10年後、君に仕事はあるのか?を読んでみた。

藤原和博『10年後、君に仕事はあるのか?』を読んでみた。仕事柄、自分のゼミ生たちに就職の話をすることが多いのだが、自分の若い頃と比べて学生たちの基本的な考えが変化しているように感じている。そんな時に、ふとこの本を読む機会があって色々と考えることがあった。

藤原氏によれば、今までの教育は正解を教える教育であった。例えば、試験問題は4択があってそこから正解を選ぶという性格であった。子供の時から、そのような試験に慣れてきているので、正解は与えられた選択肢の中にあるという刷り込みがされてしまう。この能力を情報処理力と名付けている。

しかし、社会にある現実の問題は正解があるとは限らない。少なくとも与えられた選択肢の中に正解があるとは限らない。そんな社会を生き抜いてゆく力を情報編集力という言葉で同氏は表している。

情報処理力とは与えられた課題を忠実に解いてゆく能力であり、情報編集力とは変化する時代に適切に対応する能力である。これから必要となるのは情報編集力である。

簡単に言えば、そんなことだ。多くの人がすでに似たようなことを言っているではないか、とも思うのだが、とにかく、藤原和博氏は語りの口調が非常に上手だ。

新しい生き方(what) に関しては多くの類書があるが、語り方(how)が巧みだ。同氏は自分の過去の体験を紹介しながら説得ある口調で語る。藤原氏は3つのことを勉強して、それぞれの力を掛け合わせて自分自身をレナな存在にしろと勧める。レアな存在になればいくらでも機会が開ける。

同氏は、リクルートで鍛えた営業力、マネージメント力、二つの学校の校長を経験した教育改革の実践力を掛けあわせた力で、確かに自分自身がレアな存在になっている。同氏の存在自体がこの本の証左となっている。

とにかく、藤原氏のこの本は分かりやすかった。高校生でも十分にわかる書き方だ。ただ、やはり話がうますぎる気もする。同氏はたまたま成功した。藤原氏のように能力のある秀才が転職を繰り返して次第にキャリアアップをしていくのは、誰でも真似できるわけではない。真似をする人ができていても必ずしも成功するという保証はない。怪我をする人も出てくるだろう。

さて、自分のゼミ生にはこの本の内容を紹介しながら就職や仕事のことを語りたいと思う。ただし、確率的に全ての人がこんな風にうまくいくとは限らないということは言うべきだろう。

ゼミ生と話をすると、クラウドファンディング、ミニマリト、コーワキングスペース、カーシェアリング、ルームシェアリングなどの新しい用語が色々出てくる。高度成長時代の考えからスローに生きる時代へと変化している。若い人たちは、そのような時代の変化をすでに鋭く感じ取っている。藤原氏の本がベストセラーになり、若い人に人気があるのはなるほどと思う。

スポンサーリンク

平凡な1日

2016-02-25

このところ、ゆっくりと日が流れていく。平凡な毎日である。自分の1日はこんな風な1日である。

(1)朝起きると、トイレに行った後、体重を計る。そしてそれを Everntote というアプリに記録しておく。これは自分にはとても大切なことである。食べ過ぎたり酒を飲みすぎるとすぐに体重に反映される。その数字の推移を眺めることで暴飲暴食にならないで、健康を保持しようという動機づけになる。

若い頃と比べて体重が10キロも増えてしまった。10キロというのは大変重いものである。スーパーに買い物に行った時によく米を10キロ購入する。米を運ぶのは私の役目である。10キロの米袋は大変重い。若い頃と比べて10キロ体重増ということは、こんな重たいものを体に巻きつけて日常生活を送っているのと考えると、たしかに心臓や膝の関節によくないと思う。

体重を軽くして軽快な生活を送りたいと思う。むかしみたいに、階段を息を切らずに上っていきたい。だが、美味しいものを食べたいという欲望も強い。その欲望を抑えるためにも、体重を毎日 Evernote につけることは大切なことである。

(2)通勤は歩いて、そしてスマホで Fox Radio News を聞いている。自分が通勤する時間帯はよく Alan Colmes という人が司会をしているトークショウが面白い。視聴者と丁々発止にやり取りをするので面白い。今はアメリカの大統領戦の話ばかりだ。アメリカでは大統領戦は1年ぐらいから盛り上がり人々の関心も高まる。

不法移民、中東のテロ、ISIS、銃の規制、人種差別、同性婚、中絶の合法化、などが主たる話題だ。日本のマスコミとは本当に話題が異なる。「自由とは何か」ということについて、アメリカ人たちは喧々諤々やりあっている。自分の議論を説得力があるものにしようと客観的な事実を互いに確認して議論を進めようとするアメリカ人の態度は見習うべき点があると思う。

(3)職場につくと、1日の予定を確認する。今は春休みで授業はないのだが、いろいろな会議や研修会がある。自分はその合間に二つのことをしている。一つは英語教育に関する論文や書籍を読んでノートにまとめることだ。面白そうなアイデアを見つけたらノートに書き写して、自分が授業する場合はどうするかなどと考えている。つまり、4月からの授業の準備である。

もう一つは、書類の破棄である。自分はこの研究室を3月末までに引き渡さなければならない。書類を処分しなければならない。学生の個人情報に関する書類はシュレッダーにかけている。そのほかの書類はゴミ箱に捨てている。英語教育に役立ちそうな書類は、スキャナーにかけて Evernote に取り込んでから、捨てている。結構忙しい。

(4)帰りは Fox Radio News を再び聴きながら帰る。時々コンビニに寄ってアルコールを買う。これが自分にとって大きな楽しみなのである。現在は一日置きにアルコールを飲んでいる。コンビニでアルコールは何を買おうかあれこれと思索する。ビール、ハイボール、日本酒、焼酎のどれかを一缶あるいはワンカップだけ買う。今の季節は寒いのでビールはあまり飲まない。

若い頃は2、3缶を飲んだが、今は体力的に無理である。一日置きと定めている。アルコールが飲める日は帰りの道が楽しくなり、ウキウキしてくる。コンビニで何を選ぼうか、ズーツと考えている。一個だけしか買わないので、レジでは袋はいらないと言って、そのまま受け取る。だいたい200円から230円ぐらいの出費だ。

(5)帰ったら、夕食の時は家族と他愛のない話をしながらアルコールを飲みゆっくりと食べていく。アルコールがない時は、正直言ってちょっと寂しい。食事の後は、ネットで人のブログを見ている。自分の境遇と似た人のブログを好んで読む。60代の人のブログなどは生き方の参考によく見る。

昨晩は「親をなくした人」のブログを読んでいた。母親がなくなりもう一年か、父親がなくなり15年が経ったかと思いながら読んでいた。自分は親孝行は全然できなかったな、と悔いの気持ちもある。自分が読んでいるブログの人も同じようなことを書いていたので共感した。

軽く酔って日記や随筆集を読むのも好きだ。『徒然草』『断腸亭日乗』、『病牀六尺』、『仰臥漫録』が自分のお気に入りだ。先人の日記や随筆も読んでみたい。

また、アイデアが浮かぶと自分でブログを、例えばこのブログに投稿したりする。そんなことをしているうちに眠くなり床につくのだ。


こんな感じで、あと10年ほど生きることができれば、そして、その後は、ぽっくりと逝くことが理想かな。

photo credit: Up via photopin (license)
photo credit: Up via photopin (license)

 

スポンサーリンク

母の一周忌

2016-01-15

今日は母の命日である。一年前のこの日に母は身罷った。もう一年もたったのかと思うと感慨無量である。今頃、母は父と再会して、地上の我々を見ているのか。あるいは、永遠の無の中にいるのか。とにかく、この世界からあの世の世界の間には、絶対的な断絶があるので、彼岸の世界がどのようになっているか知ることは全くできない。

母の一周忌を行うことができないことを自分は非常に苦にしている。郷里にいるのならば、無理をしてなんとか一周忌を行うことができるのだが、ここ京都にいてはどうにも動きがとれない。それで、その代わりに、今日の夕食の時にでも、母の御霊に「安らかなれ」と家族一同で祈ろうと思う。

時々、自分の死について考える。此岸の世界から彼岸の世界へと、そこへの移動は絶対的な移動であり不可逆である。そのことを考えると怖い。しかし、年を取るとともに、その怖さがやや麻痺してきたように思える。

若いころに感じた死は、観念的な死であり、遠い未来の出来事であった。しかし、この年になると、具体的な形を示してくる。自分の父方の祖父母、次が母が他の祖父母、そして父、そして昨年、母を看取った。死の有様をこの目で見てきた。そして、祖父母、父母などの年長の肉親がすべてこの世から去ると、自分が今、死と直面するようになったのである。死が非常に近づいてきたのであるが、なぜか、昔ほど怖くはない。おそらく、怖さという感情も麻痺したのかもしれない。

ともかく、今自分は生きている。この瞬間に生きている。それゆえにこの瞬間を充実して、一瞬一瞬をしっかり味わって生きる。それ以外に何もできない。

image

自閉症の画家が描いた表紙が話題に

2015-12-08

ヤフーニュースに「自閉症の画家が描いた表紙が話題に」という記事があった。埼玉県の日高市に住む福島尚(ひさし)さん(46)という人である。幼児から自閉症で、人とのコミュニケーションは苦手だが、大好きな鉄道の絵ならば夢中になり、それを得意にしている男性である。その人の描いた絵があるきっかけで、日本信号という会社の株主大会の報告書の表紙に使われているという。今、その絵がネットで評判になっている。

それらの絵を下に掲げるが、これは驚きである。もう写真としか言いようがない。

スクリーンショット 2015-12-08 6.43.50 スクリーンショット 2015-12-08 6.44.36 スクリーンショット 2015-12-08 6.45.02 スクリーンショット 2015-12-08 6.45.18

この福島さんだが、幼児のころから言葉が遅れていたそうである。親御さんたちによれば、福島さんが絵を描き始めたのは母が蒸気機関車の漫画を描いたのがきっかけのようだ。

家に閉じこもってばかりいた3歳のころに、母親が漫画のように蒸気機関車の絵に目鼻をつけ、泣いたり困ったり、笑ったりする表情を描いては、尚さんに語りかけたそうです。

 尚さんはその絵を気に入り、何度も手を引っ張って絵を描いてほしいとせがみました。そのうち、自分でも機関車や信号機の絵を描き始め、小学生のころにはボール紙とセロハンテープで電車のクラフト作りに熱中したといいます。

絵画を習ったことはありませんが、蒸気機関車から新幹線まで、外観のデザインだけでなく細かな部品も記憶して、資料を見ずにフリーハンドで描き上げます。

このように記憶で記憶に頼りそれを再現する。これは驚異的なことである。これは、サヴァン症候群と呼ばれている事例に当てはまるであろう。

昔、授業で『レインマン』のビデオを学生に見せたことがあった。これは主人公のレイモンドを演じたダフティ・ホフマンの名演技もさることながら、サヴァン症候群とはどのようなものであるか示してくれる内容に学生たちは驚き・感動していた。

自閉症であり同時に天才としか言いようがない人たち。山下清も写真やスケッチは取らないで、自宅に戻ってからすべて記憶に頼って、あの作品群を仕上げたという。その細部に対する記憶力の確かさには常人は圧倒されてしまう。

この問題に関しては、私自身は自閉症の人は細部を忘れないから、むしろ忘れられないから、それが問題なのだと考えている。常人は景色を見たら、それを言葉に置き換えて記憶する。膨大な量の画像(たとえば、3ギガバイトぐらい)あるものを、言葉にしてわずかの容量の言葉(たとえば、3キロバイトぐらい)にしてしまう。記憶を軽減できる。

常人はだから正常に生きていけるのである。すべての風景を取り込んだら、パンクしてしまう。忘れること、言葉に置き換えて風景の方は忘れてしまう能力は、じつは大切な能力だろうと私は考える。

年上が タイプだけれど もういない

2015-11-23

ネットでヤフーニュースを見ていたら、シルバー川柳があり、そこで面白い川柳がいくつか披露されていた。私が一番面白と思ったのは、92歳の高齢者の作った川柳 「年上が タイプだけれど もういない」である。たしかにその歳になったのでは、相手をしてくれる年上女性はいないであろう。

私のタイプは年上か年下かは、置いておき、私の歳になるとロールモデルがいなくなる。人間は誰でも「この人のようになりたい」と目標にする人がいる。自分が若いころは立派な学者になりたかった。あこがれる人は加藤周一であった。この人は、古今東西の書に親しみ、自然科学も人文科学も社会科学も精通している。しかも英独仏と3言語をよく理解する。知の巨人としか言いようがない。

最近の自分は目が腫れぼたくなり、目の下に袋みたいのものができている。加藤周一の顔も目の下に袋みたいなものができている。鏡を見るたびに、自分は加藤周一に似てきた、と結構喜んだものである。若いころはこの人の本をよく読み、文体もこの人の真似をしようとした。

外国人ではルーマニア出身の Mircea Eliade という宗教家・思想家が好きだった。この人のように世界を動き回りながら、卓越した本を書いていきたいと考えていた。

ただ、このような人たちは遠くから見て憧れるだけだった。自分のロールモデルとなるのは、身近にいて、一挙手一投足真似ができる人である。会社員時代とか、教員になりたてのころは身近にそのような人がいて、一生懸命その人の真似をしようとした。

困ったのは、この年になると、そんな人たちは身近にもういないことである。モデルとしたい人がいないのである。自分は今60代の半ばである。自分のロールモデルとなる人は10歳か20歳ぐらい年上の人になる。しかし、そんな人たちは、寝たきりとか認知症の人が多くて、ロールモデルにはならない。

ロールモデルはとても大切である。自分は女子大に勤務しているが、大学ではよく社会で活躍している女性に講演をしてもらう。つまり学生たちにロールモデルになりそうな女性を身近なところで見てもらい、これからの人生の参考、アイデアを得てもらいたいのである。

話は飛ぶが、イスラムの貧しい地域に住む少年たちにとって、ロールモデルになるのは、自爆した先輩たちなのである。貧困ゆえに過激思想に走った少年たちにとって、真似ができる成功した大人は身近にいないのである。大人たちはみんな貧困に喘いでいる。ロールモデルとしたい大人に会えないのである。すると、そのコミュニティーの中で、最も讃えられているのは自爆テロした若者である。幼い少年の心にはそのロールモデルが焼き付けられる。

イスラムのテロをなくすためには、少年たちに自爆テロ者以外のロールモデルを与えることである。そのコミュニティーの中に成功した実業家、タレント、スポーツ選手、医者・建築家などの専門職の人たちがロールモデルになるようにすればいいのである。そのような人はまだ育っていない。社会に富が蓄積されるまでしばらく待つ必要がある。


最後に、シルバー川柳で面白いものをさらにいくつか紹介する。出典は http://www.mag2.com/p/news/123524

「歩こう会 アルコール会と 聞き違え」
「LED 使い切るまで 無い寿命」
「起きたけど 寝るまでとくに 用もなし」
「改札を 通れずよく見りゃ 診察券」
「恋かなと 思っていたら 不整脈」
「マイナンバー ナンマイダーと 聴き違え」
「アルバムに 遺影用との 付箋あり」
「LED 絶対みてやる 切れるとこ」
「立ち上がり 目的忘れて また座る」
「湯加減を しょっちゅう聞くな わしゃ無事だ」

M_A223

アクセス数一万を狙うブロガーの夢

2015-11-18

昨日授業の時に自分のブログを紹介した。そのおかげでブログのアクセス数が増えて80ぐらいになった。これはうれしいことである。今までの通例は、授業で紹介するとその後はしばらくは増加して、数日したら、だんだんと減っていくという図式である。

自分はブログを書いている人間でなので、一応、ブロガー(blogger)である 。ブロガーの夢として、常にアクセス数が1000あるいは一万の大台を狙いたい。このブログは残念ながら今まで100を超えたことはない。

芸能人ならば、夕食に何を食べたのかブログに書いただけでアクセスが集まる。私は昨晩、マーボ豆腐にサラダを食べ、口直しにミカンを二つほど食べた …… しかし、誰もそんなこと知りたがらない。

市川海老蔵のブログ(アメブロ)を見てみる。例えば、11月17日の記事だ。タイトルは「え?」である。最初「お?」とある。写真があって、つぎは「ふ、ふえてる・・・」「おいおい・・・」 そして写真。そして「通じなかったのか!?」という文で終わっている。あまりに短すぎる。

こんな短い文だけど、「いいね」を押した人が2696人もいる。読者が322,647 人もいる。さらには、RSSには「著作権に注意」とある。こんな短い文章、1分で書き上げたような文章に著作権なんか関係ないだろうと思うが、これが現実だ。

有名芸能人が1分で書き上げたようなブログが、一庶民である私が1時間ほどかけて書き上げたブログよりも、はるかに価値が高いことになっている。「悔しければ、お前も有名な芸能人になってみろ」と言われそうだ。それにはテレビに出たりステージに立つ必要がある。

しかし、自分の顔はシミが増えてテレビでアップになると到底見れたものではない。またステージに登っても自分は寸足らずなので見苦しい。高齢者なので足取りもおぼつかない。歌となると息が続かない。踊りになると1分ほどで心臓が破裂しそうになる。自分が芸能人として有名になる可能性はゼロである。

ブログの内容で勝負したらどうか。言語に関する大発見を述べたらアクセスは急増するのではないか。しかし、最近は小難しい本を読み始めると眠くなる。若いころに読んだ難解な本を再度取り出してみると、いろいろとコメントが書き込まれているが、もう読む気にはなれない。いまさら言語に関する大発見も難しそうだ。

ブロガーとして、私の夢は一度でいいから一日で一万のアクセスを狙いたい。どうすればいいのか。人々の知りたがっている情報を提供すればいいのだ。自分ができそうなこととして:

  • 京都市内のあまり知られていないが雰囲気のいい寺社を紹介する。
  • 近隣のイオンに行って面白そうな商品・アイテムがあれば紹介する。
  • 日常生活にみられる言葉に関するちょっとした気づきを報告する。

こんなところか。とにかく、地道にブログを書いていけば、ある日突然アクセス数が爆発的に増えるかもしれない。そう信じて書いていくだけだ。

IMG_1166
自分の分身である。

物忘れするということ

2015-10-17

私ぐらいの年齢に達すると、しだいに「物忘れすること」が頻繁に起こるようになってくる。対策はとにかくメモを取っておくことである。大切なスケジュールは手帳につけておく。しかし、手帳をなくしてしまうと大変なことになる。

7月4日に手帳をなくして泣きたくなった話をした。そのことをこのブログにも記してある。手帳がなくなった(泣)というタイトルである。自分の銀行の口座番号やカードのパスワードが記してあったので本当にショックだった。

しかし、幸いなことに、7月28日に見つかった。研究室の自分の机の横の本棚の棚に重ねた本の上に置いてあった。そのことを手帳が見つかる(嬉しい)という記事に書いてある。本当にホッとした。とにかく、手帳は大切なものである。大事なことなのでもう一度言います。「手帳は大切です!」

この数年前から Evernote というアプリをパソコンに入れて使うようになった。これはiPhone とも同期できる。貴重な資料や大切な話だなと思うものは Evernote というソフトに書き込むようになった。そして日常のできごとで記しておきたいことも Evernoteに書き込むようになった。

しかし、昨年のはじめごろから Evernote よりもブログを使うことが多くなった。これで実は非常に能率的になった。Evernote だと自分しか読まないと思って適当に書いてしまう。自分で分かっていると思って省略して書いてしまうのだ。

たとえば、年金の手続きをする時に、ある書類をある所に提出してそこで印鑑をもらい、次にどうしたという複雑なプロセスがある。Evernote だと再びその手続きを行おうと思っても、自分で書いた文だが省略してあるので分からなくなっている。

ブログに書くときは、他人が読むと思うので、そのプロセスを分かりやすく省略しないで、かつ整理整頓して書く。そうするとそのことは後日自分にも役に立つ。後で同じことをすることが何回も出てくる。そのときに、読み直して、必要な書類などを確認できるのである。

であるので、物忘れの防止にはブログを書くことは有意義なことである。書くということで結構記憶が定着できるし、また忘れてもブログを見れば思い出せる。手帳がなくなって困ったことも、このブログで「手帳」と検索してみたら、たちまち7月4日と28日の記事だということが分かった。

あと、若い人にはこの感覚は分からないかもしれないが、自分は残り少ない日々をしっかり生きようという気持ちがある。父が76歳で、祖父が78歳でなくなった。そんなことから、自分の気持ちの中では、77歳ぐらいで寿命が尽きるかなという意識を持っている。毎日毎日を大切にしたいという気持ちがある。ブログをつけると何だかその日は充実して生きたという気になる。不思議だけれども、そのような気持ちになる。その日のできごとをしっかりと記しておくことが日々の充実につながるという気持ちだ。

写真素材 足成
写真素材 足成