見聞を深めるのか、広めるのか。

年賀状を書き上げて昨日ポストに投函した。裏面の挨拶と近況報告は印刷だ。表面の相手の名前と住所は手書きで書き上げた。

自分が書いた近況報告を読み直すと、ある文章が気になった。「自分は岐阜県の各地を訪問して見聞を深めました」という文面だ。よく考えたら「見聞を深める」は間違いで「見聞を広める」が正しいのではという疑問だ。

ネットで調べてみたら、「見聞を広める」が正しくて、「見聞を深める」は誤用のようだ。しかし、年賀状では、もう「見聞を深める」で印刷して投函したので、すでに遅しだ。

でも、時々は、誤用を用いる人もいるので、まあ、許される誤用だと思う。「見識ならば深める」だが、「見聞は広める」という使い分けを覚えた。

さて、手書きで住所を書いていた時に気づいたことだが、文字が弱々しくなっているのだ。手の筋肉が弱くなっているのか、文字がやや震えていて、力強さがない。まっすぐの文字がまっすぐに書けなくて、震えながらの文字になっている。

もう一つは時々漢字が忘れてしまったことだ。「ご無沙汰」の文字が分からなくなってネットで調べ直した。

来年からは相手の住所もパソコンで印刷にしようかとも思うが、そうすると手書きの習慣はますますなくなってしまう。これも問題だなと考えたりする。

スポンサーリンク

「老人」は差別語か?

2016-03-09

昨日はイオン洛南へ行く。ここは座り心地のよいソファがたくさん用意されているので私のお気に入りの場所である。家内が買い物をしている間は、私はここにすわり、お気に入りの本を読んだり居眠りをしたりする。

ふと、気づくとこのあたり座っているのは私のような「老人」ばかりである。みんな、暇を持て余すように本や新聞を読んだり、ウトウトとしている。老人が多すぎる。この老人の群れはどうしたのだ。

「老人」と言ったが、この表現を嫌う人がいる。これを差別語と感じる人もいる。「老人」にはどうしてもネガティブなイメージがあるので、言葉の言い換えが行われる。たとえば、「熟年」「実年」「ご年配の方」などの表現である。一般的によく使われる表現を、ネガティブからポジティブな表現へと並べてみると下のようになるだろう。

おいぼれ→年寄り→老人→年配者→高齢者→シニア

自分は「おいぼれ」と声を掛けられたら、さすがにムッとするが、「年寄り」「老人」と呼ばれても何も腹立たしさは感じない。つまりそれが実態であり、現実であるからだ。

京都のような大都市はまだ若い人がいる。しかし、地方に行けば高齢者ばかりだ。日本=高齢者の国、というイメージが急速に固まりつつあるが、将来、年金制度、健康保険制度、生活保護制度などは継続できるのか。

そんなことを考えているうちに家内が買い物を済ませてきた。それで、イオンの中にある。カフェランテという輸入品専門の食料品の店を一緒に見てみる。輸入品専門なので、普段は見かけないような食品が並んでいる。何人かの主婦らしい人が一生懸命、説明書を読んでいる。

世界には何億という主婦がいて、毎日料理を作っている。毎日同じような料理では飽きてしまうので、時々は新しい料理を作りたいと、カフェランテのようなお店に来るのだろう。気に入った料理ができるとブログで紹介したりする。それをみた他の主婦たちが真似をする。

世界中で料理に関する創意工夫がされて、それが互いに影響しあって次から次と新料理が開発されていく。そういえば、スーパーでもたくさんの種類の食料品が増えた。自分はいままで「みかん」しか知らなかったのだが、近頃は「八朔」「オレンジ」「ぽんかん」「いよかん」など多様な品種のみかんが増えてきた。

日々社会は変化していく。これを観察することは面白い。上手にブログにまとめて報告できれば、それも楽しいことだ。

カフェランテの輸入食品
カフェランテの輸入食品
スポンサーリンク

能登半島の自治体は消滅するのか

2015-11-20

ネットでヤフー・ニュースを見ていたら、「日本テレビ のドキュメント’15 「能登消滅」 9分の8の衝撃 石川県の能登半島は、9つの自治体のうち8市町が「消滅可能性都市」に該当する人口減少が深刻な地域だ」(2015年9月6日放映)というビデオがあり、それを見ていた。

石川県の9つの自治体のうち、8つの市町村は将来消滅の危険があるという。つまり人口がゼロになると予想されるのである。放送を見ていたら、確かにその通りだ、自治体の消滅は必至と感じられた。私も能登半島の出身で定年退職後は石川県に戻る予定である。実家は能登半島のど真ん中の七尾市にある。

テレビで放映されていたのは、能登町であり、さらに北の奥能登になる。ここは人口の減少が激しくて十年前は四万人いた人口がいまでは二万人を切りそうだという。コミュニティが成立しなくなる。二万人いても若い人もいての二万人と異なる。高齢者ばかりの二万人である。人口構成がいびつである。スーパーがなくなる。病院がなくなる。郵便局や銀行がなくなる。生活の基盤が脅かされている。。

このあたりは、産業としては、漁業ぐらいか。しかし漁業というきつい仕事を嫌って若い人は受け継がない。林業も昔は盛んだったが、それも外国からの安い外材が来るようになり、林業も成り立たなくなった。

その能登町と比べると私の実家がある七尾市は若干ましかなとも思う。まだ鉄道は通っている。大きな病院もあるし、若い人の働き場所もある程度はある。ただ、衰退は時間の問題だと思う。能登半島は北のほうから徐々に寂れていく。

さすがに金沢までくると活気にあふれている。新幹線の開通で東京とのつながりも密接になった。観光客も金沢にはくるようになった。しかし、能登半島には観光客がこない。金沢から結構時間がかかるのだ。和倉温泉にはいくらか人がくるが、温泉以外に目玉がないのが痛い。

能登半島に能登空港(最近名称を変えて、のと里山空港となった)が10年ほど前にできた。何度か行ってみたが、空港自体は赤字だと思う。一日に東京からの便が2往復あるだけである。昔は一面の山だったところに、木を切り倒して整地して空港を造ったのである。能登の人にとっては東京に行きやすくなったので、便利といえば便利なのだが、東京から来る人はいるのか?これは大変な赤字だろうと推測できる。

できた当時は、小松空港から航空自衛隊が移転してくるのでは噂されたが、小松市からしたら自衛隊に移転されたら市の経済に大打撃となるし、若い隊員たちも能登半島の奥地には行きたがらないようで、そんな噂も聞かれないようになった。

今日は故郷である能登半島の将来を思い、なにか起死回生の妙策はないか考えた次第である。

老人ホームと『異邦人』

2015-11-12

私は小学生の頃、石川県の田舎に住んでいた。そして数キロ先の山の中に「養老院」ができたという話を聞いた。自分には何か不気味なところ、死に面した人々が収容されるところ、と感じた。「死の匂い」がして何か近寄り難いところ、近くには行きたくないと思っていた。

大学生の頃、カミュの『異邦人』を読んだ。そこには母親が養老院で死んだ話から始まる。そして主人公は葬式に参列するために、養老院にバスに揺られながら向かう。養老院では母の友人たちと出会うのだが、その人たちは魂の抜けた、ロボットのような存在として描かれていた。(これはもちろん主人公の視点からそのように見えるということだ)

カミュの『異邦人』はその後何回も読み返した。英訳で読んでみたり、フランス語の原文でも2回ほど読んだことがある。毎回不思議な感動を覚える。主人公のムルソーは自分と似ている、現代人の多くは、自分では気づいていなかったが、自分にはムルソーと同じ部分がある、と思うのではないか。

そして、それから数十年が経過した。今65歳になった自分がいる。この年だと老人ホームに入る有資格者になったのである。どこのホームも入所は65歳を越えてからと明記してある。

養老院という言い方は差別語として使われなくなった。おそらく「死の匂い、老いの匂い」を嫌って打ち消すために「老人ホーム」という言い方が好まれるようになったのであろう。

そして自分が実際に母親を「老人ホーム」に預けて、お世話になり、そして病院で看取るという経験をしてみると、カミュの『異邦人』にかなりおかしな部分があることに気づくようになった。人生経験の未熟な青年の書いた本である、と感じるようになった。

