テーマを変えて模様替えをする

スポンサーリンク
Pocket

2015-09-02

このサイトを模様替えをした。いままではTwenty Twelve というテーマを使っていたが、今度は日本の企業が作成した「賢威」というテーマを利用することにした。このテーマを使うと画面の細かいことまでいろいろと指定できるのでちょっと楽しい。色や画面などをもう自分なりにアレンジできるようになれば、このサイトも特色が出て格好良くなると思う。

このサイトは2つに分かれている。1つは比較的に学問的なページであり、各国の言語政策の歴史や用語集、自分の書いた論文でやや昔のもの、などである。毎日、少しずつ手を加えている。新しくこの分野に関心を持つ人の研究の手助けになればと思う。

他は自分のブログの箇所である。当初は、この部分は自分の日々の言葉に関する気づきを記す予定であった。しかし、何だか自分の日記のようになってしまい、昨日飲んだ焼酎は美味しかったとか、近所のキンモクセイがきれいに咲いた等々の「言葉の気づき」とは関係ない事を書くことが多くなった。自分のサイトの訪問者は学生や知人・友人が多い。その人たちは、「学問的なページは面白くない、むしろブログの部分が読んでいて面白い」と言ってくれるので、日記も頑張って書こうという気になってしまう。

本当は最初から2つに分ければよかったと思うのだが、一緒にして書いてもう一年以上もたってしまった。かなり個人的なことも書いてあって、自分でも何か気恥ずかしい。ところで、問題はこの「賢威」というテーマを使うと、自分の過去の記事の一覧表が現れるのである。自分の過去の記事、もうお蔵入りしたい記事までも何かあらわになったようで焦ってしまう。目次のバーの部分の Sitemap をクリックすると、過去の一覧表が出てしまう。

この一覧表のうちで、個人的な投稿部分、つまり日記的な箇所は現れないようにしたいのだが、それがなかなかできない。どこのボタンを押せばいいのかが分からない。しばし、この新しいテーマに慣れるまでは、時間が掛かりそうだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください