差別語について

Pocket

先日、学生と差別語について話をしていたら、「白痴」をいう言葉を知らないことに気づいた。成績がいい学生であるが、そんな学生でも「白痴」という語を知らなかったのだ。

現代ではこの語は差別語と見なされているようだ。そのために、もうマスコミに登場することはない。新しい小説や映画などでこの語が使われることもない。この語は抹殺されてしまったのだ。

私はパソコンで文章を作成するときはATOKを使っているが、この語を書こうとして「はくち」とキーを打ち込むと「白地、泊地、白雉、迫地」とは変換できるが、「白痴」とは変換できない。この語への変換は不可能にしてある。(でも、「白池」とは何か。この語は私は知らない。白い池を表すのか。)

ATOKを開発したのは四国にある会社だが、この会社は差別用語になりそうな語はすべて変換できないようにしている。実験的に幾つかの語の変換を試みたが、かなりの語が変換不可能になっている。

差別語と見なされる語は放送禁止用語として、マスコミは自主規制をしている。マスコミでは使わないようにしているために、若い人たちの目に触れることはなくなってきた。そのために若い人は知らなくなってきた。この勢いが続くと、「白痴」という語は完全に消えるだろう。

もともとは中立的な語であったのが、侮蔑の意味が加わると、言い換えが行われる。言い換えられた語が時代と共に侮蔑の意味が付いてくる。そこで言い換えが行われる。

差別語は消えても、差別はなくならない。ただ、人間は、子どもから大人になるにつれて多様性ということに寛大になる。世の中のことを知ることが多くなるにつれて、いろいろな人が世の中にいるのだ、ということを知るようになる。そしてその存在を自然に受け入れるようになる。

差別をなくすためには、差別語をなくすよりも大切なことがある。子どもたちが、多様な人々との接触の機会を持つようにすることで、存在を受け入れられるような意識改革ができると思われる。

スポンサーリンク

差別語について」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    知的・精神に障がいを持った人たちにパソコンの操作を教えているものです。
    文章入力の練習をしている際「白痴」という言葉が変換できない。というクレームがあり調べたところMS-IMEでは変換不能でした。Goofgle日本語入力でしたら第二位で変換できました。…確かに恣意的に操作しているのでしょうか。
    仰るとおり言葉を制限しても差別がなくなるわけではありません。またそのような事象を説明をしようとして、さらに差別の意味を強く持った言葉を用いられたりしたら、障がいを持った人たちには更に不利益を被ることになりそうです。かと言って「ひらがな」で焦点をぼやかすような処置を取られたら、差別の本質を隠蔽されかねません(かく申す私も「障がい」とひらがなを用いています。どうも「害」の漢字を使いたくないもので)。
    言葉は、発する人により意味合いが変わります。差別の意識を強く持った輩が、当たり障りのない言葉を用い行う攻撃のほうが有害であるわけなのですが。

    • 岡田様  コメント有り難うございます。差別語をできるだけ中立な表現に置き換えてゆく。新しい置き換えた語にまたネガティブなニュアンスが生まれてきたら、再び言い換える。イタチごっこかもしれませんが、これは何回もおこなってゆくべきことだと思います。ただ、置き換えただけで安心してしまい、実際の問題解決を怠ってしまうことがあれば、問題なわけです。ですので、言い換えと実際の問題解決は両方とも必要なことである、というのが結論でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください