10年後、君に仕事はあるのか?を読んでみた。

藤原和博『10年後、君に仕事はあるのか?』を読んでみた。仕事柄、自分のゼミ生たちに就職の話をすることが多いのだが、自分の若い頃と比べて学生たちの基本的な考えが変化しているように感じている。そんな時に、ふとこの本を読む機会があって色々と考えることがあった。

藤原氏によれば、今までの教育は正解を教える教育であった。例えば、試験問題は4択があってそこから正解を選ぶという性格であった。子供の時から、そのような試験に慣れてきているので、正解は与えられた選択肢の中にあるという刷り込みがされてしまう。この能力を情報処理力と名付けている。

しかし、社会にある現実の問題は正解があるとは限らない。少なくとも与えられた選択肢の中に正解があるとは限らない。そんな社会を生き抜いてゆく力を情報編集力という言葉で同氏は表している。

情報処理力とは与えられた課題を忠実に解いてゆく能力であり、情報編集力とは変化する時代に適切に対応する能力である。これから必要となるのは情報編集力である。

簡単に言えば、そんなことだ。多くの人がすでに似たようなことを言っているではないか、とも思うのだが、とにかく、藤原和博氏は語りの口調が非常に上手だ。

新しい生き方(what) に関しては多くの類書があるが、語り方(how)が巧みだ。同氏は自分の過去の体験を紹介しながら説得ある口調で語る。藤原氏は3つのことを勉強して、それぞれの力を掛け合わせて自分自身をレナな存在にしろと勧める。レアな存在になればいくらでも機会が開ける。

同氏は、リクルートで鍛えた営業力、マネージメント力、二つの学校の校長を経験した教育改革の実践力を掛けあわせた力で、確かに自分自身がレアな存在になっている。同氏の存在自体がこの本の証左となっている。

とにかく、藤原氏のこの本は分かりやすかった。高校生でも十分にわかる書き方だ。ただ、やはり話がうますぎる気もする。同氏はたまたま成功した。藤原氏のように能力のある秀才が転職を繰り返して次第にキャリアアップをしていくのは、誰でも真似できるわけではない。真似をする人ができていても必ずしも成功するという保証はない。怪我をする人も出てくるだろう。

さて、自分のゼミ生にはこの本の内容を紹介しながら就職や仕事のことを語りたいと思う。ただし、確率的に全ての人がこんな風にうまくいくとは限らないということは言うべきだろう。

ゼミ生と話をすると、クラウドファンディング、ミニマリト、コーワキングスペース、カーシェアリング、ルームシェアリングなどの新しい用語が色々出てくる。高度成長時代の考えからスローに生きる時代へと変化している。若い人たちは、そのような時代の変化をすでに鋭く感じ取っている。藤原氏の本がベストセラーになり、若い人に人気があるのはなるほどと思う。

スポンサーリンク

高校での出張授業、大学時代の恩師に挨拶


昨日はある高校で出張授業を行った。観光と英語に関する授業であった。最近は、年に数回は、高校で出張授業をする機会がある。大学生に教えるのと高校生に教えるのでは、教える内容は同じでも教え方は少々変える必要がある。初めての相手であるから、相手の理解度が分からない。生徒達はどの程度のバックグラウンドの知識があるか分からない。そんなわけで、相手に質問をしながら、どのようなレベルで教えたらいいのか判断をしていく。だいたい5~6名ぐらいに質問すると、クラス全体の雰囲気、あるいはその学校全体の雰囲気もつかめてくる。しばらくするとどのような教え方をすればいいのかだいたい勘で分かってくる。

昨日の学校は生徒達は集中して授業を聴いてくれてよかったと思う。時々、この様に高校生の皆さんに授業をすると、大学生とは異なっているので、新鮮な感じがする。教える側としても有意義な経験となる。

さて、それから午後は、大学時代の恩師である亀井俊介先生に挨拶をした。亀井先生がある喫茶店で打ち合わせ中とお聞きして、そこに参加しつつ挨拶をした。亀井先生は私が駒場の時の英語の先生である。それは今から50年ほど前であろうか。亀井先生は当時はアメリカの留学から帰られたばかりの新進気鋭の学者であられた。今では、アメリカ文学の大権威であられる。50年前と比べるとたしかに姿形は大きく変わられたが(それは私も同じであるが)、相変わらず温和で和やかな笑顔が特徴であられた。50年ぶりでお会いしたわけで、先生は現在は、80歳代の半ば頃の年齢であられるが、すこぶるお元気そうで何よりであった。先生はこれからもお元気で是非ともますます活躍してもらいたいと思う。

さて、5限の授業で間に合うように、学校に戻った。5限の授業中だが、雑談をしたときに学生から次のようなことを教えてもらった。学生は犬を飼っている。その犬はオスである。メスと比べてオスは小用をする回数が多いそうである。オスは縄張り意識が強くて、マーキングをして、その場所が自分の領域であることを主張するそうである。なるほど、犬でも性別でそのような違いがあるのか。勉強になったので、このブログに記したのである。

スポンサーリンク

自分の蔵書に関する個人的な話

自分は2016年の3月に前任校を定年退職した。定年退職を迎えるにあたって、一番、頭を悩ましたことは研究室の本をどうするかであった。かなりの量がある。自分の住んでいるアパートには本を置くスペースはまったくない。でも何とかある程度の本は残しておきたい。そのような状況で次のような方針を定めた。

(1)紀要や雑誌類は重要なものはスキャナーで読み込む。それ以外は捨てる。
(2)学生や同僚の先生に関心を持ってもらえそうな本は差し上げる。
(3)半分は勤務校の図書館に寄贈する。
(4)残りの半分は石川県の実家に送る。

夏休み前あたりから、蔵書の処分は進めていった。どうしても愛着のある本、研究する上で大切な本は残しておくことにした。だいたい50箱ほどだが、箱に詰めて、石川県の実家に送った。実家は現在は誰も住んでいない。引っ越しの「サカイ」にお願いして、運んでもらった。送料は10万円であった。

勤務校の図書館にかなりの量の本を寄贈した。大学の個人研究費で購入した本は原則として図書館に返還する必要もあった。

がらんとした研究室を眺めて、「いよいよ自分の研究生活も終わりか。あとは実家の本をきちんと整理整頓して、老後の楽しみに読書三昧の生活か」と考えていた。

そんな時に、現在の勤務校でのお仕事を紹介してもらった。ありがたいお話なので、お受けすることになった。そんなことで、研究生活を今後も続けることができることになったが、本がない。雑誌類は処分してしまった。本の半分は図書館に寄贈してしまった。今さら、寄贈を取り消して「戻してくれ」と言うわけにはいかない。実家に10万円をかけて運んだ本を新しい研究室に持ってくるのは金と費用がまた掛かる。

今はまったく資料がない状態である。であるから、現在の自分はネットで資料にあたることが多い。幸いにも現代は多くの研究者が積極的にネットで研究成果を公表している。面白そうな論文はプリントアウトしてそれに目を通している。

今のところの自分の最大の関心事は、このブログ「言語21世紀塾」を何とか手入れして、人々が使いやすいものにすることだ。特に、言語政策の年表をもっと充実させたい。しかし、肝心の資料を手放してしまった。でも、ネットの資料を丹念に追っていけば、ある程度は年表の充実も可能かなとも考えている。

それから、昨年、何人の方から、論文を寄稿しないか声を掛けられたが、ほとんどのテーマが資料がないために残念ながら辞退せざるをえない。うろ覚えで書くわけにはいかない。やはり資料で実際に確認しながら書く必要がある。今のところ、本がないので、不自由な研究生活を送っている。

研究誌『国際理解』に論文が掲載される。

帝塚山学院大学の国際理解研究所から発行されている研究誌『国際理解』に私の投稿論文「東南アジアの英語ーフィリピンとマレーシアの事例から」が掲載された。論文と言っても4ページほどなので、正確にはコラムと言った方がいいかもしれない。

東南アジアの英語を紹介しながら、近年ブームになっているフィリピンやマレーシアへの英語留学に焦点をあてて、そのメリットなどを論じたものである。この小論を読んで、一人でも英語留学(英語圏以外の国への留学)に関心を持つ人が出てくることを願う。

さて、昨年1年間は帝塚山学院大学に非常勤講師として通ったのである。そのことが懐かしく思い出される。この大学の学生さんは熱心に勉強してくれて、自分には教え甲斐のある1年間であった。特に後期になってからは、学生たちと歯車が上手く回るようになって、充実した日々であった。昨年のこのブログ日記には、時々その記事を書いてある。今年度は自分が岐阜に転勤になったので、大阪に通うことはできなくなり、非常勤の仕事を続けられなくなったのだが、その点は残念であった。

自分にとっては、大阪はあまり出かけたことはなかった。それで、せっかくに機会であったから、大阪見物もしたのである。非常勤先に行くときは、数時間早めに出勤して途中で必ずどこかに下車して、大急ぎで大阪見物をしたのであった。そんな風にして、通天閣、あべのハルカス、心斎橋、御堂筋、道頓堀などを訪問してみた。大阪は自分にはかなり異文化であり、楽しい混沌とエネルギッシュな町で、大いに楽しめたのであった。そんなことも懐かしく思い出したのであった。

image

ブログに微笑んでいる写真を

2016-09-06

最近、よく他人のブログを読むことが多くなった。そこに写真が載っていると、読み手と語り手の距離がぐーつと近くなる気がする。そんなことで数カ月前に自分の写真をブログに載せてみた。こんな老人の写真でも、読んでもらう人には、親近感が増すのではという気がしたからである。

よく、手だけとか、後ろ向きの写真とか、マスクをした写真を載せる人がいるが、やはり正面を向いている写真が一番いいように思える。ペットの写真を載せる人がいるが、これもあんまり賛成しない。

それで、ブログの第一ページに、自分はまず正面を向いた写真を載せてみた。やや威厳をつけて真面目くさった顔だ。ネクタイまでしている。数日、それを載せてみたが、どうも勝手はよくない。クソ真面目な感じで読者はブログを読みたいと思わないのではと思った。

他にいい写真はないかと探したが、自分の教え子が子供を連れて私の研究室にきた時の写真があった。私は横を向いているのだが、微笑んでいて、これならば大丈夫だなと思って掲載することにした。つまりそれらは下の二つの写真である。

真面目な顔をしている。
真面目な顔をしている。
教え子の赤ちゃんに話しかけている。
教え子の赤ちゃんに話しかけている。

最初の写真は神経質そうにカメラを睨みつけるようにしている写真だが、不思議に思うのは、今は亡き父親に年とともに顔が似てくることである。自分は父親とそんなに似ているとは思っていなかったが、年とともに相似点が増えてくる。

ところで、父が亡くなった年に自分の年が段々と近づいてくる。自分は父よりも長生きできるかな、と、そんなことを考える日々である。

実家には父の買い集めた本が残っている。宗教書がけっこうある。若い頃は何も宗教に関心がなかった父だが、年を取ってからは、キリスト教や仏教の本などを読んでいたようだ。

実家は浄土真宗の盛んな地域である。今までに何回と葬儀には参加したが、御坊さんが読み上げる、「朝(あした)に紅顔(こうがん)ありて、夕(ゆうべ)に白骨となれる身なり」という蓮如上人の一節は心にしみる。そんなことをふと思い出す。

夢の解釈

2016-04-20

自分は夢を見たあと、しばらくボーッとして、何故こんな夢を見たのか考えることがある。

今朝の夢は、みんなで古いテーブルをひっくり返していたら、裏の板目に数センチの穴が空いていた。その奥に百円玉が見える。手に取ってみると、確かに本物の百円玉だ。まだあるようだ。手を入れて、何枚か取り出す。目をこらして奥をみると、まだありそうだ。汚れているが、五百円玉まである。苦労して取り出す。うれしい。さらには、外国の硬貨まである。女王の横顔が彫ってある。フローレンス硬貨だと、人々が言う。自分は聞いたことがないが、英語圏の硬貨だろう。

そんなことで、かなりの数の硬貨が集まった。20枚ぐらいか、その中には、一円玉や十円玉まで混ざっている。それから、夢の続きがあるようなのだが、自分にとっては印象の一番強いところしか覚えていない。夢とは一体何なのだ。

これは自分だけの考えだが、人類の夢は太古の時代の、人類が魚類やは虫類や小動物だった頃の記憶が残っている。であるから、自分が見る夢は、ある部分は普遍的な人類全体が持っている夢であるし、ある部分は私の個人的な経験から生まれた夢である。これらの夢が結合して、毎日現実に見る夢だという風に考えるのだ。

夢の謎を解き明かすことができるならば、面白いだろうな。

photo credit: Loose change via photopin (license)
photo credit: Loose change via photopin (license)

送別会を開いてもらう。

2016-03-15

昨日は昔所属した文学科の先生方から送別会を開いてもらった。私は今月末で勤務校を定年退職するのだが、いろいろな部署から送別会を開いてもらい、また花束などをもらい、恐縮の至りである。

昨日の夜は、京都市役所の近くで、御幸町通りと御池通りの交差する近くにあるシェモワ(Chez Moi)というレストランで送別会があった。送別されるのは、私ともう一人の教員、また助手さんが一人と、合計3人であった。

会場となったレストランは通りにそった町家であり、路地をしばらく進む。まさしく隠れ家的なレストランであり、のんびりとそして静かに料理を味わうには最適のレストランである。

Chez Moi とフランス風の名称であるが、壁には浮世絵などが飾ってあった。日本文学の先生方がこれは歌舞伎の何々であると早速蘊蓄を開示してくれたが、自分はメモは取らなかったので、ブログには詳しくは書けない。熊谷直実に関する歌舞伎の浮世絵であったり、また岩井半四郎の浮世絵もあったようだ。

さて、料理であるが、写真に撮る。以下に示す。

image
料理のメニュー
海の幸のゼリー寄せテリーヌ仕立て
海の幸のゼリー寄せテリーヌ仕立て

工夫されたフランス料理が次から次と出てくる。舌に優しい味で、量的にもちょうどいい具合であった。

彦丸式に言うと、「味の玉手箱や!」になるか。初めの料理は、誕生日式にロウソクがたててあった。送別会だが、誕生会式に祝うのも面白いだろうという意図である。

いろいろな話が出たが、自分が参考になった話を一つ記しておく。

長編小説『大菩薩峠』は面白いそうだ。全部で27巻あるのだが、日本文学のH先生は22巻まで読んだそうだ。なぜ22巻でストップしたのか、その理由は語ってくれなかったが、最初の5巻辺りまではとても面白いそうだ。中里介山による未完の小説で、主人公である机龍之介が魅力的に書かれている。また、映画化されてもいるとのこと、4月以降に入手して読んでみたい。

最後は、プレゼントをもらった。私以外の二人の方は花束をもらったのだが、私は先日花束を2つももらっているので、別のものということで、高島屋で購入してきてくれた茶碗をもらった。非常に軽い茶碗で、自分のモットーである「軽快に生きる」という信念と合致するので喜んだのである。

最後にみなさんで一緒に写真を撮った。プライバシーの点でその写真はここには掲載できないが、みなさんはとても楽しそうな顔をしていた。

軽妙な茶碗、裏には「も」と印字されている。
軽妙な茶碗、裏には「も」と印字されている。

さて、2次会にも参加した。W先生の息子さんがアルバイトで働いているアイリッシュパブに行く。名前は Gnome (ノーム)という名のパブだ。ノームとはアイルランドの伝説に出てくる小人の名前と教えてもらった。

我々は9名ほどで押しかけたのだが、たくさんのお酒があり、私は梅酒を飲んだ。結構、みなさん、陽気になり、軽口もとんで楽しいひと時を過ごしたのである。

飛蚊症の話をした。私は右側の目は飛蚊症がひどくて悩んでいるという話をしたら、N先生も実はそうだと聞いた。また、事務のMさんもそうだと言う。冗談で、「飛蚊症友の会」でも作ろうかという話になった。

だんだんとみなさんも年齢が高くなってくると、話題は健康に関する話題、つまり血圧、いい薬、健康法などが話題になってくる。これはある意味で仕方がないことである。

いろいろなお話をして、楽しく過ごせた。10年間ほど一緒に働いた仲間たちとのお別れは寂しいが、私は週に一回は非常勤の仕事でこの大学にくる予定である。皆さんと完全に縁が切れるわけではないのだ。