリーナ創立。

1696年:(Cruzat y Gongora )スペイン語を教えるように現地政府からの条例がでる。Frei p.12/ B and R 50:223-224 @ Fausto Cruzat の法規集、 このOrdinance 52 の中で、alcaldes-mayor は the parish curas に学校を作るように要請している。これは 1574年の6月5日の勅令に基づいている。(DS 6.163; Corpuz p.256)

1699年:女子の中等教育ベアテリオ・デ・サン・イグナシオ創立。

17世紀の終わり頃:このころまでにはローマ文字が古くからのフィリピンの文字に置き換わる。

1704年:フィリピン人による最初の大作であるアキノ・デ・ベレンの「キリストの受難」ができる。(綾部編, 1995:152) しかし池端(1987:45)では1703年としている。

1706年:ドミニカンの学校は Colegio de San Juan de Letran の名前に変える。

1707年:Royal University of San Felipe が設立された。法学部が開設され、法律家を養成することが、目的であった。巷のえせ法律家を追い払う目的である。この大学は1726年 Jesuits にTake over されるまで存続した。Alzona p.31

1708年:サント・トマス大学はスペイン王フィリップから royal の称号を授けられる。 なおこの大学はドミニック教団から資金援助を受け、同教団所属のすべての中等学校(secondaryu college)は、学長を自分たちのex-officio head として認めた。 Lardizabal p.35. 「これらに関する一次資料は、 Report of the Commissioner of Education for the Year 1899-1900, vol.2. Washington, DC.: Government Printing Office, 1901」

1712年8月:(スペイン語の?)教授法に統一をもたらすために、アウグスチヌス会の地方部の全体集会がマニラで開かれ、教授法の確認がされた。B&R 46.288 (これはFriar が教育熱心であったとの証拠文書として提示されている。)

1712年:The Seminary of San Felipe が少数の現地人のために、開かれた。これは a royal cédula of 28 April 1702 に沿うものであった。しかしこのことで、怒り、1720年の悪名高い Fray Gaspar de San Agustin のフィリピンの聖職者を誹謗する手紙が書かれたきっかけとなった。Corpuz p.233

1719年:スペインがサンボアンガを再占領し、このときから、Chabacano が生じ始める。The Spanish reoccupied Zamboanga city, since then Chabacano began to emerge.

1720年:Fray Gaspar de San Agustin が友人に送った手紙にフィリピン人への偏見が示されている。DS Vol.5.209ff p.213 The dispostion and influence makes them fickles, malicious, untrustworthy, dull, and lazy; fond of traveling by river, sea, and lake, fond of…

1722年5月3日:勅令により、王立のタイトルがサンホセ大学に与えられる。(BR 45.14)

1734年:サント・トマス大学は教皇Clement XII により法学部が加えられる。Lardizabal p.35

1750年:女子の中等教育サンタ・ロザ創立。

1751年:フィリピン人に公平な見解を示したスペイン人もいた。Father Juan Jose Delgado が1751-1754年にかけて書いた本 História general のなかで、DS 5.253ff の中で、ヨーロッパ人の聖職者に手本となるフィリピン人の世俗司祭を数名知っていると述べている。(Corpuz p.234)

1752年10月19日:スペイン語を教えるように現地政府からの条例がでる。Frei p.12/ B and R 50:223-224 @ 52代目の総督Solís, marquis of Obando が October 19, 1752 に次のような法令を出している。この中で、1642年と1696年のスペイン人の原住民の地域への雑居を禁止したOrdinace 29を撤回している。これはスペイン語普及のためである。(Corpuz 256)

1754年:陸軍砲兵学校(Escuela de Artelleri’a)

1758年:Pedro Manuel de Arandía の法令集 (ordinance 17 にスペイン語を現地人に教授するようにとの記述あり、→B&R 46.286 「ここではfriar が簡単に述べている」

1762年:イギリス軍のマニラ占領事件おこる。これ以降スペインは対外貿易政策では制限を解き、国内政策では、経済発展のために投資の奨励、農鉱業の開発を進めようとする。中里( :84)によれば、その経済発達を担当する人材開発のために1863年の教育令につながったという。さらに1764年のスペインとフィリピンとの直接貿易の開始、1785年の王立フィリピン会社の設立、さらに1830年のマニラ開港はすべて関連するという。

1763: In 1763, Filipinos made their first permanent settlement in the bayous and marshes of Louisiana. (Internet)

1767年:The royal fiscal がスペイン王にマニラから手紙を送る。 There is no law or decree or ordinance which is observed by the said ministers of doctrine in questions of the royal patronage, in the administration of the sacraments to the sick, in the tanorias and other matters in which their comfort is concerned, and , above all, in the schools, for instruction in the Spanish language …… In the laws of the Indias, in the former “Ordinances” of these islnads, in those which were drawn up by Governor Don Pedro Manuel de Arandia, and in repeated royal decrees this matter of the instruction of the Indians in the Spanish language is especially enjoined; but, notwithstanding this, the notion of the said religious has prevailed that the Indians shall remain ignorant of the said language, in order that no Spaniards may obtain information of what is going on in the villages. There are innumerable instances which have occured, of the curas of doctrinas punishing the Indians who talked with the Spaniards in our language. In the village close to this capital there are many Indians who understand the said language very well, but when they are in the presence of any religious they reply in therir own Tagal languae to the Spaniards who ask them questions in Castilian, through their fear of the father; and the latter never spekas to the Indians in Spanish, even though they may be proficient in it. This is convincing that the intention of the religious orders is certain and evident, that the Indians shall not now our language, so that they may be more secure of the doctrinas not being taken away from them, of the bishops not attempting to visit them, of the non-enforcement of the laws (none of which are enforced) on the royal patronage, and of the continuance of the despotism with which they govern the Indians in both spiritual and temporal matters, without fear of any noticeabel result. (from Corpuz, The Root of the Filipino Nation, p.221)

