学会のシンポジウム参加を辞退する

2015-10-10

昨日のお昼頃、ある方から電話をいただいた。来年のことだが、ある学会の全国大会でシンポジウムを開催する。その時にパネリストとして参加してくれないかという依頼だった。

魅力的なシンポジウムの内容で多くの人々の関心を集めるに違いないものであった。しかし、自分は辞退せざるを得なかった。それは来年度は自分は退職して自分のの研究室がなくなるからである。本、雑誌などの資料はすべて石川県の実家に送るのだ。そのことは9月13日のブログ「研究室の本を少しずつ搬出する」に述べた。

シンポジウムのパネリストに指名されると、その内容に向けて数か月前から準備しなければならない。発表の内容とか、予想される質問に対する想定問答集などを作成するのだ。その時には、研究室いっぱいに資料や雑誌を並べ、それらを見ながらメモをとって、頭の中をまとめていく。

資料は実家に送ってしまえば、手元には何も無くなる。もしもあったとしても、資料などを広げる場所がない。そんなことで、シンポジウム自体は魅力的であったが、自分は辞退せざるをえなかった。

あと、自分は退職したら無職になる。パネリストが並ぶ時に、参加者たちの紹介として「大学教授」という肩書きが並ぶ。自分だけ無職という肩書きが付くのは恥ずかしい気がする。そのことも辞退した理由の一つだ。

そんなことで辞退した。電話でその方(大会の実行責任者)は参加を熱心に勧めてくれたが、申し訳ないが、辞退せざるを得なかった。退職していくことで世間との繋がりが次第に切れていくことに寂しさを感じる次第である。

ところで、先日、ノーベル賞の発表があった。日本人が二人ほど受賞したそうだ。そのうちの一人の出身高校が自分と同じだ。同じ高校を卒業しても、一人はノーベル賞をもらうほど偉くなるし、私の方は老後破産を心配しながら細々と生きていくことになる。なんという違いか。

069_05
亀の歩みの自分
スポンサーリンク

卒業生が来る

2015-09-15

今日は卒業生が研究室に来た。卒業生は今年度ある国立大学の博士課程を修了して、この9月、博士号を取ったのである。彼女は岡倉天心を研究して博士号を取った。

この卒業生は本学の修士課程に在籍していた時は、私が指導教授であった。お茶の作法の時に動かす体の動きが文化史的にどのように分析できるのか、という視点からの研究であった。そして、お茶の儀式の時の様々な体の動きが日本文化におけるさまざまな動きと結びついているという結論の修士論文であった。日本では風呂敷をたたむことからも伺えるように「たたむ」という動きは日本文化を理解する上での基本的な概念(動き)である。これがお茶の儀式にもつながっているというようなユニークな発見もした。

かなりユニークな研究であり、そこをもう少し研究したいという気持ちから、彼女は国立大学の博士課程に進学したのである。そこの指導教官の先生の意向もあり、お茶の作法の動きの研究から、もっと精神的な視点の研究に移行した。具体的には岡倉天心の思想の発展の跡を追う、という研究であった。

この日は彼女は卒業論文の立派な製本を持ってきてくれて私に贈呈してくれた。黒塗りの表紙で、200ページ以上もある。重厚な内容の研究であることを思わせる立派な製本であった。

博士号を取ったらお祝いをしてあげると以前から約束していた。お祝いと言っても、彼女は既婚者なので、高級レストランで二人でお酒を飲みながらの会食では彼女も気が重いだろうと察して、お昼に、学校近くの焼き肉店で一緒に食事するという風にした。

食事をしながら、彼女から岡倉天心について色々と教えてもらった。岡倉天心はスキャンダルで東京美術学校を免職となり、それが契機として彼の関心は美術から東洋思想に転換したそうだ。ボストン美術館で職を得るまでの6年ほどに彼の思想にどのような変化があったのか、いろいろな資料を集めて卒業生は仮説を立てているようだ。

彼女はとにかく意欲的な女性である。こんど11月の終わり頃に本学で講演をしてもらうことにした。本学の卒業生たちは社会で活躍する先輩たちから講演を聞くことで、在校生にとっても励みになると思う。「新しい時代を生きる女性のロールモデル」の紹介になればと思う。

京都堀川姉小路雑貨屋「万物創造房」徒然記 より
岡倉天心、京都堀川姉小路雑貨屋「万物創造房」徒然記 より
スポンサーリンク

第10回英語総合学会が開催される。

2015-08-23

本日は、第10回英語総合学会が関西学院大学の大阪梅田キャンパスで開かれた。所用があったので、発表を全部は聞くことはできなかったのだが、それぞれに興味深い内容だったので、ここで簡単に紹介する。

最初は成田一先生(大阪大学名誉教授)による「文法と発音の脳内処理と自動化のメカニズム」という発表であった。コミュニケーション重視の英語教育と近年唄われているが、きちんと文法事項を理解していないと真のコミュニケーション能力は身につかないとの趣旨であった。要は学習者は「構造解析力」を身につけることが肝要で、和訳はその副産物である、和訳が一方的に悪者扱いされているのはおかしな話である、とテンポよく色々と話が進んでいった。

DSCN7999

そして、英語をネイティブ並みの能力にするのは理想だが、現実的な目標としては、半自動的に処理できるようになることであると、脳科学の研究成果を援用しながら説明していた。小学校からの英語教育の開始で、半自動的な英語処理へと近づくことができそうだ。

つぎは、「学習者の言語処理の自動化-英語総合力を伸ばす新しいシャドーイング指導-」という発表タイトルで、山内豊先生(東京国際大学)によるものだった。私自身はシャードイングを授業で利用したのことがないので、シャードイングには色々な可能性があることを教えてもらった。

DSCN8004

面白いと思うのは、(1)自動評定スコアシステムがあって、学習者の音声をコンピュータに判断させても、手動で評定したスコアとかなり相関関係にあることだ。(2)またそのスコアとTOEICのスコアとも相関するそうである。

 

つまり、シャードイングをした学習者の音声をコンピュータで判定して、TOEICでどのレベルかある程度まで判断できるようだ。会場から二人のボランティアを募って実験をして、TOEICレベルの判定を下していた。(自ら進んでボランティアになってくれた二人の方に拍手)

つぎは「日本人が苦手な音調とリズムの教え方」で森庸子先生(同志社大学)によるものだった。英文を教えるときは「核」をきちんと教えるべきとの内容であった。英文を調べるソフトがあってそれはPraat (http://www.fon.hum.uva.nl/praat/)というサイトからダウンロードできる。

スクリーンショット 2015-08-23 17.54.05

そのソフトを使いながら、核の部分を日本人はどのように発音しているか示してくれた。アメリカ人と日本人の発音の違いを可視化して学習者に教えるとたしかに効果的なようだ。

それぞれ3名の発表者とも刺激に満ちた内容であった。そのあとも発表が続いたが、自分は所用があり、早めに引き上げざるを得なかったのだが、できれば、それらの発表も聴きたかった。

学生のライブコンサートを聴く

2015-08-09

昨日は高槻市の駅のそばにあるサタリービルの地下一階にある Bar T-True で教え子の「あやな」さんのライブコンサートを聴きに行った。実は、4月25日にも茨木駅近くで行われたコンサートを聴いたことがあり、私にとっては二回目の拝聴となった。

茨木駅は思ったよりも広くて、街も大きい。アルプラザと松坂屋という二つのデパートが駅のそばにある。駅の南側を降りて東側に数分歩くと、会場のBar T-True があった。

最初の演奏は二人組であった。『ピエロ』という曲をはじめとして4曲ほど歌ってくれた。楽譜はiPadを使っていて、それを譜面台において演奏をしていた。DSCN7825 DSCN7826

そして、私が気づいたことは、歌詞の歌い方は日本語特有の高低アクセントではなくて、強弱アクセントで歌うこと。つまり英語風の歌い方である。たとえば、「君が好き」という歌詞ならば、「ぼうくうーんは、けーめいがすうきいー」というような歌い方である。

これは現代の歌い方の特徴である。アメリカのポップスの影響である。それから、左側の人だが、Tシャツを着ているが、その上にネクタイの柄が印刷されている。面白い。右側の人がメロディーとボーカルの担当で、左側の人はリズムの担当である。座っている椅子を叩いて、音を出す。中に鈴のようなものが入っていて、叩くと共鳴するようだ。

最近はいろいろな楽器が考案されている。椅子であると同時に打楽器となるこの楽器を私は始めて見た。なるほど、興味深いものである。そして、Country Road という有名な曲を観客と一緒に歌おうと声をかけていた。自分は知らない曲であるが、おそらく有名な曲なのであろう。

次は教え子の「あやな」さんの演奏であった。あやなさんの家族も参加されて一生懸命に応援をされていた。あやなさんの演奏の前座に、NBのヴォーカル担当の人と司会の人が何か話して、あやなさんの緊張を解こうとしていた。

DSCN7823 DSCN7829

あやなさんは、この日は4曲ほど披露してくれた。はじめは、「大切な人」という曲であった。「皆さんも大切な人を思い出して聴いてください」との語りから始まった。

あやなさんは、それから「おかえり」という曲を歌ってくれた。あやなさんは日本語の中では「おかえり」という言葉が大好きだそうだ。この言葉を聞くと自分を待ってくれている人がいる。自分を受け入れてくれる人がいると感じてホッとするそうだ。たしかに、「おかえり」という言葉には何か暖かさがある。

次はAmazing Grace である。黒人霊歌が元であろうか。この曲は非常に情感がこもった曲であるが、あやなさんは曲調にあわせて、しみじみと歌ってくれた。

そして、最後に「折り紙」という曲であった。あやなさんには中学高校にとても辛い時期があったが、その頃にこの歌詞をつくって、それから数年後に曲をつけたという。「折り紙」はあやなさんの過去のある時期と結びついていて、それを乗り越えるきっかけとなった曲のようである。

きょうの4曲のうち日本語で歌った3曲は、すべてあやなさんのオリジナル曲だそうだ。これは素晴らしい才能であると思う。あやなさんはしみじみと思いを込めて歌うタイプである。人々に過去を振り返らせて、その意味を問いかけるような働きがある。また、あやなさんはこれらの曲を吹き込んだCDを発売しているそうである。

DSCN7832 DSCN7828

この日はあやなさんのお母さまも応援のビデオ係として、演奏の様子を撮影されていた。あやなさんのお母さまはとても若い感じの人で、私と並ぶと私の娘のような感じになり、あやなさんが私と並ぶと孫娘のようになる。

なお、あやなさんは公式のホームページがある。シンガーソングライターあやなofficial Blogである。こちらにあやなさんの最近の活動が掲載されているので、彼女の演奏会のスケジュールなどを知りたい方には好都合と思う。

車のバッテリーがあがってしまった

2015-06-21

昨晩、家でのんびりと焼酎を飲んでいたら、隣人の人から電話がかかってきて、「車のライトがついたままです」と教えてくれた。あわてて駐車場に行くと、たしかにライトが付いたままである。スイッチを消して、エンジンがかかるか試してみたら残念ながらかからない。キーキーと異音がするが、エンジンは「うんともすんとも」動かない。憂鬱になる。こんなことで人間は気持ちが沈んでしまうのである。自分の不注意というかボケ始めていると言ったらいいのか。のちほど、近くの自動車整備のお店に連絡をして、バッテリーの回復を図りたい。


朝は、例によっていろいろなブログを見ていた。その中で面白と思ったのは、橋本克哉氏による「起業しないで社長気分な WordPress ブログ」http://mimpiweb.net/blog/ というブログであった。参考になった点がいくつかあるが、箇条書きにすると以下のようになる。

  • ブログは顔出しをして名前を明記すべきである。(ブログで自分自身の正体を示すことで、責任感が生まれ読む人も真剣に読んでくれるそうだ、なるほど)
  • 「尖った個性」を出すべきである。(その人しか書けない話題と面白さで個性を目立つようにすること、それに引かれて読者が来るそうだ)
  • 匿名でかつ自分の代わりにペットの写真を載せたりしているブログは、人は関心を持ってくれない。講演会で舞台裏から顔を出さないで話をしているようだ。(たしかに)

同氏のブログは記事数はさほど多くはないが、充実した内容で、自分のようにWordPressを用いたブログのあり方を模索している人間には役に立つ内容であった。ブログは匿名ではいけないという点に関しては、十分に納得できた。ただ、FacebookなどのSNSを活用せよとのアドバイスだが、実行してみたい気もするが、Facebook, Twitter, Mixi など自分の能力から言って、あまりに多くの新しいことには対応できない。様子を見ていうことになる。

自分のブログだが、ある学校に勤務している人間としては、組織の秘密は守らなければならない。また学生たちのプライバシーについても慎重な取り扱いが必要となる。ネットの世界における倫理の遵守が要求される時代なのである。その意味では、思うことを書けないという不自由さを感じることはある。その制約内で一生懸命ブログを書くというのも面白ではないか。

 

 

洛西の高島屋に行く

2015-06-20

今日は午前中は研究室に行き、フランスとドイツの教員養成制度について調べる。ヨーロッパ諸国では、教職を専門職と捉えて、教育実習を長期間(1年以上)、そして修士課程を修了することを要求するようになってきている。教員は、専門的な知識がなくても、社会人としての経験がありさえすればいいとの考えがあり、教員免許状をもっている会社員をポツンと採用することもある。あるいは、教職は専門職なので学部と修士課程で専門的な知識を十分に身につけるべきとの考えがある。世界的に、徐々に、後者の考えが主流になりつつある。文科省も諸外国の動きに敏感であるから、日本でも同様の動きが広まるであろう。

塾などの講師は、若い大学生が数週間のトレーニングを受けただけで、すぐに教え始める。それはそれで結構生徒たちからの受けが良くて、大学生が講師としての仕事をきちんとこなす場合もある。子供達の心をつかむということは、専門家としての技量ではなくて、人間性がものをいう場合が多い。結論から言うと、教員のあるべき姿は、専門家としての技量があり、人間性も魅力ある人物が最適ということだが、そんな人物は他の職業からも引っ張りだこになる。

ただ、現在の日本のように、何でもかんでも教員免状を取っておこうという傾向は社会的に問題である。本当になりたいと思う人間だけが免状を取るべきである。その意味では、教育実習を長期化する必要があるだろう。教育実習の期間の間に各自は自分の適性をも考えることができる。


午後は家内に付き合って、洛西の高島屋に行く。駐車場の一角に立体駐車場ができて、さらにそのIMG_1409 IMG_1410横はニトリのビルディングが建設されるとのこと、建設予定地の写真を撮っておく。立体駐車場は狭いので、登る車、降りる車の両者のそれ違いに気を使う。以前の平面駐車場の方が自分には使いやすかった。


帰りの道で、警察が一時停止無視の車を何台か止めていた。この一時停止の場所は見晴らしがいいので、対向車がくるかこないかは遠くから分かる。それゆえに、一時停止の必要性はないと普通は考えてしまう。しかし、止まらないと、警察官がどこからか現れて、旗を振って違反者を止める。私もこの同じ場所で捕まった経験があり、罰金が1万5千円ほど支払わされた。1万5千円ほどあれば、家族みんなで美味しいご馳走がたべれるではないか。この取り締まりにあった経験は嫌な思い出だ。

連休最後の日(授業評価)

2015-05-06

今日は連休の最後の日であった。連休は自分はどこの行楽地にも出かけずに、静かにしていた。正確に言うと、午前中は研究室に出かけ、いくつかのたまった仕事をこなし、午後は家内に付き合って、どこかのショッピングモールに出かける日々であった。

新聞などを読むと高速道路は恒例の渋滞が起こったそうだが、自分には関係ないことであった。 子供達二人はよく勉強していた。学校でたくさんの宿題がでたそうで、パソコンに向かいながら、なにやらレポートを書きあげていた。高校時代の勉強はいやいやさせられている、という感じであったが、大学時代の勉強は、自分で納得して勉強しているようで、その点はいいことと思う。

ところで、勤務校では「授業評価」が年2回ある。前期と後期の授業の終了頃に、学生は受講した授業について、幾つかの項目にわたり、数字的な評価とコメントをする。「あなたは授業を受けて満足でしたか?」「教員は授業に熱意が見られましたか?」等々について1から5までの数値をつける。

これにより、自分では結構うまくいっていると思っていた授業が意外と評判が悪かったり、逆に悪評の授業と思っていたのだが、学生が結構高く評価してくれたりする。 外国では、授業評価が悪いと昇級や給料に影響したり、あるいは雇用契約が打ち切られたりすると聞いている。日本では、まだそこまで授業評価を活用している大学はないだろうが、将来的には、それもあり得ると考えている。

教員は、教えることが仕事である。それに全力をかたむけ、授業のプロであることがプライドの源泉である。学生から手厳しい授業評価を受けると、ガックリくる。まるで、自分の存在自体を否定されたように感じるのである。

選択科目を担当している場合と、必修科目を担当している場合では授業評価も異なってくる。学生は自分が好きで選択した科目は高い評価をする。しかし、必修科目では、嫌いな科目でも学生は受講せざるを得ない。英語とあまり関係しない学科の英語の授業は、自分は苦手である。「英語は関係ないのに、何でこんな余計な勉強をさせられるのか」という嘆きや敵意を感じられる授業ほどやりにくいものはない。もちろん、われわれは授業のプロであり、それで給料をもらっているのであるから、頑張らなければならないのであるが。

セールスマンは毎週売上高の報告をさせられて、上司から怒鳴られたり、逆に褒められたりするそうだが、それは大変な仕事だと思う。我々の仕事は年に2回ほどの評価であるから、良しとしなければならないようだ。さて、明日から、その授業が始まる。