自分の本

Pocket

自分が執筆に加わった書籍を下に紹介します。


世界の言語政策シリーズ:様々な国の言語政策の概要が示されている。言語政策に関する理解を、個々の国々の事例に当たりながら、深めることができます。

世界の言語政策―多言語社会と日本

世界の言語政策 第2集 世界の言語政策 

第3集―多言語社会を生きる

多言語社会がやってきた―世界の言語政策Q&A

小学校の英語教育について2冊の中で語っています。

小学生に英語を教えるとは?―

アジアと日本の教育現場から 小学校の英語教育


外国人の日本への流入が目立つようになってきました、どのように私たちは外国人を迎えたらいいのか考えてみたいと思います。

日本語が話せないお友だちを迎えて – 国際化する教育現場からのQ&A (新時代教育のツボ選書)

外国人と一緒に生きる社会がやってきた!―多言語・多文化・多民族の時代へ

国際結婚 多言語化する家族とアイデンティティ

次の2冊も同じような問題意識から執筆したものですが、絶版となっています。中古本からお求めください。

外国人住民への言語サービス

自治体の言語サービス―多言語社会への扉をひらく

この本は東南アジアの言語文化について述べてあります。英文で書かれてあります。値段は高いのですが、それだけの価値はあると自負しています。

Languages and Language Policies in Insular Southeast Asia―Focusing on the Philippines and Malaysia

自分はまた英語教育に関しても関心があります。英語学、異文化理解、観光英語などのテキストがあります。

大学生のための英単語・文法ノート―英語のプロムナード―

おもてなしの観光英語-Hospitality English

多文化社会日本の道しるべ―Multicultural Japan

英字新聞で学ぶ異文化理解―CrossーCultural Understand

TOURISM ENGLISH:Guiding a Foreign Friend throughout Japan―観光英語で日本案内

観光英語で日本発見! クリティカル・シンキングのすすめ―基礎から応用への総合英語

アジア英語に関する本があります。この本は絶版なので、中古本からお求めください。

アジア・オセアニアの英語

その他にも自分が執筆者として加わった本はいくつかあります。英語教育・社会言語学の視点から執筆に加わっています。

英語デトックス ―世界は英語だけじゃない

言語と貧困―負の連鎖の中で生きる世界の言語的マイノリティ―

言語と格差――差別・偏見と向き合う世界の言語的マイノリティ

国際的にみた外国語教員の養成

現代社会と英語―英語の多様性をみつめて

英語教育と文化―異文化間コミュニケーション能力の養成 (英語教育学大系)

英語教育徹底リフレッシュ: グローバル化と21世紀型の教育

北東アジア観光の潮流

国際化時代の言語文化 英語教育の行方

ことばとアイデンティティ―ことばの選択と使用を通して見る現代人の自分探し

事典 アジアの最新英語事情 アジア英語辞典

実用英語の地平 篠田義明教授古希記念論文集

異文化理解の座標軸―概念的理解を超えて

国際理解の座標軸―諸外国に探る学びのコア・エッセンス

人間理解の座標軸―多価値な時代に「個」の行方を問う

事典 世界のことば141

アジアにおける公正な言語政策に向けて―第5回新渡戸記念国際シンポジウム記録

情報社会のネオスタンダード―多文化共生社会のコミュニケーション (国際理解教育選書シリーズ)

東アジアの交流と地域展開

東アジアの交流と地域諸相

スポンサーリンク