夢についてのたくさんのサイト

スポンサーリンク
Pocket

2015-08-20

1年ほど前だが、学生と夢について話していたら、夢を日記につけてはいけないという考えがあることを聞いた。そのことについて自分は2回ほど、昨年の10月30日11月5日に投稿している。それ以来何かと「夢日記」については気になっていた。

今日は夢日記について書かれたサイトをいろいろ調べてみた。それで幾つか報告をする。まず、ツイッターで参加者たちが自分の見た夢を報告しあうサイトがあった。それは「ハッシュグタ#夢日記」(https://twitter.com/hashtag/夢日記)であった。

スクリーンショット 2015-08-20 7.02.16

このような形式で人々が投稿し合っている。しかし、互いに相手の夢の内容についてコメントしあうということはなくて、単に投稿するだけである。このようなサイトの存在は興味をそそる。このサイトは、データを集積することで意味があるだろうと思う。

そしたら、アメリカでは人々の夢を集めてデータ化している研究者がいることを知った。Schneider & Dornhoffの両名が DreamBank なるサイトを構築している。

スクリーンショット 2015-08-20 7.12.41

それによれば、7歳から74歳までの人の夢20,000事例を集めたそうだ。ここでそのサイトを若干紹介する。まず夢の事例を選ぶ画面に行く。そして、項目を選択してクリックする。

スクリーンショット 2015-08-20 7.31.41

 

ここでは Barb Sanders という中年女性?の見た夢について”love” という語で検索をする。すると、次のような内容の夢が出てきた。

I am sitting around minding my own business and a young man (like Bob, coast guard) decides he likes me. He follows me around a lot; he decides he’s in love with me. I am a little annoyed. He’s like a puppy, always underfoot. He follows me around. His mom doesn’t approve. Then I’m a member of a group of people (about 4 or 5 of us). We are sitting on a bench facing another group. We are diplomats/entertainers. A Prime Minister and his wife get up and dance a cute dance around. They are dancing the other group’s native dance (like a minuet or country dance of England). I am watching. Then a guy (Howard/Arthur) grabs me and says, “Here, it’s like this,” and he and I dance the dance. I hurt as I try the steps going up to the platform, and feel embarrassed. I get back to the bench. I am annoyed with him for not warning me so I could practice. Now I’m lying face down getting a massage, next to a woman like Bette Midler. We are talking. She asks if I was upset and I say, “Ya, he should have given me time to practice, because I didn’t like losing face.” Then we’re watching a guy called the “Roman slave,” dancing. He wears a Roman toga and a “slave token” on his ear, a ceramic painted stone on a leather thong. A man/woman dances around him. As the man/woman dances, he moves his finger subtly into the gesture of the “finger.” He puts the finger gesture of each hand into the belt loops, one marked “h” and threw the other marked “f.” It was done like a strip tease. The group screams and laughs in delight at his audacity and subtlety. (297 words)

内容は、若い男に迫られているとか、総理大臣と妻がダンスをしたのを見たとか、ローマ時代の奴隷が出てきたりと、夢特有であるが脈絡がない。

日本とアメリカの夢日記のいくつかを簡単に読んでみた感想だが、性的な内容に関して、アメリカ人はかなり自由に記述している。おそらく、性的な夢を見るのは、日本人もアメリカ人も同じ頻度で見るのであろうが、日本では匿名のブログでも露骨に報告するのは避けられている。しかし、アメリカでは、名前を明記した報告でも、かなり正直に報告している。

二つの文化における夢日記報告からも文化の違いが見えてくるのは面白い。しばらくこのテーマを追ってみたいものだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください