日中の友好について

2016-02-04

昨日、ある先生からお電話をいただいた。最近のアジアの情勢について先生の考えをお聞きするいい機会であった。その先生はかなりの年配の先生であり、大連の生まれである。

先生が住んでいた頃の大連の思い出を語ってくれた。戦中、戦前の満州と呼ばれた現在の東北部は、かなり貧しい地域であったそうだ。大連の町は冬になると気温は零下で30度ぐらいになり、毎日、朝になると凍死体が何体も通りにころがっていたそうである。人々の生活は貧しくて、夏も冬も同じ服で、つぎはぎだらけの服を着ていたそうだ。また、日本人街があって、その地域は戦後はしばらくは残っていたそうである。電車なども日本人用と満人用と分かれていたそうだ。それだけの差別があり、いわばアパルトヘイトのようなものであったという。

戦後は日本兵の何人かは共産中国軍に徴兵され、また何人かは国府軍に徴兵されて、互いに戦ったことがあるそうだ。そのような兵士は朝鮮動乱の時にも戦ったそうである。いろいろなことがあったようだ。先生は戦後に引き揚げてきたのだが、いろいろな体験をしており、日本が中国に対してどのようなことをしてきたかは痛烈に反省すべきという。

現代は政府レベルでかなりいがみ合っているが、いつかは両国の関係が友好的であるようになって欲しいと、せめて民間レベルでの友好的な付き合いは続けて欲しいとの先生の願いであった。王毅外相が駐日大使であった時は、何回がお会いしてお話をしたことがあるという。王毅氏は政府の要人としてどうしても国の立場から発言しなければならないことがあるが、本音は日中友好を願っていると先生はおっしゃった。

先生は現在は体調をくずされているが、回復した暁にはまた中国を訪問したいという希望を述べられていた。先生の体調の回復を祈願すると共に、両国が友好的な関係になることを願いたいものである。

11982467874_2e396ef6fa

 

スポンサーリンク

オーストラリア(3)

2015-10-26

第一次世界大戦、第二次世界大戦では、宗主国イギリスと共に連合国側として戦った。オーストラリアは第一次世界大戦の時に、連合国の一員として、トルコのガリポリに上陸作戦に参加した。その時に、オーストラリアは8700人の死者と2万人ほどの戦傷者を出した。当時のオーストラリアは人口が700万ほどの国であり、そんな国に2万人ほどの死傷者は大きな衝撃を与えた。毎年、4月25日は戦闘に参加したオーストラリア軍とニュージランド軍を追悼して、ANZACの日(アンザックのひ)もしくはアンザック・デーと呼ばれ休日となっている。

また、第二次大戦では、日本によるシンガポールの占領、イギリス海軍の敗北などを見て、イギリスへの過度の依存を反省する切っ掛けとなった。

戦後は、アメリカやアジアの諸国との関係を深めている。長らくオーストラリアは白人の移住しか認めない白豪主義(White Australia Policy)をとっていたが、1960年代から方針を転換し、1970年代からは世界中から移民を受け入れる多文化主義(multiculturalism)を採るようになった。いまでは、ベトナムなどからの移民が目立っている。

現在のオーストラリアは中国の存在が大きくなっていく中で、自国の立ち位置を模索しているように見える。

 

スポンサーリンク

近江八幡

2015-02-22

今日は近江八幡の町に行く。昨日ネットを見ていたら、秀次が近江八幡に城を築いて、善政をひいて町を繁栄させた、とあるので、実際に訪問してそのことを確認することにした。

名神高速道路の竜王のインターでおりて、近江八幡の町に向かう。まず、日牟禮八幡宮を訪れた。ここは特に秀次とは関係ない。古くから、近江商人の信仰のお宮として有名である。左義長(さぎちょう)祭りが3月の14日ごろに行われるそうである。近くの公民館では準備のために屋形みたいなものを製作中であった。境内は能の舞台が二つほどある。夏になると、ここで薪能が行われると推測した。この日は小雨で見物客も少なかった。
DSCN6570DSCN6567

それから、ロープウェイで八幡山の頂上に向かう。八幡山の頂上に八幡城の城跡があるが、歩いて行くのは無理なのでロープウエイを使う。往復で820円で、この日は15分間隔で動いていた。頂上までおよそ4分ほどである。ゆっくりとロープウエイは上っていく。近江八幡の町がよく見える。区画整理がよくされていて、町並みが美しい。
DSCN6583DSCN6590

終点から山頂まですこし歩く。秀次が自害したあとは、八幡城は廃城となり、現在は石垣しか残っていない。北の丸跡、西の丸跡、二の丸跡などの掲示があって、当時の城を偲ぶだけである。傾斜の急なこんな山の上によく城を築いたと感心する。これでは城攻めは難しいとおもう。ただ、籠城する方も食料や水を確保する場所がないので、これまた大変だろうと思う。実際には、この城をめぐっての攻防戦はなかったようだ。
DSCN6600

