高校での出張授業、大学時代の恩師に挨拶


昨日はある高校で出張授業を行った。観光と英語に関する授業であった。最近は、年に数回は、高校で出張授業をする機会がある。大学生に教えるのと高校生に教えるのでは、教える内容は同じでも教え方は少々変える必要がある。初めての相手であるから、相手の理解度が分からない。生徒達はどの程度のバックグラウンドの知識があるか分からない。そんなわけで、相手に質問をしながら、どのようなレベルで教えたらいいのか判断をしていく。だいたい5~6名ぐらいに質問すると、クラス全体の雰囲気、あるいはその学校全体の雰囲気もつかめてくる。しばらくするとどのような教え方をすればいいのかだいたい勘で分かってくる。

昨日の学校は生徒達は集中して授業を聴いてくれてよかったと思う。時々、この様に高校生の皆さんに授業をすると、大学生とは異なっているので、新鮮な感じがする。教える側としても有意義な経験となる。

さて、それから午後は、大学時代の恩師である亀井俊介先生に挨拶をした。亀井先生がある喫茶店で打ち合わせ中とお聞きして、そこに参加しつつ挨拶をした。亀井先生は私が駒場の時の英語の先生である。それは今から50年ほど前であろうか。亀井先生は当時はアメリカの留学から帰られたばかりの新進気鋭の学者であられた。今では、アメリカ文学の大権威であられる。50年前と比べるとたしかに姿形は大きく変わられたが(それは私も同じであるが)、相変わらず温和で和やかな笑顔が特徴であられた。50年ぶりでお会いしたわけで、先生は現在は、80歳代の半ば頃の年齢であられるが、すこぶるお元気そうで何よりであった。先生はこれからもお元気で是非ともますます活躍してもらいたいと思う。

さて、5限の授業で間に合うように、学校に戻った。5限の授業中だが、雑談をしたときに学生から次のようなことを教えてもらった。学生は犬を飼っている。その犬はオスである。メスと比べてオスは小用をする回数が多いそうである。オスは縄張り意識が強くて、マーキングをして、その場所が自分の領域であることを主張するそうである。なるほど、犬でも性別でそのような違いがあるのか。勉強になったので、このブログに記したのである。

スポンサーリンク

研究誌『国際理解』に論文が掲載される。

帝塚山学院大学の国際理解研究所から発行されている研究誌『国際理解』に私の投稿論文「東南アジアの英語ーフィリピンとマレーシアの事例から」が掲載された。論文と言っても4ページほどなので、正確にはコラムと言った方がいいかもしれない。

東南アジアの英語を紹介しながら、近年ブームになっているフィリピンやマレーシアへの英語留学に焦点をあてて、そのメリットなどを論じたものである。この小論を読んで、一人でも英語留学(英語圏以外の国への留学)に関心を持つ人が出てくることを願う。

さて、昨年1年間は帝塚山学院大学に非常勤講師として通ったのである。そのことが懐かしく思い出される。この大学の学生さんは熱心に勉強してくれて、自分には教え甲斐のある1年間であった。特に後期になってからは、学生たちと歯車が上手く回るようになって、充実した日々であった。昨年のこのブログ日記には、時々その記事を書いてある。今年度は自分が岐阜に転勤になったので、大阪に通うことはできなくなり、非常勤の仕事を続けられなくなったのだが、その点は残念であった。

自分にとっては、大阪はあまり出かけたことはなかった。それで、せっかくに機会であったから、大阪見物もしたのである。非常勤先に行くときは、数時間早めに出勤して途中で必ずどこかに下車して、大急ぎで大阪見物をしたのであった。そんな風にして、通天閣、あべのハルカス、心斎橋、御堂筋、道頓堀などを訪問してみた。大阪は自分にはかなり異文化であり、楽しい混沌とエネルギッシュな町で、大いに楽しめたのであった。そんなことも懐かしく思い出したのであった。

image

スポンサーリンク

ブログに微笑んでいる写真を

2016-09-06

最近、よく他人のブログを読むことが多くなった。そこに写真が載っていると、読み手と語り手の距離がぐーつと近くなる気がする。そんなことで数カ月前に自分の写真をブログに載せてみた。こんな老人の写真でも、読んでもらう人には、親近感が増すのではという気がしたからである。

よく、手だけとか、後ろ向きの写真とか、マスクをした写真を載せる人がいるが、やはり正面を向いている写真が一番いいように思える。ペットの写真を載せる人がいるが、これもあんまり賛成しない。

それで、ブログの第一ページに、自分はまず正面を向いた写真を載せてみた。やや威厳をつけて真面目くさった顔だ。ネクタイまでしている。数日、それを載せてみたが、どうも勝手はよくない。クソ真面目な感じで読者はブログを読みたいと思わないのではと思った。

他にいい写真はないかと探したが、自分の教え子が子供を連れて私の研究室にきた時の写真があった。私は横を向いているのだが、微笑んでいて、これならば大丈夫だなと思って掲載することにした。つまりそれらは下の二つの写真である。

真面目な顔をしている。
真面目な顔をしている。
教え子の赤ちゃんに話しかけている。
教え子の赤ちゃんに話しかけている。

最初の写真は神経質そうにカメラを睨みつけるようにしている写真だが、不思議に思うのは、今は亡き父親に年とともに顔が似てくることである。自分は父親とそんなに似ているとは思っていなかったが、年とともに相似点が増えてくる。

ところで、父が亡くなった年に自分の年が段々と近づいてくる。自分は父よりも長生きできるかな、と、そんなことを考える日々である。

実家には父の買い集めた本が残っている。宗教書がけっこうある。若い頃は何も宗教に関心がなかった父だが、年を取ってからは、キリスト教や仏教の本などを読んでいたようだ。

実家は浄土真宗の盛んな地域である。今までに何回と葬儀には参加したが、御坊さんが読み上げる、「朝(あした)に紅顔(こうがん)ありて、夕(ゆうべ)に白骨となれる身なり」という蓮如上人の一節は心にしみる。そんなことをふと思い出す。

梅が咲いている。

2016-03-07

退職の日が近づいてきたので、今日は研究室の書類の整理をしていた。たくさんの書類だが、シュレッダーにかけた方がいいものはシュレッダーへ、ゴミ箱にそのまま捨てていいものは捨てる、その仕事をずっと行っていた。

さて、研究室での仕事にやや疲れたので、中庭のあたりをブラブラする。そこには梅が咲いている。この木は、何年か前に病没した学生の母親が本学に寄贈してくれた梅なのである。その学生は3回生の時に、膠原病という病気になり、しばらく療養していたのだが、治療の甲斐なく世を去ったのである。

膠原病という病気の原因はまだ不明な面もあるそうだが、若い女性に多い病気だと聞く。わが子を失った親御さんの嘆きはいかばかりかと推し量ると私も沈痛な思いになる。

親御さんは娘の在学した証(あかし)として中庭に梅を植えたいと申し出られて、本学に梅を贈られた。その梅だがはじめは1メートルぐらいの背丈であったが、毎年成長してゆき、今では、3メートルぐらいまで大きくなった。毎年冬が終わりそうな頃になると見事な梅を咲かしてわれわれの目を楽しませてくれる。

二十歳前後の若さで世を去った学生、その無念な気持ち、さらにご両親のお気持ち、この梅を見るごとに自分自身もいろいろな思いがこみ上げてくる。

この梅が夭逝した学生の代わりに、成長してゆき、この大学の教職員や学生の守護神になってほしい、などと自分は少々センチメンタルなことを考えた。これも退職が近づいている自分がよく昔を思いふけったりしているからであろうか。

思いの儘に
思いの儘に

芳林堂が倒産する。

2016-02-27

芳林堂が倒産したというニュースを聞く。芳林堂か。自分にはとてもは懐かしい響きである。大学生の頃、池袋の芳林堂書店にはよく行っていた。学校の帰りによく立ち寄ったものだ。あの頃の自分は本を読むことしか楽しみがなかった。携帯電話もビデオもネットもない時代である。

テレビはあったが、せいぜい5つぐらいのチャンネルで今のように数え切れないチャンネルから選ぶということはできなかった。そんな少ないチャンネルでも人々は一生懸命見ていた。電車の中では、読書をしている人が多かった。たいていは新聞か週刊誌か文庫本を読んでいたのだ。

今は電車の中は、スマホでメールをしたり、ゲームをしたり、ブログを読んでいる人が多い。スマホを見ながら歩いている人も結構いる。

「芳林堂」という言葉の響きは自分を40年ほど昔に連れ戻す。5階か6階に洋書売り場があった。時々無理をして何冊か購入したものだった。辞書を片手に読み始めて、たいてい数ページで挫折したものだった。洋書をたくさん読んでいた友人に洋書の読み方を聞いたら、「わからない単語は無視して読んでいく」と教えてもらった。

そんなものかとある小説を選び、「単語は気にせずに読み飛ばしていったら」確かに、最後まで読みきることができた。そしてその小説の全体のイメージは何となく掴めた。それをきっかけに英語の本を読むコツがわかり、学生時代に何冊か読み上げた。英語の本を楽しみながら読んでいくことができるようになった。

池袋の街は駅の周辺しか知らない。と言うか、芳林堂と東武デパートのレコード店しか知らなかった。その頃は本とレコードを買うことだけが楽しみであった。

でも、御茶ノ水の界隈はよくうろつき回っていた。一日中歩き回り、それでも全然疲れなかった。御茶ノ水の界隈は、学会や研究会がよく開かれるので、出張のたびに、その辺りは動き回る。それなので、この数十年の街並みの変化はよく知っているつもりだ。

だんだんと古本屋がなくなり、他の店に商売替えをしていく。学生向けの地味な街が徐々に華やかなファッションの街並みに変化していくと言ったらいいのか。本屋や古本屋がなくなるのは寂しいが、この自分も最近はアマゾンか kindle で本を購入することが多い。これも時代の趨勢だろう。

「芳林堂が倒産」というニュースを聞いて、いろいろな思い出がよみがえってきた。ちょっとした思いをいつくか書いてみた。 

M_A028

柴田先生「言問い亭」を振り返る。

2016-02-09

柴田勝征先生(元・福岡大学教授)は「言問い亭」というサイト(ホームページ、残念ながら、このサイトhttp://www1.rsp.fukuoka-u.ac.jp/kototoi/index.html は現在では消えている)を1997年1月から始めている。これは非常に有益なサイトである。言語を軸として数学、翻訳、技術、教育などに関して優れた知見に満ちた記事を20年近く発信してきた。先生が定年退職後にこれらの知見を書籍という形にして、世に発表を始めたばかりの時に他界されたが、これは日本の学問界において非常に惜しまれることであった。

先生は、言問い亭というサイトに、だいたい週一回ほどのペースで記事をアップされて、同時にメーリングリストで知人友人たちにその内容を知らせるのであった。今で言うTwitter のような形式でも発信されていた。そのメーリングリストを読んだ仲間たちからフィードバックがあり、それを基にして考察を深められ、学的な深化が常に行われていた。

サイトの内容をまとめる形でまず3冊ほどの本を生前出版された。花伝社から発刊された『言語vs認知の脳内抗争史 西洋脳と東洋脳をめぐる新たな知の冒険』、『フィンランド教育の批判的検討―学力の国際比較に異議あり!』、『算数教育と世界歴史言語学』である。これらは柴田先生の研究分野がいかに広く深いものであったのか示すものであった。

柴田先生に感心するのは、一般的な定説をあまり信用しないで、すべて自分の頭で考えてみようとする学問的態度である。たとえば、フィンランド教育などはしばしば賞賛の対象になっている。多くの研究者がフィンランドに行き、授業参観などに参加する。帰ってきて論文や書籍などでフィンランド教育を絶賛している。「フィンランドの教育=素晴らしい」という公式は定説化していて、その定説に異議をとなえることには多くの研究者は腰が引けてしまうだろう。

この点、柴田先生は堂々と批判をしている。自分の目で実際に見て、実際に考えたことだけを述べている。決して誰か権威者の言葉を受け売りすることはしない。この点は立派である。それゆえに、柴田先生の言葉は、しばしば「王様は裸だ!」と見抜いてしまう鋭さがある。


さて、期末試験の採点も終わったので、ちょっと余裕が出てきた。これから柴田先生の三冊を再読してみたいとも考えている。

それから、自分がこのブログ「言語21世紀塾」を開設するに当たって、柴田先生の「言問い亭」は参考になった点も付け加えておきたい。柴田先生のような内容のある重厚な学的問いかけはできなかったが、自分自身のストレス解消、学生とのコミュニケーションには役立った。しかし、今後の自分のブログの方向性を考える時期に来ているようにも思える。自分のブログこれからどのような方向を目指すべきか。

photo credit: Walking to the End via photopin (license)
photo credit: Walking to the End via photopin (license)

寒中見舞いの葉書をもらう。

2016-01-14

寒中見舞いの葉書を卒業生のNさんからもらった。Nさんは今年はクラシック音楽をいろいろと聴いてみたいと述べていた。そんなことでクラシック音楽の思い出を若干述べてみたい。

大学生の頃、クラシック音楽がとても好きでよく聴いていた。その頃はLPプレイヤーという機械で音楽を聴いていた。LPという大きなレコード盤をそこに乗せると回転が始まる。盤の上に針を静かに置いて、音楽が流れ出るのを緊張しながら待つ。

その頃はLPはだいたい一枚2000円だった。40年前の2000円は大金であった。必死の思いでお金を貯めてLPレコードを買ったものだった。中学生の頃、学校の音楽室で『英雄』を聴いて感動して、貯めたお金で近所のレコード店で『英雄』を買って家で聴いてみた。しかしなんだか音がまったく違う。何だ?と首をかしげた。

後で、分かったのだが、学校の音楽室で聴いたのは、ベートウベン『英雄交響曲』であったが、私が買ったのはショパンの『英雄ポロネーズ』であったのだ。これでは全く音楽が異なる。中学生の頃はそんなことも分からなかったのだ。

さて、私が大学生の頃に、レコードが急に安くなった。今まで2000円だったのが、廉価版が発売されて定価1000円となったのだ。消費税がない時代で、大学の生協で購入すると2割引で800円で購入できる。これは非常にありがたかった。アルバイトで金が入るとかなりの量の廉価版のレコードを購入した。

また、お茶の水の駅からの坂を下ったところにDisk Union というレコード店があり、そこではレコードの輸入盤を売っていた。輸入盤はこれまた安くて一枚1000円前後であった。マーラーとかブルックナーなどが充実していて、そこで交響曲は買いそろえた。

いろいろと安くレコードを購入する方法を研究して、だいたい大学の4年生の始め頃には、一応の有名な曲は集めた。300枚ぐらいであろうか。

賑やかで華やかな曲が好きだった。オーケストラが一斉に鳴り響くような曲が大好きだった。ただ、モーツアルトはどうも私は好きでなかった。友達の多くは、モーツアルトがいいと言うが私はよく分からなかった。有名な評論家の小林秀雄が『モオツアルト』という評論を書いて、友達の間では評判であったが、読んでもよく分からない。小林秀雄という人は訳の分からない文章を書く人だなという印象であった。もちろん、それは私の文章読解力が足りないからであるが。

今は昔ほどクラシック音楽は聴かない。せいぜい、時々バッハの曲を聴くくらいである。たまに、YouTube で、昔好きであった曲を聴くと、昔の若かりし頃の思い出がいろいろと蘇ってくる。今では、曲自体の美しさに惹かれて曲を聴くというよりも、その頃の思い出を味わいたいと曲を聴くことが多い。

シベリウスのバイオリン協奏曲、フランクのバイオリンソナタ、ブラームスの2番と3番の交響曲、チャイコフスキーの4番と5番の交響曲、ベートウベンの月光、悲壮、熱情などのピアノソナタなどは、若かった頃の自分を思い出す。これからの自分の人生はどうなっていくのか、何が待ち受けているのだろうか、期待しながら、何か素晴らしいことが起こりそうな予感をいだきながら聴いたものだった。

振り返ってみると、自分の人生には、たいしたことは起こらなかった。平凡な人生であった。若干の浮き沈みはあったが、大きな喜びもなければ、大きな悲しみもなかった。まあ、それでいいのだろうと思う。これからも平穏な静かな日が続きますようにと祈るのみである。


 

ところで、2014年11月2日に、このブログに「自分の音楽の思い出」という記事を投稿している。その記事を読み返すと、好きな曲がやや異なっている。そして小林秀雄のことも高く評価している。どうも、自分は「思い出」さえも変化しているようだ。記憶が変容するようだ。

photo credit: technics1210-dnbleague-wallpaper-1440x900 via photopin (license)
photo credit: technics1210-dnbleague-wallpaper-1440×900 via photopin (license)