コンビニエンス・ストアの増加

このところ、新しいコンビニが各地にオープンしている。私は京都に住んでいるが、コンビニが次から次に増えていることに驚いている。あるところでは、100メートルぐらいしか離れていないのに3店舗ぐらい建っている。この現象は特に京都に見られるのではなくて、皆さんの住んでいる地域でも見られる現象だと思う。

なぜ、こんなにコンビニが増えたのか。セブンイレブンのオーナー募集のサイトを見てみると、必要な金額に関して、建物と土地をセブンイレブンが提供する場合は400万ほど、建物と土地を自分で提供する場合は300万ほどと書いてある。ただし年齢は60歳までとあるので、私は年齢的に資格はない。他のコンビニの出店条件も見てみたが、だいたい似たり寄ったりである。

このコンビニの増加現象をどう解釈したらいいのか。コンビニがこの世に現れる以前は雑貨店があった。そこでは色々なものが購入できて便利であったが、今のコンビニほどの便利さはなかった。そのコンビニも、最初の頃は、アルコール類は買えなかったし、ATMも置いてなかった。またガス代や電気代が振込めるようになったのは比較的最近ではないか。最近は100円のコーヒーが飲めるようになってきたし、冬場はおでんを提供したりとあらゆることが可能になってきた。

コンビニはアメリカ発祥であり、1970年代に日本にも現れた。そしてそれ以降、急激に増えている。もうこれ以上は飽和状態ではないかと思うが、それでも次から次とオープンしていく。まるで無限に自己増殖していく生物みたいである。コンビニ各店は似たり寄ったりの内容である。新しい企画を打ち出してそれが成功するとなると、他のコンビニ店もすぐに真似していく。それで、なかなか独自性が出てこない。

外国では食事をするスペースが店の隅っこにあって、そこで買ったサンドイッチや弁当を食べることができるようになっている店もある。これは取り入れていいシステムだと思うがどうだろうか。日本ではスペースの関係で難しいのか、それともあまりに長居をする客、特に酒を飲んだりする客が出てきて暴れるのを歓迎しないのか。

台湾に行った時に、コンビニがたくさんあって、ファミリーマートは「全家便利商店」サークルKは「OK便利店」となっていた。セブンイレブンはあのままの名称で出店していた。シンガポールでもいたるところにセブンイレブンがあったが、日本よりも店が狭くて駐車場は付いていなかった。

コンビニの増殖現象は日本だけではない。世界で見られる現象だ。何でこんなに増えていくのか?確かにいつ行ってもどこも忙しそうである。儲かっているのだろう。パートは15〜20名ほどがいて、ローテーションを組んでいる。24時間体制である。セブンイレブンは朝の7時にオープンして夜の11時まで販売する点が「売り」であった。開店した当初としては驚異的な長さの営業時間だった。それが今では24時間オープンである。便利といえば便利だが、オーナーとかは気配りすることが多くて大変だろうなと思う。

photo credit: We have a "heart" in our shop via photopin (license)
photo credit: We have a “heart” in our shop via photopin (license)
スポンサーリンク

ラクセーヌへ行く

2015-08-26

今日は洛西タカシマヤとラクセーヌ(サンサン)へ行く。いま、ここの敷地内はニトリが建設中であって11月には完成予定と聞く。今までは広い駐車場だったのに、そこの区画を3つに分けて、一つを立体駐車場、一つを平面駐車場、残りをニトリの店となるようだ。

平面駐車時代は簡単に駐車できたが、今は不便になった。狭い立体駐車場を登っていくのでやや緊張する。今日は比較的低い階に空いたスペースを見つけたので良かった。混雑しているとずっと上の階まで行かないとスペースが見つからないことがある。

エレベーターで降りる。エレベーター内には防犯用のビデオカメラが備わっていて、中の様子が外側のスクリーンに映し出される。もしも、ビデオカメラが備わっていることを知らないで、若い男女がエレベーター内で、けしからぬ行為に及んだりするとスクリーンに映し出されてしまう。赤っ恥をかくので注意したほうが良い。

ラクセーヌには二つの店がある。一つは高級志向のタカシマヤである。他は庶民路線を走るサンサンという店である。サンサンの中はうるさい。狭い店内だが、5、6名の店員が同時進行で「安いよ、安いよ」とか「さあ、さあ、お買い得、買った、買った」と叫んでいる。おそらく店の経営者からそのように指導を受けているのだろうが、このように叫び続けるのは大変だ。店員も声が枯れてしまう。

タカシマヤは全く反対の高級路線を走っている。店内は広くて、音も静かである。サンサンの店員の多くが頑強な若い男であるが、タカシマヤは中年の上品な感じの女性が店員である。アナウンスが丁寧すぎる。ゆっくりと「〜でござあーいーまあすう」との声を聞くと、間延びしすぎだと感じる。店のイメージを作り上げるために、経営者がこのようなイメージ戦略を取っているのだろうが、自分はちょっとイライラする。

買い物をしたあとの包装の仕方がタカシマヤは馬鹿丁寧である。すぐにドライアイスを入れて二重三重と包装してくれる。当然、その分の値段は高い。しかし、ラクセーヌにはこの二つの性格の全然違うお店だから共存できるのだと思う。上手に顧客の住み分けができていると考えられる。

さて、本当に老人の姿が目につく。家にいると退屈するのでラクセーヌにきたという老人が多い。自分ももうじき65歳になれば、はれて高齢者の仲間入りだ。この老人たちを嫌わずに受け入れるお店が今後は栄えると思う。イオンなどは柔らかいソファをおいて、老人に優しいショッピングモールを目指している。これからは、老人に優しいお店だけが生き残れると思う。

スポンサーリンク

丸善がBALでオープンする

2015-08-20

今日は河原町のBALというお店がプレ・オープンするので訪問してみる。明日から正式のオープンだが、今日から入れるようである。お目当は、地下一階と地下二階にある丸善書店である。以前はBALにはジュンク堂書店が入っていたのだが、今度は丸善書店が店をだしている。この二つのお店とも大日本印刷株式会社の傘下に入ったという話は聞いたことがある。しかし、この三者の資本上の結びつきはよく知らない。

imageimageimage

地下二階の洋書売り場を見てみる。たくさんの洋書がある。いろいろと読んでみたい本があるのだが、自分の残された時間、老眼で本を読むのが難しくなっている年齢、本を購入しても置くスペースがないこと、などを考慮して、主として、Audiobook を購入した。また、英文法の本を1冊購入した。授業で学生から質問を受けたらすぐに答えられるようになりたいと思う。

帰りは酒を飲みたくなったので、業務スーパーで金麦とクリアプライムを一缶ずつ、それぞれ112円であった。コンビニで買うよりもかなり安い。少々遠回りをしてもいいから、今度から業務スーパーで買おうと考えたり、わざわざ10円や20円のために、遠回りで疲れることもないなと考えたりする。どちらがいいのか。一番いいのは、お金を使わないように、出歩かずに、家の中で静かにしていることなのだが。

イオンの天井の照明

2015-08-01

今日は洛南のイオンに行ってみた。スーパーマーケットのあたりをうろついてみる。なんとなく天井を見上げると、野菜売り場と肉売り場には照明がない。その代わりにショーケースの所に照明がある。全体として薄暗いが野菜と肉に関してははっきりと照らして鮮度が分かるようになっている。

野菜売り場
野菜売り場

なるほど、この照らし方だと野菜や肉が美しくかつ美味しそうに見える。気のせいか野菜売り場と肉売り場にいる女性も美しく見える。全体として、暗い中で部分的に照明を強くすると、美しさを引き立てるようだ。(女性はデートする時は、野菜売り場のあたりを歩き回るといい?)

 

そして、普通の食品売り場では、乾物と缶詰などが並んでいるコーナーは天井に照明があるだけだ。ここでは商品を直接照らす照明はない。紙のパッケージに入った食料品などが多いので、顧客が鮮度をチェックする必要がないからであろう。上の天井には、蛍光灯が2列ほどで、目測でだいたい2メートル間隔で並んでいる。

普通の食品売り場
普通の食品売り場
レジの照明
レジの照明

精算するので、レジの所に行く。すると天井の所にはたくさんの蛍光灯がある。その数は2倍で4列に並んでいて、かなり明るい。それは、レジで現金の支払いをするのであるから、お札などははっきり見えたほうがいいのである。これは当たり前であろう。

それから、エレベータの所に行く。ここは丸い小さな照明があるだけで、全体に薄暗い。単なる通り道であり明るい照明はいらない場所である。できるだけ照明代を節約するならば、ここになる。

天井でも照明の仕方に4種類の方式があることが分かった。その道の専門家ができるだけ売上があがり、かつ照明代がかからないように計算して、蛍光灯を並べるのであろう。照明に限らず、できるだけたくさんの買い物をするようにと色々が仕掛けがあるのだろうな。

 

父の日

2015-06-15

昨日(6月14日)は父の日であったようだ。昨日、誰かが「あれ、今日は父の日か」「へーえ、じゃあ、お父さん、おめでとう」と言った。ただ、それだけである。何もプレゼントもないし、ねぎらいの言葉もない。淡々としたものである。

母の日には、子供達はわざわざ高級(?)ワインを購入しておいたようで、朝食の時に「お母さん、ありがとう」と言って、そのワインを渡していた。家内はかなり感激したようで、子供達の気持ちがありがたいと言っていた。うーん、父の日と比べてかなりの格差がある。

自分の父母が健在な時は、どうしていたか思い出す。妹と相談して、母の日には自分が祝電をうつ。そして何か母のためのプレゼントを選んで実家に郵送する。父の日には妹が祝電をうつ。そして妹が父のためのプレゼントを選んで実家に郵送する。

母へのプレゼントは当初はいろいろな品物を送っていたが、次第に花を贈るようになった。カーネションとか、胡蝶蘭とか、紫陽花とか、花屋に行って選択する。花屋に実家の住所を知らせ、小さなカードに母へのメッセージを書いておくと、あとは花屋さんが発送してくれる。

母の日とか、父の日とか、誰が考え出したのか。商売の世界では、品物の売り上げを伸ばすために、次から次と新しいことを考え出してくる。バレンタインデーとか、クリスマスとか、入学のお祝いとか、卒業式の袴とか、とにかく物入りなことが多すぎる。こんなこと、あんまり深入りしないで、淡々と接するのがいいと思う。

しかし、息子たちの態度はコマーシャリズムへの抵抗精神の表れというよりは、私への無視、無関心を示しているのだろうな、まあ、子供達とはこんなものだろうな。


 

(2015-06-17 補足)
どうやら、父の日は6月21日であるようだ。自分はネットを見ていたら、いまだに父の日の宣伝が続いているので、不思議に思って調べてみたら、父の日とは6月21日だった。家族の誰も気にしなくて、また間違いだということにも気づいていない。我が家における父の日の存在がとても希薄であることが、このエピソードからも分かる。

 

金龍ラーメンを食べる

2015-06-11

非常勤講師の仕事で大阪に行く。電車の中では、正岡子規の『病牀六尺』を読みはじめる。文庫本だと字が小さいので、電車の中で読むのは辛いことがある。数ページほど読んであとは窓の外の景色を眺める。さて、沿線のめぼしいところは大体訪れたような気がする。難波駅の周辺の繁華街を歩くことにある。雨が降っているので、繁華街でもアーケイドのある箇所を歩く。DSCN7534 DSCN7539

たくさん、食堂が並ぶ。大阪の食い倒れというが、夕方にどこで食事をしようとかと考えながらこのあたりを歩くと楽しいだろうなと思う。カニ、うどん、たこ焼き、中華、なんでも揃っている。いつもながら中国人観光客は多い。外国語で書かれてある看板を中心に写真を撮っていく。

ふと見ると、金龍ラーメンの店先に、白いご飯をお代わり自由と書いてある。これは有難いと、ここで昼飯を取ることにする。白いご飯におかずとしてキムチと小松菜が置いてある。自由にとっていいようだ。600円のラーメンに、白いご飯を少し、キムチと小松菜はたくさんとる。食べ終わると体が火照ってきた。胃の中も火照っている感じだ。これは食べ過ぎたと反省する。他の金龍ラーメンの店ではこのようなサービスはない。DSCN7538 DSCN7556 DSCN7557

 

 

 

 

さて、授業だが、準備して行ったので、まあ、うまくいったようだ。とにかく、事前に準備して授業の展開のシミレーションをしておくといい。学生も納得してくれたのではないか。

帰りだが、いつもと異なるルートを取ることにした。天下茶屋の駅で降りて、そこから堺筋線に乗り換える。そして、北上して淡路までいく。そして、そこから阪急京都線に乗り換えるのである。沿線は日本橋とか長堀橋というような駅の名前が見える。北浜も沿線のようだ。ここで降りると中之島、堂島川が見えるようだ。来週は天気が良ければ、このあたりを探検しようかと思う。

食品名と日本語

2015-05-03

今日は久御山のイオンモールへ出かける。連休のせいか、かなりの人々がいる。ある輸入食料品を扱う店を覗いてみる。たくさんの外国語の名前の食品が並んでいる。写真を撮ってみる(もしかしたら、写真撮影は禁止されているのか、それならば、ごめんなさい)。

IMG_1391

IMG_1392

これらの名前のほとんどが外国語である。隣の中年の女の人二人が「ヴィニガーが云々」と話し合っている。もう「酢」という言葉は死語になりつつあるようだ。ピクルス(漬物)、 ブラックペパー(黒胡椒)、 サーモン(鮭)、 ストローベリー(苺)が次第に日本語から外来語に置き換わっていく。

日本における外来語の蔓延だが、以前から、IT関連やファッションの世界では著しい。食品名もこのように世界のどこでも各民族が混合するようになると、やはり共通語が必要となってくる。この場合、英語とは限らないで、さまざまな国の言語が食品の共通語として使われるのはいいことだと思う。日本語のスシ、サシミ、トーフなどが国際共通語となりつつある。