横浜訪問

スポンサーリンク
Pocket

2014-11-17

ある企画の関係で横浜へ行くことになった。京都から日帰りで横浜を訪問した。朝早く起きて京都駅を8時前に新幹線で出発をする。9時45分に新横浜駅に到着する。ガイドブックで調べると桜木町駅が一番の観光の中心のようなので、横浜線に乗り込む。思ったより多くの乗客がいる。こんな時間でもこんなに込んでいるのかとビックリしたが、つぎの菊名の駅でほとんどの人が降りてします。それはどうしてか。菊名駅には大きなオフイス街があるのか。などと考えているうちに桜木町駅に到着する。

DSCN5880

駅を降りると左手にランドマークタワーがある。桜木町の駅前はとても広々として遠くに高いビルなどが見えて、何だか日本ではない異国に来たような感じがする。ガイドブックの案内に従い、観光スポット周遊バス「あかいくつ」に乗る。中華街・元町ルートとみなとみらいルートがあったが、自分は最初にきたバスに乗る。それは中華街・元町ルートを走るバスであった。ほとんどが乗客はほとんどが中高年の人たちであった。自分はうまいぐあいに一番前の座席に座れたので、景色を思う存分楽しむことができた。アナウンスはまず日本語で次は英語であった。これなら、外国人を案内するには、まずこの周遊バスに乗せて、このエリアの概要を知ってもらうのがいいと思った。バス代も大人100円、子ども50円とお手頃な値段である。

DSCN5882

有名な中華街を通る。このあたりは600店の食堂(レストラン)があり、さらにそのうち200店は中華料理の店である。、との案内があった。港の見える丘公園へとバスが上っていく。展望がよくて自分はここで降りて、展望を楽しもうとも考えたが、日帰りの予定なので、まずエリアの概要を知ってからと思い、バスの乗り続ける。紅葉がとてもきれいで、なにかデジャヴュのような気がしてきた。(神戸の町と似ているかな)車の数は多くないので、バスもスムーズに進んでいく。山下公園前から大桟橋(だいさんばし)客船ターミナルそして赤煉瓦倉庫そして桜木町前駅に戻った。

駅前に戻ってから、横浜ランドマークタワーに向かう。途中で帆船があった。日本丸とある。近くに寄って写真を撮った。タワーの中に入る。その中は人の数は少ない。エレベーターで展望台に向かう。エレベーターの中で案内係がこれは高速で、69階まで40秒ほど、時速45キロで動くとのこと、確かにあっという間に到着した。360度のパノラマでいろいろ写真を撮った。高さが296メートルであべのハルカスについで日本で二番目に高い高層ビルである。

DSCN5903

次はみなとみらい線にのり、元町・中華街駅に向かう。すぐに到着する。日本で一番大きなチャイナタウンとのこと、神戸のチャイナタウンよりもやはり大きいようだ。たくさんの写真を撮った。店の多くの人は中国のネイティブの人だ。話す日本語は中国語の訛がある。またたくさんの中国からの観光客もきていた。中国の人が中華料理を食べるのかな。一人では食堂に入りづらいので、自分はただひたすら写真を撮るだけである。

DSCN5917

それから、山下公園に行く。氷川丸がある。中に入り見学したかったが、月曜日は一般公開しないとのこと、写真だけ撮る。鎖にカモメが並んでいた。公園のベンチに座り海を眺めたり本を読んでいる人がいた。私もベンチに座って海を眺める。早く仕事をすべて片付けてのんびりと海を眺めていたい。鳩が私のそばに来る。鳩はクッククックと鳴いて可愛い。私に餌をねだっているのか。

DSCN5941

赤い靴の像を見る。この赤い靴の歌詞について自分はむかし論文を書いたことがあった、そんなことを思い出す。

DSCN5953

DSCN5973

もう4時間ほどあるき続けて足が痛くなる。赤れんが倉庫を訪れる。殆どがレストランのようだ。紅葉が綺麗である。道も広くて、日本ではないようだ。海のそばにある点でシンガポールや香港と雰囲気が似ているが、シンガポールや香港はたくさんの高層ビルが立ち並ぶ。一方の横浜はところどこに高層ビルが建っていて、空間には余裕がある。つまり、空間を贅沢に使っているようで、自分はこちらの方が好きだ。

いろいろと楽しみながら、日帰りの旅を終えて、4時頃には京都に向かったのであった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください