論文の価値はgoogle が決めてくれる。

いろいろな論文がネットで読める。昔と比べるとネットに自分の論文を掲載することに躊躇う人は少なくなってきた。「自分のアイデアを盗まれるのでは」と心配する人もいるのだろうが、公表するということは、一番乗りを宣言することであり、むしろ必要なことであると思われる。

何かを知りたいときは、キーワードを入れて検索することが増えてきた。その時は、いろいろな論文が出てくる。最初のページに出てくる論文はやはり価値は高いのであろう。

これからの時代は、研究者の価値は、いかに多くトップページに出てくる論文をたくさん書くかによって決まっていくと思う。Google が決めるのだ。Google のアルゴリズムが各論文の評価を機械的に決めていく。その論文に対するアクセス数はどれ位か、被リンク数がどれ位あるか、リンクされている先はどれ位権威があるのか、などである。

トップページにある論文はたくさん読まれる。よって強い影響を与える。それによって多くの新しい論文で引用される。引用されることが多くなると、さらにアクセス数がふえる。その分野の研究者はその論文を読んでみようとする。いつの間にやらその論文に権威付けがされる。

現在は論文の価値は査読がある学会の紀要に掲載されたのかどうかがポイントなる。あるいは引用数がどれ位あるかも考慮されるようだ。

Simon / Pixabay

しかし、これからの時代はGoogle検索で何ページ目に現れるかがポイントになっていくだろう。教授昇格や新規採用などもトップページに来る論文を何本書いたかが審査の基準になってくると自分は予想する。

現代でもすでに採用の時は、採用審査の先生たちは応募者の名前を検索して、その人のホームページを見つけようとしている。独自のホームページがなくても、関連する情報を入手する。ホームページがあるならば、それを見て、その人の学問体系や発表した論文を見て、その人のイメージを掴もうとする。さらにはその人の論文のGoogle評価を調べる。

これからの若い研究者はgoogleを意識して、google 検索で第1ページに出てくるような論文を書くべきだと思う。また、できればホームページをきちんと作成して、自分を上手にアピールできるようにしておくといいだろうと思う。

スポンサーリンク

金龍ラーメンを再び食べる。

2016-01-14

今日は非常勤の仕事で大阪に向かう。お昼頃に、なぜか金龍ラーメンが食べたくなり、難波の駅をおりて御堂筋の方に向かう。馴染みの金龍ラーメンが見えてきた。メニューは二つだけ、600円の金龍ラーメンと900円のやや分量の多いラーメンである。私はいつも安い600円のラーメンを注文する。image

スープは豚骨や鶏足を煮込んだタレで秘伝であり、これが人気の原因であろう。通りに立っての立ち食い形式である。この日は寒い日であったが、ラーメンを食べていると身体が温まってくる。ニラとキムチは取り放題である。さて、横の中年の女性はたくさんの量のニラとキムチをラーメンに入れている。辛すぎるのでは?大丈夫かとその中年女性の横顔を見るが、平気な顔で食べ続けている。

さて、非常勤の仕事だが、今年になってから初めての授業である。実はいつもまじめに出席していた一人の学生がいない。聞くところによると、学校を退学したそうである。頑張っていた学生で、英語の力もあったのだが、何か家庭の事情のようだ。

人生にはいろいろなことがあるのだが、その学生には、この挫折にくじけないで頑張ってほしい。人生は何度でもやり直しのチャンスがあるのだから。

今日の授業はテキストを読むことであった。内容はフランスのパリに住む人々の話であった。パリに住む外国から移住してきたガイドさんと芸術家たちの生き方について論じた文である。パリの町は大きなブラックホールのようである。その魅力にとりつかれて故国を忘れてしまう人がいる。

私もそんな生き方にあこがれたことがある。魅力ある大都市のなか、「孤独」に生きるのも格好いいな、と思ったものである。もちろん、現実に住むのは大変で、おそらく、幻滅、失望、イライラの連続だとは思うのだが。

そんなことを語りながら、授業を進めた。今日は学生からもいろいろな意見が聞けてよかった。英語だけの学習ではなくて、学生たちの人生観や世界観を引き出すことができたのはよかったと思う。今日の授業は90点ぐらいのできか。

スポンサーリンク

JACET関西に参加する。

2015-11-30

土曜日にJACET(大学英語教育学会)の関西支部の大会が開催された。それに参加する。神戸学院大学を訪問する。まずこのあたりはポートポートランドという名称で、全てが広々していて、日本ではないようだ。道は広いし、建物は近代的だ。未来都市を歩いているように感じた。

海を埋め立てて出来た場所であり、スペースは贅沢にとってある。歩道は広いし、車道も場所によっては6車線ほどもとってある。

そして、大学はレンガ色のとても格好良い建物であった。この記事の一番最後に写真を載せる。日本の大学というよりも欧米の大学のようだ。また内部もモダーンな感じで、これからの大学の建物のあり方を示している。

学会は、シンポジウム『動機付け研究最前線」を聴いてみるが、この複雑系という概念を応用して、英語救育に役立てようというアイデアは面白いと思った。そうか、複雑系の概念までが英語教育に導入されるようになったのか、と意外な気がした。

さて、3時から「書籍教材」の紹介をおこなう。ある教室を借りて新刊テキストの紹介を順次行うのだが、われらの共同作業で生み出したテキスト『おもてなしの観光英語』(Hospitality English)が一番手として紹介された。紹介する人は木戸先生とライト先生である。壁にパワーポイントでスライドを投影していろいろと宣伝を行った。

合計で20名ぐらいの人が集まって発表を聞いてくれた。質問があり、ビデオがあるかどうかの聞かれた。このテキストはCDはあるのだが、ビデオはない。たしかに付録としてビデオがあれば、学生はより関心を持ってくれるだろう。

出版社もそうであるが、著者たちは出来上がった本がどれくらい売れるか、世間からどれくらい注目を浴びるか心配なのである。自分の子の成長の様子を見る感じで、上手く育ってほしいと切に願うのである。

テキストの概要
テキストの概要
DSCN8939
芝生が美しい
DSCN8943
中は超モダーンな作りである。
DSCN8949
著者たちの二人が説明をする。
DSCN8937
広々としたキャンパス

 

タレントの写真は撮れないか?

2015-11-25

先般、勤務校の学園祭で渡辺直美が来てパフォーマンスを行った。その写真を撮ろうとしたら係りの人から注意されて写真撮影を断念した。

あとで、これはどのような法律に基づいているのか調べてみた。有名人の肖像権は特に法律で定めてあるのではない。何かそれで逮捕されることはない。解釈としては、渡辺直美の写真は契約する事務所が独占販売する権利を持っている。私の行為は芸能事務所の財産権を脅かす恐れがあったわけだ。

つまり、私が渡辺直美の写真を撮りブロマイドや写真集として売り出して、芸能事務所による写真販売の利益を減少させる可能性があったということだ。

なお、これは著作権とは関係がない。渡辺直美の写真を撮ったカメラマンの作品を私が無断盗用すると、カメラマンの持っている著作権を侵害したことになる。

以前、高槻のイオンで吉幾三がコンサートしたことがある。そこのコンサート会場は店内の階段状になった部分を使ったのだが、コンサートの日は周りを大きな幕で囲んで、外から見られないようにしていた。あまり有名でない芸能人だと写真は撮り放題であるが、吉幾三ぐらいの大物になるとかなりうるさくなる。

自分はブログを運営している。その時の私の意図は、渡辺直美の写真をブログに掲載して訪問者の人に喜んでもらおうという意図であった。別に渡辺直美の写真集を無断で発売して金儲けをしようという意図はなかった。であるので、具体的などの法律に違反するということはなかった。ただ、近年、社会的な常識としてコンサートなどの芸能人の写真は撮ってはいけないということになっているようだ。

ところで、渡辺直美だが、かなり横幅がある。それでも器用に踊っていて運動神経は優れているようだ。彼女のあの体が彼女の商売道具である。渡辺直美が痩せてしまったら、もう笑いは取れない。お笑い芸人の座からは去らざるをえなくなる。とにかく、みんな一生懸命生きているのだ。

photo credit: My Bessa R via photopin (license)
photo credit: My Bessa R via photopin (license)

学園祭でサークルKを訪問する。

2015-11-21

今日は勤務校が学園祭で賑やかであった。私の教え子が催しているサークルKに顔を出す。教え子の皆さんはとても元気で笑顔で私に挨拶してくれた。教室とはまた異なった印象の若い人たちである。

サークルKでは、マンドゥスープを売っている(ちなみに「サークルK」のKとは、韓国Koreaの略語だ)。400円と350円の2種類があるが、私は350円の方を注文する。これはキムチが入っていない方で、400円はキムチ入りのスープである。味はなかなか行ける。美味しい。体が暖まってくる。

なお、教え子の一人であるKさんは来週、韓国に行ってくるという。Kさんは昨年は私の英語の授業を取ってくれていて、英語の成績も良かった。現在は、忙しくて英語の勉強をする時間はなかなか取れないようだが、韓国語の勉強を始めているという。若い人が真剣に語学に取り組むと覚える速度は速い。Kさんには、是非とも英語と韓国語と日本語の三言語に通じる国際人になってもらいたい。

サークルKのメンバー
サークルKのメンバー
私の孫娘と写真を撮る
私の孫娘と写真を撮る
火曜日のクラスの学生
火曜日のクラスの学生

 

この日は、ホームカミングディである。何人か懐かしい顔ぶれの人も本学を訪問してくれた。いつまでも母校を忘れずに、心の底の存在と大事にしてほしい。

てなことで、今日は学園祭はまだ続くのだが、早々と学園祭の様子をアップした。午後からは渡辺直美が訪れるそうだ。それまで、私はここにいたいが午後には用事があるのでそれは難しいかな。渡辺直美の写真をこのブログに載せるとブログ訪問者は増えるだろうと思うのだが。再度元気な皆さんの写真をアップする。

元気な皆さん
元気な皆さん

学園祭だが、4時頃にタレント、渡辺直美が来て、歌の物まねやトークをしていた。実物を見たのは初めてなので、嬉しくなって写真を撮ろうとしたら、係の人から撮らないようにと叱られた。なるほど、タレントの映像は著作権があるようだ。であるので、本当はこのブログに掲載してお見せしたいが、残念ながら写真は掲載できない。

 

学会のシンポジウム参加を辞退する

2015-10-10

昨日のお昼頃、ある方から電話をいただいた。来年のことだが、ある学会の全国大会でシンポジウムを開催する。その時にパネリストとして参加してくれないかという依頼だった。

魅力的なシンポジウムの内容で多くの人々の関心を集めるに違いないものであった。しかし、自分は辞退せざるを得なかった。それは来年度は自分は退職して自分のの研究室がなくなるからである。本、雑誌などの資料はすべて石川県の実家に送るのだ。そのことは9月13日のブログ「研究室の本を少しずつ搬出する」に述べた。

シンポジウムのパネリストに指名されると、その内容に向けて数か月前から準備しなければならない。発表の内容とか、予想される質問に対する想定問答集などを作成するのだ。その時には、研究室いっぱいに資料や雑誌を並べ、それらを見ながらメモをとって、頭の中をまとめていく。

資料は実家に送ってしまえば、手元には何も無くなる。もしもあったとしても、資料などを広げる場所がない。そんなことで、シンポジウム自体は魅力的であったが、自分は辞退せざるをえなかった。

あと、自分は退職したら無職になる。パネリストが並ぶ時に、参加者たちの紹介として「大学教授」という肩書きが並ぶ。自分だけ無職という肩書きが付くのは恥ずかしい気がする。そのことも辞退した理由の一つだ。

そんなことで辞退した。電話でその方(大会の実行責任者)は参加を熱心に勧めてくれたが、申し訳ないが、辞退せざるを得なかった。退職していくことで世間との繋がりが次第に切れていくことに寂しさを感じる次第である。

ところで、先日、ノーベル賞の発表があった。日本人が二人ほど受賞したそうだ。そのうちの一人の出身高校が自分と同じだ。同じ高校を卒業しても、一人はノーベル賞をもらうほど偉くなるし、私の方は老後破産を心配しながら細々と生きていくことになる。なんという違いか。

069_05
亀の歩みの自分

卒業生が来る

2015-09-15

今日は卒業生が研究室に来た。卒業生は今年度ある国立大学の博士課程を修了して、この9月、博士号を取ったのである。彼女は岡倉天心を研究して博士号を取った。

この卒業生は本学の修士課程に在籍していた時は、私が指導教授であった。お茶の作法の時に動かす体の動きが文化史的にどのように分析できるのか、という視点からの研究であった。そして、お茶の儀式の時の様々な体の動きが日本文化におけるさまざまな動きと結びついているという結論の修士論文であった。日本では風呂敷をたたむことからも伺えるように「たたむ」という動きは日本文化を理解する上での基本的な概念(動き)である。これがお茶の儀式にもつながっているというようなユニークな発見もした。

かなりユニークな研究であり、そこをもう少し研究したいという気持ちから、彼女は国立大学の博士課程に進学したのである。そこの指導教官の先生の意向もあり、お茶の作法の動きの研究から、もっと精神的な視点の研究に移行した。具体的には岡倉天心の思想の発展の跡を追う、という研究であった。

この日は彼女は卒業論文の立派な製本を持ってきてくれて私に贈呈してくれた。黒塗りの表紙で、200ページ以上もある。重厚な内容の研究であることを思わせる立派な製本であった。

博士号を取ったらお祝いをしてあげると以前から約束していた。お祝いと言っても、彼女は既婚者なので、高級レストランで二人でお酒を飲みながらの会食では彼女も気が重いだろうと察して、お昼に、学校近くの焼き肉店で一緒に食事するという風にした。

食事をしながら、彼女から岡倉天心について色々と教えてもらった。岡倉天心はスキャンダルで東京美術学校を免職となり、それが契機として彼の関心は美術から東洋思想に転換したそうだ。ボストン美術館で職を得るまでの6年ほどに彼の思想にどのような変化があったのか、いろいろな資料を集めて卒業生は仮説を立てているようだ。

彼女はとにかく意欲的な女性である。こんど11月の終わり頃に本学で講演をしてもらうことにした。本学の卒業生たちは社会で活躍する先輩たちから講演を聞くことで、在校生にとっても励みになると思う。「新しい時代を生きる女性のロールモデル」の紹介になればと思う。

京都堀川姉小路雑貨屋「万物創造房」徒然記 より
岡倉天心、京都堀川姉小路雑貨屋「万物創造房」徒然記 より