10年後、君に仕事はあるのか?を読んでみた。

藤原和博『10年後、君に仕事はあるのか?』を読んでみた。仕事柄、自分のゼミ生たちに就職の話をすることが多いのだが、自分の若い頃と比べて学生たちの基本的な考えが変化しているように感じている。そんな時に、ふとこの本を読む機会があって色々と考えることがあった。

藤原氏によれば、今までの教育は正解を教える教育であった。例えば、試験問題は4択があってそこから正解を選ぶという性格であった。子供の時から、そのような試験に慣れてきているので、正解は与えられた選択肢の中にあるという刷り込みがされてしまう。この能力を情報処理力と名付けている。

しかし、社会にある現実の問題は正解があるとは限らない。少なくとも与えられた選択肢の中に正解があるとは限らない。そんな社会を生き抜いてゆく力を情報編集力という言葉で同氏は表している。

情報処理力とは与えられた課題を忠実に解いてゆく能力であり、情報編集力とは変化する時代に適切に対応する能力である。これから必要となるのは情報編集力である。

簡単に言えば、そんなことだ。多くの人がすでに似たようなことを言っているではないか、とも思うのだが、とにかく、藤原和博氏は語りの口調が非常に上手だ。

新しい生き方(what) に関しては多くの類書があるが、語り方(how)が巧みだ。同氏は自分の過去の体験を紹介しながら説得ある口調で語る。藤原氏は3つのことを勉強して、それぞれの力を掛け合わせて自分自身をレナな存在にしろと勧める。レアな存在になればいくらでも機会が開ける。

同氏は、リクルートで鍛えた営業力、マネージメント力、二つの学校の校長を経験した教育改革の実践力を掛けあわせた力で、確かに自分自身がレアな存在になっている。同氏の存在自体がこの本の証左となっている。

とにかく、藤原氏のこの本は分かりやすかった。高校生でも十分にわかる書き方だ。ただ、やはり話がうますぎる気もする。同氏はたまたま成功した。藤原氏のように能力のある秀才が転職を繰り返して次第にキャリアアップをしていくのは、誰でも真似できるわけではない。真似をする人ができていても必ずしも成功するという保証はない。怪我をする人も出てくるだろう。

さて、自分のゼミ生にはこの本の内容を紹介しながら就職や仕事のことを語りたいと思う。ただし、確率的に全ての人がこんな風にうまくいくとは限らないということは言うべきだろう。

ゼミ生と話をすると、クラウドファンディング、ミニマリト、コーワキングスペース、カーシェアリング、ルームシェアリングなどの新しい用語が色々出てくる。高度成長時代の考えからスローに生きる時代へと変化している。若い人たちは、そのような時代の変化をすでに鋭く感じ取っている。藤原氏の本がベストセラーになり、若い人に人気があるのはなるほどと思う。

スポンサーリンク

大学院で Sociolinguistics を読み終えた。


今年度の後期の大学院のテキストとして、Trudgill の Sociolinguistics を読んだ。この本は30年ぐらい前に読んだことがあり、役に立った本だという印象を受けたので、2017年度後期に、大学院のテキストとして、大学院生と一緒にゆっくりと読んだのである。

この本は最新の版は、2000年に発売された第4版である。ゆっくりと読んだので、すっきりと頭に入った気がする。最初に読んだときは、勢いで読んでしまったのだが、このように1ページ、1ページとゆっくりと読んでいく方法もありだなと思う。

この本は、副題が An introduction to language and society とあるように、入門書である。まず、英文が分かりやすくて内容も明快である。大学院や学部の専門課程のテキストとして最適である。学部生や院生も、ついてこれるレベルである。

イギリスの方言などについて細かく述べてある。こんなに細かくイギリスの方言の説明など不要と思えることもあったが、それなりに勉強になった。30年前に読んだときは、イギリスの方言の箇所など、読み飛ばしたせいか、ごちゃごちゃして分からなかったが、今回はすっきりと頭に入った。これも30年間でこちらの知識量が増えたので理解度が高まったからでもある。

世界の様々な言語、特にアフリカの言語などについても、Trudgill は深い知識を持っていた。院生たちも、これをきっかけにアフリカの諸語に関心をもってくれたようだ。

言語に対する偏見を解きほぐすには最適の本だと思う。言語に関して、人々の抱く偏見、たとえば「ある言語はある言語よりも美しいとか、明快だ」という考えがどのように生まれて、何故今も人々の心に巣くっているかなど説明がある。言語と性、差別語、方言と標準語の価値など、現代の問題がすでに語られている。

この本の翻訳として、岩波書店の『言語と社会』があるが、文字が小さいので読みづらいし、古い版を訳しているので、内容が最新版でない点が問題だ。でも、こんな本を訳すとなると、訳者には大変な勉強になるだろうと思う。

スポンサーリンク

『言語過程説の探求』第三巻の紹介


佐良木昌先生(明治大学・客員研究員)より、『言語過程説の探求』第3巻をご恵贈いただいた。佐良木先生には感謝の意を表明すると同時に、若干この本の紹介を行いたい。

この本は副題が「自然言語処理への展開」となっている。この本は389ページであり、ハードカバーであるので、かなり重厚な感じの本となっている。

各章のタイトルであるが、第一章は宮崎正弘先生(新潟大学名誉教授・ラングテック社長)による、「言語過程説に基づく日本語解析の試み」である。第二章は白井諭研究員(元NTTコミュニケーションテクノロジ)による、「日英機械翻訳のための言語知識の構築と記述に関する研究」である。第三章は、衛藤純司先生による「意味類型構築のための文接続表現の体系化」である。最後の第四章は、この本の編者でもある佐良木先生による「時枝古典解釈文法から翻訳過程論への示唆」である。

まえがき(p.3)で、編者の佐良木先生は次のような趣旨のことを述べている。「執筆者4名は、それぞれ独自に学的な研鑽を積み重ねているが、時枝誠記が提唱した言語過程説を批判的に継承し発展させるという共通の基盤を持っている。観念弁証法の転倒と同様に言語過程説を唯物論的に改作し認識と言語の科学的理論を確立する、あるいは精神現象学および純粋現象学への唯物論的批判を通じて言語と意識とを物質の現象学として把握する、あるいは感性的労働の論理を基礎として、言語活動者の主体的活動において言語表現を捉える、といったそれぞれの視点で各論考は執筆されている」

言語過程説の分析から始まり、日本語構造の分析に進み、究極的には機械翻訳に進みたい、という執筆者達の試みは気宇壮大な計画でもある。機械翻訳自体は日進月歩の時代の最先端の分野であるが、それを支えるために、確かな言語観、言語哲学が必要であることを示していると言えるだろう。

『言語過程説の探求』はすでに第1巻が刊行されている。第2巻の方が、この第3巻の刊行よりも遅れて刊行されるという、変則的な形となるようだが、その第2巻の刊行も待たれる次第である。

『英語教育徹底リフレッシュ』が刊行された。

今尾康裕・岡田悠佑・小口一郎・早瀬尚子の4氏が編集をされた『英語教育徹底リフレッシュ: グローバル化と21世紀型の教育』が開拓社から刊行された。大阪大学大学院言語文化研究科は、毎年の夏に公開講座として、「教員のための英語リフレッシュ」を開催している。

その公開講座の講師の方々がこの本の執筆の中心である。私は部外者としての立場からであるが、数回、この公開講座の講師を担当した。その縁で、この『英語教育徹底リフレッシュ』の執筆者の一員として、「言語政策 ー国際比較の観点からー」という小論を寄稿することになった。

その小論は言語政策の国際比較を行っている。骨組みとして、言語政策に関して、東南アジアやヨーロッパという地理的な視点と、植民地時代・独立後の時代・現代という歴史的な視点の両方から言語政策を論じて、現代の日本の言語政策に何らかの提言をしている。

現代はあまりに動きが早すぎる。英語の普及、グローバル化の進展、インターネットや携帯・スマホの普及など、昔は100年かけて時代が動いたことは、今は1年ぐらいで様変わりしてしまう。正直な話、自分は目が回りそうだ。言語政策に関する論文を書く場合でも、できるだけ普遍的な点を中心に述べて、数年で様変わりしそうな部分は避けたいとも考えたが、現代のホットな部分を無視するわけにもいかない。

自分の小論は12ページほどの文字通り小論だが、そんな点を苦労した。あらためて、他の執筆者の方々の論文を読んでみると、普遍的な点は押さえながら現代のホットな事象にも触れているという点で、同じ方向を目指していると思う。できるだけこの本が広く受け入れられることを願う次第である。