1768年:Anda はスペイン語学習に関して、 friars の態度を非難している。 It is an abuse that, contray to the command of the laws and so many decrees, the fathers do not permit the Indians to talk Spanish, to which they are greatly inclined, and punish them if they do so. This is the surest rule (although very pernicious to the State) of which the fathers have availed themselves, since the time of the conquest, to domineer over the Indians despotically with the king and the Spaniards, to the common prejudice of all. From this policy it results that every convent of Manila is a Babel, for , when the fathers assemble in the capital, it frequently occurs that each one brings servants from his province to serve him. And since they follow a system, from which no religious departs, to speak to each Indian in his own language, it happens that in one convent are found the Tagalog, Pampanga, Ilocan, Cagayan, Zamboangan, Camarines, Igorot, Ilongot, and Visayan tongues, all in sight of the government, Audiencis, and Spaniards, with total contempt of what is ordered in this regard by his Majesty; and by this very proceeding they boast that we do not understand them, and they alone command the wretched Indian. (Corpuz p.220) さらに、1752年の法律でスペイン語普及のために、スペイン人の雑居を勧めたが、Corpuz p.256によれば、Anda said “There is no other settlement of Spaniards than that of Manila; for in the provinces rarely or never does one see a Spaniards”. He charged that the friars collected copies of these laws and had them posted widely in the doctinas, and harassed any Spaniards who tried to establish residence. さらに、同年代のフランス人の記録(Le Gentil)によれば、The friars are so absokute that no Spaniards dares to go to the provinces to settle. If he were to undertake to do so, he could not succeed without encountering tremendous difficulties and overcoming the most formidable obstacles……

1768年:Jesuits 教団が追放される。The Colegio de San Jose はスペイン政府によって、ジェズイット教団の管轄から離れる。1875年に至るまで、マニラ大聖堂の参事会員が管理をおこなう。○BR 45.14 によれば、サンホセ大学は政府に没収され、→the archbishop に渡され an ecclesiastical seminary になった、→王は反対して the cathedral officials の手にゆだねられ、→最後にドミニカンの大学の手にゆだねられた。

1768: “The friars who studies the Filipino languages continually compared them with the Latin and the Castilian…. As a result the grammars of the Filipino languages which they soon made created an artificial laguage, very different from that actually spoken by the islanders.” We can see some of friars were not able to learn Philippino languages from these remarks. (B&R 50.147, Memoria de Anda y Salazar)

1768年2月26日:Raon総督の Ordinances of Good Government (法令と規則集であり、市長たちの統治の指針であった)が公布された。94の法令を含んでいる。これは→it was virtually a colonial code of local government. 少なくとも5種類のこの種の法令が出ている。 Sebastian Hurtado de Corcuera in 1646 Fausto Cruzat in 1696 Pedro Manuel de Arandia in 1758 (ordinance 17 にスペイン語教授についての記述あり、→B&R 46.286 Jose Raon in 1768 Rafael Maria de Aguilar in 1801   (DS 6.125) Raon の Ordinance 25 で次のようなスペイン語の学習に関する記述が見られる。 It is important that there should be good school teachers to instruct the nativies so that these natives may learn the Spanish language for better understanding of the Christian Doctrine. Since the salary of the teachers paid by the community fund is very small — one peso and one cavan of rice; it is, hereby, ordered that the alcalde-mayor, with the help of the curas and missionaries, readjust the teachers’ salaries in proportion to the tributes, and inform the Superior Government and the royal accountancy on this matter so that better teachers may be appointed. (Law xviii, title I, book vi of the Recopilación.) →DS 6.134 Ordinance 93 でも教育に関する記述が見られる。 According to Ordinance 52 of Corcuera and Cruzat and Ordinance 17 of Arandia, the alcaldes-mayor shall request the parish curas to establish schools in the pueblos which would teach native children to read and write in Spanish and the Christian doctrine and prayers, in accordance with the Royal Decree of June 5, 1574. the salary of the schoolmaster shall be one peso and one cavan of rice per month and may be increased at the option of the alcalde-mayor. The school expenses, including the teachers’ salaries, shall be taken from the community funds of the pueblos. If the teachers do not teach and instruct the children in Spanish, all the salaries they have received shall be returned; they shall also be disqualified to hold any public office and given additional penalties at the will of the alcalde-mayor. Any person who shall oppose the teaching of Spanish shall be penalized under the law. Likewise, the alcaldes-mayor who neglect the education of the native children shall be punished according to law. So far there is little progress in education which is against law viii, title I, book I of the Recopilación which provides for the education of the native children so that they may become good Christinas and loyal vassals of the king. 1769年:Archbishop Basilio Sancho published his “Catecismo” which ordered that Spanish must be learned. (Rodriguez 1926: 14)

