焼酎を飲んだ一年間

スポンサーリンク
Pocket

2014-12-30

今年を振り返ると、特筆すべきことの一つとして焼酎を飲むようになったことが挙げられる。いろいろなブログを見てみて健康にいいと書いてあるので、そうかな、と思って飲み始めた。しかし、よく考えてみると、本当に美味しいと思って飲んだことはなかった。健康にいいからと自分に言い聞かせて飲んできたように思える。

昨日、今日とビールを一缶だけ飲んだ。350mlでキリンかサッポロビールのどちらかである。ほろ酔い気分になって楽しくなる。しかし、体力的に落ちてきているので、350mlでも二缶はもう飲めない。二缶を飲むと、本当にフラフラになってしまう。一缶が一番いいようだ。

いままでは、仕事が終わって帰りにコンビニに立ち寄り、12%ほどの度数の焼酎を二カップほど選ぶか、25%の度数ならば、一カップ選んで、お湯で半分に薄めて飲んでいた。芋焼酎や、麦焼酎の独特の味や香りがするのだが、あんまりぴーんと来なかった。水が悪いのかとミネラルワーターを選んだり、お湯の温度をいろいろと調整したりしていた。たしかに酔ってくるが、美味しく味わった感じがしない。それは安い焼酎だけを選んでいるからなのか。

IMG_1230

IMG_1231

日本酒はたしかに美味しい。しかし、飲み過ぎてしまう傾向がある。そして、二日酔いがすごい。コンビニで選んだワンカップ大関などは体にズキーンと負担になるように思える。

来年のアルコールの飲み方だが、焼酎はもうやめて、缶ビールを中心にしていこう。一缶だけでいい。夏になったら、居酒屋で注文する生ビールは、特にはじめの一杯は至福の味がする。
………………………………………………………………………………
自分は今まで焼酎「神の河」を「かみのかわ」と発音するのだと思っていたら、「かんのこ」と発音することを発見した。イオンのリカーショップに掲示があった。なるほど。

IMG_1294

IMG_1295

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください