浄瑠璃寺訪問

Pocket

2015-01-26

昨日、浄瑠璃寺を訪問する。京都から南へ木津市にある浄瑠璃寺を訪れる。かなり閑散とした地域であり、日曜日という割には観光客の数は少ない。しかし、個人的にはこのような閑散とした所の方が自分は好みである。境内はこじんまりとしている。池も改修中であり水位も下がっていて、工事用の機械や設備などが丸見えである。

本堂の中に入る。受付で入場料300円を支払う。長い縁側を歩く。冬のために縁側を歩くのは冷たさがしみる。本堂の中には西方九体阿弥陀如来像がある。中は暗くて荘厳な雰囲気である。観光客は、家内と私、それと他に3名だけである。私は阿弥陀如来中尊像の前の賽銭箱にお金を入れて次男の大学入試の成功を祈る。本堂をでてからは、三重塔を見る。冬の閑散とした雰囲気の中で歩くのは、ちょっと気持ちがいい。

この寺は外国人観光客もあまり訪れないのだろうと思われる。外国人のカップルを一組ほど見かけたのだが。英語での標識もない。パンフレットも日本語だけである。トイレは男女共用であった。

そのあとは、山門の外にある食堂でとろろそばを食べる。家内は鍋焼きうどんを注文する。庭も古びた雰囲気があり、この日は十分に楽しめた。

DSCN6077DSCN6079DSCN6086

DSCN6093DSCN6103

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください