和歌山のT先生へ


和歌山のT先生へ、先日はコメント欄に書き込んでいただきありがとうございます。一緒に本を執筆したりと懐かしい思い出でいっぱいです。

コメント欄ですと、名前が出てしまうのでとりあえずイニシャルにして、このページにてコメントのお礼を述べたいと思います。

今度、大学で教鞭をとられるとのこと、今までの研鑽を基にして素晴らしい授業をされることと確信いたします。

これからも学会でお会いできればと思います。ご一緒に書いた本ですが、二刷もでておりますが、色々とたくさん売れればと願っております。

スポンサーリンク

小学校英語教育学会・京都支部に参加する。


小学校英語教育学会(JES)京都支部(KEET)第22回研究会に参加した。会場は京都教育大学であった。新幹線で京都駅を降りてJR奈良線に乗り換える。そこから藤森駅を降りて数分のところに会場はあった。ところで、JR奈良線に乗り込むと沢山の外国人観光客がいる。はたしてどこへ行くのか、奈良に行くのかと思っていたら、稲荷の駅でほとんどが降りた。ここは有名な伏見稲荷があるところで、それが目的でこんなに沢山の外国人観光客がいたのだ。伏見稲荷は外国人に人気の場所とは聞いていたが、こんなにも人気とは思っていなかった。

さて、学会の報告だが、兵庫教育大学の吉田先生の「評価はだれのため、なんのため?」という講演が興味深かったので紹介したいと思う。

私は今までは、「評価」をどうしたらいいのか分からずに苦手であった。英語教育法の授業でも教えるポイントが分からずに、学生もポカンとして聞いていることが多かった。自分の方法としては、形成的評価とは何であり、総括的評価とは何であるか、などを表面的に説明するだけであった、そんなような授業であった。しかし、この吉田先生の授業を聞いて、形成的評価と総括的評価を統一するヒントを得られたように感じた。

生徒のスピーキング能力を評価したいと考える場合は、試験官が質問のレベルを上げてゆく。そして、どこかでブレイクダウンが生じる。つまり生徒が答えられなく箇所が出てくる。そこを見極めてそこが生徒の能力の限界であるとして評価する考えがある。しかし、試験官がその場にふさわしいフィードバックがあれば、生徒はその先の学習を改善する可能性がでてくる。つまり、breakdownした箇所は限界ではなくて、さらなる飛躍のspring board となり得るという考えだ。評価を後者のような考えのために活用しようとする考えがある。

学習したことの評価(Assessment of learning=AoL)として、学習のための評価(Assessment for learning=AfL)と名付けて、教員の評価に対する意識は、AoLからAfLへと変化すべきと説いていた。

イギリスの評価の歴史の説明も興味深かった。1980年代のナショナルカリキュラム導入の時代は形成的な評価が奨励されていた。しかし、サッチャーの時代になると、学校評価が始まる。それは、学校に公的資金を導入しているからには、成果に対する説明責任が生じるといういう考えだ。それによって標準化テストが整備されて学校の評価が始まる。その場合は総括的な評価が中心となる。その後は、形成的な評価へと戻りがあった。このあたりのことを簡潔に説明してあり面白かった。

また、教員は生徒が今できることを見極めてさらに伸ばすための発問や援助が必要であるが、待つことも必要と述べていた。つまり教員は子どもが困っていたときは、すぐに答えを出してしまうことがある、しかし、待って(wait-time)相手に考える時間を与える方法が有効な場合があるとのことだ。(たしかに、私もじれったくなって、時々はすぐに答えを言ってしまうことがある、自省としなければと思う)

全体として極めて参考になった。この講演を参考にして、自分の授業方法を再検討してみたいと思う。

吉田先生の講演
スポンサーリンク

10年後、君に仕事はあるのか?を読んでみた。

藤原和博『10年後、君に仕事はあるのか?』を読んでみた。仕事柄、自分のゼミ生たちに就職の話をすることが多いのだが、自分の若い頃と比べて学生たちの基本的な考えが変化しているように感じている。そんな時に、ふとこの本を読む機会があって色々と考えることがあった。

藤原氏によれば、今までの教育は正解を教える教育であった。例えば、試験問題は4択があってそこから正解を選ぶという性格であった。子供の時から、そのような試験に慣れてきているので、正解は与えられた選択肢の中にあるという刷り込みがされてしまう。この能力を情報処理力と名付けている。

しかし、社会にある現実の問題は正解があるとは限らない。少なくとも与えられた選択肢の中に正解があるとは限らない。そんな社会を生き抜いてゆく力を情報編集力という言葉で同氏は表している。

情報処理力とは与えられた課題を忠実に解いてゆく能力であり、情報編集力とは変化する時代に適切に対応する能力である。これから必要となるのは情報編集力である。

簡単に言えば、そんなことだ。多くの人がすでに似たようなことを言っているではないか、とも思うのだが、とにかく、藤原和博氏は語りの口調が非常に上手だ。

新しい生き方(what) に関しては多くの類書があるが、語り方(how)が巧みだ。同氏は自分の過去の体験を紹介しながら説得ある口調で語る。藤原氏は3つのことを勉強して、それぞれの力を掛け合わせて自分自身をレナな存在にしろと勧める。レアな存在になればいくらでも機会が開ける。

同氏は、リクルートで鍛えた営業力、マネージメント力、二つの学校の校長を経験した教育改革の実践力を掛けあわせた力で、確かに自分自身がレアな存在になっている。同氏の存在自体がこの本の証左となっている。

とにかく、藤原氏のこの本は分かりやすかった。高校生でも十分にわかる書き方だ。ただ、やはり話がうますぎる気もする。同氏はたまたま成功した。藤原氏のように能力のある秀才が転職を繰り返して次第にキャリアアップをしていくのは、誰でも真似できるわけではない。真似をする人ができていても必ずしも成功するという保証はない。怪我をする人も出てくるだろう。

さて、自分のゼミ生にはこの本の内容を紹介しながら就職や仕事のことを語りたいと思う。ただし、確率的に全ての人がこんな風にうまくいくとは限らないということは言うべきだろう。

ゼミ生と話をすると、クラウドファンディング、ミニマリト、コーワキングスペース、カーシェアリング、ルームシェアリングなどの新しい用語が色々出てくる。高度成長時代の考えからスローに生きる時代へと変化している。若い人たちは、そのような時代の変化をすでに鋭く感じ取っている。藤原氏の本がベストセラーになり、若い人に人気があるのはなるほどと思う。

新伝さんが描いた「アート書道」の紹介(2)

新伝さんが描いた「アート書道」の紹介を続けます。彼女の作品は文字が多いのです。その場合は、漢字やひらがなだけではなくて、アルファベットも筆で書いています。そして黒い墨ではなくて様々な色を使用しています。

Blue Daisy アフファベットもアート書道に含まれます。
大輪の花を咲かせて
これは伝統的な書道のスタイルです。
感謝、年賀状です。
花は花は花は咲く

ご覧のように、アート書道は「書の新しい描き方」という範疇では収まりきれないほどの広がりを見せています。新伝さん自身も色々な可能性を探りながら、様々な書き方にチャレンジしているようです。これらの作品のキーワードは「明るい色彩」となるでしょう。彼女のこれからの発展を楽しみにしたいものです。

授業のあり方についての学生の所感

オムニバスの授業がある。この授業では、できるだけ学生に行動して学んでもらおうという意図で各教員が工夫をしている。アクティブ・ラーニングという言葉が最近の教育界では流行っているが、それをある程度は意識して授業してきた。

学生の感想を一つ紹介したい。若干語句を変えてあるところもある。


私がいだいていた授業そのもののイメージが変わった。本来、授業というものは、配付されたプリントを見ながら教師の話を聞くものと考えていた。しかし、今回の一連の授業で、生徒一人一人が参加すべきものである、ということを知った。3,4名でグループを作り、その中で互いの意見を話し合うグループワークは特に重要である。

授業そのもののあり方は生徒が決めることはできないので、教員を目指す人ならば、このような授業の形式があって有効に機能していることを知っておくべきだ。

私は人と関わるのが苦手なために、今まではグループワークを敬遠していた。しかし、この授業で行った活動はどれも楽しかった。少なくとも堅苦しい内容ではなかった。この様な活動、あるいはゲームなどを取り入れたグループワークがあれば、とりわけ、私が小学生の頃に、この様な活動があれば、私は今より人と関わることに戸惑うことはなかったかもしれない。

とにかく、どのような形であれ、教師は積極的にグループワークを授業に取り入れるべきである。


このように学生はかなりアクティブ・ラーニングを取り入れた授業を高く評価している。これからの時代は、単なる座学ではいけない、教員側が何か工夫をしろ、ということだが、さて、何かいいアイデアはあるかな。

 

お雇い外国人について


今、お雇い外国人に関する本を読んでいる。三好信浩『日本教育の開国』(福村出版)である。この本は図書館から借りて読んだことがあり、興味深かったので、購読しようとした。しかし、1986年刊であり、すでに絶版になっているので、中古本で入手した。

以下、本の紹介を兼ねながら私の感想を述べてゆく。

日本は長い間鎖国をしていたが、そのことにより国内では平和が続き文化が円熟していった。平和が続いたゆえに、寺子屋などの教育産業は盛んとなり、その当時で識字率は48%であり、当時のヨーロッパ諸国と比べても遜色のない数字であった(イタリアやスペインよりも高い)。この高い識字率が、ヨーロッパの西洋技術を受け入れる土台となり、受け入れは成功したと言えるだろう。

外国教師の雇い入れは、はじめは日本に居留する外国人の中から選ばれた。しかし、そのような外国教師の中には、怠惰や無能な者が含まれていた。本国で食い詰めて日本にやってきたという教養の乏しい外国人も、ただ外国人という理由で教師になった者がいるということだ。(p.44) 

明治政府はそのような経験の反省から、正式の外交ルートを通して、有能な外国教師を雇い入れようとしたのである。この政策はおおむね成功して、有能な外国教師を雇い入れることに成功した。しかし、それゆえに、高い給料で雇うことにもなった。中には当時の太政大臣(総理大臣)よりも高い給料をもらっていた外国教師がいた。

これらの外国教師は主に高等教育機関で働いた。彼らは、自らの言語(英独仏)で話したのである。受講生となった日本人たちは、通訳がいたのであろうが、大半は直接に理解していったのである。日本人学生は、西洋の学問を吸収したいがゆえに、必死で覚えたゆえに語学力は伸びた。なお、テキスト類は当然、外国語のテキストである。(これらのテキストを簡単に購入できたのかは分からない。おそらく、図書館に数冊は置いてあったかもしれないが、学生個人での所有は少なかったのではないか。それゆえに、講義ノートの作成は大事なことであり、大事に保管されていったのである。)

政府は外国教師の雇い入れと同時に有能な日本人学生を留学させた。そして、ゆくゆくは交代させようと考えたのである。膨大な費用のかかる外国教師よりも、日本人で置き換えたい、それもできるだけ早くと考えたのである。(東京大学の文科の教授であるラフカディオ・ハーンは留学してもどってきた夏目漱石と交代する)

当時の外国教師たちはいわゆる「国際人」である。フェルベッキなどの経歴は面白い。オランダ人でアメリカに渡り、東洋に関心を持って中国や日本に来る。 彼はオランダに長い間帰国しなかったのでオランダ国籍を喪失した。アメリカへの帰化もうまく行かなかったので、グリフィスは彼を「国籍のない人」と言っている。ただ、フルベッキは国籍のない人ゆえに、日本政府への外国教師選択のアドバイスに関して、「特定国の利益にこだわらない国際人として、客観的な判断をすることができた。」(p.80-81)

お雇い外国人は多能な人が多かった。宣教師としてキリスト教を教えながら、教育者として、また専門の学問を教えるなどの多彩な活動が目立つのである。

当時の幕府、明治政府の最大の関心は国防にあった。アジア諸国が次から次と植民地になってゆく情勢の中で、どのようにしたら国の独立を守れるかが最大の関心であった。陸軍はフランス機、海軍はイギリス式を学んだ。なお、陸軍は普仏戦争の結果を受けて、プロシアから軍事学を学ぶようになる。このあたり、太平洋戦争まで陸軍はドイツの影響、海軍はイギリスの影響という意味でつながっているようだ。

海軍はイギリスから学んだ。イギリスでは、海軍兵学校よりも海軍機関学校が先に整備されたのであるが、日本でも同じであり、海岸は軍艦を動かすという意味で、精神論よりも、実学的な教育が優先したようだ。

女子教育、音楽教育なども外国教師の活躍が目立つ。障がい児教育も、どうであったのか知りたいところだが、この本には書かれていなかった。おそらく、これらも西洋からの外国教師が西洋の進んだ制度を導入したのではと推測する。

 

英語教育総合学会(6月9日)を聴く。


6月9日に英語教育総合学会が発表があった。最近は自分は小学校英語に関して関心があるので、小学校英語に関した発表を聴いてみたかったので参加した。これは自分の指導しているゼミ生が二人ほど、小学校英語に関する論文を執筆しているので、自分がその指導に当たらなければならないという理由もある。

発表の場所は、関西学院大学の大阪梅田キャンパス(ハブスクエア大阪10F)であった。自分は何回も訪問しているのだが、この日は場所が分からなくなって、かなりの時間うろうろして、貴重な時間を無駄にしてしまった。大阪周辺は本当に迷子になりやすい。

細江美佳先生(鳴門教育大学)は「これからの小・中接続した文字指導の在り方ーバランスト・アプローチによる系統性のある読み書き指導を」という内容で発表をされていた。自分が関心を持った点はアルファベットの教え方である。細江先生は大文字を教えてから小文字を教えるべきとの考えだ。「大昔700年から800年かけて大文字がいまの小文字になってきたのですよ」と小学生に語って、その具体的な変化の様子を教える。ビデオを活用して、たとえば、D が早く書くようにしてゆくと、しだいにdの形に収斂されてゆくことを実際に教えていた。(このブログでは、そのあたり視覚化して説明できないが、その点はご容赦ねがいたい)。B →b ならば、上の部分が取り除かれて b になってゆく。Aも一筆書きで早く書いていこうとすると a になる。歴史的な経緯を説明しながら、アルファベットを教えるのは面白い方法だと思った。

私のゼミ生の一人は、a/b   p/q   などの鏡文字をどうやって効果的に教えたらいいのか論文化している最中だが、細江先生のハンドアウトを渡して参考にしてもらえればと思う。

池田周先生(愛知県立大学)の「小学校外国語科における文字と音の扱いーどのようにして、そして、どこまで」も興味深い発表であった。音韻認識のレベルを、脚韻、音節、オンセットライム、音素と次第に深化していくと述べていた。この場合は音素というのは子音だけのレベルでもある。自分では理解し切れない面もあったが、要は小学生がどの程度音韻認識をするかを理解した上で、文字と音の指導を行うべきとの趣旨だ。

池田先生の話の本筋からそれるのであるが、池田先生はアルファベットは小文字から教えたらいいというようなことを話されていた。私の勘違いかもしれないが、その根拠として、国語の時間に教えるローマ字との関連性をその根拠にしていたようだ。

 

このあたり、実はゼミ生が、アルファベットは大文字からか、小文字からか、両方を同時に教えるべきか、またローマ字指導との関連性はどうなるのか、内閣式とヘボン式の関連は、等と悩んでいたので、この点は自分のゼミ生とも討議してみたいと思っている。

なお、別途資料として、成田一先生の対談記事「脳科学からみる早期英語教育」というプリントがあって拝読した。成田先生の強みは脳科学に関する知識が豊富な点である。B4裏表一枚ほどで簡単に読める内容であるが、示唆に富んでいた。この内容を詳しくしたものとして、成田先生は『日本人に相応しい英語教育』(松拍社)という本を出版している。かなり文科省の方針にはかみついているので、痛快な点もある。小学校の英語教育に携わる人は、この様な見方もあるという点で勉強になるだろう。