コロナ、観光立国、ツーリズムイングリッシュ


コロナウイルスだが、いつになったら終息するのかまだ見通しがつかない状況だ。それに関連して私の研究について若干述べてみたい。

私は、佐良木昌先生が研究代表者となる基盤研究「高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究」の研究分担者として、この3年間研究を行ってきた。そして、この3月でその研究は終了を迎える。その研究の報告として、12月15日の科研費合同研究集会(早稲田大学)で、「地方大学における『観光英語』の授業のあり方について」を行った。そこでは、私が行ってきたツーリズムイングリッシュ(観光英語)の授業について実践報告をした。

また、3月7日には、名古屋外国語大学でおこなわれる大学英語教育学会・中部支部研究会で、この科研で行った研究のまとめを発表する予定であった。しかし、その研究会発表は、コロナウイルス拡大防止のために中止となった。

この二つの発表(12月15日、3月7日)は、基本的には、観光客の増大=日本の利益、という視点から行われている。学生には、工業立国として発展してきた日本だが、これからは観光立国として第三次産業を充実させていかねばならない、と述べてきた。そのために、観光英語の授業は学生の役に立ち、この授業をとることで、日本の発展に貢献し、グローバル化に対応することになり、学生自身も観光業などで就職の機会が見つかりやすくなる、すべてはバラ色だ。極端に言えば、そんなことを授業で述べて学生のモチベーションを高めていたのだ。

しかし、今回のコロナウイルスの蔓延という事態を見て、私自身の考えはかなり足りない点があったのだな、と気づいたのである。具体的には、観光立国という点で一直線に進むことに潜む危険性を見落としていたことである。2か月観光客が来なくなれば、観光業界では倒産する企業も出てくるだろう。そこで働く人たちには失職する場合もある。観光業とはもろい産業でもある。そのほか、様々な問題点が浮き彫りになったのである。

自分が来年度に担当するツーリズムイングリッシュ(観光英語)の授業においては、そんな視点もあるからと学生に注意を喚起させたいと考えている。

この流動的な情勢で、最終的にはどのように収まるのか現時点では予想は付かない。ある程度おさまった時点で、ツーリズムイングリッシュ(観光英語)の授業そのものについて分析しなおしたいと考えている。

なお、下に掲げたのは、科研の報告書の私の担当部分の総括である。この研究がもう一年が後ろにずれていれば、コロナウイルスで露わになった負の側面も述べてみたいが、現時点では無理である。とにかく、今年の3月で終了となるプロジェクトの総括として参考にしてほしい。


研究の総括的概要
 基盤研究「高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究」の研究分担者として、「言語サービス」、「観光」、「地方」、「翻訳」をキーワードにして、研究を3年間続けた。
 「言語サービス」の研究の発端は多文化・多言語化する日本社会における外国人住民への支援であった。しかし、行政からの財政的な支援が十分とは言えない状況であった。それは、とくに「地方」では顕著であった。
 ただ、オリンピック開催決定より「観光」への関心が強まっている情勢を活用することができる。観光英語をはじめとした言語サービスを充実させることが、長期滞在の外国人住民と短期滞在の外国人観光客の双方に有益である。その場合は、正確な「翻訳」だけではなくて、より実用的で、すぐに利用できる「翻訳」が必要である。例えば、スマホに数々の翻訳アプリを組み込ことで、それらが可能となる。
 研究分担者が現在住む岐阜県は観光県としてはさほど有名ではない。しかし、外国人にも岐阜県の歴史(織田信長、斉藤道三など)を広く伝えることで、「地方」の観光資源の活用ができる。歴史プラス健康法、グルメなどの文化を加味することで、単に「観る」観光から「体験する」観光へと広がりを持たすことができる。それには、やはり通訳・翻訳などの言語サービスの充実が必要である。
 3年間の研究により、言語サービスについて以上のような展望が得られた。


 

スポンサーリンク

K先生の送別会を行なった。


本学で長く教鞭を取られ多大な貢献をされたK先生がこの3月で退職されることになった。英語科の教員や大学院たちが集まり、ささやかであるが、送別会を行なった。菊川酒造東店という居酒屋である。

この日、K先生はご自身の本を何冊か持ってこられ、出席者たちに気に入った本を受け取るようにと言われた。私もご好意に甘えて、ヨーロッパの詩と日本語の訳詞についての御本を頂戴することにした。私は最近は翻訳、特に詩の翻訳に関心を持つようになってきた。ヨーロッパの詩の特徴は脚韻を踏むことであるが、これを日本語の詩に移し替えることは難しい。脚韻というリズムを訳詞にするには、5・7調か7・5調で訳すしかないかなと思う次第だが、そんな自分の抱えている問題意識をこの本は何かの示唆を与えてくれそうである。

さて、K先生は樽酒が好みのようで、升になみなみとついで楽しまれていた。私自身は車で参加したので、お酒を飲むことはできなかったが、K先生の酒を嗜まれる姿、K先生をお慕いする諸先生や院生たちの姿を見て感動した。この和気藹々の雰囲気は楽しい。

何枚か写真を撮ったので、下に貼り付ける。K先生、わざわざ岐阜までありがとうございました。お身体を大切に、どうぞこれからも学問の道でご指導ください。

K先生
k先生の写真もう一枚
左端は院生

スポンサーリンク

クアオルト健康ウオーキングに本学の学生が参加する。


岐阜市では、健康の増進のために、市民にクアオルト健康ウオーキングを推奨している。これは、ウオーキングすることで、血圧を下げて、心拍数を増加させて、健康を増進させることが目的であった。このプロジェクトに本学の学生が参加した。この学生は、観光英語の授業を受講している学生たちで、ウオーキングに参加しながら、スマホで美しい景色を撮影して、それを外国人に英語で紹介するパンフレットを作るという目的もあった。

12月21日は、天気も晴れてウオーキングには絶好の日和となった。冬の日なので寒いことは寒いのだが、体を動かすことで体がボカボカしてきて、空気もひんやりとしてむしろ快適な一日となった。岐阜公園内にある総合案内所前に集合した。そして、市役所の健康増進課の方々から、説明を受けた。市では、主としてシニアの方々を対象としたウオーキングであるが、今日は例外的に学生が参加となった。若いうちから健康への関心を高めることは素晴らしいことだと思う。

さて、そこで、ウオーキングの効用とか、血圧や心拍数などの基本的な体力を調べた。私は血圧は、最高129で最低は80であった。私は血圧降圧剤を毎日飲んでいるので、薬を飲まなかったとしたら、どれくらいになったのか、わからない。これよりもかなり高い数字となったろう。

さて、全員でストレッチをして、それから金華山のふもとを歩いてゆく。

ウオーキング出発
道は険しいかな
滝と紅葉がきれいです。
舗装された道を歩く。
川原町公園の休憩所から金華山がが額縁に入ったように見える。

歩いたのは2時間弱ほどか、ちょうどいい運動になったように思える。最終的には川原町公園まできて、そこから金華山にむかって「ヤッホー」トと叫んだ。すると「」こだま」がかえってきた。また、近くにいた子供が真似をして、「やっほー」と叫んだ。これは癒される場面であった。

全員が出発地の岐阜公園に戻り、市役所の方から挨拶を受けた。健康増進課の方々に有難うございます、とお礼を申し上げたい。参加した学生の皆さんには、レポートが待ってますので、年明けには提出をお願いします。、

2019年科研費合同研究集会のご案内


科学研究費に基づいて研究している複数のプロジェクトがその成果を共有しようということで、12月15日に早稲田大学で合同研究集会を行う予定です。詳細は以下の通りです。


名称:2019科研費合同研究集会@早稲田大学
日時:2019年12月12月15日日曜日
場所:早稲田大学(早稲田キャンパス)8号館3階303/304/305会議室

プログラム【2019年11月26日現在】







 















10:00-10:30 会場設営・開場・受付
10:30-12:00 研究発表

10:30-11:00 employability関連のインタビューについて
鍋井理沙(東海大学)
11:00-11:30 プライミングと英語学習
森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学)
11:30-12:00 学習者対話データ収集用録音・録画機材の比較検討:ハードディスクレコーダ・ハンディカム+ブルートゥースワイヤレスマイク・アクションカメラ・全天周カメラ+360度マイク
原田康也(早稲田大学)
12:00-12:45 科研費関係者打ち合わせ・昼食
12:45-15:00 研究発表

12:45-13:30 関係代名詞節の翻訳における連体・連用の選択性
佐良木昌(明治大学)
13:30-14:15 従属接続節形成の胚たる関係節について
佐良木昌(明治大学)
14:15-15:00 地方大学における「観光英語」の授業のあり方
河原俊昭(岐阜女子大学)
15:00-15:15 休憩時間
15:15-16:50 研究発表