実際の老人ホームはホーム内には特有の匂いがする。オムツを替えたりするので大便小便の匂いと、それを打ち消すためアルコール消毒液の匂いがする。『異邦人』には、その点が無頓着である。なんの匂いも感じられない。無味乾燥した世界として描かれている。

母親が病気になったら、養老院から連絡が来て「病気なので引き取ってくれ」と言ってくるはずである。それが『異邦人』のように、突然電報が来て「母親の死を悼む、埋葬は明日」ということがあるか?70年ほど前にフランス植民地のアルジェリアでの出来事であっても、これは首を傾げてしまう。

葬式を養老院が勝手に行うことがあるか?そもそも葬式代の負担は誰がするのだろう。埋葬場所を息子であるムルソーと相談しないで勝手に決めることがあるか。金銭的なやりとりもあったはずだが、この話ではでてこない。

と疑問に思うことばかりである。そんなことから、この小説はカミュは実際は養老院に行かずに執筆したのではないかと思っている。つまり頭の中で作り上げたのではと思うのである。もちろん、だからと言ってこの小説の魅力が失われることはない。主人公の異端的なところが魅力なのである。

なお、この小説では養老院を asile とあるが、辞書で調べると現代では maison de retraite と言うそうだ。フランス語でも言葉の言い換えが進んでいるようだ。

さて、自分がこの数年は母の介護関係でいろいろな施設にお世話になった。そしていろいろな老人ホームにお世話になり、実際はどのような世界なのか知ることになった。昔、子供時代に感じていた不気味さはもはや感じない。むしろ逆に自分はこの世界に属するのだという感じさえある。

カミュの『異邦人』であるが、不思議な魅力をたたえた本である。若い人が読んでも面白いし、中年が読んでも、年寄りが読んでも、感銘する部分がある。

ところで、訳に関して、自分はこの本のタイトル L’Étranger を「異邦人」と訳していいのだろうか?「異界人」とか「異端人」の方がいいのではと思っている。この話は長い話で簡単に説明できないが、いつかはこのあたりの自分の感想をブログに記してみたい。文学評論などは自分は今までやったことはないのだが、退職後はそんなことも試みてみたい。

photo credit: The Man Who MadeThinking Cool via photopin (license)
photo credit: The Man Who MadeThinking Cool via photopin (license)

 

 

ラクセーヌへ行く

2015-08-26

今日は洛西タカシマヤとラクセーヌ(サンサン)へ行く。いま、ここの敷地内はニトリが建設中であって11月には完成予定と聞く。今までは広い駐車場だったのに、そこの区画を3つに分けて、一つを立体駐車場、一つを平面駐車場、残りをニトリの店となるようだ。

平面駐車時代は簡単に駐車できたが、今は不便になった。狭い立体駐車場を登っていくのでやや緊張する。今日は比較的低い階に空いたスペースを見つけたので良かった。混雑しているとずっと上の階まで行かないとスペースが見つからないことがある。

エレベーターで降りる。エレベーター内には防犯用のビデオカメラが備わっていて、中の様子が外側のスクリーンに映し出される。もしも、ビデオカメラが備わっていることを知らないで、若い男女がエレベーター内で、けしからぬ行為に及んだりするとスクリーンに映し出されてしまう。赤っ恥をかくので注意したほうが良い。

ラクセーヌには二つの店がある。一つは高級志向のタカシマヤである。他は庶民路線を走るサンサンという店である。サンサンの中はうるさい。狭い店内だが、5、6名の店員が同時進行で「安いよ、安いよ」とか「さあ、さあ、お買い得、買った、買った」と叫んでいる。おそらく店の経営者からそのように指導を受けているのだろうが、このように叫び続けるのは大変だ。店員も声が枯れてしまう。

タカシマヤは全く反対の高級路線を走っている。店内は広くて、音も静かである。サンサンの店員の多くが頑強な若い男であるが、タカシマヤは中年の上品な感じの女性が店員である。アナウンスが丁寧すぎる。ゆっくりと「〜でござあーいーまあすう」との声を聞くと、間延びしすぎだと感じる。店のイメージを作り上げるために、経営者がこのようなイメージ戦略を取っているのだろうが、自分はちょっとイライラする。