ロープウエイをおりて、近くの八幡公園にいって、秀次公の銅像を見ることにした。そこには、厳しい顔立ちの銅像があった。28年の生涯であり、悲劇的な死を遂げたことから、人々から同情を受けている。銅像前の説明を読むと、秀次の功績として以下の3つほどの点が挙げられている。

(1) 楽市楽座を定めて有力な商人や職人を呼び寄せ自由商業都市とした。
(2) 碁盤目状の町並みをつくり、職種別に住む地域を分けた。
(3) 八幡堀を整備して、琵琶湖につながる運河として交通の要衝とした。

彼は18歳から23歳までのこの近江八幡を支配した。5年間の短い期間だが、善政をほどこして町の商業的発展に貢献した。いまだにこの町の人々からは慕われている。もしも、秀吉のあとに秀次が政治の中心になったなら、どのように日本の政治は変わったか。歴史に「もしも〜」を想像してみるのもいいだろう。
DSCN6640

『言語と格差』(杉野俊子・原隆幸、編者)明石書店

2015-01-28

『言語と格差』という本が明石書店から発売された。この本は杉野俊子、原隆幸の両先生が編者となられて、全部で19名の執筆者が参加して完成した本である。「差別・偏見と向き合う世界の言語的マイノリティ」というキャッチフレーズが本の表紙に書かれている。私も執筆者の一員として、第三章「外国人高齢者への言語サービス」を執筆している。これは自分の母親を介護した経験、さらに知人の外国人達が苦しんでいる姿を見て感じた問題点などを、この章の中に書き込んでいる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に目次を紹介しておく。なお出版社へのリンク先は次の通りである。http://www.akashi.co.jp/book/b193302.html
…………………………………………………………………………………..

まえがき

第1部 日本のなかの「言語と格差」

第1章 手話と格差―現状と今後にむけて

 コラム1 琉球側の視点から視る「琉球諸語」と「琉球の歴史」
 コラム2 樺太アイヌ語の場合――絶滅言語研究者の立場から

第2章 日系ブラジル人――時空を超えた言語・教育と格差の中で

 コラム3 中国から来日した女性たちの生活と言語の格差

第3章 外国人高齢者への言語サービス

 コラム4 「英語格差(イングリッシュ・デバイド)」現象をめぐって
 コラム5 今、帰国生に求められるもの

第2部 世界における「言語と格差」

第4章 教育改革と言語的弱者――コモンコア(全米共通学力基準)・アメリカ教育改革の現状

第5章 アメリカにおける言語格差と双方向バイリンガル教育

第6章 ニュージーランドのマオリ語教育に関する考察――バイリンガル教育における文化的格差

第7章 カナダの少数派――フランス語系カナダ人と移民

 コラム6 西欧語によって結ばれるアフリカ・分断されるアフリカ

第8章 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイにおける英語と経済―UAEナショナル/エミラティの女子大学生の意識調査に基づく報告

 コラム7 多言語国家パプアニューギニア独立国

第9章 インドにおける言語と学校教育――社会流動性と格差の再生産

 コラム8 タイにおける少数派グループの教育と社会階層
 コラム9 ベトナムの少数民族の教育と言語問題

第10章 香港とマカオにおける言語教育―――旧宗主国の違いは言語格差をもたらすのか

 あとがき

投票日に成人になる人は?

2014-12-07

12月14日は衆議院議員総選挙の投票日である。実は息子の誕生日は12月14日である。そして選挙の日に20歳の誕生日を迎える。それで、気になっていたのは、この日に20歳を迎える人物は投票権があるのかないのか、ということであった。そんな話を家族でしていて、おそらく今年の1月1日現在で20歳だった人だけが投票権があるのでは、などど勝手に決めつけていた。

すると、ちゃんと息子にも「選挙のお知らせ」という葉書がきた。息子は張り切って人生初めての投票をする、と意気込んでいる。ところで、私が不思議に思ったことだが、選挙には、「期日前投票」という制度がある。息子が期日前投票をしようとすると、それは可能だろうか。まだ20歳には達しないのだから、無理だろうなと思うが、どうなのか。電話を掛けて聞いてみようかとも思うがどうだろうか。

ネットで調べると、「不在者投票」という制度もあり、これは他の市町村(投票日にその場所にいる場合)、病院や老人ホーム(身動きができない場合)、自宅(身体障害の人・要介護5の人の場合)で行うことができる。自宅で投票するときだが、前もって投票用紙を送ってもらい、自宅で記入して郵送で送るのである。自宅で投票する場合は、投票の数日前には記入して投函しなければならない。すると、投票日に成人となる人はやはり投票する権利はないのかな、と考えたりした。

とにかく、何でも厳密に考えていくと、どんな制度でも完璧はありえないようだ。