1770年5月10日:スペイン語を教えるように王からの布告がでる。Frei p.9/ B and R 45:221-222 @ しかし後になり、これらの布告を撤回するようにとの請願がReligiosos Francisco Descalsado de la province de San Gregorio がなされた。(Rodriguez 1926: 12)

1771年:現地政府のスペイン語普及の方針の命令。The governor-general issued an order requiring that teaching in the schools and preaching in the churches be only in Spanish; that no native could be elected to any public office unless he knew Spanish; if nobody who knew Spanish could be found in a pueblo, somebody from another pueblo who possessed this qualification was to be elected. (Corpuz p.219)

1772年:1771年と同じ内容で、現地政府からスペイン語普及のための命令が出される。(Corpuz p.219)

1772年11月28日:スペイン語を教えるように王からの布告がでる。Frei p.9/ B and R 45:221-222

1774年11月24日:スペイン語を教えるように王からの布告がでる。Frei p.9/ B and R 45:221-222

1778年:ホセ・デ・バスコが総督に就任、メキシコからの経済的独立を目指し、翌年に総合経済計画を発表、85年に蘭英の東インド会社にならって、王立フィリピン会社が設立された。

1785年3月7日:サントトマス大学が王立の称号をもらう。その条件として、王の財政から資金援助を請わないとの条件である。BR 45.15

1787年:The governor-general はスペイン王に手紙を書き、almost all the Spaniards in Filipinas live in Manila and its environs としている。スペイン人は村には住まず、それゆえにスペイン語の普及は芳しくなかった。(Corpuz p.257)

1792年12月22日:スペイン語を教えるように王からの布告がでて、前回の布告を喚起させている。Frei p.9/ B and R 45:221-222

1799: Hojas Volantes (fly sheets) have been found dating back to 1799. They carried the title ‘Al publico’ and acted as ‘town criers’ for the Spanish in the Philippines.

1801年:Rafael Maria de Aguilar による法規集がでる。

1811年:最初の新聞 Del Superior Gobierno が刊行される。スペイン人の植民者にヨーロッパのできことを伝えるのが目的であった。

1811: The first newspaper, the Spanish language Del Superior Gobierno, began. It was published to provide the Spanish colonists with information about events in Europe.

1811年:Ilocos Norte で古代の神Lungaoを信ずる人により反乱が起こる。

1812年:海軍兵学校(Academia Naval)が設立された。

1814年:ピラピル版の「キリストの受難」が出版、作者は不明。池端 1987:47

1818年:就学率は全島民の25%である。(教区付属小学校は18世紀の半ばにはすべての町に存在していた。)中里 1984:36

1820年:航海技術学校(Escuela de Na’utica ) 注→1839年にManila Board of Commerce によって作られたとの説もある。Lardizabal p.98 ○政府は船員に外国人(イギリス、フランス、オランダ)を採用することに反対で、フィリピン人による船員の養成を目指してつくる。人気はないようで contemporary observers generally lamented the lacke of interest among Filipino youths in this calling. (Alzona p.44) 1820: As a result of the successful Leberal uprising in Spain, the Constitution of 1812 was enforced.

1820年:スペインで The Successful Liberal Uprising.

1821年:メキシコ独立、この時までフィリピンはメキシコ副王領の一部だった。

1821年:The Cortes は自由主義の考えで一杯であり、その一つとして、the establishment of an xtensive system of public instruction があった。その具体的な内容は100人(?)以上の住民の町に小学校が一つ、province に大学を一つくることである。中等学校では、スペイン語とラテン語が教えられることである。しかしこの案は1823年に自由主義政権が崩壊したので立ち消えとなった。Alzona p.48

1834年:マニラが自由貿易港となり、王立フィリピン会社は使命を終える。

1838年:フランシスコ・バルタサールはフロランテとラウラというアウイットを出版する。リサールやマビニらはこれを暗唱した。(綾部編 1995:154)

1839年:初等教育のための規定の原案を作成する委員会をつくるように勅令がなされた。Bernabe p.15. ○同年11月3日、国王の勅令によって、フィリピン学校規定作成委員会の設置が命じられた。しかし実際は1855年になって委員が任命された。(中里 p.85)

1840年:商業学校(Escuela de comericio ) 1840年:会計専門学校(Escuela de Contabilidad 1840), ○フィリピンでの産業の活発化に伴い、ビジネスの専門家の養成が必要であった。そこでの科目は、商業通信文、フランス語、英語であった。Alzona p.44

1843年:Sinibaldo de Mas の informe によれば、フィリピンでの教育はスペインのそれよりも優れている。各村に学校があり、出席は強制され、費用は共通の資金から得られ、女性も教育を受けられるとしている。(BR 45.21)

1846年:J.Mallat’s Les Philippines (Paris 1846) は Mas の本に基づいて、フィリピンの教育を称えている。(BR 45.21)

1847年12月2日:A superior oeder legalizes in Spain degrees taken in the educational institutions of the colonies, and vice versa; and professions authorized in one country may be tracticed in the other, on sufficient proof. (BR 45.22)

1849年:芸術学院(Escuela de Bellas Artes 1849)

1849年11月21日:フィリピン人に姓名を付けるようにとの布告がされた。(Corpuz p.479)

1855年:1839年の勅令に従い, 総督 Manuel Crespo(クレスポ)は委員会のメンバーを任命した。Bernabe p.15.○同年2月7日クレスポ総督の委員に対する訓令は(1)学校教育の均一性、(2)教育内容、(3)スペイン語の重視とうについて報告を出すようにとの訓令である。しかしこの委員会は1860年までは全く活動しなかった。中里 p.85. ○Fray Francisco Gainza はスペイン語の教授に強く反対した。

1855: Governor Manuel Crespo appointed a commission to study the problem of public education. Governor instructed the commission to determine the content of the curriculum of the schools. The study of the Spanish language was to be included in the curriculum. One of the problems discussed was the teching of the Spanish language. An influential mumber of the commission, then vice-rector of the University of Santo Tomás, Fray Francisco Gainza, opposed the teaching of Spanish, arguing that the scheme would give the Filipinos a common language and pave the way for the coming in of Protestant ideas. Fray Gainza’s arguments served to strengthen the contention of the anti-friars that all the friars were aginast the teaching of Spanish. Barrantes, who was at one time adviser to the captain-general of the Philippines and attached to the ministry of the colonies, contended that, with the exception of the testimony of Fray Gainza, there was no further proof that the friars were opposed to the teaching of Spanish to the Filopinos. (Alzona p.50)

1859年:イエズイット教団が再許可され、アテニオ・デ・マニラ校(Atenio de Manila 1859)を設立した。これはインディオ、メスティゾやクレオールも入学を許可した。 これは1852年の勅令に基づくものである。@December 10, 1859, the Escuela Municipal under the administration of the Jesuits opened. It had an initial enrollment of 33 boys mainly from the peninsulares and illustrado families of Manila.(インターネットより)

1860年代頃:有産知識階級が形成されるようになった。

1869年のスエズ運河の開通は大きな影響を与える。1880年代になると子弟をヨーロッパに留学させる人も出てくる。1868年のスペイン本国での革命は植民地にも影響する。

1860年:総督ソラーノ(Solano)が部下に命じて教育改革案を立案させる。その内容は(1)マニラに師範学校を設置する。(2)スペイン語を流暢に話せなければ、卒業証書を与えない。(3)師範学校の教育は産業と技術を主体とする等である。特に(2)と(3)は大切であり、スペインが求めている教師像が示されているという。中里 p.85. 1861: The commission finally completed its task and submitte its report. This report formed the basis of the laws of December, 1863. (Alzona p.51)

1862: The first vernacular newspaper, El Pasig, began and published fortnightly in a bilingual Spanish and Tagalog edition.

1862年:委員会はスペイン語が初等教育で教えられるべきとの報告書を提出した。同委員会の勧告に従い、教育法令が出される。

1863月12月: Minister of Colonies, Jose de la Concha は教育法令(the Educational Degree)で7才から12才までの児童は教育が義務づけられた。一町村に一学校、師範学校のマニラ設立が定められた。教育令で、各町に少なくとも、5000人以上の住民のいる町、500人以上のいるバリオに一校ずつの男子小学校と女子小学校が設立されることとなった。男女別制で初級(Entranda)中級(Asenso)上級(Termino)とよばれるクラスはそれぞれ人口5000、10000、20000以上の市町村に設置されるように定められた。学習内容は教義問答が中心でその他読み書き計算を中心とするものであった。1867年には全土で593の小学校があり、約14万人の児童が在籍した。1886年には20,143の小学校、20万人の在籍児童数がいた。国民教育の制度の施行、フィリピン人の学校入学が許可されるようになった。 ○教育法は3つの法から構成される。「フィリピンにおける初等教育設立令」(Royal Decree Establishing a Plan of Primary Instruction in the Philippines)と「師範学校令」(Regulations for the Normal School for Teachers of Primary Instructions for the Natives of the Filipinas Islands) と「初等学校とその教師に関する法令」(Regulations for Schools and Teachers of the Primary Instructions of Natives of the Philippine Archipelago) (中里 p.84) ○中里(1981:23)によれば、教育法は既存の教区付属学校を公立化しただけであるとのSchwartzの説を紹介している。 〇鈴木(1997: 84)によれば、この時までは、教育は教会付属の司祭館か、小さな私立学校で行われてきた。しかしこの年、マリア・クリスティーナ摂政皇太后の布告によって、初めて公教育が開始された。

1863: Through the enactment of the Education Decree of 1863, the Spanish government in Madrid decided to take concrete measures to secularize education in the Philippine colony. The Decree stipulated that primary education be established in the colony and that a normal school be set up to produce the teachers required to fill the need under this plan. Spanish was to be prescribed as the language of instruction in the primary schools. @ The language of instruction must be Spanish. Attendance was compulsory. Children six years of age might be admitted. A fine was imposed upon parents or guardians who did not comply with the law. All the expenses of the school must be defrayed by the municipality. The supervisor of the schools of a town was the parish priest. (Alzona p.67) 1863: The minister of the colonies also proposed plans for the secularization of the University of Manila, a plan which met with violent opposition from the religious order. (Alzona p.20)

1864年:女子の中等教育エスキュエラ・デ・メストラ創立。

1864年:女子の中等教育Colegio de la Imnaculada Concepcionが設立された。

1864年:Burgosはマニフェストを書き、新規到来のスペインの司教は教区を割り当てられる前に現地語を学ぶことを要求した。(Steinberg p.169)

1865年:男子師範学校(Philippine Normal School)、1875年女子師範学校がマニラに設立された(DS8:158は1892年以降としている→ In a royal decree Issued on March 11, 1892, Queen Regent Maria Cristina created the Normal School for Women in Manila under the supervision of the Assumption Sisters. This was the first teachers’ college for women,… スペイン時代には二つの師範学校が存在したが、これらはジェスイット派の監督におかれ、スペイン語の使用と母語が学校内では禁止された。

1865 (January): The normal school for men was formally opened. Its administration was intrusted to the Jesuit fathers. @ January 23, in compliance with an order from the king, the Normal School in Manila is established by the newly-returned Jesuits. (Kasaysayan vol.10:126)

1865 (May 20): Secondary schools, both public and private, are formally established in the Philippines. The University of Santo Tomas is considered a public school, while the Colegio de San Juan de Letran and the Ateneo Municipal are considered private. These colleges may grant the degree of bachelor of arts. The Rector of the University of Santo Tomas is given the task of implementing the law and overseeing all secondary schools. (Kasaysayan vol.10:127)

1865 (Sept. 1) The Ateneo Municipal de Manila Is formally founded by the Jesuits, building on the structure of the old Escuela Municipal. With the building of a dormitory, the school, which formerly catered only to male children of Spaniards, is opened to young boys of indio or Chinese mestizo parentage. (Kasaysayan vol.10:127)

1865: The Escuela Municipal was raised to the status of a secondary school. It was also given approval to add a five-year program leading to the Bachillerate. Courses in Music and Arts were also taught, and subsequently technical courses were added, leading to certificates in Agriculture, Surveying and Business. More significantly, in this year, the school came to be known as the Ateneo Municipal de Manila. (インターネットより)

1865年:スペイン語を主として教えるため、Ateneo Municipal (男性教師用の学校)が設立される。(小野原 1997:269)とあるが、アテネオの創立と師範学校の創立は同じなのか?@ The first normal school for teachers did not begin until 1865 at the Ateneo Municipal (for male teachers). (Gonzalez 1994: 320)

1866年:教育令の試行によるも、資金が不足していた。1623の校舎が必要であったが、650のみの校舎が開設された。(Corpuz p.501)

1867年10月:スペイン語促進のために法令を出す。「スペイン語能力を習得しない者は、15年にして習得しない者はPetty Governor, teniente de justicia になれず、Principalia のメンバーとして不適格であり、30年たっては、スペイン語の能力のある者だけが、would be exempt from rendering personal service」としていた。(Alzona p.95)

1868(Dec. 20)年:スペイン語の能力のないものは役人になれないとの法令を出す。(Alzona p.95) ○新しい法律で、a new order was issued prohibiting the use in the schools of all publications in the native languages. Their publications was allowed only if the Castilian text was printed, although prayer books and similar religious material were exempted; even so, the publications with native texts could not be used in the schools. (Corpuz p.501)

1868年:女子教師用の学校Colegio de Santa Isabel が設立される。(小野原 1997:267)しかしイサベルの設立は1632年ではないか?@ in 1868 at the Colegio de Santa Isabel in Naga (for female teachers) the first normal school was established. (Gonzalez 1994: 320)

1869年:スエズ運河が開通する。

1870( Nov. 6): A decree was established a public institute of secondary instruction in Manila with the title of Philippine Institute. It was to absorb the college of San Jóse and the Municipal Athenaeum, College of San Juan de Letran, the Nautical Academy and the Academy of Drawing, Painting, Bookeeping and Languages. Among other subjects, Spanish was to be taught, and courses for the industrial professions included French, English, Tagalog, and Bisaya. (Alzona p.21)

1871: The superior government of the Philippines sent to the Madrid governments a set of reforms for Santo Tomás. In accordance with these reforms the name of the university was changed to Royal and Pontifical University of the Philippines. The name was used until 1875. (Alzona p.136) ○教育はスペイン語でおこなわれるが、当時のフィリピンのスペイン語は安井(1979:118)によれば本国のカスティリア語とは異なる。zapatos- sapatos silla-silya など現地語の音韻体系に適応していった。

1870年代:マニラ市に大学一校(サント=トマス大学)、学院4校、セブ市とハロ市に学院が各一校存在した。

1870年:植民地大臣モレット(the mininster of the colonies, Segismundo Moret y Prendergast)はフィリピンにおける高等教育の世俗化を企てるが、教団の反対で挫折する。彼はアテネオ、サンホセ、サンフアンデレトラン、航海学校、芸術学校を一つの学校にして名称を Instituto Filipino (Filippine Institute) にする試みである。注目すべきは二つのフィリピンの言語(Tagalog, Bisaya)の学習を師範学校に導入しようとしたことである。しかし聖職者たちの猛反対でこの方は棚上げされた。(Alzona p.132) ○サントトマス大学はモレットにより、the university of the Philippines として世俗化される布告が出されるが、すぐに撤回された。BR 45.16

1870年:De la Cavada の国勢調査によれば、成人の人口465万人の内、2.46%がスペイン語を話す能力があるという。(Blair and Robertson 1907:45.299-303) L&N p.3; p.26. @デラ・カヴァダ報告(大上 1998:48)

1870年:Of 792 parished, 611 were in the hands of friars and only 181 were in charge of the secular clergy. The friars were manifestly opposed to the appointment of Filipino priests to the parishes. (Alzona p.152)

1872年:カビテの武器庫で反乱がおこる。

1875年:サン・ホセ大学は医学と薬学を教え、サント・トマス大学の学長の管轄下に置かれることになった。「Thus, under the jurisdiction of the University of Santo Tomas fell the colleges of Santo Tomas and San Juan de Letran in Manila, first-class colleges in Cebu, Leyte, Camarines, Pangasinan, Ilocos Sur, and Albay, and private Latin schools in various parts of the archipelago. The Ateneo Municipal de Manila, managed by Jesuits and supported by the municipality of Manila, also gave secondary instruction but the examinations were given by the Dominicans. (Lardizabal p.37 )」 当時はサン・ホセ大学は最大の入学者数を誇っていたが、それはサント・トマスやアテニオが実用的な講座を多く開設し、フィリピン人の肉体労働軽視の気風とあわず、人々はサン・ホセ大学に殺到した。Lardizabal p.38 ○Jesuits の1768年の追放以降同大学は衰え始めたが、この年政府は同大学を a college of medicine and pharmacy にして、サントトマスの管理下においた。Alzona p.43

1876年5月17日:スペイン語普及のために政府は言語学者に地方語でスペイン語の教科書を書くように奨励する。勅令388号の発令 1880年:a young assistant professor of Zoology at the University of Michigan named Dean C. Worcester has visited Dumaguete and had described it as a thriving city of some 8,000 souls.2 Possibly Worcester’s book, The Philippine Islands, published in 1898, influenced the American founding fathers of Silliman in choosing Dumaguete for the school. (Internet: Ceferina Gayo Hess)

1882年3月:最初のタガログ語日刊紙「タガログ毎日 Diariong Tagalog」がデル=ピラールにより刊行される。この運動はスペインよりの分離独立ではなくて、同化を目指すものであった。スペインでの権利と自由をフィリピンにも適用することであった。○それは教区ではなくて市役所での住民登録の採用を要請したりした。反スペイン的とにらまれ、3ヶ月しか続かなかった。(Corupuz p.121)

1882: The first daily newspaper in Tagalog, Diariong Tagalog, was founded by del Pilar. 1883年:a Decree of the General Government がスペイン語を教えるために、現地語で最上の文法書を書いた者は賞せられると布告、これを受けて同年9月25日 assembly が召集され、その条件を定めた。タガログ語でのスペイン語の文法書を書いたFather Fray Toribio Minguella が10月6日に栄誉に輝いた、その本は1886年に出版された。

1883: A decree of the General government was published for the purpose of calling an assembly in which the authors of the best grammars written in the dialects of the country for the teaching of Castilian should be awarded. (Frei p.14)

1883 (Sep. 25): The General Division of the Civil Administration convoked an assembly for awarding the authors of the best grammars. (Frei p.14)

1885 (Oct 6): A decree of the General Government, “granting to the original Hispano-Tagalog grammar of the right reverend Father Fray Toribio Minguella. (Frei 14) from B&R vol.46 p.250-251 ○ A new assembly was called for a competition to be followed by prizes for the best Castilian grammars written in Visayan, Cebuan, Ilokano, Bikol, Pangasinan and Pampangan.

1885年10月6日:タガログ語では終わったが、スペイン語教授のための文法書をビザヤ、セブ、イロカノ等の地方語で書くためのassembly が開かれる旨の布告がされた。Frei p.15 @ なおこの当時は地方語で教授するのが広まり、スペイン語で教授した教師は実際に罰として左遷させられる段階にまで達していたという。B&R 46.281

1885年:ペドロ・パテルノがスペイン語で「ニナイ」という小説を書く。フィリピンという存在を強く主張しているところに「国家意識」の萌芽が見れる。綾部編 1995:156.

1885年:Si Tandanga Basio Macunat が Fray Miguel Lucio bustamanteによって現れる。その中で、彼は It ridiculed the efforts of the Filipinos to acquire the same education as that possessed by the Spaniards, and stated that all a Filipino needed to enable him to go to heven was to learn how to pray, to plow, and to be obedient to his superiors, especially to the parish priests…. The author’s conclusion was that to teach the indios Spanish and give him a little education was fatal. The indio was destined to tend carabaos, and not to live like Spaniards. (Alzona p.96-97)

1886年:Montero y Vidal が Archipiélago filipino のなかで、フィリピンの教育を描写している。彼は教育はある程度は広まっているが、効率的ではないとしている。BR 45.23

1886: The first Cebu paper, El Boletin de Cebu, was started. 1887: Eduardo de Lete put out the newspaper Espan^a en Filipinas. 1887年:リサールがノリ・メ・タンヘレを出版する。

1888年12月12日:マロロスの20人の女性が総督にスペイン語修得のために、夜学を開設することを嘆願する。当初は拒絶されたが、ついに認められ、ホセ=リサールは激励の手紙を送る。(スペイン語を学ぶ情熱が当時は見られた。)○ 嘆願書の一部は …we humbly pray Your Excellency to grant us night classes to be held in the house of an old woman-relative of ours which we shall attend, accompanied by our mothers, to study Spanish grammar under a professor of Latin to be paid by us,…. これを Lopez Jaena は La Sodidaridad(15 Feb. 1889)誌のなかで、賞賛している。(Corpuz p.106)

1888: The Spanish friar, Jose’ Rodri’guez, issued a series of pamphlets, denouncing Rizal and his Noli Me Tangere.

1889(Feb): La Solidaridad was founded with Pablo Rianzares as financier and Lopez Jaena as editor. El Icano, a more nationalistic paper, began.

1889(Dec): Del Pilar took over the editorship of La Solidaridad.

1889: Rizal, in a lengthy address to the women of Malolos, expressed his views on the education of Filipino women. (Alzona p.174)

19世紀の終わり頃:フランスの探検家の Alfred Marche がTagbanua in Palawan を探検し、またドイツの研究者である Meyer, Schadenberg, Foy が the Mangyan in Mindoro を調査した。彼らの報告によれば、これらの島のtribal population は昔からの書記法を用いており、土着の文字、文字によるコミュニケーションに用いているとしている。(Kasaysayan vol.2 p.225) プロパガンダ運動は基本的には民族語の問題には関心が薄く、スペイン語を広く大衆に広めようとさえしていたほどである。(この運動におけるスペイン語からタガログ語への関心の以降の歴史を調べる必要がある)・おそらく運動の主体がスペイン語教育を受けたエリート階層から一般大衆に移行するにつれて、タガログ語へと移行した。しかしフィリピン革命がタガログ語族の一般大衆からエリートや他民族を包括した形で広がるにつれて、再び、スペイン語へと戻る傾向が見えた。 イラストラドスは19世紀ヨーロッパの反教会運動、特にスペインのMasonic Movementに影響を受けている(Steinberg 270)。

文学の黄金時代: 19世紀後半はフィリピン文学のルネッサンスとも称すべき黄金時代が到来する。この時代の有名な文人はマルセロ・H・デル・ピラル(Marcelo H. Del Pilar),グラシアノ・ロペス・ハエナ(Graciano Lo’pez Jaena) Jose’ Rizal. アポリナリオ・マビニ(Apolinario Mabini) フエルナンド・マリア・ゲレロ(Fernando Ma. Guerrero) セシリオ・アポストル(Cecilio Apo’stol)等がいる。 1887年:リサールはタガログ語の韻律法についてgave a talk.大英博物館でタガログの民話の研究をおこなう。

1889年:新聞 La Solidaridadがバロセロナで創刊次にマドリッドに移る。

1889年:農業学校が創立。Lardibazal p.40 では1887年としている。○勅令の発せられたのは1887年であり、実際の設立は1889年である。Alzona p.44

1889(Dec.14)年:Superior Government の命令により、6~12歳までの児童は義務教育が課せられることになったが、相変わらず、効力はなかった。Alzona p.97

1890年:工芸貿易学校が創立。Lardizabal (p.40)では1891年としている。

1890年:モルガのフィリピン諸島誌の校正をリサールがおこなう。

1890年4月:リサールはLa Solidaridad誌上で Trinidad H. Pardo de Tavera の提案したアルファベットと表記法を紹介する。

1891年:リサールは香港でタガログ語の文法研究をおこなう。

1891年:エル・フィリブステリスモが出版される。

1890年の初期:Steinberg(p.270)によれば、このころまでにスペイン帝国へのassimilationとの目標は放棄され、デル=ピエールは1896年の死の前にすでに革命を計画していた。→フィリピンでの独立意識の誕生はすでに、生じていた。この頃マラヤは夢にも独立を考えていなかった。比べるとイギリスの統治の巧みさが分かる。

1891年6月5日:Señor Retanaから植民地大臣Don Manuel Becerraへの公開書簡(open letter)の中で、次のように述べる。 I esteem as most meritorious that vehement desire of yours to effect that there in Filipinas the Malays abandon their monotonous and poor dialects, and choose as their language that which we talk in Castilla. …….. しかしこれは空論に過ぎないとして、…For it is a matter sufficiently well known in Great Britain and in Holland; and in a certain manner in France also, it is not maintained, not even in theory, that it is advisable for the conquered races to know the language of the ruling races. B&R 46.335-6

1892年:リサールは帰国してトンドにて、La Liga Filipinaを設立する。その目的の一つとして、全フィリピン群島を一つのまとまった精力的な統一あるものにすること、とされた。(守川 1978:118) ○ Katipunann では合い言葉、タイトル、等タガログ語を用い、秘密結社めいていた。→1899年7月15日に解散するGonzalez(1980, 21)

1893年:Father Hermenegildo Jacas が教師により高い教育の必要性を説き、師範学校にan advanced course が設置された。(Alzona p.65)

1893年:The Maura law を布告して、総督 Blanco は instructed the municipal councils to employ the most practical means for the diffusion of the Spanish language. B&R 46.281 @ The Maura Law passed: the law for the compulsory teaching of Spanish. 1896年の反乱期には、1897年憲法22条をもって、国庫負担無償義務教育、盛況の政教の分離、教育の大衆化を企画していた。

1896年:フィリピン全土に2167の小学校が存在した。Lardizabal p.39 @Alsona (p.98)では1897年の末の時点としている。

1896: By 1896 there were 2167 primary schools for both sexes in the Philippines.; Newspaper “Kalayaaan” was printed.

1896: The Philippine Revolution broke out. 「フィリピン革命」と呼ばれる独立闘争が開始された。(池端 1994: 307)

1897年5月31日:Biak-na-Bato で共和国が宣言される。The Biak-na-Bato Constitution promulgated which contained an article providing that Tagalog would be the official language of the Repbublic under Emilio Aguinaldo. This constitution also provided for the establishment of elementary and higher education. It provided that English would become an official language after it was spread across the country.

1897年11月1日:The Constituci n Provisional de la Repblica de Filipinas の草案が出される。キューバの憲法に習ったものと思われ、スペイン語版が原本であり、タガログ語版がその翻訳と思われる。憲法の8条でタガログ語を公用語としている。この革命の初期の段階ではタガログ語族の影響が強く、タガログ語が選ばれたのは不思議ではない。(Language and Nationalism p.12) 1898: La Independencia began.

1898年4月25日:アメリカはスペインに宣戦を布告。

1898 (April 25): The war between America and Spain broke out. (May 1) The US navy force defeat the Spanish fleet in the Manila Bay. 1898年5月1日:デユーイ提督指揮下のアメリカ極東艦隊はマニラ湾に侵入してスペイン艦隊を撃滅した。

1898: By virtue of the Treaty of Paris in December 1898, Spain ceded the Philippines to the United States.

1898(October): The first American newspaper to appear continuously was the Manila Times nad published under vaious owners until 1930. In September 1945, the Manila Times was the name chosen for the first English newspaper to be published after peace was restored.

1898年5月:コレヒドール島で、アメリカによる最初のフィリピンの学校が開かれた。

1899 (August): The Philippines had three versions of the national anthem – the original was in Spanish and played for the first time on 12 June 1898. The Spanish lyrics were written in August 1899. (Sibayan and Segovia 1984: 30)

1898年7月:ルソン島が米国比島遠征軍により占領され、軍政が施かれ、メリット(Wesley Merrit)、オーチス(Elwell S. Otis)、マッカアサー(Arthur MacArthur)によって、統治された。

1898年9月1日:マニラで7つの学校が再開された。

1898年9月15日:Aguinaldo は the Revolutionary Congress を Malolos で召集した。そのthe inaugural session で彼ははじめはタガログ語で、次にスペイン語で演説を行った(Constantino 1975:217)。→DS(9:338)では次のように述べてある。…read his message in the Tagalog language. ….. He next read a purpoted translation in Spanish with even more difficulty,

1898年9月29日:The Act of Declaration of Independence が the Constitutional Assembly によって批准された。 ○ Mabini が憲法の草案(Mabini Conastitution)を作成した。言語教育に関しては Primary instruction shall teach to read, to speak and write the official language which is Tagalog. と述べている。しかしGonzalez(1980:19)の解釈ではMabiniはスペイン語を教授言語(初等教育においても)とする予定だったとしている。草案の中で When the English language shall be sufficiently extended throughout the Philippine archipelago, it shall be declared the official language. との項目があり、Gonzalez(19988:19)でさえも解釈に苦しんでいる。このMabini は次第に影響を失い、Felipe Calderon が憲法をまとめる。

1898年10月19日:The Literary University of the Philippines (Universidad Literaria de Filipinas)が革命政府によって作られる。大学は短期間の存続であったが、1898年9月29日にgraduation exercises で医学と法学の学位授与を行った。Salamanca p.18→Agoncillo, Malolos p.250-51. @ The courses in the university were law, midicine, surgery, pharmacy, and notary public. … The first academic year began on Nov. 15, 1898, and closed in April, 1899. the first seat of the university was Malolos with the convent of Barasoain as headquarters and, later, Tarlac when the government moved to that town. (Alzona p.179)

1898年10月24日:The Decree on Public Instruction で教育政策が示されたが、スペイン語重視を示している。中等学校への入学にはスペイン語の文法(構文分析・語源の知識を伴う正書法)が要求され、地方語の基本さえも教授される予定でなかった。Burgos Institute (the preparatory school to the Universidad Literaria de Filipinas)のカリキュラムは言語偏重でラテン文法、スペイン文学、英仏語を含み、職業課程でさえも、英仏語、ドイツ語、イタリア語が要求されるという具合だった。Gonzalez(1980:21)

1898年11月29日:憲法は憲法会議で投票され、翌年1月21日 Aguinaldo がapproveした。Felipe Calderonがまとめた憲法は非タガログ語族への妥協からタガログ語中心から、妥協(93条)を計る。The use of the languages spoken in the Philippines is optical. It can only be regulated by law, and solely as regards acts of public authorities and judicial affairs. For these acts, the Spanish language shall be uses for the present. 行政や給与表、市民証明書もスペイン語で書かれた。Gonzalez(1980:20-21)

1898年:Catholic Chaplain, William D. McKinnon が Superintendent of schools に任命される。彼は教師を復職させアメリカ兵士を雇ったりして、教員不足に対処した。

1898(Oct.19): The creation of the Literary University of the Philippines by the Revolutionary governments. Professors of civil and criminal law, medicine and surgery, pharmacy and notariat were appointed.

1898年12月10日:パリ条約でフィリピンはアメリカに譲渡された。

1899(Sep. 29): The Literary University, then in Tarlac, conferred degrees on law and medical students who had completed their courses in that year in the University of Santo Tomas. (Alzona p.180)

1899: The Malolos Constitution, which the revolutionaries adopted as the fundamental law of the land, was silent on the matter of the Filipino national language. 1914: Baybayin の代わりに、alibata との名称が Dean Paul Versoza of the University of Manila によって、紹介された。彼はこの名称は アラビア文字を Maguindanao風に配列したものalif, ba, taから取った。Hector Santosは、なぜ、タガロク語の書記法とは関係ないものから名称を選んだのか不思議としている。(Santos 1996 internet)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.