買い物をしたあとの包装の仕方がタカシマヤは馬鹿丁寧である。すぐにドライアイスを入れて二重三重と包装してくれる。当然、その分の値段は高い。しかし、ラクセーヌにはこの二つの性格の全然違うお店だから共存できるのだと思う。上手に顧客の住み分けができていると考えられる。

さて、本当に老人の姿が目につく。家にいると退屈するのでラクセーヌにきたという老人が多い。自分ももうじき65歳になれば、はれて高齢者の仲間入りだ。この老人たちを嫌わずに受け入れるお店が今後は栄えると思う。イオンなどは柔らかいソファをおいて、老人に優しいショッピングモールを目指している。これからは、老人に優しいお店だけが生き残れると思う。

科研成果報告書

2015-05-17

今日はとある研究会に参加して発表を聴く予定をしていたが、風邪と花粉症で体調が良くないので、欠席をする。体調がすぐれない時は、おとなしく家でじっとしていることがいいだろう。

ところで、自分はある科研のメンバーに参加していたが、その研究成果報告書が出来上がったので、紹介したい。「日本におけるマイノリティー言語に関する実態調査と言語支援開発」という研究で、平成23年度科学研究費補助金(基盤研究C、課題番号23520706)を受けて進められた研究である。研究自体は昨年度に終了していたが、成果報告をどのようにまとめるかで、いろいろと意見調整を行い、ようやく刊行されたのである。

研究代表者は斉藤先生、分担者として高垣先生、木村先生、Wright先生、そして河原である。日本に定住する言語マイノリティーの実態を調べて、言語サポートして何が可能かを探るという内容であった。アンケートをしたり、外国にも行ったりと大忙しであったが、なんとか報告書が刊行されることになり、取りまとめをされた代表者の斉藤先生にはお礼を述べたいと思う。私は「外国人高齢者に対する言語サービス」という報告書を執筆させてもらった。これは自分が母親の介護をこの数年してきたことで、色々知り得たことなども情報として使った。この分野の研究はあまりないようなので、自分は、今後もう少し考察を深めたいと考えている。

IMG_1396

世界図書館

2015-05-10

パソコンでいろいろと調べると、その便利さに驚く。もう、世界図書館と言ってもいいだろう。人間は世界中の知識を蓄えることのできる図書館を長い間夢想してきた。その夢がついにかなう日がやってきた。知りたい知識を一瞬のうちに得ることができる。

と言うのは、昨日購入した『仰臥漫録』を読んでいたら、9月10日の箇所で、「新聞の号外来る 曰く伊庭想太郎無期徒刑に処せられる」と言う文章があった。「伊庭想太郎」とはどのような人なのか、全く知らなかったので、早速 google で検索した。すると星亨を暗殺した人で投獄されて服役中に病死した人物であることがすぐに分かった。

30年前ならば、図書館に行って、百科事典を調べてようやくこの情報にありつけただろう。おそらく数時間はかかったと思う。ところが、現代は自宅で瞬間的に、そして百科事典よりもはるかに詳しい情報が入手できる。写真の入手も容易だ。複写する手間も全然違う。コピーして自分のファイルに入れておけば、「伊庭想太郎」に関する相当な量の知識を蓄えることができる。

自分は Wikipedia によく頼る。そのリンク先をたどれば、現代の最先端の知識に容易にたどり着くこともできる。リンクが上手に貼られていると知識が立体化・構造化していると感じられる。またWikipedia は日々加筆されている。知識の量が加速度的に増していく。Wikipedia に代表されるパソコンによる情報は、世界図書館というよりも、宇宙図書館と言ってもいいだろう。

宇宙図書館に入れ浸って多くの人が時間を費やす。ネットサーフインだ。私は、朝の数時間、シニアの人たちのブログを読みあさっていたが、これだって宇宙図書館で本を読み漁っていたと言っていいだろう。シニアの多くが、老い、病気、金銭問題、家庭内不和を抱えながら生きていることを改めて発見する。