15:15-15:45 日光における言語景観の変容:文化と想像力
平松裕子(中央大学)・森下美和(神戸学院大学)・原田康也(早稲田大学)・佐良木昌(明治大学)
15:45-16:15 日光アプリの評価
傅翔・伊藤篤(宇都宮大学)
16:15-16:45 ヘルスツーリズム
吉村・伊藤篤(宇都宮大学)
16:45-16:50 研究集会閉会の挨拶:原田康也(早稲田大学・情報教育研究所・所長)
16:50-17:10 会場整理・撤収

研究集会に関しての詳細は次の情報をご覧ください。

会告
名称:2019科研費合同研究集会@早稲田大学
日程:2019年12月15日日曜日
会場:早稲田大学早稲田キャンパス8号館3階303/304/305会議室
住所:東京都新宿区西早稲田1-6-1
参加費:無料


主催:早稲田大学情報教育研究所・早稲田大学言語情報研究所

共催
日本英語教育学会
http://www.decode.waseda.ac.jp/jeles/index-j.html
日本教育言語学会
http://www.decode.waseda.ac.jp/eduling/index-j.html
日本ビジネスコミュニケーション学会
http://www.decode.waseda.ac.jp/abcj/index-j.html


企画
科研費基盤研究(B)・課題番号:15H03226
研究題目:日本人英語学習者のインタラクション(相互行為)を通じた自律的相互学習プロセス解明
研究代表者:原田康也(早稲田大学)
科研費基盤研究(B)・課題番号:17H02249
研究題目:ICTによる観光資源開発支援:心理学的効果を応用した期待感向上
研究代表者:伊藤篤(宇都宮大学)
科研費基盤研究(C)・課題番号:16K02946
研究題目:英語コミュニケーションにおける統語的プライミングを利用した統語処理の自動化促進
研究代表者:森下美和(神戸学院大学)
科研費基盤研究(C)・課題番号:17K02987
研究題目:高度翻訳知識に基づく高品質言語サービスの研究
研究代表者:佐良木昌(明治大学)
科研費基盤研究(C)・課題番号18K00846
研究題目:雇用現場で求められる実用的英語スピーキング能力とは何か?:探索的研究
研究代表者:鍋井理沙(東海大学)
科研費基盤研究(C)・課題番号:18K11849
研究題目:ネット社会におけるインバウンド観光客・定住者を意識した文化伝達の言語表現
研究代表者:平松裕子(中央大学)


参加・発表申し込み
フォーム:https://forms.gle/F6P8rSE91o54vda36
上記フォームから参加者情報等をお知らせください。
発表者・連名者も、発表申し込みとは別途、参加申し込みをお願いします。


お知らせ・注意事項・お願い【2019年11月20日現在】
プログラムは現在も調整・修正中です。当日まで予告なく変更される場合があります。
会場案内:早稲田キャンパスへのアクセスにつきましては、以下の地図等をご参照ください。
http://www.waseda.jp/top/access
http://www.waseda.jp/top/access/waseda-campus
Google maps http://maps.google.co.jp/ にて【新宿区西早稲田1-6-1】を検索
Google maps: 早稲田駅から8号館まで


2019年12月15日(日曜日)は8号館が閉館となる可能性があります。閉館となっている場合は、南門からキャンパスに入ってすぐ左手の8号館のガラスの自動ドアの右手にガラスの引き戸がありますので、こちらから入館して、守衛に8号館3階会議室で開催の日研究会に参加する旨をお伝えください。
本研究集会は【子育て支援モード】で開催します。託児室などの用意はできませんが、乳幼児連れでの参加者・発表者を温かく迎え、見守るという方針にご理解・ご賛同いただければ幸いです。
気象状況・交通機関運行状況の影響なども含め、本研究集会の開催ならびにプログラムの詳細については予期せぬ変更の可能性が考えられます。

親戚の新伝さんから届いたアート書道の作品

私の親戚の新伝さんは、アート書道に関心があり、積極的に創造活動をされている。私もそうであるが、新伝さんは石川県の能登半島がルーツである。今は晩秋で秋が深まりゆき、黄葉や紅葉の美しい季節である。新伝さんは、この季節の石川県の紅葉からいろいろなインスピレーションを得ているようだ。今回は、以前の作品のリメイクだそうだが、次のような作品を送ってくれた。ここに掲示してみる。

優しい秋の風

「秋の風」という言葉だと、どうしても、晩秋の寂しい雰囲気と結びついてしまうが、新伝さんは、あくまでも「優しい秋の風」として暖色系の色を使ってアートを作成した点がユニークだと思う。

 

大学共通テストで英語の民間テストの導入が延期された。


このところ、大きな話題になっているのは、大学共通テストで英語の民間テストの導入が延期されたことである。延期は当然のことだと思う。現段階では受験生たちは英語に関しては、自分がどのように受験してゆくのかイメージがつかめないことだと思う。

7つの民間の英語試験として、英検、GTEC、ケンブリッジ英語検定、IELTS、TEAP、TOEIC、TOEFLと名前が挙がっていた。その中でも、TOEICは7月2日にこの民間英語試験に参加しないと表明したので、それ以降は、6つの民間の英語試験が手をあげていたことになる。

相互の点数の関連性をどうするかということだ。それぞれをCEFRの値に還元して比較するというのだが、それは可能なのか。ネットで見てみると換算表らしきものを見つけた。

http://eic.obunsha.co.jp/eic/pdf/kokushi/2018_cefr/A4_180413.pdf

英検で2630を取るとCEFRでC1と見なされる。この値はケンブリッジ英検で180に換算されるというのだ。

試験となったら、それぞれの民間テストのテスト自体の妥当性が問われる。次は民間テスト同士の換算の妥当性だ。そして民間のテストの採点の妥当性が問われる。

作られた問題は大丈夫か、互いの換算は大丈夫か、採点はしっかり大丈夫か。そして、事前に問題は漏れることはないのか。いずれも首をかしげることばかりだ。

センター入試は非常に厳格に運用されている。間違いはないか何度も何度もチェックがある。そしてちょっとしたミスで新聞で大きく報道される。入試監督も厳しいものである。5分ほど早めに終了したら大騒ぎになる。言ってみれば、電子時計レベルでの細かい運用がされている。

ところが、民間試験は、電子時計レベルの世界に、突然、日時計の世界を持ち込むようなものだ。どうしても、厳密さの基準が合いそうにもない。

私自身は共通テストのようなものは廃止すべきと思う。センター入試を維持するために膨大なコストがかかっている。もう、昔のように各大学で独自に行えばいいと思う。あるいは学部によって行えばいいかと思う。

英語学科でspeaking能力をもった生徒を必要としたら、その学科で責任を持ってspeakingの試験をすればいい。教員が総がかりでインタビュー試験をしても良いし、英検の2級を持っていたら、それを英語の試験に当てると判断しても良い。とにかく、各自に任せたらどうだろうか。

ただ、国立大学は日には決めていたが、それくらいは共通にしてもいいだろう。

 

作家の安部譲二が死す。

作家の安部譲二(あべじょうじ)が亡くなった。急性肺炎で82歳であった。この人は中学生の時に、暴力団に加わり、その後は客室乗務員、ばくち打ち、用心棒、キックボクシングの解説者などを経験したそうであり、そのような体験をもとにした小説は軽妙なタッチがあり、かなりの人気作家であった。

昔、私の勤めていた学校で安部譲二を招いて講演をしてもらったことがあったが、その話を昔、このブログで紹介した。

この人の講演を聴いて、とにかく頭のいい人だなと言う印象を受けた。体も大きくて堂々としていて、闇の世界にも通じていて、ヤクザとしても一目置かれていたのだろう。彼があるときに、当時の橋本龍太郎元首相のことを、「橋本首相とは麻布中学校で同級生だった。私の方が成績ははるかに良かったのだが」と週刊誌に述べていたことを覚えている。本人も自分の頭の良さにはかなりの自負心を持っていたようだ。

さて、講演の後に、講演会を企画した関係者と安部譲二との間で昼食会を持った。そのときに、奥様が同伴していた。若くて、背のすらっとした美人であった。安部譲二の自伝を読むと、人間関係に関して、前妻とか、前前妻とか、前前前妻という言葉が次から次と出てきて、この人はいったい何人と結婚したのか分からなくなってしまった。でも、毎回、若くてきれいな人と結婚したのだろうと推測する。その日の昼飯会では、話題が豊富で次から次と面白い話をしてくれた。

さて、Wikipediaでこの人の略歴をみると仰天する。話を盛っているのかもしれないが、普通の人では考えられないような生き方であった。この人の一生を伝記にすればベストセラーになりそうだが、それにしても、複雑すぎて、ちょっと生き様を追うのは難しそうだ。